2019年度最新版!購入前に知っておくべきポイントは?ヨーグルトメーカーのおすすめランキングTOP7

美容にも体にもよいヨーグルト。我が家でも食卓にヨーグルトが欠かせません。

ヨーグルトは乳酸菌をはじめとする腸内の善玉菌を増やしたり、活性化させてくれる食品だから毎日食べたいですよね。

今回は、元気な乳酸菌がたっぷり入った新鮮なヨーグルトが自宅で手軽に作れるヨーグルトメーカーについてご紹介していきたいと思います。

 

ヨーグルトメーカーとは?

ヨーグルトメーカーというのは文字通りヨーグルトを作るための道具。

一般的には市販されている生乳にヨーグルトの種菌を入れ、発酵させるとヨーグルトになります。その際に、一定の温度や時間で種菌の入った生乳を管理することが重要となります!!

つまり、ヨーグルトメーカーは、一定の温度に過熱したものを、更に一定の時間保ち、管理することができる調理家電であると言えます。

添加物など使わずにシンプルな材料でヨーグルトを手作りすることができ、しかも経済的!!

食品の安全が気になる方や、いつでも出来立てのヨーグルトをたくさん食べたい方におすすめしたい道具です。

 

ヨーグルトメーカーで作れるもの

ヨーグルトメーカーはヨーグルトを作る専用の家電と思われがちですが、実はそれ以外の発酵食品を作ることができます。具体的に、どのような材料でどういったものを作れるのかをご紹介していきましょう。

 

ヨーグルト

ヨーグルトメーカーというからには、ヨーグルトを作ることが基本!

材料は牛乳と種菌となるヨーグルト。この二つがあれば、ヨーグルトを作ることができます。注意していただきたいの牛乳の種類。

実は私、最初のヨーグルトを作る際にローファットミルクを使用したのですが、どうにもうまくヨーグルト状に固まらなかったという苦い経験があります。

あとで確認してみたら、成分無調整牛乳が基本使用とありました。まずは、基本の材料で上手に作ることができたら、他の材料でアレンジを加えてみると良いでしょう。

 

甘酒

飲む点滴と言われ、女性に大人気の甘酒もヨーグルトメーカーで作ることができます。

材料は米麹、ご飯、水の3つ。

発酵する時の温度管理が重要になってきますので、一定の温度を保つことのできるヨーグルトメーカーの得意分野とも言えますね。

 

納豆

日本人のソウルフード納豆。こちらもヨーグルトメーカーで作ることができる発酵食品。

材料は生の大豆と市販の納豆。大豆を茹で、納豆を種菌とし、一定の温度で発酵させることにより、ヨーグルトメーカーで作ることができます。

 

塩レモン

塩漬けしたレモンを発酵させて作るモロッコの調味料「塩レモン」もヨーグルトメーカーで作ることができます。

通常だとレモンを塩漬けしてから1週間から1か月熟成させる期間が必要なこの調味料も、ヨーグルトメーカーを利用すると半日で完成!!

材料はレモンとその重量の10%の塩を準備すればOKです。いろいろなお料理に利用できてとても便利な調味料です。

 

ヨーグルトメーカーのタイプ

ami

ヨーグルトメーカーにはいくつか種類があるのをご存知でしょうか?

次に、ヨーグルトメーカーにはどういったタイプのものがあるかについてをご紹介してい行きたいと思います。

 

牛乳パックタイプ

容器の殺菌など面倒な手間をかけずに作ることができるのが、牛乳パックをそのままセットして作るタイプです。

ヨーグルトを作った後も牛乳パックを捨てれば片づけは終わってしまいますので、とにかく簡単。

ただ、セットができる牛乳パックは1000mlまでといったものも多く、一度にそれ以上のヨーグルトを作りたいときには不向きです。

牛乳パックタイプには、牛乳パックにそのままウォーマーを巻き付け、適温を保持しながらヨーグルトを作るタイプのヨーグルトメーカーもありますが、こちらはタイマーがついていないので、自分で時間管理をする必要があります。

 

調理容器タイプ

一方、牛乳を専用の容器に入れ機械にセットし、ヨーグルトを作るタイプの調理容器タイプがあります。

このタイプのヨーグルトメーカーは種類も多く、自分の希望に応じたものをチョイスすることが可能です。

牛乳パックタイプと異なり、少ない量から大容量まで容器を変えれば欲しいだけヨーグルトを作ることができるのもこのタイプのメリットでしょう。

ただし、ヨーグルトを作る前に容器の熱湯消毒など、ひと手間加えるという煩わしさがあります。

 

ヨーグルトメーカーの使い方

では、ご家庭でヨーグルトメーカーを購入した場合、どういう風に使えばいいのかをご紹介しましょう。

 

基本通りヨーグルトを作るために使う

ヨーグルトメーカーのメリットは家庭で新鮮なヨーグルトをいつでも食べられること。

ヨーグルトメーカーを使うと、凡そ8時間ほどでヨーグルトが完成します。夜寝る前に牛乳をセットをしたら、翌朝には出来立てのヨーグルトを朝食で食べられますよね。

機種によってはプレーンヨーグルトだけでなく、飲むヨーグルト、ギリシャヨーグルトなどいろいろな種類のヨーグルトを楽しむことができます。

 

調味料を作るために使う

発酵を使って作る塩麹、醤油麹、味噌、塩レモンなど、お料理の味を引き立てる調味料がご家庭で手軽に作ることができます。

材料、塩加減など、自分の好みの塩梅に仕上げてることができ、お料理の幅を広げるお手伝いをしてくれます。

 

副菜やデザートになる発酵食品を作るために使う

和食の定番である納豆や甘酒、漬物、ピクルス、フルーツビネガー、フルーツシロップといった発酵食品を短時間で作ることができます。

こういった発酵食品を常備しておくと普段の食卓が華やかになるだけでなく、栄養バランスもとれて健康的な食生活をおくる手助けになります。

 

ヨーグルトメーカーの選びのポイント

さて、実際にヨーグルトメーカーを購入する際、どういった点に着目すればいいのでしょうか?

 

何を作りたいかで選ぶ

「ヨーグルトメーカーで作れるもの」でご紹介しましたが、ヨーグルト以外にも作ることができる発酵食品がいろいろあります。

ヨーグルト以外にどういった発酵食品を作りたいのか目的をはっきりさせ、それらの食品がヨーグルトメーカーで作ることができるのかを確認したうえで機種を選定していきましょう。

 

温度設定機能があるものを選ぶ

ヨーグルトメーカーには発酵のために温度を一定に保つための温度設定機能がついたものがあります。ヨーグルト作りに必要な温度が固定的に設定できる機種や、いろいろなヨーグルト作りを楽しみたい人のために細かく温度設定を行える機種があります。

 

タイマー機能が付いているものを選ぶ

ヨーグルトを作るためには温度の他、発酵させる時間も重要なポイントとなってきます。その際にタイマーを設定できると、ほどよくヨーグルトを発酵させることができ、時間を気にしながらヨーグルトメーカーをのぞき込む手間を省くことができます。

自分で時間管理をするのは結構面倒な作業。その点、タイマーがあると、時間が来れば自動的に保温解除となります。ヨーグルトメーカーにおまかせでお手軽に美味しいヨーグルトを楽しめます。

 

ヨーグルトメーカーで人気のブランド・メーカーは?

いくつかあるヨーグルトメーカーのブランド。人気のあるブランドについてご紹介したいと思います。

 

ヨーグルトメーカー初心者にリーズナブルな「TO-PLAN」

とりあえずヨーグルトメーカーを購入してみよう!と思ったら、こちらのメーカーをチョイスしてみてください。使いやすいシンプルな操作性が大きな特徴であり魅力でもあります。

機械操作は苦手という方も失敗することなくヨーグルトを作ることができるでしょう。

 

多機能なヨーグルトメーカー「ティファール」

フライパン等の調理器具で有名なティファール。なんと、ヨーグルトメーカーもあります。

サイスがちょっと大きめではありますが、一度にたくさんのヨーグルトを作ることができるので、毎日たっぷりヨーグルトを食べたいというご家庭にはピッタリです。

通常のヨーグルト作成機能に加えスチーム調理機能があります。ヨーグルト以外にプリンや蒸しパンといった蒸し料理を作ることができるます。

 

コストパフォーマンスに優れた「アイリスオ-ヤマ」

こちらのヨーグルトメーカーは多機能でありながら、リーズナブル。非常にコストパフォーマンスに優れています。

プレーンヨーグルトに加え、飲むヨーグルトやギリシアヨーグルトといったタイプの異なったヨーグルトを作ることができ、ヨーグルト好きには魅力的な機能が搭載されている機種があります。

 

2019年最新版!ヨーグルトメーカーのおすすめランキングTOP7

それでは、主婦目線で選んだ2019年度最新ヨーグルトメーカーをご紹介していきましょう。

 

7位 和平フレイズ ヨーグルトメーカー

牛乳パックを本体にセットし、コンセントを入れるだけという操作でヨーグルトを作ることができます。ヨーグルト作りに特化した機種なので、価格もリーズナブル。まずはヨーグルトを作ってみたいと思われる方にお勧めです。

 

6位 TANICA ヨーグルトメーカー

25~70℃と幅広く温度調節ができるのが大きな特徴です。そのため作ることができる発酵食品もヨーグルトを始め、甘酒・塩麹・醤油麹・味噌・納豆・天然酵母・温泉たまご・コンフィと種類が豊富。

 

5位 ティファール ヨーグルトメーカー

ティファール独自のスチーム調理システムが搭載されているので、ヨーグルトだけでなく、プリン、蒸しパン、チーズケーキといったデザートを手軽に作ることができます。

カップタイプのガラス容器を使ってヨーグルト等を作るため、調理後にそのままテーブルに出せます。

 

4位 TO-PLAN ヨーグルトメーカー

本体に牛乳パックをセットしスィッチを入れるだけのシンプル操作でヨーグルトを作れます。甘酒、カスピ海ヨーグルトといった食品も作ることができ、キッチンでも邪魔にならないコンパクトなサイスが特徴です。

 

3位 タイガー ヨーグルトメーカー 

ヨーグルトメーカー本体は、幅約11.5×奥行14.9×高さ26.5cmと非常にスリムでコンパクト。細かい温度設定で、お好みの風味のヨーグルトを作ることができます。キッチンにスペースがないというご家庭におすすめ。

 

2位 ラクトヘルシス ヨーグルトメーカー

出典: Amazon.co.jp

ラクトヘルシス ヨーグルトメーカー
ブランド
カテゴリ

独自制御プログラムで日本の牛乳パックに特化した温度安定性で、失敗することなくヨーグルトを作るということに徹底的に着目したヨーグルトメーカー。使用電力も25Wとエコ仕様。確実にヨーグルトを作りたいという方にお勧めです。

 

1位 アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカー

コスパに優れたヨーグルトメーカーです。自動メニューが搭載されていてプレーンヨーグルトはもちろん、甘酒や塩麹といった発酵食品がボタン操作一つで簡単に作れます。

 

ヨーグルトメーカーの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ヨーグルトメーカーの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

ヨーグルトメーカーで、手軽に発酵食品を楽しみましょう!

以上、ヨーグルトメーカーについてお話ししてまいりました。

ヨーグルトを始めとする発酵食品は、腸内の善玉菌を増やし健康的な生活を送るために欠かせないもの。ご家庭でヨーグルトメーカーを利用すれば、毎日、出来立ての発酵食品から新鮮な善玉菌を摂ることができます。

気軽に我が家仕様の発酵食品作りを手軽に楽しみながら、健康ライフを楽しんでいきましょう!!

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

和平フレイズ ヨーグルトメーカー

サイトを見る

TANICA ヨーグルトメーカー

サイトを見る

ティファール ヨーグルトメーカー

サイトを見る

TO-PLAN ヨーグルトメーカー

サイトを見る

タイガー ヨーグルトメーカー

サイトを見る

ラクトヘルシス ヨーグルトメーカー

サイトを見る

アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカー

サイトを見る

関連記事