買いたいものを検索してください

【おしゃれ】グラタン皿おすすめ人気3選|人気メーカーでさらに美味しく!

あつあつのとろけるグラタンは、家族に喜ばれる定番の料理でしょう。家庭でグラタンを作る場合に適しているグラタン皿とは、どのようなものがおすすめなのでしょうか。グラタン皿選びのポイントや、あると便利な機能、人気の商品などをまとめて紹介します。

 

グラタン皿について

オーブンなどでじっくり焼きあげるあつあつのグラタン作りには、『グラタン皿』が欠かせません。

グラタン皿はどのような役割を果たすものなのか、他に使用方法があるのかなどを詳しく説明します。また、グラタン皿に代用できる食器についても知っておくと便利です。

 

グラタン皿の役割

グラタン皿とは、耐熱皿とよばれる高温調理でも割れない素材でできたものの一つです。耐熱皿にはペタライトという素材や、珪砂や硼砂、硼酸などの材料が使われていて、オーブンに対応できます。

通常、陶器やガラス製の皿は高温になると熱で膨張してしまいますが、これらの素材を使用した耐熱皿は熱膨張が抑えられるのです。

また、おしゃれなカラーやデザインのものもあり、よりグラタンをおいしそうに見せてくれる効果もあるでしょう。

 

グラタン皿の多様な使い道

グラタン皿というと、グラタンにしか使えず食器棚のスペースをとってしまう使いにくい皿、というイメージをもつ人も少なくありません。しかし、グラタン皿はグラタン以外の料理でも多様に活躍する便利なテーブルウェアです。

グラタン皿を使えば、キッシュやオムレツ、ラザニアなどの洋食も見栄えよく仕上がります。他にも肉や魚、野菜のグリルや、アヒージョなども簡単に作れておすすめです。

オーブンなどで調理した後、そのままテーブルへ出せるため、パーティー料理用にも使えます。アップルパイなどのスイーツを作ってもよいでしょう。

 

グラタン皿の意外な代用食器

グラタン皿が手元にない場合、オーブン対応のフライパンや土鍋などで代用ができます。グラタンの具材を炒め、そのままオーブンに入れられるため洗い物が少なく便利です。

陶器の食器は割れてしまうため使えませんが、磁器の皿であればオーブン調理に使えます。ただし、磁器の皿を使う場合は薄手のものや絵柄のついたものは避けたほうがよいでしょう。薄手のものは高温で割れる恐れが、絵柄のついた皿は色が落ちる可能性があるためです。

他にも、少量のグラタンであればアルミを使ったカップやアルミホイルなども代用品として使えるでしょう。

鍋

 

グラタン皿を選ぶときのポイント

グラタン皿を新しく購入する際は、どのようなポイントに気を付けて選べばよいのでしょうか。選び方のポイントを紹介します。

グラタン皿は、ホームパーティーでも活躍する大型のものや、他の料理にも使いやすいものなど、形状や材質がさまざまです。選び方を参考にして、自分好みの使いやすいグラタン皿を選んでみましょう。

 

対応する熱源を確認しよう

グラタン皿は、商品によって対応している熱源が異なります。ひと口に耐熱皿といっても、オーブンのみ使用可能な皿やオーブントースターでも使用可能な皿など、対応している熱源はさまざまです。

グラタン皿の中には、電子レンジでの調理も可能なものがあります。電子レンジで調理ができるタイプでは、冷めてしまった料理を温めなおしたり、チーズなど溶かしてフォンデュにしたりと大変便利です。

直火にかけて調理できるグラタン皿などもあり、このようなタイプの商品を使えば肉料理や煮込み料理が手軽にできます。アウトドアでの使用にも向いているでしょう。

 

素材を確認しよう

購入する際にチェックしておきたいのが、素材・材質についてです。グラタン皿には陶器や磁器のものの他に、耐熱ガラスやセラミック製のものがあります。

陶器製のものはなんといっても保温性の高さが抜群です。あつあつのグラタンを美味しく食べたい場合は、陶器製の皿が適しているでしょう。

磁器製のものは陶器製に比べると保温力は落ちるものの、耐久性が高くチーズなどもこびりつきにくい素材です。軽くて扱いやすいセラミック製や、見た目も美しく冷凍も可能な耐熱ガラス製など、使い勝手で選ぶようにしましょう。

 

形状や容量を確認しよう

グラタン皿は、1人分の分量を約350mlとして1人ひと皿にするのか、大皿に作って取り分けるのか、作る容量に合わせて選びましょう。大人数のグラタン一つの皿で作る場合は1000ml以上、2人用なら700ml以上の容量を目安に選ぶことをおすすめします。

また、オーブンやオーブントースターなどに入れるときのサイズ感も確認しておくことが大切です。楕円型や四角型、深さのあるものなど多種多様な形状のものが売られています。

グラタン以外の料理にも使うと仮定して、使いやすい形のものを購入しましょう。

 

使いやすいグラタン皿の特徴

今使っているグラタン皿が使いにくいと感じている人もいるかもしれません。使いやすいグラタン皿にはいくつかの特徴があります。

グラタン皿は意外にも幅広い料理に使える万能食器です。使いやすいものを購入すれば、グラタンはもちろん、さまざまなメニューに役立ちます。では、使いやすいグラタン皿の特徴を見ていきましょう。

 

電子レンジに対応できる

中を高温に熱して焼きあげるオーブンとは異なり、電子レンジは食品に含まれる水分などを電波で振動させ、摩擦熱で加熱します。手軽に調理できますが、金属が使われている皿は使用できません。

オーブンだけではなく電子レンジに対応しているグラタン皿を選ぶと、冷めてしまったグラタンを電子レンジで気軽に温めることができるため、最後までおいしく食べることができるでしょう。

また、グラタン皿としてだけでなく、他の料理にも活用しやすいので便利です。

 

持ち手がある

おしゃれに見える持ち手のないグラタン皿は、冷たい料理やパスタなど、他の料理にも使えるでしょう。しかし、あつあつのグラタンをオーブンから取り出す時は、使いにくいと感じる恐れがあります。

火傷の心配があるため、グラタン皿を選ぶときは持ち手のあるものを選ぶようにすると安心です。ミトンなどで掴んだときに、落とす心配のない、持ち手が大きめのものが使いやすいでしょう。

 

おしゃれなグラタン皿おすすめ人気ランキング3選

新しいグラタン皿を購入しようと検討している人の中には、どのような商品を買えばよいのか悩んでしまうという人も少なくありません。グラタン皿選びに迷ったら、人気の商品から選ぶことをおすすめします。

グラタン皿は、調理をしたらそのまま食卓に出す食器です。機能面と同時に、デザイン性も気になるポイントでしょう。

ぜひ、おすすめの商品をチェックして、お気に入りのグラタン皿を手に入れてみてはいかがでしょうか。

 

TOOLS GRILLER (イブキクラフト)

イブキクラフトの『TOOLS  GRILLER (ツールズ グリラー)』は、オーブンはもちろん、直火や電子レンジ、魚焼きグリルでも使える陶器製の薄型グラタン皿です。フタがついているため、グラタンだけではなく、野菜や魚などの蒸し焼きも美味しく作れます。

見た目もスタイリッシュで、テーブルをおしゃれに演出してくれるところも高評価な商品です。

 

 BULKITCHEN スクエアディッシュ(KINTO)

KINTO(キントー)の『 BULKITCHEN スクエアディッシュ』は、オーブンと電子レンジで使える耐熱ガラス製の食器です。大きめのスクエア型で、グラタンを家族で取り分けて食べたいときに便利でしょう。

クリアなガラスの洗練された印象で、料理が映えるため、パーティーなどで使うのもおすすめです。汚れがこびりつきにくく、落としやすいという点も人気があります。

 

セラミック レクタンギュラーディッシュ(ストウブ)

出典: Amazon.co.jp

セラミック レクタンギュラーディッシュ(ストウブ)
ブランド
カテゴリ

ストウブの『セラミック レクタンギュラーディッシュ』は、セラミック製のグラタン皿として人気が高い商品です。オーブンはもちろん、電子レンジでも使用でき、グラタンやオードブル、デザート作りなど多方面で活躍します。

食洗機にも対応しているため、お手入れが楽なのも嬉しいポイントでしょう。

 

グラタン皿の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、グラタン皿の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

冬はやっぱり温まる食べ物!

両手鍋
すき焼き鍋
ミツカン寄せ鍋つゆ

 

おしゃれなグラタン皿で食卓を彩ろう

焼き立てのグラタンは、寒い季節ではなくても美味しく食べられる人気の料理です。大人数で取り分けられる大型のグラタン皿や、ちょっとしたオーブン料理に便利な小型のものまで、何種類か持っていると重宝します。

『グラタン皿はグラタン専用』というイメージは捨てて、ぜひグラタン皿を使ったあつあつの料理に挑戦してみましょう。

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

TOOLS GRILLER (イブキクラフト)

サイトを見る

BULKITCHEN スクエアディッシュ(KINTO)

サイトを見る

セラミック レクタンギュラーディッシュ(…

サイトを見る

関連記事