文具大好きライターが教える!油性ボールペンおすすめランキング!

文字を書く時に、一番身近な筆記具と言えば「ボールペン」と答える方が多いのではないでしょうか。中でも、長期保存に向いているとされる「油性ボールペン」は誰もが1本は持っていると思います。

「油性ボールペン」と一口に言っても、100円以下のものもあれば10,000円を超す高価なものもあります。

普段使いの油性ボールペン、書類記入用に持ち歩くための油性ボールペン、仕事の効率を上げるための油性ボールペンなど、その用途は様々だと思います。

私は学生の頃から文具が大好きで、よく油性ボールペンを色々揃えて満足していたものでした。アルバイトで添削をするようになってからは、なお仕事の効率をはかって書きやすい油性ボールペンを探したりもしましたよ。

油性ボールペンには様々なメーカー、ブランドのものがあり、個々に書き心地、握り具合、インクの出方などが異なります。

ここでは、油性ボールペンの特徴やおススメの油性ボールペンのランキングを挙げていくことによって、ぴったりの1本を是非見つけてもらいたいと思っています。

PC

 

ボールペンのインクの種類

ボールペンのインクには、「油性」「水性」「ゲルインク」の3種類があります。普段あまり気にして選んでいないかもしれませんが、それぞれの特徴を知った上で適した状況で使うようにしていくとワンランク上の仕事が出来そうな気がしますよね。

それぞれに適した場面で使うと、書きやすいのはもちろんのこと、文書の仕上がりもキレイなものになるでしょう。

 

油性

油を使ったインクということで、耐水性が高いのが特徴的です。いったん書いた文字が濡れてしまっても滲まないところが最大の長所です。

書いた後もすぐに乾くので、手で擦ってしまって文字が見えにくくなるなどの心配も要りません。

インクが紙の裏にまで染みてしまうということも無く、1枚の紙の裏表両方に記入が必要な場合に使うのに適しています。

ただ、水性インクと比べると発色という点では負けてしまうという難点もあります。また、インク溜まり(ボテ)が起こりやすいということもデメリットとして挙げられます。

しかし、概して書類の記入にもよく使われており、一般的な事務作業から契約書のサインまで向いています。

 

水性

インクに顔料の他に水を使用しているタイプで、力を入れて書かなくても、キレイにはっきりとした文字を書くことができるのがメリットです。

油性インクのボールペンの場合、紙を重ねたときに2枚目の紙に文字の跡が残ってしまうことがありますが、水性の場合にはそういうことはありません。

発色が良く文字を書いたときにとてもキレイに見えます。カラーバリエーションも豊富なので、色分けして使う場合に向いています。

しかし、水性インクは耐水性に弱く、乾くまでに時間がかかるので、書いた後にすぐに触ってしまったりするのはNGです。

また、紙によっては裏移りするので、両面使う用紙の場合には使うのを避けた方が良いでしょう。

 

ゲルインク

ゲルインクは比較的新しく開発されたインクで、油性インクと水性インクのいいとこどりをしているインクです。

力をいれずにさらさらと滑らかに書けるのは水性インクのようですし、しかも耐水性があって滲みにくいのは油性インクのようです。

さらに、発色も良いのでキレイな文字に見せてくれます。

そんな良いところばかりと思えるゲルインクですが、デメリットもあります。それはインクの減りが圧倒的に早いこと。

ゲルインクを気に入ってよく使用するという方は、レフィルを常時用意しておくようにすると良いですね。

 

油性ボールペンの選び方

では、油性ボールペンを選んでいくことにしましょう。

油性ボールペンは実際に自分で持って試し書きしてみるのが一番良いと思います。誰かがおススメの油性ボールペンだからと言って、自分にもしっくりくるかどうかはわかりません。

人によって筆圧も違いますし、手の大きさや油性ボールペンを使うシチュエーションも異なってきます。

実際に油性ボールペンを試してみる時にチェックするポイントを3点挙げておきます。

 

芯の太さ

使う用途に合わせて芯の太さも変えていくと油性ボールペンがもっと使いやすいものになっていきます。

 

〇極細タイプ

芯の太さが0.3mmという極細タイプの油性ボールペンは、スケジュール帳に予定を書きこんだり、付箋をつけた箇所に書き込む場合などに適しています。

細かな文字でもはっきりと読めるように書けるので、後から見ても読みやすく感じられます。

 

〇中太タイプ

芯の太さが0.5mm~0.7mmという、最も一般的な太さがこの中太タイプです。普通にノートや書類に文字を書くのに一番適しているサイズの芯の太さです。

メモをとったり、手紙を書いたりするのも、この芯の太さが一般的とされています。

契約書に署名をする、なんていう時のために持ち歩くボールペンでも、この中太タイプを選んでおくと良いでしょう。

 

〇極太タイプ

封筒に宛名を書く時などには、はっきりと文字を読めるように書く必要があるため、極太タイプの芯を使うのが適しています。1.0mm以上の芯の太さのものを選ぶと、広い範囲に目立つように文字が書けるようになります。

 

持ちやすさ

仕事や勉強で、長時間油性ボールペンを使うという場面では、持ちやすさはとても重要になってきます。書きやすさとも密接に関係があり、個々の手の大きさや筆圧により持ちやすさは変わってきます。

実際にボールペンを持って文字を書いてみないと、どれが持ちやすいかは決められないでしょう。

一般的には、筆圧が強い方はしっかりと書ける太めのボールペンが、筆圧が弱い方は細めのボールペンが向いているとされています。

 

インクの粘度

油性ボールペンは、一般的にインクの粘度が高めで滲みにくいとされていますが、その中でもさらに粘度が高め、低めとに分かれます。

粘度が高いインクの油性ボールペンは、耐水性に優れており、文字が滲みにくいという特徴があります。

紙の裏面にも移りにくいですし、水がかかっても文字が滲まないので使いやすい油性ボールペンとも言えます。

粘度の高いインクの油性ボールペンは、インクが書いている途中で出にくくなったり、紙についたインクが伸びたりするということもあるので、使いにくいと感じる方もおられます。

粘度の低いインクの油性ボールペンは、万年筆のようにさらさらと文字が書けるようになっていて、ストレス無く長時間使えるという特徴があります。

粘度の低いインクの油性ボールペンは、書いている時のインクの出方も均一で高粘度のものよりも使いやすそうに見えますが、筆圧が強い方の中には書き心地が悪いと感じることもあるようです。

インクの粘度の高さ、低さによるそれぞれの特徴をよく理解した上で、自分が書きやすいと思う方を選んでいきましょう。

 

インクの速乾性

油性ボールペンを使って文字を書く時に、衣類や手などにインクがついてしまうことがあります。速乾性が低いインクのものを選んだ場合、書いた文字が乾く前に触れてしまうと文字が滲んでしまいますし、衣類や手に知らず知らずのうちについてしまっていることがあります。

契約書類などに署名をする、などの場合には速乾性のあるインクの油性ボールペンを選んで使っていくと良いでしょう。

高粘度インクであれば速乾性のあるタイプでも、書いた後のインクが伸びやすくなっているため、乾くまでの時間を考えるのであれば低粘度インクの油性ボールペンが良いと思います。

 

実際に買って良かった油性ボールペン2選

 

三菱鉛筆 油性ボールペン ジェットストリームプライム 0.7  シルバーSXN220007.26

三菱鉛筆のジェットストリームインクを使用している油性ボールペンです。高級感が若干感じられるので、使い捨ての油性ボールペン以外にもこういったタイプのボールペンを1本持っておくと重宝します。

ジェットストリームは、油性ボールペンながらも水性インクのようにのびやかではっきりとした線を引くことが可能とされているところが人気です。

芯は0.7mmだけでなく0.5mmも使えるので、比較的細かい文字にも対応出来ます。ノック式で片手で簡単に操作出来る気軽さも嬉しいですね。

カラーはこちらは無難なシルバーですが、他にも「ピンク」「ライトピンク」「ネイビー」「ブラック」のカラー展開で、好みのカラーを選べるようになっているのが良いと思います。

購入する時に外箱がついており、高級感がありますのでプレゼントとしても喜んでもらえるでしょう。

かなり高級感が感じられるお品なのに、価格帯はリーズナブル。長く使えるところも良いと思います。

 

三菱鉛筆 油性ボールペン  ジェットストリーム 0.5  黒 5本 SXN150055P.24

ボール径0.5mmの油性ボールペン。さらさらとした書き心地で、筆圧が弱い私でも長時間持って書くことが出来ます。

ジェットストリームは、低粘度で潤滑性の高い溶剤を新たに使用することで、筆記時の摩擦を軽減できたということです。

とても文字が書きやすいので、私は添削時のアルバイトをしていた時には、こちらの赤色を使用していましたが、何時間使っていても手が疲れることがありませんでした。

外側のカラーもブラック以外に素敵なカラーが揃っているので、好きな色が選べるのも良いと思います。

油性ボールペンをよく使うという方は、何本かまとめて購入しておくと便利ですね。

こちらはお値段が安いのに、使用感も抜群です。油性ボールペンを使って長時間仕事をするという方におススメです。事務所などでまとめ買いする場合にも良いのではないでしょうか。

プレゼント用

 

油性ボールペン気になるランキング7選

 

7位 LAMY  ラミー 4色 ボールペン  油性

言わずと知れた「ラミー」の油性ボールペンです。社会人になって良いボールペンを1つ持っておきたいという方に向いているお品だと思います。

シンプルなデザインながらもセンスの良さが光ると言われているだけあって、持っていると人目を引くことは間違いなしです。

とても軽い持ち手で、手にとった時の質感が流石はラミーと思える油性ボールペンです。

デザインだけでなく、書き味もなかなか良いということなので、油性ボールペンに高級感を求める方だけでなく、実用性も欲しいという方におススメの逸品です。

 

6位 スワロフスキー SWAROVSKI Crystalline  ボールペン Vintage Rose  ヴィンテージローズ

女性向けのデザインの油性ボールペンです。ヴィンテージローズのコーティングが施されたボールペンで、約540個の繊細なピンク・クリスタルで上品に仕上げられているのが特徴的です。

この油性ボールペンは適度な重みもありますが、書き味がするすると書けて筆圧の弱い女性向けです。

プレゼントにしても喜んでもらえると思います。

替え芯は、「PILOT  ボールペン替え芯  油性インキ 0.7 細字(品番 ;BRF-8F-B) 」が使えるということなので安心感もあります。

お洒落なデザインで、キラキラしているところが可愛らしく、若い女性へのプレゼントとして最適だと思います。

お値段も意外とリーズナブルで、長く使うものだと思えばそれ以上の価値があるのではないでしょうか。

 

5位 パーカー ボールペン 油性 アーバン ブラックキャブCT

パーカーの油性ボールペンで新しいモデルです。デザインが美しく、1つ持っていると重宝しそうです。

社会人で営業職などの方であれば、使っているボールペンも密かにチェックされていますから、これぐらいのランクの油性ボールペンを使っていると印象も良くなりそうですね。

ブラックのカラーで、重量は20gと案外と軽め。

ノックタイプで、片手でも使えるところも便利だと思います。大きな手でも握りやすく作られているので、男性の方に向いているお品です。

持ち手がしっかりとしているので、筆圧の高い方でもさらさらと文字を書きやすいところも良いと思います。高級感があり、お箱に入っていますのでプレゼント用としても喜ばれそうです。

きちんとした油性ボールペンを1本持っておきたいという方におススメです。

長く使えるボールペンですが、お値段も手が届く範囲なのも嬉しいですね。

 

4位 ゼブラ 手帳用ボールペン

ゼブラの手帳用ボールペンです。ボール径は0.7mmで本体はステンレス製。

本体重量は7.5gと、とても軽量。手帳用にピッタリのサイズで、なかなか見ないサイズの油性ボールペンで持っていると便利です。

ノック部分が飛び出さないところが良いですね。手帳やポケットにスッキリと収まります。手帳のリングにもすっぽりと納まるので、とても良いと思います。

サイズは全長10cmと超コンパクトなボディなのに、軽く握れてサラサラと筆記出来るからこれは嬉しいですね。

素早くメモを取りたい時には軽い筆記具が一番なので活かされます。

とても使い勝手が良いのにお値段も安いのでお得感があります。料理教室などでメモを取ったり、取材などの機会がある方におススメの1本です。

 

3位 三菱鉛筆  3色ボールペン ジェットストリーム 0.38 SXE340038T.24 透明ブラック

ノック式の油性ボールペンで、ボール径は0.38mm。インク色は黒、赤、青の3色です。

3色揃っているので、仕事や勉強の場面でとても役立ってくれます。重さも14gととても軽量なので、胸ポケットに入れていても負担になりません。

ペン先はボール径0.38と極細なので、細かい文字を書き込むのに重宝します。仕事の書類や付箋、勉強用のノート、手帳などに、細かい文字をどんどんと書き込めるから効率的に作業出来るようになりそうです。

しっかりと握れるようになっているので、手の大きな方でも使いやすい仕様になっています。

本体のカラーは透明ブラックの他、「ベビーピンク」「ローズピンク」「透明」「透明ネイビー」の4カラーがあり、好みのカラーが選べるようになっているのも良いと思います。

3色カラーの油性ボールペンをよく利用するという方におススメです。

価格もとても安く、替え芯もどこででも手に入るので安心感があります。

 

2位 セーラー万年筆 油性ボールペン フェアライン80 黒 10本 17-5181-000

セーラー万年筆の使い捨て油性ボールペンです。10本入りなので、普段からよく油性ボールペンを使って作業をするという方におススメです。

毎日よく油性ボールペンを使うオフィスの備品としても良いと思います。使い捨てタイプなので、芯を替える手間も無いですね。

持ち手に特徴があります。グリップ付なので、握り易く滑らないというから、これは使ってみたくなりますね。

芯径は0.7mmで一般的な仕事や勉強に向いている太さ。長時間使っていても疲れないというのも嬉しいですね。

環境にも優しいエコマーク認定商品・グリーン購入法適合商品となっている優良商品です。

価格もとても安いですし、沢山油性ボールペンを使う方に嬉しいお品です。

 

1位 三菱鉛筆 油性ボールペン  ジェットストリーム 0.7  黒 5本 SXN 150075.24

三菱鉛筆の油性ボールペン5本パックです。重量は48gでかなり軽くなっています。

芯の太さは0.7mm と一般的な太さで仕事や勉強時に気軽に使えるように作られています。

価格、書きやすさ、文字の美しさをトータルで考えると、コチラのお品はコスパも最高ですしなかなか良いと思います。

三菱鉛筆のジェットストリームが好きな方は、コスパの良いこのお品をよく使っておられるのではないでしょうか。

なめらかな書き心地も嬉しいですし、筆圧が弱くてもしっかりと文字が書けるので、手にかかる負担も少なくて済みます。長時間使っていても疲れないところも気に入っています。

5本セットでワンコインで購入出来るので、お得感もあります。

よく油性ボールペンを使って仕事や勉強をするという方におススメです。

 

まとめ

仕事や勉強で油性ボールペンを使っておられる方はとても多いと思います。毎日使うものだからこそ、価格だけでなく、書きやすさや文字の滲みにくさなども考慮していきたいものです。

また、社会人であれば使い捨ての油性ボールペンでなく、しっかりとした作りのものも1本は持っておきたいものですね。

お気に入りの油性ボールペンを見つけて、書き心地が良かったということになればとても嬉しくなるものです。

ランキングなども参考にして、是非あなただけの1本を見つけて下さい。

記事内で紹介されている商品

三菱鉛筆 油性ボールペン ジェットストリ…

サイトを見る

三菱鉛筆 油性ボールペン ジェットストリ…

サイトを見る

LAMY ラミー 4色 ボールペン 油性

サイトを見る

スワロフスキー SWAROVSKI Crystalline ボ…

サイトを見る

パーカー ボールペン 油性 アーバン ブラ…

サイトを見る

ゼブラ 手帳用ボールペン

サイトを見る

三菱鉛筆 3色ボールペン ジェットストリー…

サイトを見る

セーラー万年筆 油性ボールペン フェアラ…

サイトを見る

三菱鉛筆 油性ボールペン ジェットストリ…

サイトを見る

関連記事