日用はもちろんカリグラフィにもこだわりたい!万年筆おすすめランキングベスト6!

最初のきっかけは万年筆ではなく、漫画用の丸ペン・Gペンだったと思います。今でも絵を描くことは好きなのですが、ペンと言えば、その中にインク込みのボールペンなどしか見たことがなかったので、インク壺にペン先を入れて描くという行為自体に、興味津々でしたね。

ゆえにそこから、似たタイプの万年筆へ関心が移っていったように思います。ペン先の形とか、見た目もおしゃれで格好いいですし。またカリグラフィなど、字にもデザインからこだわる分野があると知って、より興味も深まりました。

普通のボールペンでは物足りなくなる、そんな万年筆の魅力を今日はお話しします。

 

万年筆の強みって?

万年筆

万年筆は使ってみないと、見た目のみしか価値を見いだせないという人も多いと思います。ファッションアイテムとして持ち歩きたいとは思っても、逐一インクを補充しなくてはいけないなど、実用面では不便に見えますものね。

 

書き心地も良い万年筆

しかし実際に書き始めてみると、ボールペンなどよりも書き心地が良いんです。万年筆はペン軸の太さやペン先の細さ、ほかにも様々な要素があります。ゆえに使い心地を知るには自分に合うものを探す必要がありますが、きちんと合えばほかのペンに戻れなくなるほどです。

筆ペンに近いので、字の止めやハネと言った特徴が表現しやすく、ほかのペンよりも字がきれいに見える効果も期待できます。

 

総合的なコスパも安い?

また名前の通り、万年使える耐久性の良さもポイント。インクは補充が可能ですし、ペン本体も破損した際に修理することができます。インクと直結していないので、ペン先などを自分で洗ってメンテナンスすれば、破損の予防にも繋がります。

1本あたりの単価はボールペンなどに劣りますが、万年筆なら下手をすると一生使いまわすことも不可能ではありません。ボールペンが1本100円として、万年筆は安いものなら1000円ほどで入手できます。

つまりボールペンを10回以上買い換えるなら、万年筆1本で済ませたほうがコスパは低くなります。

 

強みは何に書くかでも差が出る!

万年筆と履歴書

万年筆を使う際は、何に文字を書くのかも考えましょう。さすがに金属やビニールなど、普通のボールペンですら書かないような媒体には使わないでしょうが、より綺麗な字、書きやすさを求めるなら、ノートや便箋など万年筆を利用する媒体も選びましょう。

 

筆圧が強い人は薄さに注意

万年筆のインクは水性であることが多いため、水性で書けるものなら基本OK。紙であれば基本インクを染み込ませることが可能です。

しかし紙が薄いと、インクの量によっては裏側や下の紙に滲んでしまうことも。インクの出方は万年筆というより書き手の筆圧による部分が大きいので、力を入れて書いてしまう人は特に注意してください。半紙など、薄すぎると紙そのものを破いてしまうこともあります。

紙が柔らかすぎることも力を入れてしまう原因になるので、硬めのものを選んだり、下敷きを適宜挟むなどの工夫もおすすめです。

 

コピー用紙は周囲ににじむ

しかし紙の中でも、コピー用紙をメモがわりに使っている人は注意。そもそもコピー用で、普段の筆記とは目的が違うためか、万年筆を使うと文字が周囲ににじんで綺麗に反映されません。

ノートなど、通常筆記具を使う媒体であるかを確認しましょう。また同じく印刷に使われるコート紙もNG。こちらは反対に水を吸い込んでくれないので、インクがいつまでも乾きません。

 

ノート型は2枚目に移る前にインクの乾きをチェック

コート紙ほどではないにせよ、インクが乾くまで時間がかかるのが紙のデメリットと言えます。ノートなどで、同じタイミングに2ページ以上書く場合は、吸い取り紙などでインクを吸収して乾かしましょう。両面に書き込んでいる場合、乾かさずに閉じると双方の文字が互いに写って悲惨なことに。

 

万年筆の種類

ペン先

万年筆はペン先やペン軸のサイズで使いやすさが違うとお話しましたが、その種類についても改めて見てみましょう。

 

ペン先は3種類

まずペン先。主に3種類の太さがあり、細い順にF、M、Bとなっています。またEF(極細)などさらに細かい分類も存在。ただメーカーによって、紙に書いた際の線の太さが同じ0.5mmでも、細いFであったり中字のMであったりとバラつきがあります。

厳密に太さを知るなら、線の太さが何ミリなのかまでチェックしたほうが良いでしょう。ちなみに複雑な漢字を含む日本語の場合は、細いタイプが使いやすいです。素材は金属が多く、安価なステンレスから純金まで様々。

 

ペン軸は種類が豊富

一方ペン軸は特定の太さが決まっているわけではありません。ゆえにメーカーやブランドによって大きさは様々です。素材は金属に限らず、木製や合成樹脂などこちらも多様。太さだけでなく、感触で選ぶのもおすすめです。

 

使いやすい万年筆の選び方

万年筆

上記を踏まえて、万年筆を選ぶ際のポイントを見てみましょう。

 

インクの付け足しが面倒ならカートリッジもあり

万年筆のインクは別途用意するのが普通ですが、インク壺に付ける方法だけではありません。それをより簡略化できるコンバーター方式や、そもそもインクが万年筆の中にセットできるカートリッジ方式もあります。

少し書いてはインクを付けて…という作業が煩わしいなら、コンバーターやカートリッジもおすすめ。ちなみにコンバーターはカートリッジと同じくペン先に専用機器を取り付けるため、両用タイプも存在します。

 

値段は際限なし

安いと1000円ぐらいと言いましたが、万年筆の場合上限が無いと思えるほど価格の幅は広いです。高級なものだと数十万は当たり前。なので値段は自分が買えるかを基準にして構いません。必要な機能を備えたのに高いと感じたら、素材を安価なものに変えるなど、優先順位を決めるのもよいですね。

 

迷ったら好きなデザインを

似た機能の万年筆で迷ったら、最終的には好みで決めましょう。贈り物であれば相手の、自分用であればもちろん自分の好みで構いません。一生使うものなのですから、いくら機能が優れていて値段が安いとしても、嫌いなデザインでは使いづらくなってしまいます。

 

実際に使ってみて良かった万年筆2選

 

参考までに、私が選んだ万年筆を2つほど紹介します。

 

プラチナ万年筆 万年筆プレピー 0.2mm ブラック

出典: Amazon.co.jp

プラチナ万年筆 万年筆 プレピー 0.2mm ブラック
ブランド
カテゴリ

まずはプラチナ万年筆のプレピー。プレピーブランドはステンレスのペン先などによって、安価な製品が多いのも特徴で、こちらは1000円どころか半分もしません。

ペン先は極細で、カラーは外見だけでなくインクのカラーを示してもいます。ほかにブルーブラックとレッドがあるのですが、インクの色も同じとなる点に注意してください。インクはカートリッジ式なので、補充も容易です。

 

PILOT 万年筆カクノ

出典: Amazon.co.jp

PILOT 万年筆 カクノ
ブランド
カテゴリ

もう1つはパイロットのカクノ。こちらも安価な万年筆ですね。こちらはカートリッジとコンバーターの両用式。透明リサイクル樹脂が素材で、万年筆には珍しく、スケルトンなデザインが魅力的です。

ペン先は極細でインクは黒。コンバーターは別に購入する必要がありますが、カートリッジインクがセットになっているので、購入した段階で使うことができます。

 

気になる万年筆ランキング6選!

 

調べてみると色々あるもので、最後に未使用ではありますが気になる商品をランキングでご紹介します。世間での評判も良い万年筆ばかりなので、以下の中から初めて見るのもありですよ。

 

第1位 プラチナ万年筆 万年筆#3776センチュリーシャルトルブルー

出典: Amazon.co.jp

プラチナ万年筆 万年筆 #3776センチュリー シャルトルブルー
ブランド
カテゴリ

値段は高級の部類ですが、可能なら欲しいと思うのが#3776センチュリーシリーズ。シャトルブルーというシックなカラーと、万年筆らしいおしゃれなデザインが素敵です。素材はペン先に14金、軸はAS樹脂とベリリウム銅。クリップ部分などは仕上げに金を使っています。

機能面も充実していて、キャップは締めることでインクのキープがしやすいスリップシール機構。ペン先はFです。

 

第2位 セーラー万年筆 万年筆プロフェッショナルギア

出典: Amazon.co.jp

セーラー万年筆 万年筆 プロフェッショナルギア
ブランド
カテゴリ

気になると言うだけならタダ…という冗談はさておき、1位に輪をかけて高級な商品がセーラー万年筆のプロフェッショナルギアです。ペン先は21金。専用ケースが付いているので、ギフト用としてもおすすめ。

カートリッジとコンバーターの両用式で、カートリッジタイプのインクが同梱されています。唯一の難点は太字なので、あまり細かい文字ばかりを書く人にはやや使いづらいかもしれません。

 

第3位 PILOT 万年筆プレラカリグラフィ

出典: Amazon.co.jp

パイロット 万年筆 プレラ カリグラフィ
ブランド
カテゴリ

ここからは再び安価な万年筆をピックアップ。外見デザインのバリエーションなら、パイロットのプレラがおすすめです。軸部分は透明で共通していますが、フタの先端など全7色存在。

コンバーター方式であり、専用のコンバーターが同梱されているので、別に買い求める必要がないのは嬉しいですね。素材は樹脂。ペン軸による線は0.9mmと太めです。

 

第4位 Pelikan ペリカーノJr

出典: Amazon.co.jp

ペリカン 万年筆 A レッド ペリカーノJr 正規輸入品
ブランド
カテゴリ

こちらは子供用の万年筆だそうですが、その分使いやすさが期待できると思いました。デザインはレッドのほか、ターコイズとピンクの3種類。インクはカートリッジ式です。

素材はペン先がスチールで、軸はラバーと握りやすいのが特徴。ペン先の幅はMの中字なので、細さにこだわらなければ、初めて利用する場合におすすめしたいです。

 

第5位 LAMY 万年筆サファリ

出典: Amazon.co.jp

LAMY 万年筆 サファリ
ブランド
カテゴリ

極細にこだわるならラミーの万年筆も素敵です。ABS樹脂のペン軸には、インク残量がわかる小窓がついているため、カートリッジを使っている時に便利。方式はコンバーターも対応の両用型なので、自分のスタイルに併せて切り替えることができます。

対応インクにブルーなど、黒以外が備わっているのも魅力的です。

 

第6位 セーラー万年筆 万年筆ハイエースネオ

出典: Amazon.co.jp

セーラー万年筆 万年筆 ハイエースネオ
ブランド
カテゴリ

最後はセーラー万年筆のハイエースネオ。プラスチックのペン軸と、ステンレスのペン先で、安価に入手できます。ペン先の太さは細字のF。シルバーのキャップに単色のペン軸というシンプルなデザインですが、軸のカラーは7色ほどから選択でき、好みを反映させやすいです。

付属品としてカートリッジがついていますが、吸入方式も利用可能。別売でコンバーターもあるので、好きな方法でインクを入れましょう。

 

まとめ

万年筆もボールペンやシャーペンに負けず劣らず、バリエーション豊かなペンです。その分自分に合うものを探す楽しさもありますね。

一方難点に思われがちなインク補充も、カートリッジを利用するなどしてカバーが可能。筆記具の1つに万年筆を加えて、その書き心地を堪能してみてはいかがでしょう?

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

プラチナ万年筆 万年筆 プレピー 0.2mm ブ…

サイトを見る

PILOT 万年筆 カクノ

サイトを見る

プラチナ万年筆 万年筆 #3776センチュリー…

サイトを見る

セーラー万年筆 万年筆 プロフェッショナ…

サイトを見る

パイロット 万年筆 プレラ カリグラフィ

サイトを見る

ペリカン 万年筆 A レッド ペリカーノJr …

サイトを見る

LAMY 万年筆 サファリ

サイトを見る

セーラー万年筆 万年筆 ハイエースネオ

サイトを見る

関連記事