コピックで思いのままにイラストを彩ろう!おすすめコピックセットベスト8!

水彩、色鉛筆などをはじめとして様々な塗りが楽しまれているアナログイラストですが、そんなアナログイラストを描くときに欠くことのできない存在、「コピック」をご存知でしょうか。

私自身、昔から絵を描くのが大好きで、友人と絵を描いては見せ合ったり、コミケに一般参戦したり、低クオリティながらもサークル参加したりとイラストライフを楽しんできました。

絵を描くことに興味を持ち描き始めて、色塗り用の画材ってどんなものがあるのだろう?と探した時、ほとんどの方は「コピック」に一度は興味を持つのではないかと思います。

本ページではそんなコピックの魅力と、販売されているお得なコピックのセットから、イラストを描くうえでおすすめのものをランキング形式でご紹介させていただきます。

 

コピックとは

「コピック」は、Tooグループという会社が開発したアルコールマーカーのブランドで、ファッションや建築などのデザイン・教育分野やイラスト、漫画、絵画やホビー・クラフトなど幅広い分野で利用されています。

現在50か国以上に出荷されており、30年以上販売されている、世界中に愛用者がいる日本の代表的アルコールマーカーです。

手軽で書き味がよく、プロからアマチュアまで幅広く愛用されており、速乾性で発色がいいのが特徴です。

 

コピックの種類

「コピック」と一口に言っても、実は様々な種類が販売されています。

このトピックでは、コピックの種類とその特徴をご紹介します。

 

コピックスケッチ

「コピックスケッチ」はコピックシリーズの中でも最も人気のあるモデルで、もっともプロ向けのモデルでもあります。

現在色展開は358色で、1本当たりの価格は税別380円。

ペン先はマーカータイプと細い筆タイプが両サイドについています。

 

コピックチャオ

「コピックチャオ」は初めてコピックシリーズを買う方向けの、安価なエントリーモデルのタイプです。

書き味や色味の品質はコピックスケッチと同一ですが、インクの容量がスケッチと比べて少なくなっており、その分手に取りやすい価格設定となっています。

初めてコピックを使う方、どんな色なのかとりあえず知りたいような場合はこちらから使い始めるといいかもしれません。現在色展開は前180色です。

ペン先はコピックスケッチとほぼ同様となっています。

 

コピッククラシック

「コピッククラシック」は、コピックシリーズの中でも最も長く使われているモデルで、建築、ファッション、インテリアなどのデザイナーの方を中心に愛用されています。

現在色展開は214色、1本当たりの価格は税別380円。

ペン先はマーカータイプと硬くて細いペン型のタイプが両サイドについています。

 

コピックワイド

「コピックワイド」はマーカータイプのみのワイドタイプのコピックで、幅21㎜のニブ幅があり広範囲を一度に塗るのに適しています。

背景などを塗るのに適しており、基本的には上でご紹介したコピックのうち広範囲に塗ることが多いようなカラーをこちらで買い足す形になると思います。

オリジナルの空ペン(税別380円)にコピックのインクを補充する形で使用します。

 

コピックセットの選び方

コピックはセットでお得に販売されており、それぞれのセットで入っているカラー等が異なります。

ここでは、イラストを描くためにコピックセット買う、という場合の選ぶポイントとなる点をいくつかご紹介します。

 

本数

まず、やはり色数が沢山そろっているほうが実際に色塗りをするときに便利なのは言うまでもありません。

実際に色を塗るにあたりどうしても、この色が足りないだとか、もっとこのあたりのカラーが充実していたらよかったのに、ということは必ず起こると思うので予算と相談しながら本数の充実したものを選んでみてくださいね。

仮に初めてコピックを買う、という方で最初からセットで充実した色塗りをしたいという場合は24色、できれば36色以上のものを選ぶと良いと思います。

 

カラー

セットに入っている色も重要な基準の一つです。

すでに手持ちのコピックがある場合、それと被らないような色味を探すのはもちろんですが、初めてコピックセットを買う場合、自分が必要なカラーは何なのかという点をしっかりと考える必要があります。

例えば人物を多く書く予定であるならば肌色系や暖色系のカラーが入っているものを選ぶ、などです。

また、使用場面の多い黒の「100」や透明の「0」、「C」から始まるグレー系のカラーなどが入っているかも選ぶ基準の一つになると思います。

特に透明の「0」はコピックでの塗りを楽しむうえで欠かすことのできない存在で、これがあれば他のコピックの色を伸ばしたり、薄くしたり、にじませたり、グラデーションをなめらかにしたりすることができます。

仮にセットの中に入っていない場合、おそらく単品で買い足す色の候補となると思います。

 

価格

コピックは1本当たりの価格が通常の色ペンと比べると少し高めなので、セットを買う場合はやはり価格も気になるところ。

一番手ごろなあたりですと、コピックチャオの12色セット税込2,916円から始まり、果てはコピックスケッチの358色税込131,744円など本当に価格帯は様々。

自分の予算としっかり照らし合わせながら、自分にぴったりのセットを選んでくださいね。

 

ペン先の形

ペン先の形で選ぶ場合、おそらくコピックスケッチ・チャオかコピッククラシックのどちらを選ぶかということになると思うのですが、イラスを描く場合筆タイプのほうが描きやすい場面が多いので、特にこだわりがない場合、初めてコピックセットを購入されるときはとりあえずスケッチまたはチャオのセットを選ぶと良いと思います。

 

コピックセットお勧めランキングベスト8

このトピックでは、数あるコピックセットの中から、おすすめのセットをランキング形式でご紹介します。

様々なセットを選ぶ基準があると思うのですが、今回は手持ちの色のことは考えず、「初めてコピックを買う時にどのセットを買えばいいか?」という点から選びました。

 

8位:Too コピック チャオ スタート 12色セット

出典: Amazon.co.jp

Too コピック チャオ スタート 12色セット

コピックチャオ (ciao) スタート12色セットは、コピックチャオ全180色の中からスタート用に厳選された12色をセットにしたもので、ベーシックなカラーに肌色系のカラー、そして透明の「0」が入っています。

12本セットで約3,000円ほどなのでプレゼントにも丁度いい価格です。

ただ、実際に絵を描いて色を塗ろうとする場合個の12色ではやはり物足りなくなることも多いと思うので、「とりあえず手ごろなセットからコピックってどういうものなのかを知りたい」という点を重視する方におすすめのセットです。。

 

7位:Too コピック チャオ 24色セット

出典: Amazon.co.jp

Too コピック チャオ 24色セット

コピックチャオ (ciao) 24色セットは、人物画を含むイラストに向いた配色の初心者向けセットです。初めてコピックを使用する方にお勧めの安価なエントリーモデルで、基本的なカラーに肌色系、「100」の黒が入った使いやすいセットです。

6,000円弱とスターターキットとして始めやすい価格なのも魅力です。

ただ、グレー系のカラーが1色と、透明の「0」が入っていませんのでそのあたりの色が必要な場合は自分で買い足す必要があります。

 

6位:Too コピック チャオ 36色 Bセット

出典: Amazon.co.jp

Too コピック チャオ 36色 Bセット

コピックチャオ (ciao) 36色 Bセットは、36色 Aセットの中間色のセットです。

Aセットでコピックのイラスト制作に少し慣れたら、次に欲しくなるようなカラーが揃っています。

こちらのセットはグレー系が3色と透明の「0」が入っており、濃淡を付けたりといったコピックを楽しめるカラーがそろっています。

 

5位:Too コピック チャオ 72色 Bセット

コピックチャオ (ciao) 72色セット Bは、36色 Cセット+36色 Dセットを合わせた72色のコピックチャオのセットです。

ちょっと深みのあるカラーやアース系のカラーが豊富にそろっていて人物だけでなく様々なものの色塗りに適したセットとなっています。

 

4位:Too コピック スケッチ コミックイラスト 24色セット

出典: Amazon.co.jp

Too コピック スケッチ コミックイラスト 24色セット

コピックスケッチ コミックイラスト24色セットは、コピックスケッチ」全358色のうちから、コミックイラストの入門用に厳選した24色をセットにしたものです。

コミックイラストに使いやすいグラデーションを選んでおり、少ない色数でも塗り重ねることで多彩なカラーリングができることをコンセプトにしています。

「コミックイラストを描いてみたいが、何色から始めていいのか分からない…」といった方に、特におすすめのセットとなっています。

また、このセットには使い方テクニックガイド・ぬり絵線画が同梱されており、サンプル画の配色の色番号や塗り方なども書かれているので、ぬり絵を楽しみながらコミックイラストの練習ができるようになっています。

 

3位:Too コピック チャオ 36色 Aセット

出典: Amazon.co.jp

Too コピック チャオ 36色 Aセット

コピックチャオ (ciao) 36色では偏りなく各色相の色が揃っていますので、色選びに迷うことがないのが特徴です。

透明の「0」はありませんが、基本的なイラストを描くうえで必要なコピックのカラーが36色満遍なくそろっており、「コピックチャオ」なぶん価格も9,000円以下で、色の使い勝手の良さと比較的手に取りやすい価格等からみてコスパが高いセットなのでこの順位に選びました。

初めてコピックを使うにあたり、ある程度色がそろっていて求めやすい価格で…という観点で探されている方にはぴったりなのではないかと思います。

 

2位:コピック スケッチ ベーシック36色セット 12502074

出典: Amazon.co.jp

コピック スケッチ ベーシック36色セット 12502074

コピックスケッチ ベーシック36色セットは、2017年夏にコピック生誕30周年を機にリニューアル発売された「コピックスケッチ」の36色のセットです。
各系統の基本色を揃えたスターティングセットで12色セットのA、B、Cを合わせた配色(12色セットのA、Bを合わせたのが「コピックスケッチ」の24色セットです)となっています。

透明の「0」、黒の「100」、肌色系のカラーにCから始まるグレー系のカラーもそろっていて非常に使い勝手のいい36色となっています。

アイディアスケッチ、カラーイラストなど、本格的にマーカーイラストを描き始めたい方に最適です。

 

1位:Too コピック チャオ 72色 Aセットトゥー

出典: Amazon.co.jp

Too コピック チャオ 72色 Aセット

コピックチャオ (ciao) 72色セット Aは、3位と5位でご紹介した、「コピックチャオ」の36色Aとセットと36色Bセットを合わせた配色のセットです。

ベーシックなAセットと、Aセットの中間色のセットで、絵を描くにあたって必要となる色がバランスよく揃っているのが特徴です。

黒の「100」に透明の「0」、肌色系のカラーやアース系のカラー、グレー系のカラーも満遍なくそろっていて、これ一つあればだいたいの絵は描けるとっても便利なセットです。

初心者の方でも本格的にマーカーイラストを描き始めたい方には最適です。

 

まとめ

コピックのセットは様々ありますが、気になるセットは見つかりましたでしょうか?

実際に使ってみないと色味がわからない部分ももちろんあるとは思いますが、お気に入りの色や、自分に必要な色がきっと見つかるはず。

コピックで今までにない自分の絵を色を楽しんでくださいね、

このページが皆さんの素敵な創作ライフを充実させる一助になれば幸いです。

記事内で紹介されている商品

Too コピック チャオ スタート 12色セット

サイトを見る

Too コピック チャオ 24色セット

サイトを見る

Too コピック チャオ 36色 Bセット

サイトを見る

Too コピック チャオ 72色 Bセット

サイトを見る

Too コピック スケッチ コミックイラスト …

サイトを見る

Too コピック チャオ 36色 Aセット

サイトを見る

コピック スケッチ ベーシック36色セット …

サイトを見る

Too コピック チャオ 72色 Aセット

サイトを見る

関連記事