文具マニアがおすすめする!シャーペンおすすめランキングTOP10!

こんにちは。文具マニアのりぃあです。

皆さんは、普段お使いの文具にこだわりはありますか。筆者は文具が大好きなので、かなりのこだわりがあります。

昨今はスケジュールからメモに至るまで、文具をそろえるというよりはパソコンやスマホで済ませてしまうことが多いかもしれません。しかしちょっとしたメモなら媒体を起動させずとも、シャーペンでちょいちょいっと書いてしまう方が便利。そんなわけで、私は今もシャープペンシルを愛用しています。

今回は、文具の中でも様々な商品が販売されているシャーペンの魅力を改めて紹介。

メモだけでなく、勉強や仕事などで使う際にも役立つ、シャーペンの選び方も教えます。

デザインやプロ仕様の機能性、そしてご自身の用途に合わせて、様々な観点から特徴的な商品の魅力やおすすめポイントを紐解いていきましょう。

 

目次

シャーペンが持つ魅力

シャーペン

私が初めてシャーペンを使い始めたのは小学校5年生の時。

当時の周囲の風潮なのか、小学校低学年まで勉強の際に書く文具といえば鉛筆、高学年になればシャーペンでの勉強可能という暗黙のルールのようなものがありました。

その際に勉強用のシャーペン文具で感動したのが、鉛筆と違っていつまでも芯先を細く尖った状態をキープできること。鉛筆は勉強の途中で芯を削って先を尖らせなくてはいけませんが、シャーペンはその芯先を尖らす手間が省けますよね。

それでいて鉛筆と同じように濃さやカラーも豊富ですし、芯を入れるペン軸にも様々な種類が存在します。また太い芯先用など、特殊なボールペンでもない限り、1つペン軸があれば、芯の濃さやカラーは問わず使えるのも魅力です。新しいシャーペンを購入するたびに嫌いな勉強が待ち遠しくなっていたりもしました。

鉛筆と違って入れ替え作業はやや面倒かもしれませんが、極端な話、1つのペン軸と1つの芯ケースに様々な芯を入れて持ち歩けば、鉛筆で何本も持ち歩くより軽いし場所をとりません。

文具好きの私の中でも、シャーペンは特に画期的で魅力ある文具だと思っています。

そんな特徴を持つシャーペンですが、商品によってその特徴は様々。シャープペンシルは人気商品なので、よりたくさんの種類の商品が販売されていますよね。

人によっては、どのシャープペンシルが良いのかわからないという方も多いと思います。

ということで続いては文具マニアの私が、商品選びのポイントについてご説明していきたいと思います。

 

【勉強用・イラスト用・製図用】私ならシャーペンをこう選ぶ!

製図

シャーペンは、実は製品によって、適した使い方が存在します。今回はその使い道、用途ごとにどう選ぶかを考えました。

 

勉強用のシャープペンシルなら書く文字の大きさや科目で選ぶ

まずは勉強用のシャープペンシル選びについて。一般にメモなどで文字を書く場合にも、書く文字の大きさや科目で商品選びをすることをおすすめします。

シャーペンにも芯の太さがあるので、まずはノートのマスや行、列の幅を確認しましょう。あまりにも小さなスペースに太い芯を使っても、何が書いてあるか読めなくなってしまいます。

また書くスペースにゆとりはあっても、速記やそれに準じるぐらい速く書くタイプの人も細めのペンがおすすめ。速く書く場合は文字の簡略化を行い、正確に書かないことが多いです。これも太いペンを使うと、後で読んだ際に意味が解らない可能性が出てきます。

また、勉強用のシャーペンなら科目によって芯の太さを使い分けるのもありです。例えば国語や社会などは細めの芯を使用した商品を推奨します。漢字がある科目ゆえ、太い芯で字が潰れてしまうと読みにくいです。

反対に英語や数学などは太めの芯でも可。アルファベットはシンプルなので、太めの芯ではっきり書いたほうが解りやすいぐらいなんですね。

またテストで記述式なら細めの芯、マークシート方式なら太めの芯で塗りつぶしやすくするのも良い方法です。

また、勉強は集中力をなるべくそぎたくないものですので、残芯が残らないようなごみの出ない商品や、芯が折れない商品を使うこともおすすめですね。芯が折れない商品といえば、オレンズなどが有名ですね。オレンズの商品は有名なぺんてるが販売している商品ですが、筆圧の濃い人でもなかなか芯が折れない設計の商品となっています。気になる方はぜひオレンズの商品もチェックしてみてください。

 

イラスト用のシャープペンシルは複数の使い分けで魅せる

文字ではなく絵を描くなら、シャーペンは1種類ではなく複数用意すると便利。鉛筆の場合、細かい部分は先を削らなくてはいけませんが、太い部分ならむしろ先を削らない方が描きやすいですよね。

しかしシャーペンは芯の先がずっと細く、先の太さを求められる箇所ではデメリットになってしまいます。細いペンでも重ねたり塗りつぶすように書けば補えますが、手が疲れてしまいますよね。

その煩わしさを回避するために、最低でも2種類、細い芯の商品と太い芯の商品を用意しておくのがおすすめ。場所によって使い分けることで、スムーズにイラストを仕上げられます。

またイラストをモノクロ、シャーペンのみで書く場合は、筆圧をかけて濃淡をつけることも大事ですよね。Hなら薄め、Bなら濃い目ですが、一方で芯の硬さにも注意したいところ。

というのも、数字の大きなBタイプの芯は柔らかいので、筆圧をかけてイラストに濃さをつけたくても、筆圧が強い人は芯を折る確率が高いからです。

HBなど芯先が筆圧に耐えられる硬めの芯で何度も重ねるか、気持ち軽めにもって筆圧をかけすぎずに4Bの芯や6Bの芯などに挑むか、どちらが自分に良いかを考えましょう。

筆圧が強いかたは前もってHBなどの硬めの芯を選ぶことをおすすめします。

 

製図用のシャープペンシルなら重さあるプロ仕様で安定感を出す

最後は設計士さんなどのプロが使う商品が製図用シャープペンとしてはおすすめ。商品によっては、製図用と表記されているシャーペンもあるので、まずは製図用の商品かどうかの表記の有無を目印にしましょう。

製図用シャーペンはイラストに輪をかけて細かい記入が必要なので、ペン軸は細め。また、ペン軸に加えて製図用の場合重めの作りが特徴です。握る部分、グリップに金属などで重さを加える構造になっており、重心が決まりやすいことで製図用商品は書きやすさをプラスしています。

重心の位置はペンによって異なるので、可能なら実際に書き比べてみて、自分が使いやすい方を選びましょう。

ちなみにプロ仕様の製図用はペンを立てて書くことを前提に作られている商品もあり、重心は低めが多いようす。製図でもペンをいつもどおり、グリップを斜めに握って書きたい場合は、あえて製図用にこだわらなくても良いかもしれません。

また製図用の商品は芯の太さにバリエーションがあるのも特徴です。シャーペンで芯のバリエーションが増えたのは製図用が発端とも言われているそうで、最細で0.2mm芯、そこから0.1mm単位で太くなっていき、最太で2mm芯の商品まであります。

芯の細さ、あるいは太さにこだわりがあるのなら、グリップの重心に注意しつつ、ほかの用途でもあえて製図用にするのもありですよ。

製図とは少し違いますが、グラフなど図形に関する描写にもおすすめです。

 

【普段使い向け】書きやすいシャープペン選びのポイント

普段使い用で選ぶなら、以下のポイントも考えると上手くいきやすいです。

 

ペンは細すぎ注意

まずシャーペンそのものの太さです。私の場合は、鉛筆より一回り太いぐらいのシャーペンが多く、多機能ボールペンのような太いサイズはほとんど使っていません。
ですが、細ければ良いとも断言できないんです。細すぎるシャーペンは握りにくく、必要以上に力を込めがちで、疲れやすくもなります。

ちょっとメモ程度ならまだしも、長文を書くことがあるなら太めを意識しましょう。

 

グリップはシリコンなど柔らかめ

また疲れにくさを求めるなら、握りこむグリップ部分は柔らかい素材のシャーペンにしましょう。ただペンそのものの素材が柔らかいと安定性に欠けるので、本体はプラスチックなどで、別途グリップを装着しているタイプがおすすめです。

 

普段用なら0.5mm芯で十分

ペン本体だけでなく、芯も太さが肝心です。ただ芯の場合は、0.5mmサイズを使っている方であれば、特に変える必要はありません。0.5mmは、芯の中では太すぎず細すぎずの中間サイズ。かな文字や漢字など、普段書く文字を見やすく書くことが可能です。

0.5でも見にくくなってしまうようなら0.4以下、筆圧が高く、0.5では耐え切れずに折れてしまうようなら0.7以上と、芯選びの基準にもなりますよ。

出典: Amazon.co.jp

ぺんてる .eシャープ シャープペンシル 0.5mm 黒軸 [1本] AZ125-A

 

書きやすさを追求したシャープペン、変わった機能にも着目したい

シャーペン

 

シャーペンやより書きやすくするため、ちょっと変わった機能を備えた商品もあります。

 

鉄板の消しゴム付き、出方が新しい

シャーペンには、消しゴムがセットになっている商品があります。ただし従来では消しゴムにフタが付いていて、消しゴムを使う際に取り外しが必須でした。しかし最近では、消しゴムも普段は内蔵、振ることで出すタイプもあるんです。もちろん消しゴムを使い終わったら再びペンで書き始めれば良いので、消しゴムを使うたびに蓋を取り外しする手間もかかりません。

 

常に芯が尖り続ける!自動芯回転機能

1つ目の自動芯回転機能は、文字通りシャーペン内で芯が回る機能。シャーペンは芯自体が鉛筆より細く、小さな字を書きやすいですが、やはり一方向だけに書き続けていると文字が太くなってきます。

自動芯回転機能は、文字を書いて紙からシャーペンを離したタイミングで芯が回り、常に尖った状態をキープ。細いシャーペンの字を、常により細く書き続けることができます。

 

手が小さい人でも次の芯を出しやすいサイドノック機能

続いてのサイドノック機能は、次の芯を出すさい、ペンの天辺ではなく側面にボタンがあるタイプです。シャーペンを握る位置や、手の大きさによっては、通常のタイプだと手の位置をずらしたり、反対側の手で押す必要があります。

しかしサイドノックであれば、握った状態で押しやすい位置にボタンがあり、手間を省くことが可能です。

 

超極細芯は頑丈さも売り

3つ目は超極細芯の入ったシャーペン。芯のサイズはなんと0.2mmと最小レベルです。細かい文字には助かりそうですが、簡単に折れてしまいそうな頼り無さもあります。

ですが超極細芯対応のシャーペンは、その多くが芯を限界までカバー。筆記可能なギリギリまでしか出さないことで、折れにくい構造になっています。

また、先ほど上で筆圧が強い人は芯にも注意という話をしましたが、耐久性の低い芯をガードしてくれるペンも存在。ペン軸から出ている芯を金属の筒で保護し、見た目には先端にちょっとだけ芯が見える程度なので、折れにくいんです。

 

シャーペンおすすめランキングTOP10!

シャーペンと手帳

具体的にどのメーカー、どのブランドの商品を選べば良いか悩んでしまう方は、以下のおすすめ商品から見てみるのも手。

芯の書きやすさやグリップの握りやすさ、使う場面などのポイントにも触れましたので、自分がシャーペンを使う状況に見合う商品を探してみましょう。

今回は文具好きの筆者がランキング形式でご紹介していきますが、どの商品も魅力がある商品ですので、ランキング順位をあまり気にせずご自身の用途に合わせて商品選びを行ってくださいね。

 

第10位 PILOT(パイロット) シャープペンシルエストゥエンティ

出典: Amazon.co.jp

PILOT(パイロット) シャープペンシルエストゥエンティ

まず第10位の商品はパイロットのエストゥエンティ。

パイロットの商品といえば、ドクターグリップも非常に人気の高い商品ですよね。

パイロットの商品として今回ドクターグリップのものはご紹介していませんが、ドクターグリップの商品も非常に人気が高いです。気になる方はぜひパイロットのドクターグリップもチェックしてみてください。

さて、こちらの商品はどちらかというとドクターグリップのような使用感や機能性というよりは、高級感あるデザイン性にこだわったシャーペンとなっています。

ダークブラウン、ダークレッドの高級感ある落ち着いたカラーと、木目調の模様が特徴です。

もちろん、見た目のデザインだけが魅力の商品ではありません。機能面では天然のカバ材がグリップ部分に使われているため、手にフィットしやすいのが魅力。

ただ芯の太さが0.5mm芯のみ対応であること、シャーペン1本にしてはやや高価なので、馴染みやすさをどれだけ重視するかで判断が分かれそうですね。

 

第9位 KOKUYO シャープペンマークシート最適セット

出典: Amazon.co.jp

KOKUYO シャープペンマークシート最適セット

続いて第9位の商品はコクヨのシャーペン。先ほどの商品のような通常タイプではなく、名前のとおりマークシートの塗りつぶしに特化した商品で、1.3mm芯対応と太めです。

マークシートのほか、イラストの塗りつぶしなどにもおすすめ。

値段は安いものの、文字書き用や細かい部分の記入が難しいので、この位置としました。

 

第8位 ステッドラー シャーペン製図用

8位の商品はステッドラーのシャーペン。こちらは先ほどの商品とは違い製図用で、0.3mm芯から0.9mm芯まで0.2mm単位で4種類、プラス2.0mmの合計5種類が存在します。

定規にあてる際、ペンが滑らないデザインへと設計されている点や、芯の強度補強、グリップの握りやすいデザインなど機能面でも充実。プロ用として活躍しています。また、こちらのグリップは握りやすいだけではなく高耐久性の高いグリップが採用されているというのもおすすめポイントの一つ。

また、こちらの商品はブラックやブルーといった王道カラーではなくナイトブルーとなっています。珍しい高級感あるカラーが個性的で素敵ですよね。

勉強など普段使いとしてもおすすめなので、今使っているシャーペンが書きにくいのであれば、多少値段をプラスしても、芯の強度補強、グリップの握りやすさなど、使いやすさを重視して選んでみては?

 

第7位 ぺんてる シャープペングラフ1000フォープロ

出典: Amazon.co.jp

ぺんてる シャープペングラフ1000フォープロ

こちらの商品はぺんてる版の製図用シャーペン。こちらの商品は製図用ならではのバリエーション豊富という点がおすすめポイントの一つ。

芯の太さは0.3mmから始まり、0.2mm単位で4種類と、プラスして0.4mmが存在します。より細かさのバリエーションが欲しい方におすすめ。

ちなみに0.5mmに限っては、ガンメタリックとネイビーの限定カラーデザインも存在します。

製図目的などで長く書き続ける人向けに、疲れにくいグリップ部分と、筆圧が強い方向けの強度補強が魅力の人気商品です。

また、こちらの商品はプロという言葉通り、プロの人にもおすすめの機能性抜群の商品です。デザイン性や高級感より何より機能性、使い心地を重視する方はこちらのプロ使用の商品を使用してみてはいかがでしょうか。

 

第6位 ぺんてる シャープペングラフギア1000

6位の商品もぺんてるの製図用シャーペンですが、より進化した種類と言われているのがこのグラフギア。グリップ部分はシリコンゴムによってザラつきがあるため、非常に心地の良いグリップとなっています。また、グリップにより手汗などで滑る心配がありません。

こちらの商品の芯のサイズバリエーションは7位の商品と同じ。加えてH、HB、B、2Bという濃さ違いにも対応しているという点もおすすめポイントの一つです。

またペン先部分が、芯だけでなくペン軸部分も収納する仕組み。これによって芯の出しっぱなしなどで、持ち運び時に服や書類などを汚してしまう懸念も取り除いてくれます。

もともとペン先は細いながら、芯のガードも兼ねて備わっているので、筆圧が強い方にも使いやすいです。

また、こちらの商品はシルバーのデザインが特徴で、高級感もありますよね。機能性と高級感、バリエーションを魅力としたこちらの商品をぜひご検討いただきたいと思います。

 

第5位 三菱鉛筆 シャープペンクルトガローレット

出典: Amazon.co.jp

三菱鉛筆 シャープペンクルトガローレット

ベスト5の商品に選んだのは、三菱鉛筆のシャーペン。芯は0.5mmのみですが、普段使いタイプなので用途を限定しません。

また商品ブランドのおすすめポイントとして、シャー芯の先を尖らせる機能を有しています。ただでさえ細いシャー芯部分は、先を削ると考えたことがない人も多いのではないでしょうか?

商品名にあるクルトガは、クルトガエンジンと呼ばれ、書き進める度に芯が回転し、常に先が尖った状態で書く事ができるデザインとなっています。

0.5mmの芯でも先のとがった新で細かい字を書きたい、といった方や漢字をよく書くことが多い方にぴったりですよ。

黒を基調としたガンメタリックとシルバーという、シンプルながら高級感のあるカラーも魅力の1つです。

また、こちらの商品は芯先だけではなくグリップ部分にも秘密があります。グリップ部分はローレット加工というグリップ間を高める加工がされています。

グリップ部分の工夫により、非常に書き心地の良い商品となっていますよ。機能性、高級感あるデザイン性を狙うなら、こちらの商品を選択してみてはいかがでしょうか。

 

第4位 三菱鉛筆 シャープペンクルトガラバーグリップ

出典: Amazon.co.jp

三菱鉛筆 シャープペンクルトガラバーグリップ

5位の商品と似ているようで少し違うのが、グリップにラバーグリップが採用されているタイプのこちらの商品。

こちらの商品は持ちやすいデザインが特徴的なので、長時間書き物をする方にはこちらの方がおすすめです。シャー芯を尖らせるクルトガエンジンは共通しています。

商品価格も少し低いですし、カラーも黒のほか、ブルー、ピンク、ブルーボーダーと豊富です。見た目を重視する方にも向いていますね。

 

第3位 ぺんてる シャープペン万年CILキャップ式

出典: Amazon.co.jp

ぺんてる シャープペン万年CILキャップ式

上位3つの商品はまずぺんてるのケリーキャップタイプ。商品名にも入っていますが、万年筆のように見える、ちょっと太めのデザインです。

普段は蓋をした状態で、約12.5cmと小さいのが特徴なので、持ち運び用におすすめします。使う際はキャップを後ろに取り付けるので、長さも増えますし蓋を置く場所にも困りません。こちらの商品のグリップ部分はラバーグリップなどで覆われていないグリップタイプの商品ですので、すっきりとした見た目もおすすめポイントの一つ。真ん中のシルバー部分がアクセント人っているデザインも魅力的です。

カラーは緑がオリーブグリーン、ピンクならロゼと、ちょっと凝ったラインナップになっていて、オシャレ感もありますね。そのため贈答用としても人気の商品です。

 

第2位 ZEBRA ゼブラ シャープペン デルガード タイプLx

出典: Amazon.co.jp

ZEBRA ゼブラ シャープペン デルガード タイプLx

2位の商品であるゼブラのシャーペンは、デルガードシステムによって芯がガードできるデザインとないっているが最大の魅力。

上の特徴的なシャーペンでも触れましたが、細い金属のペン先によって芯が保護されているデザインのため、芯先を筆圧で折ってしまうリスクが減りるというのがおすすめポイントの一つ。

ペンの持ち方が斜めでも縦でも対応したガードを行ってくれますから、本当に芯先が折れにくい。製図用の商品としても使いやすいです。

また、こちらのゼブラ商品のグリップ部分は、金属でおおわれているのもスタイリッシュで素敵ですよね。

値段もシャーペンの中では比較的安め。またペン軸のカラーデザインは黒と白、そして赤と青の4色。シンプルなデザインなので、学校や仕事用にもおすすめ。

 

第1位 ぺんてる シャープペン スマッシュ

出典: Amazon.co.jp

ぺんてるPentel シャープペン スマッシュ

私が1番おすすめしたい商品が、ぺんてるのスマッシュ。

こちらの商品はシンプルな形状と凸凹したグリップ部分によるデザインの使いやすさが魅力です。グリップでおおわれていないフルボディのタイプとなっているので、すっきりとしたデザインが魅力ですよね。

芯は上部からのノックで出すのですが、蛇腹になっていて簡単に押せます。

カラーは黒のほか、ガンメタリックカラー、メタルレッドカラー、グレーブルーカラー、ネイビーカラーの全5色。こちらもカラーに派手さはないので、使う場所を選びません。

またこちらの商品は芯の濃さがFとH~4H、HB~2Bまでと幅広く、ペン軸部分に表示が可能。もちろん濃さを変えたときにも、表示を変えられるので、今どんな濃さを使っているかが解りやすいのもおすすめポイントの一つ。イラストや製図などで複数の濃さを使い分ける場合にも、ぱっと見で判断できるので活躍します。

こちらの商品は、ぺんてるの中でもかなりのロングセラー商品で、プロの方も納得の商品です。シンプルなデザインのシャーペンにしては少しお高めなこちらの商品ですが、それだけプロ仕様の機能性であるということが分かるのではないかと思います。

プロが使うような、機能性抜群の商品を探している方はぜひこちらの商品を使用してみてはいかがでしょうか。

 

to buyオフィシャルインフルエンサーおすすめのシャーペンを持ち運ぶペンケース

つくしペンケース (黒)

kousuiのイチオシ!

つくしペンケース はなかなか手に入らなくてやっとお迎えしました
鞄にもいれやすくてとても気に入ってます
中身は選抜文具
#ヨハク さんの付箋
呉竹筆ペン大小
ペンテルのシャーペン
大人の鉛筆(芯は赤黒)
鉛筆型の消しゴム
赤添削用の万年筆
パイロットjuiceup03赤黒
100均ステンレスルーラー
100均ハサミ

この子を持って仕事もはりきって行ってます

 

シャーペンの人気売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、シャーペンの人気売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

まとめ

もともと鉛筆としても有名なブランドの商品が揃いましたね。鉛筆の魅力や欠点を知っているからこそ、シャーペンの商品にも活かせるということなのかもしれません。

基本的に普段使いできる商品を重視しましたが、製図用はマークシート用などはそのジャンルの中ではトップクラスだと思います。

そもそも用途の項でも複数の使い分けをおすすめしたように、シャーペンはどれか1つしか使うなということはありません。状況ごとに適した商品を、それぞれ見つけましょう。

記事内で紹介されている商品

ぺんてる シャープペン オレンズ

サイトを見る

ぺんてる .eシャープ シャープペンシル 0.…

サイトを見る

PILOT(パイロット) シャープペンシルエ…

サイトを見る

KOKUYO シャープペンマークシート最適セット

サイトを見る

ステッドラー シャーペン製図用

サイトを見る

ぺんてる シャープペングラフ1000フォープロ

サイトを見る

ぺんてる シャープペングラフギア1000

サイトを見る

三菱鉛筆 シャープペンクルトガローレット

サイトを見る

三菱鉛筆 シャープペンクルトガラバーグリ…

サイトを見る

ぺんてる シャープペン万年CILキャップ式

サイトを見る

ZEBRA ゼブラ シャープペン デルガード …

サイトを見る

ぺんてるPentel シャープペン スマッシュ

サイトを見る

関連記事