【あなたのお気に入りはどれ?】個性派から機能的まで、人気のノートをご紹介!

すず

すず

皆さんこんにちは。暇があればフリマアプリをしてしまう、お買いもの大好きのすずです!

 

さて、最近私の買い物の矛先はというと、文房具に向いています!笑

文房具はアイデアある新商品が次々と登場するので、ついつい買ってしまうんですよね~

 

そんな中でも、今回のテーマは「ノート」について。

最近、電子化に負けない面白いノートやびっくりするほど書き心地の良いノートなど、数多くの特徴的なノートが出ているのをご存知でしょうか?

今回は、王道ノートから、個性派、機能的なものまで幅広くご紹介していきたいと思います。

 

自分に使う用途に合ったノート

様々なノートをご紹介する前に、少しだけノートの使い方についてご紹介しましょう。

皆さんは、ノートを選ぶときに何を重視しますか?デザイン?価格?

 

すず

すず

私は、ノートを選ぶ際に紙質と罫線を重要視します!

 

私は本当に飽き症なので、紙質がよくないと「書く」という作業が憂鬱でノートを使わなくなってしまいがちなのです。笑

また、罫線も非常に重要なポイント。罫線の選択が使う用途に合っているかいないかで、作業効率はまったく違ってくるのです。

皆さんもぜひその点を意識してみるようにしてください。

罫線を活用する

ということで、罫線についてのそれぞれの用途をご紹介したいと思います。

罫線といえば、大きく分けて横罫・方眼・無地とありますよね。

それぞれどのように使うのが適しているのでしょうか。

 

横罫

横罫には、行の幅に合わせたA罫(7mmで書きやすい)、B罫(6mmで読みやすくよく使われている)、C罫(5mmで表やグラフが書きやすい)、U罫(9mmでゆったり書き込める)があります。

それに加え最近ではより図形や表が書きやすいドットタイプのものもありますね。

私は字が大きいので基本的にA罫のノートを使っています。

 

すず

すず

横罫のノートは、上から下へとびっしり書いていくので、途中で付け加えて書きたいときには少し不便ですね。

 

数学など、計算をする際には適していますね。

 

方眼

方眼ノートは、書きやすさ、自由さ、見やすさをバランスよく取り入れているノートです。

板書をするなど、決められたことをただ書き写すのであれば横罫がおすすめですが、

自分の考えやメモを書き加えたい、さらさらと特にルールなく書きこみたいという人に方眼タイプはおすすめです。

見返した時に適度に整頓されている感じや、手書き感があり、とてもきれいな仕上がりになります。ストーリー性のある内容の授業に使うと良いと思います。

すず

すず

ノートといえば横罫のものが一般的ですが、最近は方眼タイプがかなり人気です

 

無地

無地ノートは自分の思うがままに書きこむことができるので、考えをまとめたい時、何か案を出したい時に非常におすすめです。

他にも、絵日記として使ったり、付箋を張り付けてブレーンストーミングのようにして使うこともできます。

無地なので、自分の思うがままに、自由な用途で使えるというのが良いと思います。

 

ノートの種類を活用する

ノートの種類としては、大きくわけてリングタイプと大学ノートのタイプに分類されます。

それぞれの特徴を軽くご紹介しましょう。

 

リングタイプ

・書く時にも半分に折り畳めるので場所を取らない

・表紙がバインダー代わりとなり、机がなくてもしっかり書きこめる

・丈夫

・ページを切り取ってもきれい

・リングがかさばる

・鞄に入れておくとリングが変形してしまう

 

大学ノートタイプ

・比較的安価

・かさばらない

・リングがないので書きやすい

・見た目が汚くなるので、安易に破ることができない

・書く際場所をとってしまう

 

それぞれ良い面と悪い面がありますが、最近ではそのようなデメリットを払拭した商品も販売されているようです。

 

こちらはリングがシリコン製のゴムになっており、手に触れても柔らかくフィットしてくれるようなノートになっています。

また、普通のリングノートと比べてもリングの部分が最小限にされているので、書く際もほとんど手に当たらないような設計となっています。

これなら、リングノートの良い面を最大限に生かしつつ、今まで感じていたリングノートに対するイライラもなくなりますよね!

最近のリングノートはこのようなシリコン製のリングを用いたものが多くありますが、このテフレーヌのようなリング数を減らした設計はあまりないので特におすすめです。

 

こちらは、切り取りが可能になっている大学ノート。

ページ一枚一枚に切り取り線が入っているので、大学ノートですがきれいに切り取ることが可能です。

またあ、こちらのノートはそれだけでなくB6サイズなのでコンパクトで移動にも邪魔にならになりません。

黒い背表紙でレトロなデザインが印象的なツバメノート株式会社から出版されているノートですが、こちらの商品は「時間旅行」をイメージとしたイラストレーターYOUCHANデザインの表紙となっています。

デザイン性があって、コンパクトな使い勝手の良いノートをお探しの方には是非おすすめしたいノートです。

 

手がリングに触れることもなく、簡単に切り取れるのであれば、ノートパッドもおすすめ。

メモパッドなら表紙もしっかりしていてコンパクトなので、持ち運びの際も非常に重宝すると思います。

こちらのマルマンのノートブランドである『Mnemosyne』(ニーモシネ)のノートパッドは、ビジネスパーソンに向けに作られています。

なので、オフィスにもなじむシンプルなデザインに、書き心地の良い紙質と、高品質。

鞄の中でもかさばらずにちょうど良いサイズに収まるのでおすすめです。

 

ちなみに、ノートパッドとホルダーがセットになったタイプも販売されています。

プラスチックのホルダーは内側にポケットが付いているので、資料や名刺などのちょっとした収納も可能で便利。

会議などの移動の際もこれ一つでスムーズに行うことができます。

このほかにも、クリアファイルと一体型になったタイプもあります。

 

オススメのノート

ということで、ここからはおすすめのノートをご紹介していきたいと思います。

個性的で珍しいノートから、王道ノート、そして、個人的におすすめしたいノートもご紹介します!

 

王道ノート

リングノートといったらやっぱりこれ!Rollbahn(ロルバーン)

デザインもおしゃれでカラフル。サイズもいろいろあります。

バンドがついていたり、ページ一枚一枚に切り取り線がついているということ、最終ページには透明の袋がついているというのも非常にありがたいですよね。

 

すず

すず

機能性とおしゃれさの両方が欲しいという欲張りさんには非常におすすめな一冊!

 

私ももちろん愛用していますが、そんな中でもこちらのスリムタイプはとくにおすすめ。

コンパクト設計なので小さな鞄にもすっぽり納まります。

こちらのサイズもさまざまなカラーのものがありますので、用途ごとに色を変えて使うのもおすすめです。

 

王道の大学ノートといえばやっぱりこれ!Campus(キャンパス)のノート。

学生のうちに誰もが一度は使ったことがあるのではないでしょうか。

そんなキャンパスノートですが、最近はビジネスラインの文房具を多く販売しています。

そして今回ご紹介するのが大人向けに作られた大学ノート。

先ほどのマルマンのノートパッドと同様、シンプルなデザインとなっています。

中もシンプルなデザインとなっており、作業の邪魔をしません。

オフィスにすっと溶け込む、まさに働く大人におすすめしたいノートです。

すず

すず

学生時代に愛用していたキャンパスノートを、社会人になってもまた使ってみませんか?

 

個性的ノート

こちらはなんとノートと枕が一体型になっているノート。

「猛勉強中にちょっと睡魔に襲われて、、、。」

そんな時にこのノートがあれば、いつでもどこでも快適な居眠りが可能!笑

デザインもかわいいので、いい眠りにつけそう。

お値段は少々しますが、このインパクトなら買って損なし!

友達へのプレゼントにも最適ですね。

 

皆さん、測量野帳をご存知でしょうか。

測量野帳とは、野外での記入を想定として、縦長で硬い表紙の付いた手帳やノートのことを指します。

本来はアウトドアでの使用目的のため作られていますが、高級感のある表紙は非常に人気が高く、自分の趣味ノートとして使う人も多いようです。

最近ではこの測量野帳用のカバーも多くの種類販売されています。

特別感あるノートを持っていたいのなら、測量野帳もおすすめですよ。

 

こちらはビジネスマンのために作られた、ドイツブランド「TROIKA」が販売しているノート。

気になるのはその個性的なブックカバー。

名刺やカードなどを5枚収納できるポケットのほか、ちょっとしたメモを挟むクリップも付いているので実用性は抜群。

太めのバンドで固定されているので、なかの資料が出てしまう不安も解消されています。

トロイカは、実用性を重視した商品展開をしているだけでなく、デザインに関しても重点を置いており、有名デザイナーによってデザインされています。

今回紹介しているのが「ナイトスカイ」と呼ばれているもの。

ただのブラックのノートカバーでなく、バイカラーとして鮮やかなブルーをアクセントにすることで、まるで夜空のような繊細なノートカバーを実現しています。

シンプルな中にも、どこか個性のある実用的なノートをお探しの方に是非おすすめしたいノートです。

すず

すず

会議や突然の移動でも、これがあれば楽ちんですね!

 

こちらはノートに書いた内容をクラウド連携することができるという超画期的なノート。

ノートに書き込んだ内容を写真撮影する必要も、わざわざスキャンする必要もありません。

これなら、通常通りノートに書き込み、さらに電子媒体でもノートの内容をいつでも確認できます。

電子媒体のメリットと紙媒体のメリットを融合させた最強のノート。

あなたのライフスタイルをよりスタイリッシュなものへと変えてくれるに違いありません。

ノートの使用方法としては、ノートを本体カバーにセットし、普段通りノートに文字を書き込みます。

その後にチェックボックスをマーク。すると自動的にクラウドへアップロードされます。

チェックボックスの隣にあるアクションマーカーを使用すると、これまた自動的にタグづけやクラウドサービスへのアップロードができます。

また、「打ち合わせ記録タイプ」と呼ばれる専用の用紙を使うと、Googleカレンダーとの連携も可能。

ちなみに、本体はmicroUSBポートでパソコンに接続することで充電を行います。専用ボールペンに関しては充電不要。

今まで電子媒体へのデータ移行に手間取っていたという方におすすめです。

 

個人的におすすめしたいノート

それでは最後に、個人的に是非おすすめしたいノートをご紹介したいと思います。

こちらは私が大好きなライフ株式会社から販売されている「ノーブルノート」。

 

すず

すず

今の私のスタメンノートです!

 

こちらのノート、ほんとに大好きで大好きで。たぶん新しいノートを買うとなっても同じのを買うと思います笑

このノートの魅力はいくつもあるんですが、まずなんといってもこの表紙!めちゃおしゃれですよね!

西洋を感じさせるレトロなデザインに、ゴールドで印字された「LIFE」の文字。

ナチュラルなミントグリーンのカラーもシンプルなのに目を引きます。

また、このノートの魅力は見た目だけではありません。

何といっても紙質がよく、書き心地が良いので大好きなのです。

王道ノートであるキャンパスノートやロールバーンと比べて、一枚一枚紙に厚みがあるような印象。

なので、インクの滲みや裏写りといったことはほとんどありません。

また、紙の色身は少し黄色みがかった感じで、質感としてはそこまでつるつるしていません。

私は基本的に白い紙、つるっとした質感を好むのですが、このノートは別。

ボールペンを滑らせると、さらさらと心地よく、「文字を書きたい!」という衝動に駆られます笑

またこちらの商品は100枚なので、結構分厚いです。造りとしては、25ページのミニノートを4つ分くっつけたような感じ!

本みたいな見た目で、非常に愛着の湧くノートだとすごく気に入っています。

このノートを買ってすぐの時、また見た目にそそられて高いノート買っちゃったよ~と正直思いましたが、

今では、とてもいい買い物をしたなと思っています。

すず

すず

まだ自分にぴったりのノートに出会われていない方は、ぜひ一度お試しいただければと思います♪

 

まとめ

こだわりいっぱいの様々なノートをご紹介させていただきましたが、自分にぴったりのノートは見つかりましたか?

愛着のあるノートを使うと、書くことに楽しさを見出せたり、活動にやる気が出てきます。

たかがノート、と思わず、活動の際の良きパートナーとして、お気に入りのノートを使っていただけたらなと思います。

 

記事内で紹介されている商品

キングジム リングノート テフレーヌ

サイトを見る

ReUdo Thinking Power Notebook ジャーニー

サイトを見る

マルマン ノートパッド ニーモシネ A5

サイトを見る

マルマン ノートパッド&ホルダー ニー…

サイトを見る

ロルバーン ポケット付メモ スリム

サイトを見る

コクヨ キャンパスノート 大人キャンパス …

サイトを見る

Dreami ピローノートブック

サイトを見る

トライストラムス ノート フィールドノー…

サイトを見る

TROIKA トロイカ A5サイズ手帳カバー 片面…

サイトを見る

コクヨ デジタルノート CamiApp S ノート…

サイトを見る

ライフ ノート ノーブルノート 横罫 A5

サイトを見る

関連記事