2019年度最新版!購入前に知っておくべきポイントは?蛍光ペンのおすすめランキングTOP8

日常の勉強や仕事で、手書きメモをとったり調べ物をする際には、筆記具は必需品です。

鉛筆やボールペンだけでなく、資料の中で重要な部分を見やすくするためには、「蛍光ペン」があると非常に便利です。

蛍光ペンは昔から愛用している方も多いと思いますが、最近の蛍光ペンは、どんどんと進化を遂げており機能性が向上しているんですよ。

色別によって、重要度を決めておく使い方も出来るので、学習や資料作りのシーンでお役立ちしてくれること間違い無しです。

詰め替えて何度でも繰り返して使えるエコタイプや、消すことが出来る蛍光ペンもあるので、自分好みの商品を選んでどんどんと活用していきたいものです。

また、インクを乾きにくくするために、従来のキャップ式からノック式へと変化しているところも注目です。

ここでは、「蛍光ペンのタイプ」「蛍光ペンの使い方のコツと注意点」「蛍光ペンのおすすめカラー」「蛍光ペン選びのポイント」「蛍光ペンで人気のメーカー・ブランド」について説明させていただきたいと思います。

そして、最後にランキング形式で「2019年度版おすすめ蛍光ペンTOP8」を御紹介させていただきます。

 

目次

蛍光ペンのタイプ

蛍光ペンには様々なタイプがありますが、今では主に「ノーマルタイプ」「透明窓付きタイプ」「筆ペンタイプ」「樹脂コートタイプ」の4タイプに分ける事が出来ます。

それぞれのタイプの特徴を見ていきましょう。

 

ノーマルタイプ

蛍光ペン昔からある一般的なタイプで、ペン先が太く一気にラインが引けるようになっています。

他タイプに比べると、安価で手に入れられるところは嬉しいですね。

 

透明窓付きタイプ

ペン芯に窓が付いているところが大きな特徴です。

ラインを引きながら下の文字が見えるので、はみだすことなく、美しくマーキング出来る点が魅力的なタイプです。

失敗無くラインが引けるということで、オフィスでの資料用として使う方も多くなっています。

 

筆ペンタイプ

ami1012gogo

筆先を扱うことに慣れている方向けのタイプで、使い慣れればラインの太さも自由自在に引けるという特徴があります。

また、蛍光ペンはラインの最初と最後にインクだまりが起きてしまうことが多いのですが、筆ペンタイプを上手く使えればその心配もありません。

太くて硬い従来の蛍光ペンのペン先とは大きく異なり、やわらかく、しなる筆先がペン先として採用されているため、その魅力を楽しめる使い心地となっています。

 

樹脂コートタイプ

蛍光ペン

一般的な蛍光ペンの場合には、ペン先がつぶれてしまう心配があります。

ペン先がつぶれてしまうと、線幅が広がったり、定規や周辺を汚してしまうということもあるので気をつけて使っている方も多いのではないでしょうか。

樹脂コートタイプであれば、芯部分をしっかりとコーティングしてくれるので、ペン先がつぶれにくくなり快適に使用出来るようになるという特徴があります。

いつでも美しく蛍光ペンを使いたい、という方におすすめのタイプです。

 

蛍光ペンの使い方のコツと注意点

蛍光ペンは、学習の効率を上げる、資料を整理するため、という目的のために使われます。

蛍光ペンを上手に活用していくためのコツや注意点を見ていきましょう。

 

ラインは大事なところだけ

蛍光ペンを全ての文章の上に使っても、後から見にくくなっているだけです。

やみくもにラインを引くのではなく、あくまで「ここは大事」という箇所だけに使うようにすると効果的です。

覚えるべきキーワードの上や、ポイントとなる点だけに蛍光ペンを使っていくようにしましょう。

 

インクの色をカテゴリ別に分ける

蛍光ペン

蛍光ペンをセットで購入した場合には、カラフルでキレイなので全色使いたくなりますね。

もちろん、様々なカラーを使う大きなメリットがあります。

インクの色をカテゴリ別に分ける事で、カラー別に暗記することが可能になり、学習の効率アップにつながります。

また、誰が見てもわかるように色別で色々なワードを分ける事で、オフィスでの資料作成時にも活用することが出来ます。

 

紙が薄い場合は裏抜けしにくいタイプを

手帳等の薄い紙に蛍光ペンを使う場合には、裏にも蛍光ペンのカラーが出てしまわないか、不安になりますよね。

薄い紙でも裏抜けしにくい仕様の蛍光ペンもあるので、紙質によって商品を選ぶようにすると良いですね。

 

蛍光ペンのおすすめのカラー

 

蛍光ペンはカラーバリエーションが豊富なので、どのカラーを使っていったら良いのか迷ってしまいますね。

自分のお気に入りのカラーが何色かあれば、そのカラーを使う事で楽しくなりそうです。

使うカラーによって、自らのやる気を引き起こしたり、落ち着いて勉強が持続したりすることも期待出来るようですよ。

ここでは、蛍光ペンのおすすめカラーを見ていきましょう。

 

寒色系カラー

蛍光ペン

ブルー、グリーン等の寒色系カラーを使うことで、集中力が向上したり、食欲を抑える等の効果が期待出来るということです。

受験勉強していても、すぐに飽きてしまったり、すぐに食べ物のことを考えてしまったりして、なかなか勉強が持続出来ないという方には寒色系カラーがおすすめです。

繰り返し、寒色系カラーでラインが引かれた学習教材を読むことにより、さらに効果が増していくのではないかと思われます。

また、ブルーやグリーンは、リラックス出来るカラーとしても知られているので、心を穏やかに保ちたい時にも向いていると思います。

 

暖色系カラー

ami1012gogo

オレンジ、ピンク、レッド等の暖色系カラーを使うことで、自らのエネルギーを引き出し、鼓舞する効果が期待出来ます。

学習時での使用であれば、やる気を起こさせるカラーという意味合いがあります。

また、ぼんやりとしている時に、刺激を与えるカラーとしても使われます。

従来、オレンジやピンクの蛍光ペンは目立つことから人気があり、学習意欲とのつながりが高いと思われます。

 

カラーを重ねて記憶する

何色かの蛍光ペンを上手に使って重要事項を記憶していく方法は、とてもメジャーな学習方法となっています。

最初に薄めのカラーを重要キーワードの上に引いておき、次にまだ覚えられていない場合には、その上からさらに別の淡いカラーを引く、というようにカラーを重ねて記憶していくと効率的です。

 

蛍光ペン選びのポイント

#付箋ノート

蛍光ペンは毎日使うアイテムですが、何となく選んでしまってはいませんか。

様々なメーカー・ブランドから様々な商品が販売されているので、どれを選んだら良いのかわからなくなってしまいますよね。

ここでは、蛍光ペンを選ぶ際にチェックしておきたいポイントを見ていきましょう。

 

用途にあったタイプで選ぶ

自分の用途に合わせてタイプ別に選んでいくとハズレがありません。

ラインをきっちりと文字に合わせて引きたいのであれば、「透明窓付きタイプ」を選ぶと良いでしょう。

また、筆先の扱いに長けているのであれば、「筆ペンタイプ」を使うと非常に美しくラインが引けると思います。

ペン先がつぶれることがよくある、という方には「樹脂コートタイプ」がおすすめです。

どのタイプも、キレイにラインを引くことが目的となっているので、使いやすいと思うタイプを選んでいきましょう。

 

乾燥性が高い商品を選ぶ

蛍光ペン

蛍光ペンで引いたラインが乾かないので手が汚れてしまった、なんて経験があるのではないでしょうか。

インクの乾燥時間が短い商品を選ぶようにすれば、そのような問題も気にしなくて済みます。

速乾性が高い商品であれば、蛍光ペンのインクが手や紙についてしまうことも無いので、快適に使っていけます。

 

太文字・小文字が同時に使える2WAYタイプも!

太文字と小文字が1本で叶えられる2WAYタイプは持っていると出番が多い定番です。

太文字の線幅は6.0mmが一般的で、細文字の線幅は1.2~1.8mmとなっています。

同色でも、太文字と小文字とでさらに区別することが可能になるので、受験勉強時の暗記の引き出しもさらに広がるというものです。

1本で2役を担ってくれるため、携帯時にも軽くて済むところも良いと思います。

 

インクが消せるタイプのものも!

蛍光ペンって一度使ってしまうと、消せないと思っている方も多いのではないでしょうか。

インクが消せるタイプもあるので、便利に活用出来ますよ。

ラインがはみ出したりする時にも、ササっと消すことが出来るので快適です。

商品によっては、インクを消すと紙が傷んでしまうケースもあるようですが、蛍光ペンのインクが消せるのは画期的だと思います。

 

蛍光ペンで人気のメーカー・ブランドは?

蛍光ペン

 

 

蛍光ペンで人気のメーカー・ブランドと言えば、いくつかすぐに思い付きます。

多くの愛用者から支持されているメーカーやブランドはとても気になりますよね。

ここでは、代表的なメーカー・ブランドを3つほど見ておきたいと思います。

 

インキ補充タイプならサクラクレパス

サクラクレパスは、1921年創業の老舗企業で、子供の頃から絵を描くのに使うクレパスや色鉛筆はサクラクレパスの商品を使ったという方も多いのではないかと思います。

文具全般で身近なブランドで、蛍光ペンでも定評があります。

サクラクレパスの蛍光ペンは、専用の補充インキで補充が出来て、繰り返し使えるところが良いと思います。

〇ラインマーカーOA2

サクラクレパスのラインマーカーは、水に強く色あせしにくい水性顔料インキが使用されています。

本体・キャップ・栓先に包材フィルム等の端材を再利用したエコマーク認定商品だそうですよ。

もちろん、インキ補充タイプなので、繰り返して使う事が出来ます。

ペンを10本使った場合、補充インキを使用すると690円の経費削減になるというから、オフィスでも採用すると嬉しいですよね。

ゴミも67g も減量することが出来るので、時代にあっていると思います。

1本で、太いラインと細いラインの2タイプのラインが描けるツインタイプ。

価格も本体価格100円と買いやすいところも嬉しいですね。

 

つぶれにくいペン先なら「蛍coat 」

「蛍coat」は、トンボ鉛筆のブランドで、つぶれにくいペン先で人気があります。

トンボ鉛筆は、創立年が大正2年の老舗企業で、鉛筆をはじめ文房具全般を扱っている企業です。

「蛍coat」は、ポリマーコート芯を採用しているので、ペン先がつぶれにくくなっており、蛍光ペンの使い難さを払拭してくれる商品です。

ラインを引く時に、力を入れすぎてしまう方も安心して使えると思います。

常に正確なマーキングが実現出来るので、学習時だけでなく事務作業時にも使っていける商品です。

また、専用補充インクの「蛍チャージャー」を使う事で、何度でも繰り返して使用することが出来るところも嬉しいですね。

線幅は、太字が3.8mm 、細字が0.8mmの2WAYタイプがあります。

太字ラインのみの「蛍coat」シリーズの商品もあるので選べるところも良いですね。

 

豊富なカラーバリエーションなら「マイルドライナー」

「マイルドライナー」はゼブラのブランドで、豊富なカラーバリエーションが人気となっています。

カラーバリエーションは、全25色と非常に豊富で、色を買い足していくのが楽しくなる蛍光ペンです。

カラーは、文字がはっきりと見えるように、おだやかで優しい色合いを揃えており、高齢の方でも見やすいカラーとなっています。

薄目のカラーが好きな方にはうってつけのブランドだと思います。

1本で太・細両方となっており、中綿式でおだやかな使い心地です。

太文字の線幅は4mmで、細文字の線幅は1.0~1.4mmとなっています。

見た目もラインのカラーも可愛らしく、人気となっているのも頷けます。

 

2019年度最新版!蛍光ペンのおすすめランキングTOP8

ランキング形式で、おすすめの蛍光ペンTOP8を御紹介させていただきます。

有名メーカー・ブランドの商品や話題商品をメインに、それぞれの特徴を記載していきますので、是非チェックしてみて下さいね。

 

8位 サクラクレパス 蛍光ペン ラインマーカーOA1 VK#320

出典: Amazon.co.jp

サクラクレパス 蛍光ペン ラインマーカーOA1 VK#320
ブランド
カテゴリ

水に強く色あせしにくい!インキ補充可能

タイプ;ノーマルタイプ

サクラクレパスの蛍光ペンで、ラインマーカーというブランド商品です。

ロングセラー商品で、水に強く色あせしにくい顔料インキが採用されています。

OA対応、感熱紙・ノーカーボン紙でも鮮やかな発色が得られることでは定評があります。

インキ補充が可能なので、本体は長く使える、エコマーク認定商品です。

こちらは、ピンクの蛍光ペン10本セットで、1本当たりは非常に安い価格となっています。

まとめ買いをして、お友達へのちょっとしたプレゼントにしても喜ばれると思います。

カラーは5色で、ピンクの他に、イエロー、オレンジ、ブルー、グリーンも選べるようになっています。

5色セットの用意もあるので、様々なカラーを使いたい人にはこちらが良さそうですね。

非常に安くて使い勝手も良い蛍光ペンですが、先進的な機能性に欠けるところからランキング8位とさせていただきました。

 

7位 コクヨ  蛍光ペン 蛍光マーカー WiLL STATIONARY ACTIC

出典: Amazon.co.jp

コクヨ 蛍光ペン 蛍光マーカー 3本セット WiLL STATIONERY ACTIC
ブランド
カテゴリ

ノンドライインク採用でペン先が乾きにくい!

タイプ;ノーマルタイプ、2WAYタイプ

コクヨの蛍光ペンで「WiLL STATIONARY ACTIC」シリーズです。

こちらの蛍光ペンは、2WAYタイプですが、1本で2つのカラーがセットされているツインタイプです。

1本で2色のラインが引けるので、携帯するのに便利に使えます。

家に置いておくにも、カラー数が同じなのに半分の本数で済むので、場所を取らないところも良いと思います。

こちらは3本セットで、イエロー、パープル、オレンジ、ブルー、ピンク、グリーンのオーソドックスな蛍光色6カラーの構成となっています。

キャップを閉め忘れても、ペン先が乾きにくいノンドライインクを採用しているそうですよ。

これは安心感がありますね。

ペン先の向きがしっかりと固定出来るので、均一な幅のラインが引ける仕様となっています。

1本で2本分の役割を果たすだけでは無く、使いやすさでも人気となっています。

また、再生材配合率は、軸・キャップ・先栓でR-PP60%となっていて、グリーン購入法適合商品です。

3本セットの価格なのに、非常にお得感があるところも良いと思います。

薄い紙にラインを引いた時の裏抜けは気になるかもしれないので、使う前に紙の質を見ておくことをおすすめします。

機能性、使いやすさ、価格等を考え、非常に満足いく商品なのですが、裏抜けが気になるため、ランキング7位とさせていただきました。

 

6位 ぺんてる 蛍光ペン ノック式 ハンディラインS

出典: Amazon.co.jp

ぺんてる 蛍光ペン ノック式 ハンディラインS
ブランド
カテゴリ

ノック式の蛍光ペンなので便利

タイプ;ノーマルタイプ

ぺんてるの蛍光ペンで、ハンディラインSシリーズです。

ぺんてるは、日本の老舗筆記具メーカーで、世界中にユーザーがいることでも知られています。

こちらは、従来の蛍光ペンに見られるキャップ式ではなく、ノック式採用。

キャップが無くでも、ペン先が乾燥しないボールシャッター機構を備えているので安心感があります。

キャップをいちいち取る必要が無いのでスムーズに作業が行え、学習や仕事の効率アップにつながるかもしれないですね。

ノック式ながらも普通のペンと変わらない太さ(φ12mm )を実現しているので使いやすいです。

クリップに挟むとペン先が戻る設計なので、初めて使う方でもすぐにわかるようになっています。

経済的なカートリッジ式なのも嬉しいですね。

詰め替えもとても簡単に行えて、繰り返して本体を使う事が出来るところも魅力の1つ。

こちらは5本セットになっていて、受験勉強でもオフィスでも活躍する3色(ピンク、オレンジ、イエロー、ライトグリーン、スカイブルー)が使えます。

他にも3本セット(ピンク、イエロー、ライトグリーン)の用意もあります。

価格帯もリーズナブルなので、買いやすいところも嬉しいですね。

機能性、セットカラー、価格等を合わせて考え、ノック式が好評なこともあり、ランキング6位とさせていただきました。

 

5位 ゼブラ 蛍光ペン マイルドライナー

出典: Amazon.co.jp

ゼブラ 蛍光ペン マイルドライナー
ブランド
カテゴリ

淡く落ち着いたカラーで目に優しい

タイプ;ノーマルタイプ、2WAYタイプ

ゼブラの「マイルドライナー」シリーズの蛍光ペンです。

マイルドライナーは、マークした箇所が淡い色味で目に優しいという特徴があります。

こちらは5色セットで、マイルドレッド、マイルドグリーン、マイルドダークブルー、マイルドバイオレット、マイルドグレーのカラーが入っています。

マイルドライナーは豊富なカラーバリエーションが持ち味の1つですが、その中から「渋マイルド」とされる落ち着いた色味の5色が入っています。

1本で、太字と細字の両用使えて、太字は4.0mm、細字は1.0~1.4mmの線幅となっていて便利に使い分け出来るようになっています。

マイルドなカラーは目に優しいだけでなく、あとから見返した時に見やすいところも良いと思います。

従来の蛍光ペンよりも落ち着いたカラーなので、マーキングに使うだけでなく、囲い線を引いたり、イラストにも最適です。

ペン本体のボディカラーは、ホワイトのカラーで、上品で落ち着いた印象も人気の理由の1つです。

価格帯も非常に安く、リピーターが多いというのも納得です。

ただ、裏抜けしやすいところが難点で、薄い紙に使用する場合には試し書きをしてみましょう。

カラー、使い勝手、価格等を合わせて、ランキング5位とさせていただきました。

 

4位 トンボ鉛筆 蛍光ペン 蛍コート

ポリマコート芯採用でペン先がつぶれにくい

タイプ;樹脂コートタイプ、2WAYタイプ

トンボ鉛筆の「蛍coat」ブランドの蛍光ペンです。

独自の「ポリマコート芯」でペン先がつぶれにくいため、キレイにラインを引くことが出来ます。

ペン先の周囲を樹脂でガードしているため、最後までペン先がつぶれることなく、ラインを引けるように作られています。

また、定規をあててラインを引く場合、ガードパーツのおかげで定規にペン先が触れないので、定規が汚れずにキレイに使えるところも大きな特徴となっています。

インクを補充出来て繰り返し使えるエコなところも嬉しいですね。

太字と細字の2WAYタイプでもあり、太芯は3.8mm、細芯は0.8mmなので便利に使えます。

こちらは、5色セットで、オレンジ、イエロー、グリーン、ブルー、ピンクの5カラーが使えるようになっています。

価格も非常に安く、セットで買いやすい点も嬉しいですね。

機能性、価格が非常に心惹かれる商品で、Amazonでの評価も概ね高評価な点も考慮して、ランキング4位とさせていただきました。

 

3位 パイロット 蛍光ペン フリクションライト

出典: Amazon.co.jp

パイロット 消せる蛍光ぺン フリクションライト ソフトカラー 6色 SFL-60SL-6CS
ブランド
カテゴリ

消せる!裏抜けしない!

タイプ;ノーマルタイプ

パイロットのフリクションシリーズの蛍光ペンです。

パイロットは筆記具全般で定評があるので信頼出来るところが良いと思います。

フリクションシリーズは、「こすって消せる」という特徴があり、付属の専用ラバーでこするとインクの色が無色に変わりラインを消すことが出来ます。

消しカスが出ないところも嬉しいですね。

また、フリクションの蛍光ペンは、裏抜けしないので、薄い紙に使うことが出来ます。

手帳等の薄紙でもラインが引けるので非常に重宝します。

こちらは6色セットで、カラーはイエロー、グリーン、ピンク、オレンジ、ブルー、バイオレットが使えるようになっています。

発色が良いのも特徴の1つです。

価格も6色セットなのに非常にリーズナブルで、手軽にリピート出来るところも良いと思います。

機能性、カラー、お得感等を合わせて考えると非常に好印象ではありますが、6色のうちバイオレットの出番はあまり無いように思うので、ランキング3位とさせていただきました。

 

2位 三菱鉛筆 蛍光ペン プロパス クイックドライ

出典: Amazon.co.jp

三菱鉛筆 蛍光ペン プロパス クイックドライ
ブランド
カテゴリ

インクが速く乾く!見やすい窓付きペン芯も嬉しい

タイプ;透明窓付きタイプ、2WAYタイプ

三菱鉛筆のプロパス・ウインドウ クイックドライです。

ペン先に窓があり、はみ出さずにラインが引けるという特徴と、速乾性に優れたインクを採用しているという特徴を持ち合わせた逸品です。

速乾性に優れているので、使っている時に手にインクがついたりもせず、本に使用してすぐにページを閉じてもインク写りがしにくい仕様となっています。

「Q-Dry(クイックドライ)インク」は、液体の乾きが速く、色材粒子はしっかり定着するため、インク乾燥時間は従来品の3分の1以下に短縮出来たそうですよ。

また、丸芯の細字と角芯の太字の1本2役で、便利に使っていけると思います。

こちらは、5色セットで、ピンク、オレンジ、イエロー、グリーン、スカイブルーの5カラーが使えるので重宝しそうです。

価格帯も5色セットなのに非常に安く、買いやすい点も嬉しいですね。

機能性が高く、速乾性にも優れている商品なので、ランキング2位とさせていただきました。

 

1位 ゼブラ 蛍光ペン ジャストフィット モジニライン

出典: Amazon.co.jp

ゼブラ 蛍光ペン ジャストフィット モジニライン
ブランド
カテゴリ

柔らかいペン先が魅力!インクがにじみにくい

タイプ;ノーマルタイプ

ゼブラのジャストフィットモジニラインで、柔らかいペン先が特徴的な商品です。

筆ペンタイプでは無いですが、ペン先には柔らかい素材のナイロンが使用されており、しなって紙面にフィットします。

均一に力を入れてラインが引けるため、キレイな状態でマーキングすることが出来ます。

丁寧に資料作りをしたり、見やすい学習ノートを作る時に重宝しそうです。

また、水性ボールペンの上からラインを引いても、にじまない仕様になっています。

蛍光ペンに新成分を配合して、イオンの力でにじみを抑えてくれるというから、これは書き心地抜群のようですね。

ラインを引いたところ、乾燥時間も速い点も良いと思います。

線幅は、3.5~4.0mmとなっています。

こちらは5色セットで、オレンジ、ピンク、イエロー、グリーン、ブルーのカラーが使えます。

価格帯も安くで買いやすい所も良いと思います。

書き心地、滲みにくさ、乾燥時間、価格等を考えて、もっとも蛍光ペンとして役立ってくれそうなのでランキング1位とさせていただきました。

 

蛍光ペンの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、蛍光ペンの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

使いやすい蛍光ペンで学習効率をアップさせよう

蛍光ペンには、窓付きのペン芯が採用されているタイプや、先端が筆タイプになっていてラインを引きやすくなっていたりと、どんどんと進化しています。

消せる蛍光ペンやボールペンの上からでもにじまない商品も便利そうですね。

心惹かれる機能は色々あると思いますが、自分の用途に合った蛍光ペンを選んで、学習や仕事の効率をアップさせたいものです。

ランキングで挙げた商品は、人気商品、定番商品、ロングセラー商品などを集めてみました。

蛍光ペンを選ぶ際に少しでも参考にしていただければ、と思います。

毎日の学習に、仕事に、蛍光ペンを楽しく活用していきましょう。

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

サクラクレパス 蛍光ペン ラインマーカーO…

サイトを見る

コクヨ 蛍光ペン 蛍光マーカー 3本セット …

サイトを見る

ぺんてる 蛍光ペン ノック式 ハンディライ…

サイトを見る

ゼブラ 蛍光ペン マイルドライナー

サイトを見る

トンボ鉛筆 蛍光ペン 蛍コート 5色 WA-TC5C

サイトを見る

パイロット 消せる蛍光ぺン フリクション…

サイトを見る

三菱鉛筆 蛍光ペン プロパス クイックドライ

サイトを見る

ゼブラ 蛍光ペン ジャストフィット モジニ…

サイトを見る

関連記事