【レビュー】IIJmioのファミリーシェアプランを試してみた

格安SIMのメリットとして、大手通信会社より月額プランが割安な点があります。

この割安なプランに合わせて、複数のSIMを契約するシェアプランがあります。IIJmioのファミリーシェアをご紹介します。

 

複数の回線を契約している場合の節約方法

家族などで、携帯回線を複数契約している場合、月額の契約プランだけで、結構な金額になってしまいます。

例えば、大手通信会社の標準的なスマートフォンのプランで、一か月当たり一人8,000円かかる場合、家族3人で利用すれば、2万円を超えてしまいます。

大手通信会社でも、月の通信量を家族で分けるプランを用意していますが、それほどの割安感がありません。

このような複数な回線を利用する場合にお勧めなのが、格安SIMのシェアプランです。

元々、割安な格安SIMで、さらに複数SIMのシェアプランで割安に利用をすることができます。

 

IIJmioのファミリーシェアプラン

格安SIMの中で、シェアプランを提供しているIIJmioの場合を紹介します。IIJmioでは、ファミリーシェアプランを用意しています。

ファミリーシェアプランは、複数のSIMカードで、月額高速通信量10GBを分け合うプランで、最大10枚までのSIMカードが利用できます。

月額料金は、データ通信専用SIM(月額2,560円)、SMS機能付きSIM(月額2,560円+140円/1枚)、音声通話機能付きSIM(2,560円+700円/1枚)となります。

IIJmioのファミリーシェアプランは、3枚までのSIMカードの利用料金は無料で月額料金に含まれています。

4枚目以降は一枚400円で、最大10枚までのSIMカードの利用ができます。

 

3枚の通話SIMを契約した例

IIJmioのサブブランドであるBIC SIMにて、IIJmioファミリーシェアプランを契約してみました。

契約内容としては、3回線の音声SIMです。

料金としては、ファミリーシェア月額料金2,560円と、音声通話機能700円を3枚分で2,100円と合わせて、4,160円となります。

 

IIJmioのパッケージ写真

 

3回線の音声SIMにて、一回線当たり平均3.3GBのデータ量が利用でき、かつ、通話機能付きで、月額4,160円だけになります。

大手通信会社と比較して、非常に割安です。

また、IIJmioのファミリーシェアの特徴として、スマホアプリにて、高速通信のオンオフができます。

オフでは200kbpsにて通信となりますが、月の高速通信量の10GBを消費しません。

煩雑に使う回線のみ、高速通信にして、他のSIMは、低速の200kbpsにて利用することで、1回線で10GBを利用する、という方法もあります。

IIJmioの200kbps通信は、初速ブーストがあるため、200kbpsでも簡単なWEBを見る程度であれば、実用的です。

3回線の高速通信をスマホアプリで管理

 

ファミリーシェアプランへMNP

このIIJmioのファミリーシェアを選択したきっかけとしては、大手通信会社の契約料金を安くしたい、ということではなく、格安SIMをまとめて安くしたい、というのが理由でした。

契約していたSIMとしては、NifMoの音声SIM(月額1,600円)と楽天モバイルの音声SIM(月額1,600円)の2枚を契約しており、合計3,200円となっていました。

さらに一回線を増やすことになり、格安SIMを一枚増やすより、3回線をまとめて契約できるIIJmioがお得なので、格安SIMから格安SIMへ、2回線分のMNPを行い、さらに新規で一回線を契約して、合計3回線の契約となりました。

IIJmioへのMNPへの注意点としては、複数SIMの同時MNPはできますが、全ての回線が同一名義である必要があります。

また、格安SIMから格安SIMへのMNPの場合、MNPに対応していないサービスもあります。

今回の例では、NifMoからIIJmioへのMNP、楽天モバイルからIIJmioへのMNPは、同時にスムーズに行うことができました。

 

まとめ

ファミリーシェアプランによる3回線の運用は、費用負担が楽になるだけでなく、月の高速通信量をまとめて管理できるため、便利になりました。

また、最大10枚までのSIMカードでシェアできるため、気軽に回線を増やすことができます。

複数の回線を利用する場合は、このようなシェアプランを利用することをおすすめします。

公式サイト:IIJmio