買いたいものを検索してください

猫背を治したい!腰や肩の痛みに使える姿勢矯正ベルトおすすめランキングTOP7

デスクワークをしていると、つい、前のめりになってしまうことってありませんか?毎日のように机に向かっている私は、パソコンの画面が見えないわけでもないのに、気づくと前傾姿勢になっています。体を起こした時に、むしろ違和感や痛みを覚える始末。

外出時は意識的に上を向くなど対策していますが、座っていると、つい前傾姿勢を繰り返してしまいます。そんな中で知ったのが姿勢矯正ベルトでした。矯正の名前のとおり、ベルトが正しい姿勢で固定しようとしてくれるので、自分の意識では猫背が解消できない方にこそおすすめです。

今回は特におすすめの姿勢矯正ベルトをランキング形式で紹介するとともに、選び方などのポイントも見てみました。

 

姿勢が悪い原因は?

猫絵気味の女性

なぜ姿勢が悪くなるのかというと、そもそもデスクワークを長く行うこと自体が、原因の1つとされます。というのも、デスクワークと言えば、パソコンでマウスやキーボードを使う、あるいはペンでノートにメモを取るなどの動作が多いですが、いずれも腕を伸ばします。

腕を伸ばすということは、肩を前に移動させることになり、上半身全体が引っ張られてしまうんです。しかし肩をまっすぐにしようとして手元でマウスやペンを走らせれば、今度は真下を見ようとして背中が曲がってしまいます。視線だけを下に向け続けるのはなかなか大変です。

またデスクワークが少ない人も、スマホの使いすぎで猫背になることがあります。スマホに集中していると、つい画面に顔を近づけていませんか?逆に良い姿勢でいようと腕を伸ばしていると、スマホの重さもあってどうしても疲れてしまいます。その際、スマホを止めて休憩するという選択を取れない人が多いことも、姿勢に影響しやすい理由です。

 

姿勢矯正ベルトとは?

姿勢矯正ベルト

 

姿勢矯正ベルトは、自分ではついつい前のめりになってしまう人に対し、半ば強制的に本来の姿勢をキープさせるための商品です。デスクワークの件で肩が前に出がちとしましたが、姿勢矯正ベルトの多くは、肩を後ろに引き寄せる作りになっています。

 

姿勢矯正ベルトの種類

コルセットで固定中

姿勢矯正ベルトは猫背矯正、猫背サポーター、背筋矯正、腰ベルトなど、様々な名称で呼ばれています。ここではその形状から、いくつかのタイプに分類してみました。

 

肩だけのタスキ型

まずは肩部分のみにベルトをするタスキ型です。装着はベルトを肩に通し、サイズ調整するだけでOKなので、簡単に行えます。ただ肩を後ろに引き寄せる効果のみで姿勢矯正を行うので、猫背がひどい、背中から曲がっている人だとケアに時間がかかるかもしれません。

 

タスキ+ウエスト固定タイプ

タスキ型ではありますが、ウエスト部分にもベルトがある姿勢矯正ベルトもあります。ウエストもベルトで固定することにより、肩と体幹部分の位置関係まで含めた矯正が可能。

背面が紐状でなくスポーツブラのように、覆うタイプもあり、ベルトのみのタイプに比べると背中への負担が少ないのも魅力です。

 

お腹や腰までしっかり固定するコルセット型

骨盤など、腰まで含めてしっかり覆う、まるでコルセットのような骨盤矯正ベルトもあります。肩だけでなくウエスト、腰など着脱に関わる部位が多く、利用には時間が必要です。しかしその分、上半身全体での矯正が期待できます。肩ではなく背筋が弱い、脊椎や骨盤の安定さが欠けている方におすすめです。

 

姿勢矯正ベルトの使い方

姿勢矯正ベルト

姿勢矯正ベルトは装着する際、自分でサイズ調整を行うことができます。マジックテープなどが付いているので、肩にベルトを通したら、ちょうど良いところで固定しましょう。緩くすると後ろへの矯正効果も薄くなってしまうので注意してください。

お腹や腰も固定するタイプの場合も同様です。こちらは逆に、締め付けすぎると苦しくなってしまうので、あくまで肩のケアをメインとするなら、緩すぎない程度に抑えましょう。

1日の利用目安は商品ごとに異なるので説明書などを優先してください。ただはじめの内は目安時間いっぱい付けるのではなく、1、2時間程度に控え、徐々に装着時間を伸ばし、慣らしましょう。

 

姿勢矯正ベルトの選び方のポイント

まっすぐな姿勢

 

姿勢矯正ベルトを購入する場合は、タイプ以外の差異にも注意して選びましょう。

 

サイズ指定のある姿勢矯正ベルトは着用シーンに応じて決める

姿勢矯正ベルトの中にはフリーサイズの商品と、SMLなどサイズ別で展開している商品とがあります。後者の場合は自分のサイズに併せて選んでも良いですが、もし服の上から装着することを考えているなら、ワンサイズ上ぐらいがおすすめです。服と同じサイズだと、服の分だけキツさを感じてしまいます。肌着程度の薄い衣類なら同じでも良いでしょう。

 

通気性や柔らかさなど感触はどうか

服の上から付けるタイプでも、装着時の感触は大事です。不快感を得るようでは、姿勢矯正もストレスになってしまいますからね。姿勢矯正ベルトは概ねナイロンやポリエステルなどの素材が多いですが、メッシュ地になっているなど工夫もあり。メッシュ商品は通気性も兼ね備えており、夏場でも快適に過ごせます。

 

姿勢矯正ベルトおすすめランキングTOP7

最後におすすめの姿勢矯正ベルトをランキング形式でご紹介します。いずれも男女兼用ですが、サイズはフリーだったりSMLと区別があるなどバラバラなので、購入時はご注意を。

 

第7位 アルファックス お医者さんの腰から正す姿勢ベルト

出典: Amazon.co.jp

アルファックス お医者さんの腰から正す姿勢ベルト
ブランド
カテゴリ

腰元までケアするコルセット型ベルト

まずは整形外科医との共同開発で生まれた姿勢矯正ベルトです。肩の部分だけではなく、腰までしっかり固定し、コルセットに近い形をしています。背中にはロングボーンと呼ばれる1本の太い支えが入っており、矯正で後ろに傾いても安心。

ちなみに素材はテクノファインと呼ばれるメッシュ素材を利用しており、体を覆う面積は大きいものの、ムレにくく1年通して着用し続けることができます。夏場や汗っかきの方でも継続しやすいです。

ただ値段は高めなので、初めての方やちょっと試したい程度の方は注意してください。サイズはMからLが最小で、LからLL、LLから3Lの3パターンが用意されています。

 

第6位 magico 姿勢サポーターブラック

出典: Amazon.co.jp

magico 姿勢サポーターブラック
ブランド
カテゴリ

子供も使える6サイズ!

magicoの姿勢矯正ベルトは、ジュニアサイズからSS、S、M、LそしてLLと6段階のサイズが用意されています。またカラーも黒と白のほか、黒地にビビッドグリーンのラインが入ったタイプもあり、見た目を気にする方にもぴったり。

着用はウエストと肩を固定するタイプですが、背面部は大きく作られているため安定感もばっちりです。素材はポリエステルを中心とし、150gと軽めの作りになっていますから、移動が多い方でもずっと着けていられます。

 

第5位 中山式 脊椎医学 キョウセイベルト メッシュ

出典: Amazon.co.jp

中山式 脊椎医学 キョウセイベルト メッシュ
ブランド
カテゴリ

肌色で目立ちにくい姿勢矯正ベルト

5位の中山式は、脊椎医学にもとづいて作られた姿勢矯正ベルトです。背面が大きく×印になっているのが特徴で、背筋をより伸ばしやすくしてくれます。ナイロンをメインとしたメッシュ状の素材であるため、より軽いのも魅力。ムレ対策にもなりますから、通年継続しやすいです。

またベージュ系のカラーゆえ、一見すると姿勢矯正ベルトをつけているようには見えないのもポイントです。しっかりケアしたいけれど、周囲にあれこれ言われたくない方に向いています。

 

第4位 Twotails 猫背矯正ベルト

出典: Amazon.co.jp

Twotails 猫背矯正ベルト
ブランド
カテゴリ

初めての方におすすめの安価ベルト

Twotailsの姿勢矯正ベルトは、これまでの商品に比べて安価で提供されているのが魅力です。半分~3分の1以下の価格ですから、姿勢矯正ベルトとはどんなものなのか、直接触れて確認したい方にはうってつけ。

サイズはMとLの2種類のみですが、合致すれば子供から大人まで幅広く使えます。装着は肩とウエストで留めるタイプ。値段の割に、人間工学の観点から製造しているなど、矯正力も高いです。血行ケア、筋肉のコリ対策と言ったメリットも生まれるので、姿勢の悪さに加えて疲れやすさ、上半身への負担が気になるならおすすめ。

 

第3位 BelleLife 猫背 ベルト 男性女性兼用

出典: Amazon.co.jp

BelleLife 猫背 ベルト 男性女性兼用
ブランド
カテゴリ

肩掛けだけの簡単装着!

BelleLifeの姿勢矯正ベルトは、肩部分だけに装着する手軽さがポイントです。お腹や腰まで固定したくない、装着に時間がかかるベルトや避けたい、そんな方に向いています。サイズはフリータイプ。調整可能なので、服のサイズ問わず使うことができます。

合成ゴムによるネオプレンという素材がメイン。ネオプレンをナイロンやポリエステルで覆う形で作られており、やらわかめの感触で敏感肌の方でも使いやすいです。締めつけによる肌への負担が気になるなら一見の価値有り。

 

第2位 Ageless 猫背矯正ベルト

出典: Amazon.co.jp

Ageless 猫背矯正ベルト
ブランド
カテゴリ

パッド付きで肩や脇の負荷を軽減

Agelessの姿勢矯正ベルトも、3位同様肩部分のみ固定するタイプです。マジックテープで装着及びサイズ調整ができるなど、いくつかの点で類似しています。

こちらの商品を2位にした理由は、肩及び脇部分をパッドでカバーし、負担を和らげてくれるためです。1日中ではないにせよ、一定時間装着したままにする姿勢矯正ベルトは、実際につける肩や脇への負担も大きいです。しかしAgelessなら、パッドを挟むことでより快適に過ごせます。

矯正で背筋を引き上げるというより、本来の過ごしやすい姿勢に戻すことを目的としているため、無理に反らされる感覚もありません。初めての方におすすめです。

 

第1位 Brodio 磁石 腰ベルト

出典: Amazon.co.jp

Brodio 磁石 腰ベルト
ブランド
カテゴリ

運動中も着用可能!磁石で疲れもスッキリ

ベスト姿勢矯正ベルトは、Brodioの磁石入り腰ベルト。名前の通り、肩だけでなく腰周りも固定するタイプです。デスクワーク用というよりスポーツ用で、装着し、正しい姿勢を保ったまま運動することが可能。ランニングなどでも猫背になりがちな方に適しています。もちろん普段使いとしてもおすすめです。

また背中及び腰にあたる箇所に磁石が内蔵。磁力でコリをほぐしてくれるのも魅力的です。すぐ疲れてしまい、トレーニングが満足に出来ないなら、磁石腰ベルトでケアしながら頑張ってみるのも有りですよ。

サイズはSMLのほか、XL及びXXLの5パターンから選べます。服の上から付けることを想定し、プラス1サイズ上を選ぶのがベターです。

 

姿勢矯正ベルトの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、 姿勢矯正ベルトの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

姿勢矯正ベルトでシルエットすっきり!

ヨガ

自分で姿勢をキープするのはなかなか大変です。つい気を抜くと前かがみになってしまうなら、姿勢矯正ベルトで強制的に引っ張り上げてもらいましょう。

正しい姿勢で見た目の印象もスマートに、疲れやすさや腰痛、肩こりなどの悩みもスッキリしてください。

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

アルファックス お医者さんの腰から正す姿…

サイトを見る

magico 姿勢サポーターブラック

サイトを見る

中山式 脊椎医学 キョウセイベルト メッシュ

サイトを見る

Twotails 猫背矯正ベルト

サイトを見る

BelleLife 猫背 ベルト 男性女性兼用

サイトを見る

Ageless 猫背矯正ベルト

サイトを見る

Brodio 磁石 腰ベルト

サイトを見る

関連記事