優しいフードを!チワワ向けドッグフードおすすめランキングTOP8

チワワといえば小さな体に大きな目が印象的。世界的に公認された犬の中で最も小さな犬種と言われています。日本の小さな家で飼うにも適した犬種で、寿命は15年以上の長寿傾向にあります。

ですが品種改良を繰り返されたことにより体が弱くさまざまなトラブルを抱えていることも少なくありません。そんな体の弱いチワワに合わないドッグフードを与えると、下痢や嘔吐を引き起こす可能性も・・・

我が家にもチワワが2匹いるのですが、どちらも体が弱く偏食も激しいのでドッグフード選びにはとても苦労をしました。最初にお迎えした1匹は、2歳になる頃まで毎日病院に通い点滴をし、いつお別れが来てもおかしくないと言われていたほどです。

ですが、ありがたいことに今ではそんなことも嘘かのように元気に過ごしています。体調のいい今でも2週間に一度の定期検診は欠かすことなく行っています♡

可愛い愛犬の話を長々としてしまいましたが(笑)そんな体の弱いチワワには、どのようなドッグフードを与えればいいのでしょうか?虚弱体質のチワワと一緒に約9年間で学んだことを含めご紹介いたします♪

チワワ向けドッグフードの種類

ドライフード

to buy編集部

to buy編集部

一般的なドッグフードと言えばドライフードですが、そもそもドライフードとは何なのでしょうか?

 

製品に対し水分量が10%程度以下のドッグフードのことをドライフードと呼びます。特徴としては以下になります。

  • 保存期間の長さ
  • 価格のお手頃さ
  • 歯に歯垢が付きにくい

様々なメリットがあるドライフード。小型犬には小粒タイプのものを与えるとよいのですが、それでも硬くて食べ辛そうな場合は、お水でふやかして与えるといいでしょう。また、あまり水分を取らない子にもふやかして与えるのはおすすめです♡

 

ソフトドライフード

to buy編集部

to buy編集部

少ししめりっけのあるソフトドライフードですがどんな特徴があるのでしょうか?

製品に対し水分量が25%~35%のドッグフードです。

  • しっとりとしていて食べやすい
  • 硬いものが苦手な子犬や老犬に適している

一見メリットばかりに思うソフトドライフードですがしめっていることでカビが生えやすくそれを防ぐために、防腐剤や酸化防止剤などの添加物が大量に含まれていることがほとんどです。全てそうとは言いませんが与える際には添加物にも気を付けたいですね。

 

ウェットフード

to buy編集部

to buy編集部

美味しく食いつきのいいイメージが強いウェットフード。肥満には注意です

製品の水分量が75%程度のとてもやわらかいドッグフードです。

缶詰やパウチタイプ、様々なパッケージで販売されています。メリットとしては

  • 食いつきがいいので食欲のない子にもおすすめ
  • 噛む力の弱い老犬にも適している

など、こちらもメリットは様々ですが、開封後の消費期限の早さや、歯石がつきやすくなる、ウェットフードになれてしまいドライフードを食べなくなるなど同時にデメリットもたくさん潜んでいます。

 

3種類のフードタイプをご紹介しましたが、愛犬の様子を見ながらどのフードタイプが適しているのか、うまく見極めてあげて下さいね。

 

チワワ向けドッグフードの選び方

偏食が気になる子には

偏食がきになる子には食いつきの良い美味しいフードを与えてみるのも良さそうですね。ですがそれに慣れてしまうと、普通のドッグフードを食べれなくなったり、偏食が更に悪化する可能性も否定できませんので慎重に検討する必要があります。缶詰めを与えるのもいいですが、与えすぎは肥満の元ですし、食べるからといって与えすぎには注意しましょう。

 

原材料や成分で選ぶ

ドッグフードには主に、魚ベースやお肉ベースなどがあります。基本的には愛犬の健康維持を考えてバランスよく作られているドッグフードですが、アレルギーなどにより合わないものもあります。魚ベースのドッグフードはアレルギーを起こしにくいのが特徴で、アレルギーの多い愛犬にもおすすめです。

また、逆に犬は穀物に適応しているとは言い難く、消化の際胃腸が負担を受けて健康を害してしまう場合があり、その際にアレルギーを発症させてしまう可能性があるのです。アレルギーを起こしやすい穀物成分としてはトウモロコシなどがあります。

またビートパルプ(内臓に負担を掛けるとされるもの)、BHT(ガンを発生させる可能性があるもの)も出来れば避けたいですね。

 

肥満が心配な子には

各社から肥満用のドッグフードが発売されていますができるだけ、たんぱく質の割合が高いドッグフードを選ぶようにするといいでしょう。基本的に高タンパクなフードはカロリーが減り、余分な脂肪を減らしてくれる効果があります。

ただ一つ注意点があり、穀物はできるだけ避けるようにして下さい。犬の脂肪の原因となる糖質が含まれておりせっかくのタンパク質の意味がなくなってしまいます。これは人間でも同じですが、フードだけでなく同時に適度な運動も行うようにして下さいね。

 

全く食べない子に見てほしい。

こちらの項目は本当に稀な子の為になってしまうのですが、うちの子のように苦しんでいる子が少しでも楽になってくれればと思い書いておりますので少しだけお付き合いくだされば幸いです。

うちの子は元々、1日全く食べないなんて当たり前。点滴でなんとか生きながらえている毎日が続いていました。どうにかならないかと思い缶詰のフードをスケーターに詰めて無理やり口にいれたりしていたのですが、なかなか先からうまくフードが出てくれず悪戦苦闘をしていました・・・

そんな時出会ったのがヒルズのa/d缶。栄養も高くペースト状で柔らかく、スケーターに入れてもスルスルと出てきてくれます。Amazonのレビューを見る限り、私と同じようにスケーターに入れて与えている方もいるようです。

今でも食べなくなる時期が定期的にありますが、こちらのa/d缶と出会ってからは注射に頼ることもなくなんとか元気に過ごせています♡

もし愛犬が全く食べずに苦労している方がいらっしゃいましたら、一度試してみて下さい。

 

我が家の常備薬として絶対に切らせない存在

出典: Amazon.co.jp

ヒルズ 療法食 プリスクリプション・ダイエット a/d 156g缶 犬猫用療法食

 

スケーターも一緒に

出典: Amazon.co.jp

スケーター フィーダー シリンジ L 犬猫用

 

愛犬の年齢に合わせたフード選びを♪

全年齢対応

一番馴染み深いフードはこちらではないでしょうか?全年齢対応ですので選ぶ手間もいらず、子犬から老犬まで幅広く与えることができます。ずっと同じフードを与えれるのは嬉しいですね。ですが実際には、全年齢対象のドッグフードと年齢別ドッグフードのどちらが愛犬にとって良いのでしょうか?

高級なドッグフードは大体のものが全年齢対応のものとなっており、愛犬の体に必要な成分がたくさん配合されています。そう考えると全年齢対応のフードでいいような気がしますが、ここは賛否両論なので一概にそうとは言えませんね。ただ年齢別で食べやすい形や、食べる量もかわってきますのでその点は年齢別でわけるのも一つの手です。

 

子犬期

子犬期は一番フード選びに慎重になりたい時期です。成長期ですので栄養をたっぷり与え健康な体を作ってあげることが何より大切です。できるだけ高たんぱく、穀物不使用、着色料や香料なども不使用なものを選ぶようにしましょう。また、生後間もない離乳期の場合はフードをふやかして与えて下さい。

子犬期は太らないようしっかりと体作りに取り組むと良いですね。

 

成犬期

成犬期は一生のうちで一番長く、成犬期のドッグフードは一番長く与え続けることになりますので高品質なものを与えたいですよね。成犬用のフードの特徴としては、子犬用のフードよりも低カロリーなこと。子犬用のフードを与え続けると肥満になる可能性がありますので切り替えのタイミングは、慎重に行わなければなりません。

タイミングはそれぞれの成長具合で違ってきますので、獣医師に相談し適切なタイミングを見計らってあげて下さい。

 

老犬期

老犬になると食欲が落ち消化機能や代謝量も衰えてきます。フード切り替えのタイミングは睡眠時間が増えた、食が細くなったなど様々ですが、愛犬をしっかりみていればきっと適切なタイミングが見つかるはずです。

食欲が落ち始めた子には栄養素の高いフードを選んであげないと、栄養不足に陥ってしまうことだってあるのです。どうしても食いつきが悪いなと感じたらサプリメントの併用や、トッピングで味を変えるなどの工夫も行ってみて下さい。

また老犬になると病気などを発病する可能性もありますので、その際は愛犬に合った特別療法食への切り替えも検討しなければなりません。

 

おすすめのチワワ向けドッグフードランキングTOP8

8位 アボダーム スモールブリードアダルト

出典: Amazon.co.jp

アボ・ダーム (AVODERM) スモールブリードアダルト 2.2kg

アボダームはアボカドの成分を使ったドッグフードで、皮膚トラブルの悩みを抱える子にもおすすめです。科学的防腐剤、合成着色料、人口添加物の不使用と安心の品質。バランスのとれた栄養を摂取できるため小型犬にも適しており、デリケートな子にもいいですね♪

チワワの涙焼け改善の効果が見られたなどの声もよく耳にしますので涙焼けが気になる方は検討してみて下さい。

7位 ニュートロ シュプレモ

出典: Amazon.co.jp

ニュートロ シュプレモ 小粒 小型犬用 成犬用 3kg

シュプレモのドッグフードは、15種類の厳選された自然素材を原材料に使用しており安心で高品質なフードです。動物性たんぱく質を豊富に摂取できるのが嬉しいですね。玄米などのアレルギーの原因になる物質が含まれているのが少し残念ではありますが、全体的には大変優れたドッグフードで健康状態も良好との声が多いです。

 

6位 ロイヤルカナン 療法食消化器サポート

出典: Amazon.co.jp

ロイヤルカナン 療法食 消化器サポート低脂肪缶 犬用 ウェット 200g×12個

ロイヤルカナンといえば療法食が有名です。こちらは缶詰タイプで獣医さんもおすすめの療法食となります。参加防腐剤、保存剤、着色料は不使用で、消化性に優れていますので消化器系の弱い子などにいかがですか?病院でも取り扱っているものになりますので安心して与えることができますね。

 

5位 ブラックウッド 1000 チキン

ブラックウッドとはアメリカのドッグフードで厳選された天然の原材料を使用して生産されています。特徴としては高品質の乾燥肉を使用していることで、たんぱく質の量を増やし消化吸収をしやすいようこだわって作られています。酸化しやすい油分を減らすことにより犬の体臭を改善する効果もみられていますよ。

 

4位 AATU サーモン ドッグフード

出典: Amazon.co.jp

AATU(アートゥー) サーモン ドッグフード 1.5kg

肉の使用料が圧倒的な80%!栄養成分もばっちりで、食いつきの悪いチワワにもおすすめです。アレルゲンの元となる大豆、小麦は不使用でグルコサミンやコンドロイチンなど、関節をサポートする成分も贅沢に配合されていますので関節が気になるチワワにもぴったりですね。

 

3位 オリジンアダルト

出典: Amazon.co.jp

オリジン アダルト成犬用ドッグフード 340g×8袋

本当にいいドッグフードのだけ与えられる賞「ペットフード・オブ・ザ・イヤー」を3年連続で受賞し、アメリカでも絶賛されているドッグフードになります。肉類が80%、参加防腐剤不使用、添加物不使用、穀物不使用はもちろんですが、ヒューマングレードの原材料を使用することで更に安全性が高くなっています。またアレルギーの改善も期待できます。

ただこちらはたんぱく質の割合がかなり多めですので与えすぎは肥満の元になりますので注意が必要です。お値段は高めですがそれ以上に価値のあるドッグフードと言えるでしょう。

 

2位 モグワン ドッグフード

出典: Amazon.co.jp

モグワン ドッグフード

モグワンは高い人気を誇るドッグフードです。ヒューマングレードのチキンとサーモンベース、無添加で穀物フリーの点が高く評価されています。お腹の調子を壊しやすい子にも好評のようで、小さなチワワにも嬉しい小粒タイプ。消化に優しい原材料を使用しているので、消化機能が弱ってきた老犬にもおすすめのドッグフードです。

 

1位 カナガン ドッグフード

出典: Amazon.co.jp

カナガン ドッグフード

カナガンとはイギリス産の高品質なドッグフードで、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?穀物フリーですのでアレルギーを起こしにくく消化にも優しいので大変人気が高いですね。カナガンドッグフードの原材料は安心のヒューマングレードで、高品質な動物性たんぱく質が豊富。

保存料や参加防腐剤不使用、着色料不使用の安心の成分となっています。粒も1㎝程の小粒でドーナツ型になっており、砕きやすいのが特徴で、香りは強く食いつきもいいようですね。

様々な犬種から幅広く、世界中で愛されているドッグフードではないでしょうか。

 

まとめ

小さくてかわいいチワワですが、その小さい体故に添加物の影響を受けやすいので、体質に合わせたフード選びや、無添加のフードを選ぶことも必要になってきます。

フード選びの際は、ほんの少量でも体の小さなチワワには大きな負担となることを知っておいてくださいね。

記事内で紹介されている商品

ヒルズ 療法食 プリスクリプション・ダイ…

サイトを見る

スケーター フィーダー シリンジ L 犬猫用

サイトを見る

アボ・ダーム (AVODERM) スモールブリード…

サイトを見る

ニュートロ シュプレモ 小粒 小型犬用 成…

サイトを見る

ロイヤルカナン 療法食 消化器サポート低…

サイトを見る

ブラックウッド 1000 チキン 7.05kg

サイトを見る

AATU(アートゥー) サーモン ドッグフード …

サイトを見る

オリジン アダルト成犬用ドッグフード 3…

サイトを見る

モグワン ドッグフード

サイトを見る

カナガン ドッグフード

サイトを見る

関連記事