ヘビーユーザーが教えるウォータープルーフアイライナーおすすめランキング

アイライナーを使っていますか?アイメイクが大好きという方であれば色々な種類を使っていると思いますが、ナチュラルメイクや、すっぴんに近いメイクが好きという方は案外とアイライナーを使っておられないのではないでしょうか。

アイライナーを使わないなんて勿体ない!マスカラと同じくらい目をぱっちりと見せてくれるメイクアイテムなので、是非使ってみて下さい。

アイライナーでは水や汗に強いウォータープルーフのものが現在は主流です。

ジムで運動をしている時でも汗でアイライナーが流れないようになっていたりするものも多く、女性がどんなシチュエーションでもアイライナーを楽しめるようになっています。

種類も以前はペンシルタイプが多かったのですが、肌に負担をかけないリキッドタイプやジェルタイプもどんどんと進化してきています。

ウォータープルーフアイライナーを上手に使って、魅力的な目元にしていきましょう。

 

アイライナーによってもたらされる目元の印象の違い

メイクでアイライナーを使うのと使わないのとでは仕上がりに大きな違いが出て来ます。

アイシャドウ、マスカラをしているのにアイライナーを引いていない場合には、目の際にラインが見られないと何だか締まりが無い印象になってしまいます。睫毛と睫毛の間をアイライナーで埋めるとさらに大きく素敵な目元になりますし、目のキワにラインをス~ッと入れることでクールな印象にもなります。

また、アイメイクはあまり力を入れていない、という方でもアイライナーだけは引いた方が断然良いですよ。アイライナーを引くことで、目元がはっきりとし、顔全体の印象もメリハリのある感じになってくれます。

ナチュラルメイクが好き、という方でもアイライナーだけは必須アイテムにした方が良いと思います。

ラインを引くのはほんの一手間なのに、アイラインによってもたらされる目元の印象ははるか大きなものになっているからです。私はどんなに時間が無くても、アイブロウ(眉)、アイライナー、口紅の3点だけは使うようにしています

顔の中で一番目元が人の視線を集めると思うのですが、アイライナーはその目元を際立ったものにしてくれますので、是非習慣にしてみて下さい。ウォータープルーフアイライナーなら、尚更のこと、雨や雪の日でもパンダ目にならずに済むのでメイクの幅が広がります。

 

アイライナーのタイプ

ペンシルタイプ

ペンシルタイプには、鉛筆のように削って使っていくアイライナーと、繰り出し式のアイライナーとがあります。

アイラインが失敗無く描け、細いラインがするするっと描けるのが魅力です。

リキッドタイプやジェルタイプに比べると、太いラインが描きにくいのが難点ですが、おとなしめのアイメイクに仕上げたいという方に向いていると思います。

失敗が無いので、上瞼にはリキッドタイプを使い、下瞼のキワにはペンシルタイプを使うという使い方をしている方もいます。

 

リキッドタイプ

鉛筆のような持ち手ですが先端が筆になっていて、アイラインをスッと引くようになっています。

アイライナーによっては、極細ラインから極太ラインまで自由自在に描けるというアイライナーもあるので、リキッドタイプでラインを描くことに慣れている方には使い勝手が良いものが多いでしょう。

リキッドタイプでウォータープルーフアイライナーの場合には、失敗するとやり直しが難しいところがデメリットです。

睫毛と睫毛の間を埋めるのもリキッドタイプだと簡単に出来、極細ラインも自然に引くことが出来るため、すっぴんに近いナチュラルメイクの方にもおススメ出来ます。

 

ジェルタイプ

なめらかなテクスチャーが魅力なのがジェルタイプです。

専用ブラシで描くタイプのものと、ペンシルのように繰り出して描くものとがあります。

ジェルタイプのアイライナーはツヤのあるラインがするするっと引けるので、目元がキレイに見えます。

綿棒などを使ってぼかして楽しむことも出来るので、ジェルタイプを1つ持っているとアイメイクの楽しみも広がると思います。

リキッド同様、ラインが落ちにくく、くっきりとした印象深い目元を作ることが出来ます。

 

おすすめのウォータープルーフアイライナー

1位 フローフシ モテライナー リキッド

初心者の方でも思いのままに美しいラインが引けると定評があるリキッドアイライナーです。

モテライナー独自の革新リキッドによって、耐水性、耐皮脂性が200%アップしたということで、水や汗にも強いアイライナーです。

私もジムで使っていましたが、汗をかいてもラインが滲んだり落ちたりすることもなく、パンダ目にもならず、とても秀逸なライライナーだと感じました。

筆は、熊野と奈良の伝統と先端科学技術により「大和匠筆(R)」を採用しているとのことで、確かに描きやすいです。

エンドミネラル配合で目元と睫毛をケアしてくれており、色素沈着しないNON染料タイプを採用しているので、これは安心ですね。

ウォータープルーフ仕様なのに、落とす時にはお湯でオフ出来るので気軽さも人気の1つです。

カラーバリエーションもブラックだけでなくブラウンやブラウンブラック、チェリーチークなど全部で5カラー展開なので、揃えておいてその日の気分によって使い分けしても楽しそうです。

ブラウンを使用していましたが、肌なじみの良いカラーでナチュラルメイクにもぴったりでした。

 

2位 クレ・ド・ポーボーテ ライナーリキッドアンタンス

ウォータープルーフリキッドアイライナーという位置付けです。

ブラシ部分が両端で分かれているので、太いラインと細いラインとで分けてラインを引くことが出来ます。

太い方で一気に上瞼のキワをスッと1本ラインを引いて、細い方で、睫毛と睫毛の隙間を埋めたり、下睫毛に使用したり出来ます。

ブラシが使いやすく、リキッドアイライナー初心者の方でもほとんど失敗無くラインが引けると思います。

ブラックのカラーも品の良いカラーで上品な目元に仕上がります。

朝つけて夕方までお直し要らずでキレイに発色してくれます。

ウォータープルーフなので、雨の日に使っても滲んだりしません。

スマッジプルーフタイプなので皮脂にも強く、ジムなどでも活躍出来そうです。

保湿成分が配合されているので、瞼のケアをしている方にも向いていると思います。

 

3位 シャネル スティロ ユー ウォータープルーフ

ウォータープルーフペンシルアイライナーという位置付けです。

まず、カラーバリエーションが豊富なので、ブラックやブラウン以外のカラーを使う事で断然お洒落感がアップします。

アイシャドウのカラーに合わせてこちらのアイライナーを選んでもメイクが楽しくなりそうですね。

発色がよく、色持ちが持続してくれます。

ヨレたりもせず、パンダ目にもならないのが良いと思います。

繰り出して使うタイプで、誰でも失敗なくラインが引けるところも嬉しいです。

ナチュラルな目元をつくるには、上睫毛の生え際を目頭から目尻に向かって、細いラインで強調すると良いそうです。

また、洗練された目元をつくるには、上睫毛に沿ってラインを強く入れ、目尻側の色を強調すると良いそうですよ。

使いやすく、カラーバリエが豊富なのでおススメのペンシルアイライナーです。

 

4位 ラブ・ライナーリキッド ノーブルブラウン

リキッドアイライナーで、汗や皮脂に強い処方のウォータープルーフタイプです。

カラーバリエも5展開なので、揃えておいて楽しむことも出来ます。

発色も肌馴染みの良いカラーで、ナチュラルメイクとも相性が良いです。

筆が描きやすく、極細ラインから太目のラインまで自由自在に描けます。

失敗することも無いと思うので、リキッドアイライナー初心者の方にもおススメです。

乾きやすいところも良いと思います。上からアイシャドウをすぐにつけられるので時短にもなります。

汗や水、皮脂にも強く、朝つけて夜まで滲みませんし、パンダ目にもなりません。

肌との密着感も心地よく、快適に使っていけるところも気に入っています。

汗に強いのに、お湯でさらっと落とすことが出来て便利なところも嬉しいですね。

全てのカラーで色素沈着を防ぐ顔料を採用しており、さらに、美容皮膚科医監修の厳選された5つの美容成分が配合されているというので、これは使っていても安心感があります。

 

5位 シュウ ウエムラ ドローイング ペンシル

ウォータープルーフは謳っていませんが、水に強く落ちにくいのでおススメとして挙げておきたいと思います。

ペンシルアイライナーという位置付けです。

繰り出しタイプで、なめらかに力を全く入れずにするすると描け、ストレスフリーです。

アイライナー初心者の方でも失敗無く美しいラインが引けるという点でものすごく良いと思いました。

カラーバリエーションも32カラー展開で、オーソドックスなカラーの他、ピンクやゴールドなどの画期的なカラーも用意してくれています。

お洒落上級者にはこのペンシルアイライナーは欠かせないと言って良いでしょう。

朝ラインを引くと夜までヨレずに持続してくれています。

お直し要らずなのが嬉しいですね。

ただ、落とす時にはアイメイクリムーバーを使って落とさないと全く落とせません。

肌への負担も無いですし、ペンシルなのにこのやわらかな描き具合は特筆すべきものだと思います。

 

6位 ヒロインメイクSP スムースリキッドアイライナースーパーキープ

ウォータープルーフ処方のリキッドアイライナーです。

まず、パッケージのアニメが面白いですね。

エリザベート・姫子さんというらしいですが、この絵柄がヒロインメイクの特徴です。

筆が描きやすく、極細ラインだけでなく太いラインもスッと引くことが出来ます。

鉛筆のような感覚で持ちやすいのが良いですね。長時間ラインが滲まず、朝つけて夕方までラインが持続してくれます。

ブラックとブラウン、ブラウンブラックを使ったのですが、どのカラーも発色が良く、キレイなカラーをしています。

肌馴染みの良いカラーなのでナチュラルメイクにもよく似合います。

染料不使用ということなので、色素沈着の心配もなく使っていけます。

また、美容成分も配合されているので、このアイライナーをつけていても安心感がありますね。

ウォータープルーフ仕様なのに、落とす時にはお湯でするっと落とせるようになっています。

プチプラですが優秀なリキッドアイライナーだと思います。

 

7位 D-UP シルキーリキッドアイライナーWP

ウォータープルーフリキッドアイライナーという位置付けです。

筆が使いやすく、細いラインも太いラインもキレイに引くことが出来ます。

ブラック使用ですが、発色がよくインパクトのある目元に仕上がってくれるので目力アップを目指したい人は是非使ってみて。

滑らかな描き心地で肌に負担もかからないので使いやすいです。

朝ラインを引いて夜まで持続してくれます。

汗にも強く、ジムで使っていても落ちてきませんでした。

肌に色素が残らない顔料を使用しているので、色素沈着対策にもなります。

さらに5種類の美容液成分も配合されているので、瞼に長時間つけていても安心感があります。

ウォータープルーフタイプなのですが、通常の洗顔でするりと落とすことが出来ます。

 

8位 Kパレット リアルラスティングアイライナー24hWP

ウォータープルーフリキッドアイライナーです。

落ちにくさでは定評があり、汗や水では全く落ちません。

カラーも7色展開で発色も良く質が良いと感じさせる印象があります。

ラインを引いてすぐに乾くので、時短メイクにも貢献してくれますし、筆が使いやすく自由自在にラインが引けるのも嬉しいです。

柔軟性が向上し、肌の動きに合わせて膜が柔軟に伸縮することで、肌に密着したまま剥がれない処方に進化しているというから、これは期待出来そうですよね。

ウォータープルーフ処方なのに、落とす時にはぬるま湯で簡単に落とせるようになっています。

色素沈着しない肌に優しい成分が入っているのも良いと思います。

美容成分も配合されているので、長時間瞼につけていても安心です。

 

まとめ

ウォータープルーフアイライナは水や汗に強く、滲まないで一日中美しいラインを保っていられるのが魅力です。

最近では、ウォータープルーフ仕様でありながらもお湯で落とせるタイプのアイライナーが数多く出ているので、上記のおススメではそういったアイライナーを中心に載せてみました。

デパコスからプチプラまで、様々な特色を持ったウォータープルーフアイライナーが発売されていますので、自分が気になるアイライナーを選んでみて下さいね。

夏だけでなく、一年中ウォータープルーフ仕様のアイライナーは便利です。

雨の日に使っても滲んで来ないですし、ジムなどでも目元のお洒落を堂々とすることが出来ます。

ウォータープルーフアイライナーを使って、素敵な目元を演出してみて下さい。

記事内で紹介されている商品

フローフシ モテライナー リキッド

サイトを見る

クレ・ド・ポー ボーテ ライナーリキッド…

サイトを見る

シャネル スティロ ユー ウォータープルーフ

サイトを見る

ラブ・ライナーリキッド ノーブルブラウン

サイトを見る

シュウ ウエムラ・ドローイング ペンシル

サイトを見る

ヒロインメイクSP スムースリキッドアイラ…

サイトを見る

D-UP シルキーリキッドアイライナーWP

サイトを見る

Kパレット リアルラスティングアイライナ…

サイトを見る

関連記事