一番取れるのは?便利なスクリュー型から電動タイプやカメラ付きまで!耳かきおすすめランキング7選

日本人にとって耳かきは生活習慣の1つでもありますよね。耳かきはとても癒されて気持ちがいいので好まれるということもあるようです。御両親や恋人に膝枕でお耳掃除をされるのは幸せの瞬間だという方も多いかと思います。

でも、今ではお一人でも御自分で癒しの耳かきを快適にできるように商品開発がどんどん進んでます。スタンダードな商品から便利グッズといえる商品まで幅広く販売されています。今回はみんなが大好きな耳かきについてご紹介します。

 

目次

綿棒よりも耳かきがおすすめな理由

耳かき

 

私は3人子供がおりますので耳鼻科によく行くことがあります。なぜなら、子供は中耳炎や外耳炎などを起こしやすいからです。そのときに耳鼻科の先生からアドバイスを受けたことがあります。それは綿棒は耳垢をとるのではなく耳の奥に押し込めてしまうことがあるということです。

それで耳の穴が耳あかでふさがってしまうこともあるようです。耳鼻科ではピンセットのような器具で耳あかをとってくれます。自宅で耳あかをとるときも表面の耳垢だけ耳かきで軽くとるだけでいいそうです。

たまっている耳垢に外に掻きだしやすい耳かきはとくに小さなお子さんがいる家庭ではおすすめです。ただし、言葉がわからない赤ちゃんは動くと危ないので赤ちゃん用の綿棒を慣れるまでは使いましょう。

 

耳垢のタイプは2種類

耳

 

耳垢のタイプは2種類あります。耳垢が乾燥したタイプと湿ったタイプですね。日本人に多いタイプの耳垢はどちらでしょうか。御自分の耳垢や家族の思い出して考えてみてください。それぞれの耳垢のタイプについてご説明します。

 

乾燥タイプ

日本人の耳垢のタイプで多いのは乾燥したタイプだと言われてます。パーセンテージでいうと70%から80%と言われています。なので耳かきタイプのほうが乾燥した耳垢を優しく掻きだすことができるので好まれるという現状もあります。

乾燥していると耳垢は膜を張るようにくっついたりカサカサしているので綿棒だと取りにくいということはお子さんや恋人の耳垢をとったことがある方はイメージができると思います。

 

湿ったタイプ

それから欧州人やアフリカ系の方に多いと言われてるのが湿った耳垢です。それから人間以外の哺乳類の耳垢はマウスやラットを除いて湿型であり最古の人類も湿型だと言われています。その子孫が突然変異で乾型になったと言われていますので日本人は進化した耳垢の人が多いということなのかもしれません。

そう考えると湿型の方は不安になるのかもしれないですが、実は筆者である私の湿型です。私の両親もそうですね。でも私の子どもたちは乾型であるので耳かきは欠かせません。日本人に少ない湿型である私はやはり綿棒のほうが使いやすい気はします。

湿型の方は綿棒でも充分取れると思いますが、汚れを押しこむ場合もあるのでやはり耳かきのほうがいいということは耳鼻科では言われたことはあります。自分自身の対処としては汚れる前にお手入れをしているほうが安心なので毎日ケアをしています。

 

耳かきの代表的な形状は5タイプ

耳かきとネットを探してみるとたくさんの種類があるのがわかります。ここでは耳かきで最も重要な先端の形状についてご紹介します。

 

スタンダードで安いスプーン型

昔ながらの小さな平らなスプーンのような形状の耳かきですね。素材は竹のような自然素材からプラスチックや金属などさまざまな素材を採用しています。旅先のお土産屋さんなどでもこちらもタイプが多いですよね。リーゾナブルでどこにでも売っているものでもあります。ただ、簡易な作りの物も多く、自分で耳かきをするにはちょっとコツが入ります。御両親がお子さんにしてあげるとか恋人からしてもらうような誰かに優しく耳かきをしてもらうときに使うことが多い形状です。

 

乾湿どちらも使いやすいスクリュー型

こちらのスクリュー型は360度すべての面を掃除しやすいとのことでスプーン型が進化した耳かきといってもいいといいでしょう。だんだんにスクリューなっていて掻きだしやすいタイプですね。素材はステンレスやチタン、それからプラスチックやゴムなどがあります。

こちらのメリットは乾燥型の耳垢の方だけでなく湿型の耳垢もしっかりと取ることができます。ただ、汚れがつくとスクリューの間につまりやすくなるので使ったあとはお手入れをこまめにしましょう。

 

バネのような先端で力を入れず取りやすいスパイラル型

こちらも乾湿どちらにも向いているタイプです。先端がばねのようになっているので指先に力を入れなくても耳に入れるだけで耳垢をひっかけながら取ることができます。

ただ耳の穴が小さい方の場合は先端のサイズが大きいと置くまで耳垢が取れにくい場合もありますのでサイズ感に注意しましょう。

 

耳の中デリケートな方にも安心のループ型

最新の耳かきといったらループ型ですね。こちらは乾型の耳垢に向いています。70%から80%の日本人が乾型の耳垢と言われていることからも注目されている耳かきともいえます。弾力性のある細いループワイヤーが耳垢を絡み取ります。スクリュータイプのようにがっつりと取るというのではなく、優しく取るというイメージですね。

話題になっているわけはお子さん向けにいいということですね。それから耳の中がデリケートの方などは刺激が少なく自然にとれるので安心です。

 

へばりついた耳垢をとるピンセットタイプ

耳鏡など多くの器具とセットになっているタイプにピンセット状のものがあります。耳垢は耳の穴をふさぐようにへばりつく場合もありますので、剥がして取るタイプですね。お子さんがいるママや介護をされている方のように他人の耳垢をとってあげるときにあると便利な形状です。

 

耳かきの機能が優秀すぎる!

ここでは耳かきの機能の種類についてご紹介します。先端の形状だけでなく耳かきをより快適に使いやすいようにする工夫がされている耳かきも注目です。

 

耳に入れるだけでごっそり耳垢がとれる電動式

手動ではなく電動式の耳かきも便利です。小さなお子さんがいる家庭ではとくに人気です。振動で耳垢を浮かして自動吸引するタイプですね。ただ、音がしますので音がこわいというお子さんもなかにはいます。これは使ってみないとわからないところではありますが、もしこわがるようなら無理にするのはやめましょう。

耳かきがトラウマになってしまいます。でも、簡単に綺麗に耳垢がとれる電動式はとても便利です。人気ゆえだんだん価格も下がってきていますので御自宅で使っている方も増えている人気のタイプです。

 

耳垢の場所が一目で見れるスマホ連動のカメラ付き

こちらは耳かきの先端に小型カメラがついている最先端の耳かきです。昔のアニメで人間の体の中をのぞいてみるみたいなお話を見たような気がしますが、実際に耳の中も見れる商品も販売されるようになりました。

耳鼻科の先生も医療用のこういった商品を使ったりもしていますよね。耳の中を見ながら耳垢掃除ができます。小型カメラ内蔵ということで少し前までは1万円以上の高額な商品も多かったのですが、今はスマホと連動して手軽なお値段の商品も増えてきて人気になっています。

 

暗い耳の中をクリアに見えるライト付き

小さなお子さんや介護をされている方がいる場合に便利な耳かきです。耳の中をライトで照らすことができるので奥のほうまで見ることができます。耳垢も取りやすいですね。ライトがあるためにお子さんの場合は寝ていて動かないときに耳垢をチェックしてそっと取ることも可能です。

 

耳鼻科の先生が使っているようなセットタイプ

耳鼻科へいくと耳垢はピンセットで取ってくれます。耳の穴をしっかりと開ける器具や耳鏡を使ってピンセットで耳垢を剥がすように取るタイプもママの間では人気があります。医療器具メーカーが販売している商品も今はアマゾンなどのネットで購入できるようになり人気があります。

乾型の耳垢の方だけにはなりますが、耳垢は膜を張るようにくっつくお子さんも多いので使いやすいと使われている方は満足度が高い特徴もあります。いろいろな器具がセットになっているので細かいところまで取りやすいようです。

ママのテクニックでとるところもあるのでおもしろいということもあるのかもしれません。ただし赤ちゃんなど動くお子さんには向きませんし、やりすぎて置くまで器具を入れ過ぎるのは危険です。子供が痛がらない程度に注意しながら使用しましょう。

 

耳かきの選び方

耳かきはたくさんの種類があることがわかりましたよね。たくさん種類があるので迷う方も多いのではないでしょうか。耳かきを選ぶ時にどんなことをポイントすればいいのかご紹介します。

 

まずは使う人の年齢を考える

耳かきは、耳の中を綺麗にする道具です。道具を選ぶ時はまずはそれを使う人がどんな人かを考えることが重要です。たとえば赤ちゃんであれば、寝ているときのほうが赤ちゃんが動かず安全ですよね。

そういった場合は、ライトがついて暗い中でも耳垢が取れる商品だと安心です。使う人の年齢などによっても使いやすい耳かきは違ってくるので、どのようなものなら使いやすいだろうかということをまず検討しましょう。

 

耳垢の形状で考える

耳垢のタイプは2つあるとお話しました。耳かきは先端の形状でとりやすいとりにくいが耳垢のタイプではあります。乾型の方はほとんどの場合は使えますが、湿型の人は使いにくいタイプもあります。御自分の耳垢のタイプを考えて向いている形状なのかをまず確かめることは重要です。

 

お手入れ方法をチェック

耳かきは耳の中の垢を摂る商品です。いわゆる汚れですね。人間の垢にはたくさんの細菌も入っている場合があります。耳垢のついたままの耳かきは細菌の温床になる場合もあります。それを使い続けることで耳の中の炎症を起こす場合もあります。耳かきは清潔に保つことも重要です。

シンプルなタイプは洗ったり消毒したりと簡単にお手入れができる商品がおおいですが、電動式などは機種によってお手入れの仕方が変わったり手間がかかるものもあります。清潔に使うということが最も大事な商品でもありますので自分がきちんとお手入れをできる商品を選ぶことも大切です。

 

耳が痛く感じたり使いにくい商品が中止する

耳かきは残念ならがおためしはできません。ネットではもちろんのこと、実店舗でも衛生面から耳に使ってみることはできません。ネット販売ならレビューを読んだりドラックストアなどでは人気のある商品から選ぶなど少し考えながら選ぶことが大切です。

でも、実際に買って使ってみるとよく耳垢が取れなかったり、耳がヒリヒリしたりなど自分には合わない場合もあると思います。そういった場合は早めに中止することが大事です。

ちょっともったいないかもしれませんが、自分に合わないものを使い続けることで耳に炎症が起きたり傷みが出たりすることもあります。もちろん汚れも取れていないはずです。合わない耳かきを使い続けることで耳鼻科を受診する方も多いようですので注意しましょう。

 

耳かきおすすめランキングTOP7

耳かきといいましても、たくさんの種類があります。耳の中を掃除することはとくに日本人には好まれる作業でもあります。気持ちいいですもんね。今回はネットで人気の耳かきの中から厳選してランキング方式で御紹介します。

 

7位 匠の技 最高級天然煤竹(すすたけ)耳かき 2本組み G-2153

出典: Amazon.co.jp

匠の技 最高級天然煤竹(すすたけ)耳かき 2本組み G-2153

耳かきと言えばこれ!スタンダードな竹タイプは愛情つきで

綿棒では物足りないし耳かきに変えようかなと思って購入するとすればこちらの商品ですね。熟練の職人による手仕上げの耳かきです。いわゆる普通の耳かきともいえるでしょう。このタイプは耳かきの中で1番多いタイプです。昭和世代の私からすると耳かきをもらうスチュエーションでとくに多かったのはお土産ですね。

旅館のお土産コーナーには耳かきがいっぱいあって上のほうになにか人形などがついている商品をよくもらいました。とくに祖父母や父母などの世代は耳かきをもらったようです。このタイプの耳かきは、もちろん自分でもできるわけですが、レビューで満足度が低いものを読むとやはり自分でやるにはテクニックや限界を感じるんだろうなというのが私の感想ですね。

もし膝枕で彼女にやってもらったりすると満足度がグッと上がるタイプではないかと思われます。軸が細く皿部が薄いということも他人から耳の中をのぞきながらやってもらうときに活躍するつくりですよね。竹のタイプの耳かき御両親がお子さんにしてあげるとか恋人にしてもらうなど愛しい人がやってくれる方が使う道具と思ってもいいでしょう。コスパ的にも安いですが愛情がプラスされるとかなりの実力を発揮する耳かきです。

 

6位 匠の技 G-2160 らせん式ゴムの耳かき

グッドデザイン賞受賞!手軽にごっそり耳垢をからめとるらせん式耳かき

こちらの商品は乾型の方も湿型の方にも使いやすいらせん形ですね。エラストマーに抗菌剤を練りこみ成型してありますので、清潔に長く使えます。水洗いもできます。耳の穴にへばりついた耳垢も効率よく掻きだせるのがらせん形の特徴です。 2008年にグッドデザイン賞を受賞してからずっと売れ続けているコスパ的にも優秀な手動式の耳かきです。

耳垢は白から黄色い型が多いので黒いイラストマー樹脂についた時もごっそりと取れたのがわかるのも満足度が高い商品だと思います。ゴム素材なのでしなるように耳の中の滑らかなラインにもフィットして使い心地の良さも人気です。シンプルな形状で誰にでも使いやすい耳かきです。

 

5位 Awstech 耳かき イヤークリーナー 7本セット 耳用 ピンセット

出典: Amazon.co.jp

Awstech 耳かき イヤークリーナー 7本セット 耳用 ピンセット

耳垢を7本のイヤークリーナーで本格的に耳の中を綺麗に

こちらの商品はまるで耳鼻科のお医者さんが使っているような本格的な耳かきです。歯医者さんのようでもありますよね。耳の細かい部分についた耳垢をさまざまな形状のイヤークリーナーを使って丁寧に綺麗にするタイプです。小さなお子さんがいるパパやママ、それから介護をされている方にも便利だと人気です。

耳の中は実は耳垢の汚れだけではないそうです。穴が開いている耳は、外界からのゴミなどもいつのまにか入ってしまい耳の穴の壁の部分にくっついて取れなくなっていることもあるようです。定番のヘラ型はもちろん、スプリング、スパイラルなど、形状やサイズがそろっているので、耳の状態に合わせて使い分けができます。

細かく丁寧にしっかりと耳垢を掻すことができるセットですね。持ち手のグリップなどもすべりにくく使いやすいように工夫されています。しかも、ステンレス製なので丸洗い可能なので使い終わったら、水洗いで清潔にして保管できます。専用ケース入りなのですっきりと収納もできます。耳かきを極めたい方におすすめの商品です。

 

4位 Plaisiureux 耳かき みみかき 電動 耳垢クリーナー 耳掃除 子供用

出典: Amazon.co.jp

Plaisiureux 耳かき みみかき 電動 耳垢クリーナー 耳掃除 子供用

小さなお子さんも安心!ライトで照らす子供用耳かき

人気のライトで耳の中を照らすことができる電動タイプの最新モデルです。こちらの商品から先端のシリコンノズルは取り外しが可能になりました。取り外して水洗いできるのでさらに清潔に使うことができます。本体に吸引された耳垢も簡単に取り除きお掃除できるようにさらにリニューアルされました。

ノズルはソフトなシリコン素材ですので、耳を傷つけたり当たって痛いなんてこともありません。大小2種類ノズルがついているので、大人用と子供用で使い分けることもでき便利です。ライトはLEDライトです。電動にありがちな騒音を最小限に抑えたモデルですね。耳の中をLEDライトで照らしながら、電気の振動で耳垢を浮かせて吸引します。

耳の中をカリカリとこすらずに簡単に耳垢をとれるのでお子さんや介護をされている方も優しい使い心地で安心だと思います。一人で使う時も電動タイプなら振動を起こし吸引するので安心安全ですね。ただ電動タイプの商品は湿型の人にはあまり向きません。乾型の耳垢の方はすっきり取れますのでおすすめです。

 

3位 ピンセットルーテェ型耳用14cm+耳鏡アサガオSサイズセット【e-mall限定ノベルティ付き】

出典: Amazon.co.jp

ピンセットルーテェ型耳用14cm+耳鏡アサガオSサイズセット【e-mall限定ノベルティ付き】

こちらの商品は、耳鼻科の先生が使っているようなピンセットタイプですね。使われた方の満足度が高いのも注目です。分セットの全長は14cmです。それから耳鏡もついています。 ピンセットと耳鏡ともに、フリッツメディコ製の一般医療機器です。実際に医療機関で使われている商品も今はアマゾンなどのネットで購入することができます。

ピンセットはステンレス製、耳鏡派クロムメッキ器具です。病院の先生が使う商品でありますが価格を抑えてあるので一般の方でも手に入る商品です。使い方はピンセットの先端は細く長い形状なので耳を固定し、頭を動かさない状態でご使用します。赤ちゃんやお子さんでこわがったりじっとできない年齢や性格であれば危ないので使用しないようにしましょう。

耳の中を耳鏡で広げながらゆっくりとピンセットで耳垢をとります。こすりとるのではなく浮いているものなどを剥がすような取り方ですね。使用レビューでも実際に取れた耳垢の写真を掲載されている方も多いので参考にしてみるのもいいと思いますよ。

 

2位 EMILEAD 電動 耳かき イヤークリーナーGOSSO 耳 掃除 吸引 洗浄 専用ケース付 EM-003 (ブルー)

出典: Amazon.co.jp

EMILEAD 電動 耳かき イヤークリーナーGOSSO 耳 掃除 吸引 洗浄 専用ケース付 EM-003 (ブルー)

吸引と振動でごっそり耳垢をとる電動耳かき

こちらは電動耳かきの中でとても人気のある商品ですね。価格もアマゾンでは2000円とお値段もお求め安く使いやすいことでも売れ筋のようです。電動耳かきの特徴である耳の内部を振動させて耳垢を浮かせてそれを掃除機のように吸引するタイプです。先端のノズルも柔らかい素材なので安心です。

ノズルは約2.5センチで耳内部の長さの平均的なサイズにあわせてあります。ストッパーもついているので奥まで入ることも防ぐことができより安心です。単4電池1つで使えるので経済的です。専用ケースもついています。電動式は耳垢を振動で浮かすタイプなので乾型の耳垢の方に適しています。

湿型だと耳垢が浮かないので不向きです。コスパ的に優秀なのは、必要な機能だけつけたシンプルで使いやすい電動耳かきだからです。普段使いに手軽に使いたいネットで人気の電動耳かきです。

 

1位 Magsbud 耳かき カメラ WiFi電子耳鏡 最新版iphone対応可能

出典: Amazon.co.jp

Magsbud 耳かき カメラ WiFi電子耳鏡 最新版iphone対応可能

スマホ連動型カメラ付き耳かきは話題の耳かきナンバーワン

以前は小型カメラ付きの耳かきは高価なのでなかなか買えないというのが定番でした。耳かきのネット記事を読んでも未だに小型カメラ内蔵は高いという記事が多くあります。でも、今の主流はWiFiを使ってスマホやパソコンに画僧転送できるようになっています。価格もこちらの商品ではアマゾンで2999円と電動耳かきと変わらないくらいの価格になっています。

このタイプの商品は多く販売されています。こちらの商品はとくにネットで人気があります。もちろん画像はパソコンにも保存できます。こちらの商品は無線機能つきでiPhone/iPad/Android/Windows/Mac全端末・全機種対応できます。高画質なところも売れている理由のようです。

エンドスコープはLEDライトが6つ付属していて輝度は調節可能です。高輝度なので、光の届かない暗い場所も細かいところもはっきり見えます。耳の中だけでなく口の中や鼻腔、頭皮の毛根および体の他の部分をチェックすることにお使いになる方もいるようです。

耳の中をカメラでしっかりと確認して付属の金属耳かきやプラスチックの耳かきで細かい耳垢までチェックして取ることができます。まさに次世代の耳かきとも言えるでしょう。今はなんでもスマホを使ってできる時代なんだなと驚きますよね。

 

耳かきの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、耳かきの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

耳かきをして忙しい日常をすっきりリセットしよう!

膝枕で耳かきをしてもらうと気持ちよくて眠くなりますよね。でも、自分ですると気持ちいいのはいいですが、見えない部分を掃除するということで少し集中力も増すと思います。耳かきをするのはだいたいが夜ですよね。耳あかのタイプにもよりますがお風呂上がりのゆったりした時間が多いのではないでしょうか。

そのときに耳かきをしながら今日一日のことをふと思い出すということもあると思います。毎日はいいことばかりではありません。耳かきで耳の中をすっきり空っぽにするようなイメージで今日あった嫌なことも一緒に体の中から出すというイメージを持つと次の日の心の切換えスイッチにもなりえると思います。

耳に入った嫌なことも全部耳かきで掻きだして、明日からはいい言葉をたくさん聞きとれるようなすっきりした幸せの入り口に耳を綺麗にリセットできるといいですね。

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

匠の技 最高級天然煤竹(すすたけ)耳かき 2…

サイトを見る

G-2160 らせん式ゴムの耳かき

サイトを見る

Awstech 耳かき イヤークリーナー 7本セッ…

サイトを見る

Plaisiureux 耳かき みみかき 電動 耳垢ク…

サイトを見る

ピンセットルーテェ型耳用14cm+耳鏡アサ…

サイトを見る

EMILEAD 電動 耳かき イヤークリーナーGOS…

サイトを見る

Magsbud 耳かき カメラ WiFi電子耳鏡 最新…

サイトを見る

関連記事