健康マニアが教える!!塩分計おすすめ5選

私が塩分濃度を気にするようになったのは、健診での血圧の値が高くなってきたからです。また、塩分の取り過ぎはカラダによくないとよく耳にします。我が家のみそ汁の味が濃くなってきているようにも感じ、塩分計を購入するきっかけになりました。

実際に購入した塩分計を使うのは、今のところ、みそ汁を作るときのみです。みそ汁そのものをつくる頻度は週に3~4回の夕食時のみですが毎回使っています。

 

塩分濃度を気にする大切さ

塩分濃度の管理の大切さは塩分摂取量のチェックになるからです。塩分のとりすぎは高血圧や心臓病・脳卒中の原因、塩分は控えめにという注意は常識化してきています。

そもそも1日の食塩の摂取目標量とは、18歳以上の男性で1日当たり8.0g未満、18歳以上の女性で1日当たり7.0g未満なんだそうです。日本高血圧学会減塩委員会は高血圧予防のために1日6.0未満としています。

実際に日本人は1日当たり男性で約11g、女性で約9gとかなり多く摂取しているデータがあるそうです。WHO(世界保健機関)では1日あたり5.0gにしています。なので日本人は塩分の取り過ぎといわれています。

なので塩分計をもつことによりメリットはたくさんあります。

  1. 塩分管理を可視化できる
  2. 高血圧予防につながる
  3. 心臓病や脳卒中の予防になる
  4. 生活習慣病の予防になる

などなど

 

塩分計の表示タイプ

塩分計のタイプをわけるとしたら表示別に分けることができます。

 

数値表記タイプ

測定器の表示に数値で表すタイプでデジタルタイプとも言われる

メリット

しっかりと数字で塩分濃度が表記されるので塩分管理がしやすい

デメリット

数字から味が薄いのか濃いのかがすぐにはわかりにくい

 

段階表記タイプ

段階ごとに表すタイプ

メリット

味が濃いか薄いかが色で判断できるのでわかりやすい。健康に塩分を控えようと思う方にオススメ

デメリット

はっきりとした塩分濃度の数値が表記されないので塩分制限がある方には不向き

塩分濃度の表示と塩分量について計算式に触れておきます。塩分濃度がわかってもそれが実際には何gの塩分相当になるかを知るためです。

汁もの1杯の重量(g)×塩分濃度(%)÷100=塩分量(g)

たとえば、みそ汁1杯200gが0.7%の塩分濃度だったら

200g×0.7%÷100=1.4g

と1.4gの塩分が含まれているということになります。参考にしてくださいね。

 

塩分計の購入する時のポイント

実際に塩分計を購入するポイントとして表示タイプだけでなく、私は塩分計の精度にもポイントを置いています。できれば0%から測定できる塩分計の購入が望ましいです。塩分計の多くは0.1%刻みが多くあり±0.2%までは誤差としていると塩分計もあります。

それと電源不要タイプと電池で動いている電動式タイプの塩分計があります。電動式タイプでも電池交換が自分でできるタイプとできないタイプがあります。私は電源不要タイプか自分で交換できる電動式タイプを購入ポイントにしています。最近ではスマホに接続できるタイプもあるようです。

また、塩分計が測定できる温度も機種によってばらつきがあります。できるだけ温度幅の広い塩分計を選ぶことをお勧めします。

 

実際に購入してよかったと思うおすすめ塩分計ランキング3選

私が実際に購入して良かったと思う塩分計は3つ。

 

第3位:タニタ 塩分計しおみくんSO-303-WHホワイト

出典: Amazon.co.jp

タニタ 塩分計 しおみくん 塩分濃度計 SO-303-WH ホワイト

タニタさんのなかでも手軽に塩分濃度が測定できる塩分計と思い、最初に購入した塩分計です。うす味、ふつう味、から味がわかりやすくて塩分計初心者にぴったりと思います。

 

 

第2位:ドリテック デジタル塩分計EN901WT

測定するみそ汁などにセンサーをつけて電源ボタンを押すだけという手軽さ。1秒で測定そ6段階で表示がわかりやすかったです。フック穴付きで収納に便利で自動でOFFになるオートパワーオフ機能付きなのも良かったです。

 

第1位:Melo 高精度電子塩分計かんたん測定健康管理にしおみくん

出典: Amazon.co.jp

Melo 高精度電子塩分計かんたん測定健康管理にしおみくん

とってもリーズナブルな価格なのに塩分濃度を7段階で表示されることが一番のオススメ。電池が自分で交換できるのも良いです。測定液体温度は60~80℃なので料理中でも測定できます。センサー部は汚れたら水洗い可能で、収納にも便利です。

 

 

他にもこんな塩分計が!気になる塩分計ランキング5選

実際に購入していませんが気になっている塩分計は、たくさんあります。その中で私が気になっている塩分計を紹介します。

第5位:ドリテック 塩分計濃度デジタル測定しおみ減塩EN-904IV

出典: Amazon.co.jp

ドリテック 塩分計濃度デジタル測定しおみ減塩EN-904IV

測定したいみそ汁などにセンサーをつけ電源ボタンを押すだけという手軽さで1秒で表示。完全防水で丸洗いできるので清潔です。表示画面が大画面で見やすいし、フックにかけられるようになっているので収納にも便利そうです。

 

 

第4位:アタゴ ポケット塩分計 PAL-sio

出典: Amazon.co.jp

アタゴ ポケット塩分計 PAL-sio

ポケットに入るくらいの手のひらサイズで持ち歩くにも便利。スープなどを測定部分に垂らしてボタンを押すだけという手軽さで3秒で測定。外出先でしっかりと塩分測定ができるので外食の際にも良いと思います。

 

 

第3位:フォーカスマート ハンデイ塩分濃度計リフラクトメーター塩分チェッカーFMTYD0028

出典: Amazon.co.jp

フォーカスマート ハンデイ塩分濃度計リフラクトメーター塩分チェッカーFMTYD0028

測定したい液体を2~3滴いれ水平に構えレンズをのぞいて測定しまう。塩分濃度を目視で読み取れ0度校正は自分でできるのでいつでも正確に測定できます。また、28%まで濃度測定ができるので海水魚の飼育に便利。

 

 

第2位:トーコーコーポレーション Salie スマホで測れるデジタルIT塩分測定器

出典: Amazon.co.jp

トーコーコーポレーション Salie スマホで測れるデジタルIT塩分測定器

誰でも持っているスマホで塩分測定ができるようになったので気になりました。測定器そのものはピンクのペン型で持ち歩くにも便利そうです。外出先でも使用し塩分の取り過ぎに注意ができそうです。

 

 

第1位:タニタ 高精度デジタル塩分計 SO-304-WHホワイト

出典: Amazon.co.jp

タニタ 高精度デジタル塩分計 SO-304-WHホワイト

タニタさんの塩分計のなかでも最も高精度と思う塩分計です。少し高額ですが欲しいと思う機種です。

 

 

まとめ

「健康マニアが教える!!塩分計おすすめ5選」と題して塩分計 おすすめをテーマにお話ししてきましたが、いかがでしたか。表示タイプでもお話しましたがデジタルタイプや段階で色分けしてくれるようなタイプなど、塩分計といっても、いろんな種類があります。みそ汁だけでなくスープなどにも使うこともできそうです。

最近では減塩タイプの食塩もあるようです。塩分計を一度使って普段の塩分量を知ることも健康管理に役立ちそうです。塩分計を上手に使って塩分の取り過ぎに注意して健康で過ごしましょう。

記事内で紹介されている商品

タニタ 塩分計 しおみくん 塩分濃度計 SO-…

サイトを見る

ドリテック デジタル塩分計EN901WT

サイトを見る

Melo 高精度電子塩分計かんたん測定健康管…

サイトを見る

ドリテック 塩分計濃度デジタル測定しおみ…

サイトを見る

アタゴ ポケット塩分計 PAL-sio

サイトを見る

フォーカスマート ハンデイ塩分濃度計リフ…

サイトを見る

トーコーコーポレーション Salie スマホで…

サイトを見る

タニタ 高精度デジタル塩分計 SO-304-WH…

サイトを見る

関連記事