買いたいものを検索してください

花粉症の人必見!鼻洗浄器おすすめランキングTOP8

ひと昔前は花粉症の人はそれほど聞かなかったのですが、今や花粉症の人は私の周りにたくさんいます。

かく言う私も花粉症で、ひと昔前の学生時代からなので長い付き合いになります。そして、花粉だけでなくアレルギー性の鼻炎があるので鼻の不快感をいつも感じています。

鼻炎がひどい時には、鼻を取って洗いたい!と思っているのですが、さすがにそれはできません。そんな時に便利なのが鼻洗浄器。昔から鼻うがいに興味はあったのですが、痛そうで怖さがあり、鼻洗浄器を使うのは抵抗があったのですが、いざ使ってみると手放せない存在になりました。

実際に使ってみると、簡単に鼻をすっきりさせる事ができる鼻洗浄器。鼻洗浄器とはどんな物なのか、どのような物があるのかをご紹介します。

 

鼻洗浄器とは?

鼻洗浄器とは鼻うがいをするためのものです。

鼻についたウィルスや雑菌を洗い流すので、風邪予防などにもよいとされる鼻うがい。鼻の奥の粘膜についた花粉を洗い流す事もできるので、最近では花粉症の症状対策に使われる方も多いです。

 

鼻の奥に入ってしまった雑菌・花粉・鼻水などを洗浄できる

鼻洗浄器は鼻の穴から溶液を流し込み、反対の鼻や口からその溶液を出します。そうすることで鼻の奥の粘膜についたウィルスや雑菌、花粉、ホコリなどを洗い流すことができ鼻の中の不快感を解消する事ができます。

 

体液に近い成分なら鼻の痛みは感じない?

プールで鼻の中に水が入ってツーンと痛い経験をしたことはありますか?鼻うがいが怖いと思う方の多くはその痛みがあるのではないかという懸念があるからだと思います。

しかし、そのツーンとくる痛みは、鼻うがいの溶液が体液に近い成分であれば感じません。塩分濃度0.9%の生理食塩水が体液に近い成分と言われています。

 

使うと爽快感が広がる

鼻洗浄器を使うと、鼻の中を綺麗に洗い流すことができるので、すっきりとした爽快感があります。また、鼻洗浄器の種類や付属している溶液によっては、メントールなどが配合されているものもあり、使用後にクール感を得られる鼻洗浄器もあります。

 

鼻洗浄器の種類は2つ

鼻洗浄器は大きく分けると、自分の力加減で溶液の噴射力が決まる手動式と、ボタンを押すだけでいい電動式があります。

 

鼻の奥までしっかり洗浄したいなら電動式がおすすめ

電動式の鼻洗浄器は水圧の強さを選べたりするの商品が多いので、鼻がムズムズしている時は強め、風邪予防の鼻うがいなら弱めなどその時の鼻の状態に合わせて洗浄する事ができます。

毎日鼻うがいをするのなら電動式がおすすめですが、少々お値段がするので、鼻うがいが初めての方や、鼻うがいがどんなものか試してみたいと思う方には向いていません。

また、医療用の鼻洗浄器は電動式が多いです。

 

手軽に使うなら手動式がおすすめ

手動式の鼻洗浄器には、溶液を容器に入れ、ノズルの先を鼻の穴にさしプッシュするタイプのものと、注射器のような形をしたピストン式のものがあります。

お店などで多く見かけるの手動式は、手頃な値段から商品があり、洗浄液が付属しているものが多いので、手軽に使い始める事ができます。

 

鼻洗浄器の使い方

鼻洗浄器の使い方は、商品により異なりますが、洗浄液が付属している場合はその洗浄液を使います。

水をそのまま使うと鼻がツーンと痛くなってしまうので、必ず付属の洗浄液か、付属していない場合は、水を沸騰させ40℃くらいの人肌に冷まし、0.9%の食塩水にしたものを使います。

洗浄液を花洗浄器にセットしたら、ノズルを鼻の穴に差し込み、もう片方の鼻の穴が下にくるように顔を傾け、口を開け、洗浄液を勢いよく流し込みます。

鼻の奥を通って、もう片方の鼻と口から洗浄液が出てきます。この時に「あー」と声を出していると洗浄液が鼻の奥を通りやすくなります。

 

鼻洗浄器の選び方

いざ鼻洗浄機を購入しようと思っても種類がたくさんあるので、購入する時には以下のポイントをチェックしましょう。

 

洗浄液が付属しているかどうか

鼻洗浄を手軽に始めたい方や初めての方は、洗浄液が付属しているものが自分で正確な濃度の食塩水を作る手間がないのでおすすめです。

また、商品により洗浄液はそのまま使える液体のものと、水で溶かす粉末の物があります。粉末の方がコスト的には低いので、長く使う予定なら粉末タイプがおススメです。

 

水圧調整ができるものがおすすめ

電動式ならボタン1つ、手動式の場合はノズルを変えることで水圧が調整できる商品があります。鼻血が出やすかったり、鼻の粘膜がよわまっている時には刺激が少ない水圧が低い状態で鼻洗浄をした方がいいので、水圧が調整できるものであると便利です。

また、お子さんに使う場合も水圧が低い方がオススメです。

 

体温に合わせた温度調節機能も確認

電動式の鼻洗浄器には温度調節機能がついているものがあります。水温により鼻がツーンと痛くなることはないのですが、低い水温での鼻洗浄は少なからず違和感があります。

人肌の洗浄液で鼻洗浄を行うとその違和感があまりなく、お子さんでも使いやすいです。

 

お手入れがしやすいかどうか

鼻洗浄は鼻の奥まで洗浄液を入れるので、それを使う器具は清潔に保つのが第一条件です。

特に鼻の穴に差し込むノズル部分は使用後は綺麗に洗浄して保管しなくてはいけません。鼻洗浄器本体とそれを繋ぐチューブ、ノズル部分がどの程度分解して洗うことができるのか、また、ノズルは洗いやすいかをチェックしましょう。

 

鼻洗浄器おすすめランキングTOP8

8位 サイヌパルス 鼻洗浄器

出典: Amazon.co.jp

サイヌパルス 鼻洗浄器
ブランド
カテゴリ

大容量だからしっかり洗浄できる!

電動式の鼻洗浄器で、粉末タイプの洗浄液が30包付いています。通常の鼻洗浄器は洗浄液300ml位が1回分でセットするのですが、こちらは700mlと大容量セットできるのでしっかり鼻を洗いたい方や鼻炎がひどい方にオススメの商品です。

お値段が1万円以上するので高価ではありますが、本体が医療用グレードのプラスティックを使っているので衛生的にも安心して長い期間使用する事ができます。

 

7位 waterpulse 鼻洗浄ボトル

出典: Amazon.co.jp

waterpulse 鼻洗浄ボトル
カテゴリ

2つのノズル付きで家族で使える

手動式の鼻洗浄器です。ボトルタイプで、逆さに持ち底にあるボタンを押すだけで鼻洗浄ができます。洗浄液が付属していないので、自分で作ったり購入したりする手間はありますが、1000円ほどと購入しやすい価格です。

ボトルが大きい分、外出先などには持ち運びにくいですが、手元も安定しますし、家で使用するだけでしたら充分。ノズルが大人用と子供用の2種類ついているので家族で使用できます。

 

6位 日光精器 ハナオート

コンパクトで収納しやすい

医療機器認証品の電動式鼻洗浄器です。乾電池単4電池×2を使用します。電動式ながらスリムでコンパクトなので収納するのに邪魔になりません。

水圧が強すぎないので初めての鼻洗浄でも使いやすく、電動式なのでボタンを押すだけで20秒洗浄液が出続けてくれる手軽さがあります。

価格は5000円ほどと決して安くはありませんが、鼻炎や蓄膿症に悩む方には毎日使う鼻洗浄器としてオススメです。

 

5位 タイヨー ハナシャワー

低価格な一般医療機器

一般医療機器の手動式鼻洗浄器です。こちらの鼻洗浄器は洗浄液を入れるタンクからチューブが接続されその先にノズルがあり、ピストンタイプになります。

水圧が高く、鼻をすっきりと洗浄ができる鼻洗浄器で、3000円弱と購入しやすい価格です。一般医療機器なので信頼性があります。

 

4位 Nasaline 鼻洗浄器

症状によって水圧を加減できる

手動式の鼻洗浄器になります。注射型のピストンタイプで、手軽に鼻洗浄を行うことができます。

注射型なので水圧は自分で調節する事ができ、らせん状に洗浄液が出るので鼻に優しく鼻洗浄をする事ができます。価格は2000円ほどと高くも安くもありませんが、その日の鼻の状態により水圧を自分で調節できるので花粉症の方など、日によって症状が違う方にオススメです。

 

3位 ハナクリーンα

温度計付き

一般医療機器の手動式鼻洗浄器になります。タンクからチューブが接続されその先にノズルがあるピストンタイプで、医師が勧めることがある商品なので人気のある鼻洗浄器です。

部品が多いのでお手入れが少々手間ですが、温度計が付いているので、より違和感のない鼻洗浄が可能です。価格は6000円ほどになります。

ネームバリューで選ぶならこちらの商品になります。

 

2位 ハナクリーンS

ハンディータイプで手軽

手動式の鼻洗浄器になります。ポンプタイプで片手で簡単に鼻洗浄を行うことができます。コンパクトなボトルなので洗浄液の容量は150mlと少なめですが、片方の鼻の穴から洗浄するには充分な量です。

コンパクトなので場所もとらず手軽に鼻洗浄を行えます。価格は2500円ほどですが、専用の洗浄液は粉末タイプなのでランニングコストにお得感がある鼻洗浄器です。

 

1位 ハナノア ハナノアシャワー

使い方が簡単で低価格

手動式の鼻洗浄器になります。コンパクトなボトルタイプで液体の専用洗浄液が付いているので、自分で水で薄めたりせず手軽に鼻洗浄を行うことができます。

ノズルを鼻の穴に入れてプッシュするだけで簡単。そしてボトルとノズルだけの部品なのでお手入れも簡単です。部品がそれだけなので使い方も単純明快、価格は100円ほどと購入しやすく、鼻洗浄をしたと思う方すべてにオススメできる商品です。

 

合わせて買いたい鼻洗浄液のご紹介

鼻洗浄をする時に使う洗浄液は自分で作ることもできますが、専用の物が販売されています。

 

ハナノア 痛くない鼻うがい専用洗浄液

出典: Amazon.co.jp

ハナノア 痛くない鼻うがい専用洗浄液
ブランド
カテゴリ

そのまま使える液体タイプ

ハナノア専用の洗浄液になります。体液に近い成分なので、鼻洗浄をしても鼻がツーンと痛くなることがありません。そして使用後はミントのすっきり感が残ります。

 

ハナクリーン サーレMP180

ランニングコストが良い粉末タイプ

ハナクリーン専用の粉末タイプの洗浄液になります。自分で水に溶かす手間はありますが、180回分 3000円ほどなのでランニングコストに優れています。

メントールとペパーミントが配合されているので、洗浄後には強めの爽快感があります。

 

食器用洗剤の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、食器用洗剤の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング

 

花粉対策・ウィルス対策に鼻うがいを!

鼻洗浄器についてご紹介させていただきました。何か気になる商品はありましたでしょうか?

鼻うがいと聞くとどうしても痛さが頭に浮かび拒否感がありますが、一度挑戦してみるとそのスッキリ感・爽快感に驚きます。鼻洗浄器は、どの商品も複雑な使い方ではないのでまずは試してみてください!我が家には、手軽さからハナノアを常備してあり、家族で使用しています。

仕事があるのに鼻水が止まらない、鼻づまりで頭がボーっとするなど、多くの方が経験あると思います。薬を飲むという方法もありますが、まずは鼻うがいで花粉やウィルスを洗い流してみませんか?

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

サイヌパルス 鼻洗浄器

サイトを見る

waterpulse 鼻洗浄ボトル

サイトを見る

日光精器 ハナオート

サイトを見る

タイヨー ハナシャワー

サイトを見る

Nasaline 鼻洗浄器

サイトを見る

ハナノア ハナノアシャワー

サイトを見る

ハナノア 痛くない鼻うがい専用洗浄液

サイトを見る

ハナクリーン サーレMP180

サイトを見る

関連記事