首肩腰が辛い方必見!スタンディングデスクおすすめランキングTOP5

最近は仕事は手書きではなくパソコンを使うということが多いですよね。会社でもそうですが、御自宅で持ち帰られたり在宅でパソコンを使ってお仕事をされる方も多いと思います。それからパソコンを使って音楽や動画を楽しんだりまたは情報発信するために使う方も多いのではないでしょうか。

ゲームをされる方もゲーミングパソコンを購入される方も多くずっと座ったままの姿勢で首や腰や背中が痛くなることも多くあると思います。そこで最近注目されているのがスタンディングディスクです。小説家さんやWEB事業をされている社長さんなども使っているとメディアでも話題になりました。

私自身もパソコンで作業をしているので同じ座った姿勢で長時間パソコンを使っているとあちこちが痛くなるのが悩みでした。今回はパソコンを使う時代だからこそ新たに登場した仕事の効率をあげて健康にも気を使える良い習慣になるといわれているスタンディングディスクについてご紹介します。

 

どうしてパソコンを座ったまま使うとあちこちが痛くなるのか

よく飛行機に乗っている方が狭いところで座りっぱなしでいると血流の流れが悪くなりエコノミー症候群になると聞きますが、パソコン作業も長時間椅子に座って同じ姿勢をとっていると同じようなことが起きる場合もあるそうです。

時々姿勢を変えたり歩いたりするようにということは以前から言われています。座ることは最初は楽ですが、長時間座ると辛くなるというのは学校でいうと校長先生の話や長い講演会などを思い出してみるとわかりますよね。背中や腰が痛くなるのは身体が黄色信号を出しているということです。

 

同じ姿勢をとり続けることが原因

体制を変えて血流をよくできるように身体が訴えているということですね。しかもただ座っているだけでも腰や背中はいたくなりますが、パソコン作業をプラスすると少し前かがみになります。

キーボードの位置を覚えていないと文字を探しながら打つこともあるので余計前かがみになりますよね。そうなると首も痛くなります。

 

仕事に集中すればするほど悪化するのがネック

仕事に集中すればするほどあちこちに不具合を感じてしまうということです。人間の身体は長時間同じ体制をしていると部位が緊張して固まるようです。

そうなると血流も悪くなり痛みを感じてしまうということだと思います。毎日続けていると慢性的に身体の痛みがとれないということになります。でも仕事を続けないといけない場合はやはり体制を変えるということが最も重要になるようです。

 

スタンディングデスクを使うメリット

スタンディングデスクを使うメリットの1番は座ったままの姿勢を回避できるところにあります。同じ姿勢を続けていると腰や背中首などが痛くなります。

パソコン作業の場合、前かがみになりますのでとくに首に負担がかかるように思います。スマホでも問題になっているストレートネックのような下向きをずっと続けていると首が不自然な形に固定されて痛くなるという症状と同じですね。

 

脚が高いタイプといつものデスクにプラスできるタイプがある

以前は、デスクワークでパソコンを使う方の悩みだったようですが、今はネットをご家庭でも使う時代なのでパソコンによる身体の痛みを訴える方も増えているようです。

スタンディングデスクはその名の通り立ったまま使用できる机のことです。高さのある脚がついている場合もありますし、いつものデスクにさらにプラスして高さを出して使えるタイプもあります。

 

立って作業できることで効率化と血行をさまたげない

立って作業をすることで血流をよくして身体の疲れや痛みを半減することができます。立ったままなので体制も自由に変えることもできます。それから、わざわざ座るワンクッションの行動がないので仕事もちょいちょい片付けられるようになるという声もあります。

それから脚のある高いタイプのスタンディングディスクならスリムなので場所をとらなくてすっきり部屋がします。いつものデスクにプラスするタイプなら自分の気分にあわせて使い分けることもできますし、今使っているデスクも有効に使え処分する必要はなくなります。パソコンだけでなくちょっとした作業として立ったまま机として使うにも便利だという主婦の方も多いです。

 

スタンディングデスクを使うデメリット

とても便利で健康的だと注目されて購入者も多いスタンディングデスクですが、実際に使っている方の感想ではデメリットもやはりあるようです。どの点が普通の座って使うデスクと違う面で困ることがあったのかをご紹介します。

 

立ちっぱなしで腰や背中が痛くなった

全く座りっぱなしと同じことですが、やはり立ちっぱなしであっても腰や背中は痛くなります。しかも立っているので座っているよりも疲れを早く感じてしまう場合も多いです。椅子がないので身体をどちらかに傾けたり悪い姿勢で立って作業を長時間使うのもこれまた身体のあちこちが痛くなってしまいます。

スタンディングデスクは短時間で効率よくパソコン作業ができるということがメリットの商品ですので時間を決めたり少し疲れたら他の作業を挟んだり少し休むなども必要かと思われます。短時間で効率よく使えるように気をつけましょう。

 

立ったままだと作業がしにくい

たとえば、キーボードに慣れていないとか資料などを見ながらじっくりと作業をしなければならないなどの場合は、スタンディングディスクは向きません。なぜなら長時間立って作業をすることになりますし、足元が疲れて集中できないからです。軽作業でちょくちょくネットをチェックしたりメール返信など細かい仕事がたくさんあるかたにおすすめです。

いわゆるパソコンに慣れている方でパソコン作業時間が長いという方におすすめです。それからデスクトップであれば動かすことがむずかしいですが、ノートパソコンやタブレットなど軽いものであれば、疲れたら椅子に座れる場所に移動できますよね。

ほとんどの場合、パソコンを固定して置いてそこに人が来るという形になると思いますが、人がパソコンを持っていろいろな場所で作業できるような考えに切り替えると気分も変わり運動にもなるし、どこでも仕事ができるので効率もアップします。パソコンヘビーユーザーほど買って良かったというのがスタンディングデスクなので、そういったことが人気の理由にもなっていると思います。

 

立ったまま作業をしているとさぼっているように見える

これが最も使われている方がよくおっしゃっているのですが、他の人が見ると真面目に仕事をしているように見えないトイことも多くあるようです。立ったままチャチャっと済ませてしまうことや椅子に座るというのがパソコンを使う定番なのでなんだかさぼっているように思われてしまうことがあるということもあるようです。

でも、仕事の効率は実際に上がっていることのほうが多いので、それを見てまねをして買ったという方も多いようです。発想の転換になって仕事も楽しくなるかもしれませんね。

 

スタンディングデスクを選ぶ時のポイント

スタンディングデスクは流行といってもいいほど人気が最近はあります。だけど、実際にどのような点をポイントに選べばいいのかわからない方も多いようです。今回はどのような点に注目すればより満足度の高い商品に出会のかをご紹介します。

 

高さ

最も大切なことはスタンディングデスクの高さです。立ってみんなで使うというオフィスなどもあるかもしれないですが、もしそれが手動で昇降するタイプならみなさんで兼用する簡単な作業でしか実は向きません。もし電動であれば、使う方にすぐ合わせられるようになっていると思います。同じ大人の男性であっても160cmの方もいますし180cmの方もいますよね。机の高さは身長や体型で決まってきます。

スタンディングデスクの最も重視される点は座ったままでパソコン作業をすると腰が痛くなるというような方が立って良い姿勢でキーボードを操作できるということで健康に気を使えるという点です。背の高さだけでなく上半身の位置も関係すると思います。

最も作業するのに良いと言われている姿勢がまっすぐに立ち肘が90度のなる高さです。たとえば、壁の前に本をひじが90度になるところの位置を計るといいですね。本がなくてもイメージでもいいと思います。

その高さをメジャーで計っておくと商品を選びやすいと思います。高さについては何段階か調節できる商品がほとんどなのでまず自分の体に合うかどうか確かめましょう。デスクの上に置くタイプも考え方としては一緒です。

 

天板のサイズ

天板のサイズは、まずは置き場所を考えるべきだと思います。椅子を使わないことからスペースもいらないというのがスタンディングデスクの利点にもなりますが、たとえば使うパソコンのタイプでも違ってくると思います。デスクトップでディスプレイが大きい場合などは広さが必要になりますし、資料などを置いて使用する場合も広めがいいですよね。

逆に小さめのノートパソコンやタブレットなどを持参して使うとするならば、スリムで天板も小さめでいいと思います。自分が具体的に使うときをイメージして天板のサイズは選びましょう。人気の横幅のサイズ感は120cmから140cm前後のようです。

 

電動か手動か

スタンディングデスクには手動タイプと電動タイプがあります。これは上下を昇降幅を変える時に使う機能ですね。まずはお値段が違いますね。1人で専用なら身長が変わるわけでもないですし、自分に合わないと思えばその場で変えて股使えばいいことから手動でいいのかなと思います。

手動だと手間はかかりますが動かさないなら問題ないですし、なんといってもお値段が安いです。だけど家族や職場のみなさんと使う場合は手動だとめんどくさいと思います。時間も手間もかかると効率も悪いです。

その場合は電動タイプが便利かなと思います。ご家族でお父さんと小学校のお子さんが兼用されているという方もいます。机自体がかさばるので最近はお子さんの机も家族兼用でリビングに1つスタンディングデスクを置くという方も増えているようです。

 

タイプ別のスタンディングデスク

スタンディングデスクにはタイプがあります。同じように見えて実はちょっと違っていたり、今持っている机とコラボして使うタイプなどもあります。

今回はスタンディングデスクの主なタイプをご紹介します。タイプにつきましても大きな種類わけです。メーカー独自で使いやすいように工夫されている商品もあるのもスタンディングデスクのおもしろいところです。

 

昇降タイプ

こちらは主に電動タイプになります。もちろん、ほとんどのスタンディングデスクの場合は高さが調整できます。広く高さが自動に変えられるタイプが昇降タイプです。

こちらは一人ではなく誰かと兼用して使うという方におすすめです。オフィスでの社員兼用のデスクや不特定多数の方が自由に使えるデスク、それからご家族の中で親子や年齢の違うご兄弟で件評される場合も便利なタイプです。メーカーによって仕組みや昇降幅は変わってきますが、簡単にボタン操作などで机の高さを変えられる商品です。

 

高さが固定されているタイプ

こちらは主に手動タイプになります。ほとんどの場合は手動で少し高さを変えられるという商品になりますが、いわゆる学習机のように一度調整したらそのまま固定して使うというタイプのスタンディングデスクになると思います。もしお一人で使う場合は、高さを変えるということはあまりないと思うのでこちらで充分だと思います。

お値段も電動より安いです。ただ成長段階のお子さんは高さがどんどん変わる場合もあるのと、細かい高さ設定ができない商品もあります。スタンディングデスクの場合、だいたいは成人男性にちょうどいいサイズを基本に作られているように思いますが、身長が低めだったり高めだったりする方の場合はサイズが合いにくい場合もあります。

 

卓上タイプ

スタンディングデスクとして脚の長いデスクも販売されていますが、もう1つの種類は卓上タイプですね。こちらは、普段使っているデスクの上に置くタイプです。新たに高さを出して使います。

今まで使っていたデスクをそのまま有効利用できるのが利点です。もし、座って使いたければ外すこともできます。今は家具を処分するのもお金もかかりますし大変ですよね。普段使っているデスクを処分するなどの手間をかけずに手軽に取り入れることができるとこでも人気です。

 

スタンディングデスクおすすめランキングTOP5

スタンディングデスクは実店舗ではあまり置いていないところもあるようです。あるとしても種類はそこまでないようです。オフィス家具を扱っているようなお店などにも商品はありますのでネット販売が主流のようです。

今回は、ネットで人気のスタンディングデスクを厳選してランキング方式でご紹介します。

 

 

5位 FlexiSpot 電動式スタンディングデスク

出典: Amazon.co.jp

FlexiSpot 電動式スタンディングデスク
ブランド
カテゴリ

コントロールパネル上下昇降ボタンつき電動スタンディングデスク

こちらの商品は電動式のスタンディングデスクです。天板のサイズは長さX幅X厚さ140cmX70cmX2.5cmです。昇降範囲が60cmから128cmと広いです。大人だけでなく、なので小学生のおこさんでも使えますね。座って作業することも立って作業することもできます。電動式なのでコントロールパネルにタッチするだけで高さを変えることができます。

便利な機能は良く使う高さを記憶できるメモリー機能があります。良く使う高さを記憶させておけば一押しするだけでベストないつもの高さに戻ります。デザインは脚の部分のカラー違いがあります。ホワイト、ブラック、シルバーの3色ですね。さらに天板を選んでカスタマイズするこだわりのスタンディングデスクです。

天板の色はディープウォールナット、ブラック、ホワイトがあります。それから机に座り過ぎてしまうということで腰や背中が痛くなることからアラーム機能を使うこともできます。長時間仕事や勉強や趣味をしているときでもアラームで休憩時間を教えてくれます。上手に休むことはとても大事です。身体をいたわりながら効率よく作業ができます。

 

4位 サンワダイレクト スタンディングデスク

出典: Amazon.co.jp

サンワダイレクト スタンディングデスク
ブランド
カテゴリ

パソコン周りに強いサンワサプライのお手頃スタンディングデスク

こちらの商品は1923年創業、1951年設立のパソコン周辺機器メーカーの「サンワサプライ」がインターネットで展開しているブランド「サンワダイレクト」からの商品。パソコン周りの商品を使い勝手を重視して簡易なデザインで低価格で販売されているメーカーですね。オフィスで使う商品も多く販売しています。

サイズはW620×D430×H765~1105mmです。高さ76.5cm~110.5cmまで無段階調節できるのも便利です。こちらの商品はガス圧で上下昇降できる昇降式デスクです。天板下のレバーを引くだけなので簡単です。上下昇降の幅は約34cm。座って使用することも、立って作業することも可能となっています。上下昇降は天板下のレバーを引くだけなので操作も簡単。

ガス圧式を採用しているため、上下昇降の際には少ない力で手軽に操作できます。こちらでご紹介している商品のカラーはホワイトですが木目のデザインもあります。デザインもシンプルで使いやすいと思います。お値段についても机としての機能だけの商品であることで他のスタンディングデスクと比べてもかなり安いです。

サイズは幅約62cmと、ノートパソコンやタブレットの設置に最適なサイズ。また、奥行は約43cmとなっています。耐荷重約10kgなのでノートパソコンや文具などを置いても問題なく上下昇降する事ができます。見た目もシンプルでお値段もお買い得な取り入れやすいスタンディングデスクです。

 

3位 Viozon

短時間で簡単的な操作で「立つ」「座る」を切り替えもで背中、腰、首の痛みを軽減

こちらの商品は、重ねて使えるタイプのスタンディングデスクですね。普通のデスクの上に置くと高さが出るのでスタンディングデスクになるという仕組みです。もちろん、このデスクだけでも使えます。その場合は低いミニテーブルになるのでご家族でお子さんと将棋やオセロやボードゲームをする時にも便利です。

天板は30 x 20インチ(766 x 510 mm)の作業面です。コンパクトでありながらパソコンなどを置くのにちょうどいいサイズに工夫されています。場所も取らずにスタンディングデスクとして重ねることのできるタイプも人気がありますね。デザインはシンプルなブラック、ホワイト、それから木目調があります。昇降はガススプリング式です。

電動ではないのでお値段も抑えてあるのも魅力です。アイディア次第でいろいろな場所や使う人に合わせて使うことができる補助的なスタンディングデスクです。

 

2位 Desk Riser スタンディングデスク

出典: Amazon.co.jp

Desk Riser スタンディングデスク
ブランド
カテゴリ

両側のレバーで机の高さを変えて、立ったり座ったり姿勢を簡単に変えられる2WAY

こちらの商品は、普通のデスクに重ねるタイプの商品です。特徴はデスクの高さを変えることで座っても立っても使えるということですね。キーボードトレイもあるのでデスクトップのパソコンにとくにおすすめですね。キーボードトレイは使う時にスライドで出せます。使わないときは奥にしまえるのも邪魔にならずにいいですよね。

カラーはブラックとホワイトがあります。両側のレバーで机の高さを変えて、立ったり座ったり姿勢を簡単に変えることができます。加圧式の昇降機能がついているので簡単に上下できます。天板の広さは810×520mmです。高さは5段階まで細かく調節できるのも便利です。素材はメラニン化粧板を使用しています。

耐久性がとても高くキズや汚れや摩耗や水に強い特徴がある素材です。女性でも簡単に上下させられてキーボードをスライドで出せるということが便利だというレビューが多くありました。コンパクトながらも使える補助的なスタンディングデスクです。

 

1位 Bauhutte 昇降式 スタンディングデスク

簡単なレバー操作で約30cmの高さ調節ができる人気メーカーの昇降式スタンディングデスク

 

こちらの商品はネット販売のスタンディングデスクの中でも人気の高い商品です。使う人にあわせたサイズを多く取り揃えています。こちらの商品は70cm幅ですね。他にも60cm、100cm、120cmなどのサイズもあります。70cm幅の本体サイズは幅70×奥行き45×高さ75.5cmです。天板の高さは約75.5から117.5cmと昇降できます。

キーボードスライダーつきなのでデスクトップのパソコンもキーボードも使いやすく資料などまとめる補助机としても活躍します。スタンディングデスクも考え方としては普通のデスクと同じです。使う人がどんな人なのかどういうときに使うのか、またその人の好きな机の高さや机に置く物は何かなどそれぞれ好みは違ってきます。

ほとんどの場合はサイズは同じなので機能やデザインはいいんだけど広さがもっとほしいなどの不満が多く出る場合もあります。こちらのスタンディングデスクは、メーカーのこだわりの作りと共にサイズ感を広く提案しているところも人気です。自分の好みにあわえて選べるスタンディングデスクなら満足度も高くなりますよね。

 

できる男がこぞってスタンディングデスクを使っている

平日の午後のワイドショーの時間や休日のおひるなどに有名な社長さんとか著名人などのお部屋やオフィスなどをのぞく番組というのがありますよね。お金持ちや才能のある方の生活をのぞき見したいというのは今も昔も変わらないようです。とくに憧れの人の普段のオフィスやお部屋は気になりますよね。

私も子供のころから母と見ていたので、母親になった今も娘と見ますね。だいたい自慢の一品というのをみなさん見せるのですが、昔は車とか家具が多かったように思いますが、今は机が多いんですよね。しかもスタンディングデスクです。会社の社長さんがオフィスで採用しているというのも良く見ますし、小説家さんや賢いと有名な芸能人の方などのとくに男性が机自慢を繰り広げているのをとても見ますね。

最初は違和感があったのですが、口をそろえて仕事の効率が高くなったことやストレスを感じなくなって想像力豊かになったなどポジティブに熱く語っている場面をよく拝見しました。見た目はシンプルでそんなに素敵とも思えなかったのですが、実際に使った人しかわからない感動があるんだろうなと思いました。

しかも使うきっかけがやはり仕事ができる人からすすめられたとか、仕事ができる人が使っていて気になって買ってみたなど連鎖的に広がっているようでした。男性の方にとくに人気ですが、私は女性にもとてもいいと思うんですよね。まず、スカートにしわがよりにくくなる、それから座りっぱなしの血流の悪さや冷えやむくみにつながるので姿勢よく立って作業ができれば体質を気にされている方にもよいのではないのかと思います。さらに人気が出ると思われるスタンディングデスク注目ですよ。

 

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

FlexiSpot 電動式スタンディングデスク

サイトを見る

サンワダイレクト スタンディングデスク

サイトを見る

Desk Riser スタンディングデスク

サイトを見る

Bauhutte 昇降式 スタンディングデスク

サイトを見る

関連記事