パーティーにも最高な最新家庭用ポップコーンメーカーおすすめ8選

わたしが子供の時に買ってもらって印象深く心に残っているのはあるTVアニメキャラクターのポップコーンメーカーですね。それまでは、ぬいぐるみとかお人形さんばかり買ってもらっていたので、自分でおやつをつくることができるというおもちゃにかなり驚きました。

小学3年生くらいだったと思いますが、毎日のように作って食べていたのを覚えています。わたしには、3人のこどもがいますがポップコーンはやはり大好きですね。映画館や遊園地などでもポップコーンをたべるとさらに楽しさはパワーアップします。ポップコーン専門店などもできスタンダードな塩味味だけでなくたくさんの味もたのしめるようになりました。

おうちにポップコーンメーカーがあると、いつでもできたてのポップコーンを楽しむことができます。アレンジなども簡単にできますのでパーティーシーンでも楽しめますよね。今回は家に1台持っていると楽しくい子供だけでなく大人にも人気のポップコーンメーカーをご紹介します。

 

びっくりするほど本格派!家庭用ポップコーンメーカーの最新事情とは

以前は、映画館や遊園地などでたべる大人気のポップコーンとお母さんが簡易的なアルミのフライパンの商品やコーン豆をフライパンで熱してつくるポップコーンではまるで味が違いました。でも、やっぱりおうちでも本格的でおいしくないと意味がないとのことで、徐々にいろいろなメーカーからポップコーンメーカーがまずは子供が使うおもちゃのような商品からおうちで楽しめるように調理器具メーカーなどからも販売されました。

口コミや実際にお友達のおうちにお邪魔して虜になった方も多いのではないでしょうか。楽しい場所にはいつもポップコーンがあるイメージが私にはあるのですが、おうちで食べられることでさらに幸せもパワーアップするようにも思います。簡単にいろいろな手法で楽しめるようにどんどんポップコーンメーカーが進化して、未だにどんどん新しい商品が発売されています。

レシピサイトなどでも競ってポップコーンのフレーバーの味が連日のように投稿されています。簡単に出来てさらに手をくわえて自分のうちのポップコーンの味を作ってるママたちも多いですね。昔はお母さんの味はお味噌汁とかハンバーグだとかもありましたが、そろそろポップコーンの味までも家庭のお母さんの味になりそうなくらいメジャーなおやつの1つになっています。シンプルで簡単にできるのに美味しいというのがポップコーンメーカーの最大の特徴です。

 

ポップコーンの調理方法は?

それぞれのメーカーによって多少違いますので必ず使う前は説明書を隅から隅まで読みましょう。なぜなら、ポップコーンはコーン豆をはじけさせてつくるおやつメーカーでもあります。

熱も持ちますし、飛ぶこともあるので小さなお子さんがいる場合は、お子さんだけに任せず必ず保護者の方がそばについておくか、ちょっと危ないので小さなお子さんの場合は、見てる前でママやパパしか作ることができないということは教えておいたほうがいいかもしれません。

作り方は、それぞれのポップコーンメーカーにコーン豆を入れます。それから、器具そのもので出来る場合はスイッチを押す、電子レンジで作る場合はレンジに入れるなど指定の作り方で作るだけです。

途中で何かするのではなく、指定された作り方でだいたい2分前後で簡単にできあがります。この手軽さもポップコーンメーカーが売れ続けている理由です。

市販のコーン豆を使ってフライパンで作る場合は、コーン豆をフライパンへ入れて、火をつけます。それから、フライパン用のふたをします。ふたをおさえながらフライパンを前後に振っているとどんどんコーン豆がはじける音がするので音がなくなるまで続けます。音がしなくなったらできあがりです。ポップコーンメーカーもさまざまな熱を利用してつくります。

 

どれも同じは間違い!ポップコーンの豆にもタイプがあった!

実はポップコーンに使われる豆は2種類あります。言われないと気付かない方も多いと思いますね。私も実は知りませんでした。でも、私の場合は、ポップコーンによって好きな味と嫌いな味があったんですよね。自分の中では甘いキャラメルポップコーンはおいしいけど塩辛いスタンダードなポップコーンはあまり好きではないなと感じていたんですね。

でも、何が嫌いかというと食べた後口だということに気付きました。味でなく実はマメで好き嫌いがあったことがわかりフレイバーについてもマメによって合う合わないがあったようです。なにげないポップコーンンですが、これを知っていると自分の好きなタイプの豆を選べると思いますよ。

 

マッシュルームタイプ

マッシュルームタイプは、いわゆるコロンとしたまるいタイプですね。膨らむとマッシュルームに似ている形です。遊園地などやポップコーン専門店でいろいろなフレーバーをつけて販売されている豆ですね。はじけるよりは、膨らむようなイメージがあります。

舌触りがやわらかくフレーバーがコロンをしている表面につきやすく食べやすいなと私は感じました。私の娘もこちらのほうが好きですね。みんながみんなそうだとは限りませんが、女性はフレーバーを楽しみたいというのがポップコーンを食べる意気込みでもあるのでこちらが好きな方は多いのではないかと思います。

マッシュルーム豆もスーパーなどで売ってないこともないようですが、手頃な豆だと断然バタフライが多いのかなというイメージが私にはあります。小さなスーパーだとなかなかないかもしれませんね。実際に私はポップコーンの豆の種類を知らなかったので、ママ友などに数人聞いたんですが、全滅でしたね。

説明をするとそういえばそうかもしれないというだけで、子供がいるママでも知らない人ばかりでした。たぶん、スーパーなどでもパートの方が多いと思うので豆の種類まで聞いてもわからないんじゃないかなと思います。もちろん、食材専門店などにはあるとは思いますが、手軽にほしい方はネット販売で探すと確実だと思います。

マッシュルームタイプは、フレーバーとなじみがいいのが特徴なので、おうちでも本格的なフレーバーポップコーンを作る際に満足できる味だと思います。

 

バタフライタイプ

バタフライですから蝶のことですね。ちょうちょに見えないなとか実際には思ったのですが、蝶のように開くと書いてあるのも読んで羽を開くようにイメージされているならわからないでもないなと思いました。これがいわゆる塩味がとっても多い映画館とか車屋さんのイベントとかそれから、一般に使い捨てアルミフライパンのポップコーンや安いスナック菓子のポップコーンのタイプですね。

これが私は子供の時はあまり好きではないタイプでした。なぜなら口にちょっと残る感じがするというか形状でイガイガするような感じがありますよね。でも、男性などはこの触感がたまらないという方も多いのではないかと思います。私の子供たちも男の子たちはバタフライタイプ好きですね。

ポンポンとはじけてダイナミックなのもバタフライタイプの特徴です。ポップコーン用豆としてスーパーなどで販売されている大部分がこちらのタイプかなと思います。お値段も安く売っている場合も多いのでパーティーなどたくさんの方が来る時やみんなでお金を出し合って材料を買うなどの場合はこちらの豆を使うと負担も少なくていいかなと思います。

 

家庭用ポップコーンメーカーの美味しさの決め手はフレーバーにあり!

家庭用で楽しみたいことといえば、やっぱりフレーバーですよね。フレーバーは市販でもたくさん販売されています。ポップコーンメーカーと同じメーカーから専用のフレーバーも出ているところもあります。

それから、出来上がった後に振りかけたり、袋にいれてシャカシャカふって味を楽しむことのできるフレーバーの袋のいろいろな味などのセットもあります。おうちにある材料やスーパーの売っている食材でもフレーバーは楽しめるのでおすすめです。今回は、おうちで簡単にできる手作りフレーバーについてご紹介します。

 

キャラメル

甘くておいしいキャラメル味も簡単にできます。いろいろな作り方がありますが、キャラメルの甘い味はお砂糖を少し焦がした味なんですよね。

お砂糖に少しお水を入れて茶色い飴状にしたり、お砂糖にバターやマーガリンを加えて茶色に色付けする方法、それから、油をしいてお砂糖を牛乳で少し伸ばしながらキツネ色にするなどさまざまなキャラメルソース作りに関してはみなさんが工夫して自分の好みに合わせていますね。レシピサイトなどでも多く投稿されているので参考にするといいと思います。

 

バター醤油

バターまたはマーガリンをフライパンや電子レンジでやわらかくしてお醤油で風味をつけたお味ですね。お醤油も九州だったら甘かったりしますよね。お醤油も少し焦がしたりと風味をつける方もいます。ビールのおつまみにもぴったりです。

 

ココア

市販に売っているココアをそのまま振りかける方が多いですね。ココアパウダーなどお料理用の方はお砂糖を足しましょう。パウダー状の飲み物はよくからみます。

 

のり塩

市販の海苔をあぶって手で粉々に砕いたところにお好みで塩と加えます。お好み焼きにかける細かくなった青のりをつかってもいいですね。塩は普通の食塩でもいいですが、あじ塩をつかったり、市販のコンソメパウダーを少し足すのもおいしいそうです。

 

チーズ

市販の粉チーズをたっぷりとかけてまぜるだけです。チーズフォンドゥのようにチーズをとろっと溶かしてポップコーンをつけてたべるのもおいしいですよ。

 

カレー粉

市販のカレー粉をまぜるだけですね。こちらもコンソメパウダーなどをつけるとさらにおいしくなるそうです。辛さをプラスするなら七味トウガラシなどを少しプラスしてみるのもおもしろいかもしれませんね。

 

おすすめの家庭用ポップコーンメーカー8選!

家庭用のポップコーンメーカーは、とても需要が高く本格的な商品から手軽に簡単にできる商品までさまざま販売されるようになりました。

お誕生日会やイベントなどのパーティーシーンだけでなく、毎日手軽に健康的なおやつとしてご家庭で愛用されている方も多くいます。今回はネットで人気のポップコーンメーカーを厳選してランキング方式でご紹介します。

 

8位 Cuisinart クイジナート ポップコーンメーカー

出典: Amazon.co.jp

Cuisinart クイジナート ポップコーンメーカー レッド CPM-900PCJ

フードプロセッサーやハンドブレンダーなど本格的な調理器具としてお料理好きな方に大変人気なクイジナートの本格的な家庭用ポップコーンメーカーです。少し高価ですが、クイジナートがお好きな方にはたまりませんよね。たくさんの調理器具をこのブランドでそろえている人も多いので、遊び心のある商品であってもブランドで揃えたい方は多くいます。

レトロでスタイリッシュなデザインも素敵ですよね。外形寸法は幅258mm×243mm×310mm です。セット内容は、ボールキャップ、サービングボール、プレート、本体、メジャーカップです。信頼できる人気の料理器具ブランドの商品は、使い心地も仕上がりも期待できますよ。

 

7位 曙産業 チンしてキャラメルポップコーン RE-935

出典: Amazon.co.jp

曙産業 チンしてキャラメルポップコーン RE-935

曙産業のポップコーンメーカーは小さなお子さんがいる方におすすめですね。私は3人子供がいますが、ポップコーンは子供は好きなんですが、コーン豆がはじけることでできるので幼稚園くらいの子供には、危ないこともあるのかなと思うんですね。

こちらは、ママが「ポップコーンおじさんだよ」みたいな感じでお人形遊びのように声をかえて「さあポップコーンを食べよう」という楽しいおやつシーンにしてあげるといいと思うんです。帽子なしでコーン豆を入れるポップコーンができます。その後に赤色の下半身のお皿に市販のキャラメル1粒とバターを入れて電子レンジで溶かすとキャラメルソースができます。

そこにお顔の蓋をかぶせ帽子をつけてふると、あっという間にキャラメルポップコーンができます。もちろん他のフレーバーもアイディア次第でたくさんできます。サイズは160x198x163(mm)です。電子レンジ500Wの場合で乾燥コーン20gで約3分で出来上がります。キッチンに置いてお子さんが頑張った日のご褒美ポップコーンなどに活躍しそうです。

 

6位 ポップコーンファウンテン ポップコーンメーカー TDP-A29

出典: Amazon.co.jp

ポップコーンファウンテン ポップコーンメーカー TDP-A29

TDPのポップコーンメーカーは、チョコレートマウンテンならぬポップコーンマウンテンが楽しめるホームパーティー向けの商品です。サイズは43.8 x 29.8 x 17.6 cmとコンパクトでパーティーの食卓にお料理が終わってからサプライズで出すのもいいですね。

コーン豆を入れて、約2分でできあがります。特徴は、噴水のようにポップコーンが出てくることです。ヒーターで加熱して出来たポップコーンは、本体に内蔵されたファンで 回転しながら上に上がり、前後左右4つの出口からまるで噴水のように下向きにポンポン落ちます。湧き出たポップコーンはセットしてあるボウルにどんどんたまってきます。

出来上がったポップコーンにお好みのフレーバーを振りかければ あなただけのポップコーンを楽しむことができます。
専用のシリコンカバーが、熱くなった豆や出来上がったポップコーンを 安全にボウルに落とします。一度に付属のカップ一杯約75gのコーン豆が調理可能です。 カバー、フタ、ボウルは本体から外して洗えます。新しいタイプのポップコーンの作り方は注目ですね。

 

5位 2in1マルチホットパン HAC-1757

ハックのポップコーンメーカーは、なんと2WAYです。主婦の私はこれいいなと思うんですよね。その理由は、ポップコーンだけでなくホットプレートとしても使うことができるからです。調理器具はただでさえどんどん増えていくものですよね。

こういったお楽しみも兼ねたおやつやスイーツをつくる調理器具は楽しくてほしいのですが、どんどんスペースがなくなっていきます。こちらは、多機能なのでおやつメーカーともいえるでしょう。サイズは43.5 x 30.9 x 12 cmです。持ち手のついたコンパクトなハンディタイプですね。

セット内容は、本体、軽量スプーン(大、小)、木へら、ボウルカバー&キャップです。ふたつきでポップコーン作りが可能で、ふたを外せばクレープやパンケーキなどホットプレート式で手軽にスイーツ作りができます。スイッチオンで使えるのも手軽でいいですね。

 

4位 ポップコーンメーカー 家庭用 【ポップコーンマシン PM-3600】SIS

出典: Amazon.co.jp

ポップコーンメーカー 家庭用 【ポップコーンマシン PM-3600】

こちらの商品は、よくお店のイベントなどで見ますよね。まさにポップコーン屋さんというかんじで心が躍る感じが大人の私もします。お値段も1万円以下で安いのにイベントが盛りあがるということで仲間内のイベント用に買って持っているという方も多くいるSISのポップコーンメーカーです。

サイズは約幅32×奥行き31.5×高さ49cmです。セット内容は、本体、オイル軽量スプーン、レシピです。実際にポップコーンがはじけているところも見られて楽しいですね。

計量スプーンつきです。オイルとコーン豆を入れてスイッチを押せば4分でポップコーンができます。説明書にはキャラメル、ココアなどのアレンジレシピがついているのでポップコーンパーティーがさらに盛り上がることが間違いなしですね。

 

3位 D-STYLIST ラクラクポップコーンメーカー AILES KK-00223

出典: Amazon.co.jp

D-STYLIST ラクラクポップコーンメーカー AILES KK-00223

ピーナッツ・クラブのポンポンはじけて飛び出すポップコーンメーカーですね。ポップコーンの味が好きという方と味も好きだけどはじけて出てくるところがたまらなくウキウキするという方も大人になっても多いかと思います。ポップコーン人気が続くのもここだと思うのですが、こちらはコンパクトな形状ながら、ポップコーンが飛び出す楽しさを満喫できる商品ですね。

出来上がりのレビューを読むと音が結構大きくてポップコーンもどんどんはじけて四方八方に飛んでいくこともあるようです。だけど、これがドキドキ感もありおもしろいという感想もありました。できあがったポップコーンを美味しく食べる前のわくわくドキドキ感もプラスしてある商品です。大人しくできるのは物足りない方にもおすすめです。

サイズは、約11.5cm×17.5cm×26.5cmのコンパクトなサイズは、卓上に置いても邪魔になりません。本体とメジャーカップ、カバーは簡単に取り外せます。お手入れは本体を乾いた布、メジャーカップとカバーは濡れた布でさっと拭くだけラクラクです。オリジナルフレーバーで味付けをしたり、市販でもポップコーン用のフレーバーは売っていますのでいろいろな味を楽しみたいですね。

 

2位 Vitantonio POPCORN MAKER ビタントニオ ポップコーンメーカー VPC-10

出典: Amazon.co.jp

Vitantonio POPCORN MAKER ビタントニオ ポップコーンメーカー VPC-10

ビタントニオは、ワッフルメーカーやマイボトルブレンダーなど便利なキッチン用品で主婦の方に人気のあるブランドです。使いやすいだけなく見た目もスタイリッシュでおしゃれなんですよね。サイズは本体幅14.5×奥行23×高さ29.5cmです。コンパクトでそのままキッチンに飾っていてもかわいいですね。

セット内容は、本体、フタ付き専用容器、本体カバー、計量スプーン、20品目掲載レシピブックです。レシピブックを見れば簡単にアレンジもできます。こちらの人気の秘密は粉類や溶けたチーズを絡ませやすいイガイガしている形状の映画館によく販売されているバタフライタイプとコロンと丸くてかわいい遊園地などのフレーバーつきで販売されているチョコなどをコーティングしやすいマッシュルームタイプをレシピによって豆を選んで作れるところです。

ビタントニオのワッフルメーカーなども出来上がりがウキウキわくわくするようないろいろな楽しみ方はできるようにくづうされています。お料理やお菓子作りが好きで得意な方が愛用している人気ブランドという感じがしますね。電源オフ機能付のタイマースイッチでダイヤルをONに回すだけの簡単操作です。約2分で60gのポップコーンが完成します。
タイマー機能で電源オフになります。お子さんの毎日の手作りのおやつのラインナップに加えたいポップコーンメーカーです。

 

1位 ルクエ ポップコーン 62160

出典: Amazon.co.jp

ルクエ ポップコーン 62160

オシャレでかわいいシリコン製のポップコーンメーカーならルクエですよね。ルクエはカラフルなシリコン製調理器具をたくさん販売しています。電子レンジで野菜を蒸したりパスタなども簡単に茹であがるというような大変便利な調理器具を販売されています。こちらも電子レンジを使うだけで簡単にポップコーンがつくれる商品です。

本体サイズは約径200×高さ150mmです。ルクエの人気の秘密はなんといっても折りたためて小さく収納できるところです。お皿ように高さを低く折りたためます、その場合は折りたたみ時とは高さ60mmと食器棚や引き出しの中にもラクラク収納もできます。ポップコーンを手軽に電子レンジで作れるので手間がかからないのがいいですよね。

電子レンジ600Wで約2分でできたてホカホカのポップコーンが作れます。10種のレシピ付きでハーブ、ミルキーココア、バジルチーズなど自分オリジナルのフレーバーも楽しむヒントがつまっています。それから、ノンオイルでいいんですよね。カロリーを気にしてる方にもヘルシーなおやつができますよ。

 

ポップコーンは幸せのおやつ

お子さんがおうちでおもちゃとして人気なのは食玩ですよね。小さい時からどうやって美味しい食べ物がつくられるかなど調理方法も知っていると将来、役に立つ場合も多いですよね。子供用のおもちゃとしてもポップコーンメーカーは昔からたくさんあります。

実際には家にあるフライパンでもふたをすればポップコーンはできるのですが、お母さんの特別なアイテムを使ってつくってくれるポップコーンは、家族の思い出としてもいいのではないでしょうか。ポップコーンのはじける場面をわくわくドキドキした気持ちで見ていた幸せな子供時代を思い出すからこそ、また自分が親になったら子供に作ってあげるような幸せな連鎖がポップコーンにはあるように思います。

楽しい場所の多くにポップコーンがありますよね。ポップコーンは幸せのおやつだとすればいつでも家庭に置いてできるってうれしいですね。

記事内で紹介されている商品

Cuisinart クイジナート ポップコーンメー…

サイトを見る

曙産業 チンしてキャラメルポップコーン R…

サイトを見る

ポップコーンファウンテン ポップコーン…

サイトを見る

2in1マルチホットパン HAC-1757

サイトを見る

ポップコーンメーカー 家庭用 【ポップコ…

サイトを見る

D-STYLIST ラクラクポップコーンメーカー …

サイトを見る

Vitantonio POPCORN MAKER ビタントニオ …

サイトを見る

ルクエ ポップコーン 62160

サイトを見る

関連記事