家電マニアが教える!電源タップおすすめランキング!

部屋の電源が足りない時に役立つのが電源タップです。私もスマホにゲーム機と言った充電が必要な機器、テレビやパソコンなど常時付けっぱなしが求められる機器など、電源はたくさん必要です。

実は最近引っ越したのですが、その際私の部屋には電源が2口(上下セットとテレビ端子付きのものが1箇所)のみしかなく、リビングや家族の部屋の電源を使うなどやりくりが大変でした。

ゆえに電源タップを買ったわけですが、購入時、様々なタイプがあって驚いたのを覚えています。電源の口数以外にも、使う上での利便性や防災など、製品ごとに特徴があったんです。

もしこれから電源タップで電源を確保したいと思っているなら、自分の部屋に見合うものを探しましょう。

 

電源タップの種類

電源タップ

まずは電源タップの種類を見ていきましょう。主に以下の3パターンがあり、状況によって使いやすいものが違ってきます。

 

一般的なコード付き

まずはコードつきタイプ。部屋にある電源にタップのプラグを差し込むのは同じですが、プラグはタップ本体と直に繋がっているのではなく、コードを介しています。そのため、部屋の電源からある程度離れたところで家電を使いたい場合でも便利。

コードにも長さがあるので、どの程度欲しいか予め計測しておきましょう。反対に、電源と家電が近い、携帯機器など移動できるものであれば、直接タイプもおすすめです。

 

立体的なタワー型

こちらは名前の通り、塔のようになっているタイプ。円柱あるいは角柱になっており、高さがある分差し込み口が多いのも特徴です。

コード型で口数が多いものは、とかく大きくなりがちで場所を取ってしまいますが、タワー型は上方向に場所を使うため、省スペースに役立ちます。

たくさんの口数が必要だけれど場所は取りたくない、そんな方にぴったりですね。

 

取り付け可能なマグネット型

コードにしろタワーにしろ、床に置くのは基本ですが、こちらは立てかけが可能です。マグネットゆえ磁石がくっつけっれる場所限定ですが、床に置かなくて済むならつまずいて転んだり、ホコリをかぶるリスクも減りますね。

デスク周りに置くことができれば、タップの利用自体も便利になります。省スペースはもとより、逐一屈んでプラグを抜くのが面倒という方にもおすすめします。

 

電源タップの機能1:電源プラグ以外も接続可

電源タップ

電源タップは普通電源を増やすためのものですが、最近はスマホや音楽プレイヤーなど、充電器が電源プラグになっていないタイプも多いです。特にパソコンに接続して充電するUSBなどのタイプが目立ちます。

もし持っている機器がそのタイプであれば、タップにも差し込み口が備わっているものを選ぶのがおすすめ。別途電源プラグ用の変換アダプタを用意せずに済みますし、変換アダプタを介することでタコ足配線のような複雑な接続になるのを防ぐメリットも生まれます。

 

電源タップの機能2:いざという時の安心設計

電源タップ

毎日のように使う機器に接続する電源タップは、使い終わったらしまう行為もしないでしょう。ゆえに、放っておくと思わぬ事故に至る可能性があります。

 

ホコリを電気に触れさせない構造

1番気になるのがホコリ。こまめにモップなどではらっていても、差し込み口など小さな隙間に入ってしまうこともあります。そうなると接続不良になったり、電気でホコリが燃えて火事になる事態すら起こりかねません。そんな時に役立つのがトラッキング防止機能や、ホコリ防止シャッター。

前者は部屋の電源と接続するプラグの根元に絶縁体を巻いており、通電を防ぎます。後者はタップの各電源が空きっぱなしではなく、プラグを差し込む時に押し開けるような仕組みになっていて、何もしない時は蓋がされている状態。ゆえにホコリが奥まで入り込むのを防ぐことができます。

 

防水や雷ガード、スイッチ機能などもあると便利

ホコリほどではありませんが、以下の機能も備わっていると便利です。まずは防水。特に水回りの家電用として使う、台所付近に電源を増やすなら、感電を防ぐために機能ありのタイプを選びましょう。

続いては雷。落雷が多い地域に住んでいる、あるいは落雷時に避雷針など防げるものがなく、直接雷を受けやすい場所におすすめです。

1つの雷ガード(雷サージ)で永久に防いでくれるのではなく回数制限がある、落雷そのものではなく周辺機器を介して電気が流れ込むなどの問題もありますが、付けない場合の被害よりはマシというもの。

そしてスイッチ機能。スイッチ機能は防災ではなくエコ、コスパの面でのメリットです。スイッチがあることで、プラグを挿しっぱなしにしていても電気を流さない設定が可能。充電器など使う時とそうでない時があり、プラグの抜き差しが面倒という時に役立ちます。

また、スイッチのオンオフを意識的に行うことで、万が一の危険性にも備えることもできます。小さなお子様やペットがいるご家庭では、スイッチ機能は安心材料の一つとなるのではないでしょうか。

 

インテリアとしての電源タップ

機能性が求められる電源タップですが、一方で見た目も部屋に合わせることができます。例えば形状として、差し込み口が一列に並んだ細長いタップが多いですが、丸型やサイコロのような立方体タイプもあります。

差し込み口の配置から凝っていて、丸型は風車のように、サイコロなら各面に1個のように見えます。サイコロなら目のように色を変えるなどの工夫もされているので、子ども部屋などに似合います。

ほかにもお菓子の形や鼻の穴にプラグを差し込むかのようなネタ的なものまで様々。さほど機能にこだわらないなら、これらの電源タップを選ぶのも楽しいです。

また細長タイプでも白や黒と言った単色に限らず、木目デザインなど模様つきの電源タップも。部屋が木材中心なら、電源タップを紛れ込ませることが可能です。電源タップをアクセントにするのではなく、目立たせない工夫をしたい時におすすめ。

 

電源タップを選ぶポイント

スイッチつき電源タップ

上記を踏まえると、まず電源タップを置く場所の確認が大事でしょう。置き場所が小さいのに必要な電源の数が多いならば、コード型よりはタワー型やマグネット型がぴったりと言えます。

電源の口数は多いほうが便利ですが、いたずらに増やしてもコスパが上がるだけ。現状必要な数に1、2口増やすぐらいで丁度良いです。

その上で、防災やほかの機能をどこまで付けるか考えましょう。こちらもより多機能になるほどコスパが上がるので、余裕がない時は必要な機能を決め、またその中でも優先順位を付けて、購入をスマートに行えるようにします。

 

電源タップおすすめ3選

電源タップ

 

では最後に、おすすめの電源タップをご紹介します。私の場合はさほどスペース&電源の口数にはこだわらなかったので、極端に多いものはないのですが、参考になれば幸いです。

 

第3位 TOPLAND 3個口 コンセントタップ & USB充電 2ポート

出典: Amazon.co.jp

TOPLAND 3個口 コンセントタップ & USB充電 2ポート

まずはトップランドの電源タップ。サイズは小さめですが、コンセントに加えてUSBポートが2箇所ついています。スマホなどUSB接続で充電する機器が多い方は、コンセントと分けられるので便利ですよ。

また部屋の電源に接続するプラグは回転かつ収納も可能。付けっぱなしにせず、必要な時だけ取り出して後は保管という使い方もできます。

電源の合計は1400Wまで。また2.4Aまでであれば、急速充電にも対応しています。

 

第2位 Panasonic パナソニック ザ・タップ 3コ口 2m

出典: Amazon.co.jp

Panasonic パナソニック ザ・タップ 3コ口 2m

続いてはパナソニックの電源タップ。2mのコードタイプで、電源から利用する家電までの距離がある場合に便利です。

例えばテレビ用のコンセントの場合、テレビを目の前に置くことになるので、もう1個差し込み口があってもテレビの後ろへ回って使うのが面倒になることも。予めタップをテレビの前などに置いておけば、その手間が省けます。

口数は多くなく電源コンセントのみゆえ、シンプルなタイプを求める方に向いています。ちなみに白以外にも、パステル系でブルー、グリーン、ピンクの全4色。部屋のイメージに併せて選ぶこともできますよ。

 

第1位 ELECOM 電源タップ color style

\ベストはエレコムの電源タップです。6個口と多くの電源が利用できる上、コードも2mと長くとっています。さらにスイッチによる省エネと、雷ガード、ホコリ防止機能付き。中身の樹脂や配線の構造によって感電や火災を防ぐのにもお役立ち。

color styleシリーズはカラーもブラウンだけでなく、ブラック、ホワイト、ピンクがあり、コードの長さや電源の口数にもバリエーションがあるので、状況に応じてほかを選ぶのもありですね。

 

まとめ

部屋に初めからある電源だけでは、何かと足りないことも多い昨今。テレビ番組を観ようと思ったら、「そういえばスマホとタブレットの充電でプラグ抜いてた!」なんてケースも覚えがある人は少なくないでしょう。

家電製品をいつでもきちんと使えるように、電源タップを用意しておきませんか?

記事内で紹介されている商品

TOPLAND 3個口 コンセントタップ & USB充…

サイトを見る

Panasonic パナソニック ザ・タップ 3コ口…

サイトを見る

ELECOM 電源タップ color style

サイトを見る

関連記事