買いたいものを検索してください

【タイプ別】汗止めバンドおすすめランキング17選!スポーツマニアが教える!

私はスポーツジム通いが趣味です。今は筋トレブームやジョギングブームでもありますし、たくさんの方が通っていますね。運動を続けていると汗をかきやすい体に変わってきます。

ジムトレーニングなどの筋トレは、しっかりと筋肉を使うとおでこからポタポタと雨が落ちるように汗がこぼれ落ちます。

ジョギングをされてる方も頭から汗が流れ落ちていますね。でも、汗をタオルで拭かずにそのまま休憩なしでハードに続けている人もいます。その人たちが愛用しているのが汗止めバンドです。オデコに巻いてあったり手首に巻いているファッショナブルなバンドですね。

今回は本格的に運動をしている人ほど使っている率が高い見た目もかっこよく、そして便利な汗止めバンドについてお話します。

 

汗止めバンドをつけることのメリット

有酸素運動のジョギングは、はじめて10分ほどでウォーキングでは、20分ほどで汗がにじむ出してポタポタと頭からも落ち出します。汗をかいたときにタオルを準備しておいて休憩時間に汗を拭くわけですが、

筋トレのように回数とセット数が決まっている無酸素運動の場合もジョギングなどのように続けることが大事な有酸素運動もできれば自分の目標数や目標時間までは続けて運動をすることが望ましいです。

そのまま続けていると汗が頭から顔に伝って目の中に入ってきます。それでは、しっかりと運動はできませんよね。でも、タオルで拭く場合は少し運動を中止しなければいけません。その時に便利なのが汗止めバンドです。

頭からポタポタ落ちる汗をおでこで止めるヘアバンド型や手首に巻いておいて汗をかいたら手首で汗を拭くリストバンド型があります。汗止めバンドを活用することで運動を汗を拭くために中止せずに、トレーニングを続けることができます。

 

汗止めバンドの種類

汗止めバンドには「ヘアバンド型」「リストバンド型」「脇専用型」の3種類があります。簡単にいうとオデコにつけるタイプと手首につけるタイプ、胸の周りにつけるタイプです。それぞれにどんな特徴があるのかお話します。

 

ヘアバンド型

ヘアバンド

そのまま頭につけることができます。まゆげの上のおでこにつけることで汗が目に入ることを抑えられます。

ただ、目立つのでなかなか巻きにくいという方もいます。でもスポーツを中断せず集中して行うときに最も汗が気にならない形状だと思います。スポーツクラブではどちらかというと女性より本格的にランニングマシーンで長距離をジョギングをしている男性が使っている方が多い気がします。

それから、格闘技系やダンス系などでも汗をたくさんかくスタジオプログラムでつけられている人もいます。

最初はファッションなのかなと思って私の知り合いの女の子もつけていたので聞いてみたところ、目に汗が入らないから楽ということでしたね。全然違うと言っていました。

運動が趣味の彼氏からのプレゼントのようでしたね。どちらかというと有酸素運動を本格的にしている男性が使っているイメージがあります。

実際に汗は顔よりも頭のほうがかきやすいのでヘアバンド型を使用すると汗がオデコで止まるので運動の途中に汗が邪魔になって集中できないということもないようです。

 

リストバンド型

リストバンド

手首に巻くタイプは最も使いやすいタイプだと思います。なぜならヘッドバンド式よりも目立ちにくいからですね。手首だということでおしゃれ感もあり人気のある汗止めバンドのタイプだと思います。

ただ、おでこから汗が流れたときは手首の汗止めバンドで汗を拭わないとけないのでどちらかというとタオルに近い使い方になると思います。

両方の手首につけるという方と片方という方もいます。こちらも片方だけ使っているという方のほうがスポーツクラブでは多いような気がします。

よくアーティストのコンサートなどでも売っているような商品と素材的には同じですね。ただ、スポーツ用としては両手ペアで売っていることも多いようです。

リストバンドの場合は、汗を手首でぬぐうという感じで使います。タオルを手にとらなくても汗を吸い取る素材なのでオデコから垂れる汗を拭くという感じですね。

どちらかというと私のジムは本格的ジムではないので、こちらの方が多いですね。とくに女性はこのタイプが多いです。

リストバンドは、ファッション性も高いのでコンサートに行った好きなアーティストや好きな野球チームなどのしリストバントを付けている人も多いです。

応援グッズとしてのリストバンドもタオル素材のようになって汗を吸い取るので同じように使えます。それから、筋トレでバーベルをするときは、手首に負担がかかるので両手にサポーターが割につけている人もいますね。

それからダンスプログラムのときなどは、片方だけつけている人の方が多いです。気軽に使って見るのはリストバンドのほうが目立たないこともあり人気があります。

 

スポーツ用リストバンドの記事もチェック!

 

脇専用型

イージーラップコンフォートブラ

汗止めバンドには脇に使用するタイプの商品も販売されています。全身でも特に脇部分に汗をかきやすい方におすすめの種類です。多くの脇専用型汗止めバンドは、脇からバストアップにかけてくるっと巻いて使用していきます

脇専用型の商品を選ぶ際は、たくさん汗をかいても安心な吸湿性のある素材で作られている商品が◎!服から目立たないような生地になっているかも注目ポイントです。また、キツくなりすぎないか、丁度良い伸縮性があるかもしっかり確認しておきましょう。

脇専用型の汗止めバンドは、大包や奥翳と言った脇汗を抑えるツボを刺激して汗を止める仕組みになっています。汗をかく部分でも特に脇が気になる方は、脇専用型もチェックしてみてくださいね。

 

汗止めバンドの選び方

まずは、汗止めを目的としている商品なので、汗をしっかりと止めることが必要です。素材は汗を吸いやすい商品がベストですね。それから、汗止めのヘアバンドの場合はおでこにつける商品ですので、デザインにはこだわりましょう。

男女の区別はありませんが、大人の男性が女性っぽいデザインの商品をつけることがおすすめしません。

スポーツジムなどでは、言葉を交わさないままでもよく合う人同士は顔を覚えてしまいます。汗を止めるだけだからなんでもいいだろうと思っているとスポーツジムなどは女性が多いのですぐ噂の的になってしまいます。

汗止めバンドについて、機能を知らないでファッションとしてつけていると思う女性も多いと思います。

 

はじめての汗止めヘアバンドならシンプルなものを

そう考えると、もし、はじめての汗止めヘアバンドを選ぶとすれば人気スポーツブランドの商品や色はブラックやブルー、またはホワイトなどスポーツをしている人がよく使う色などを選ぶと悪目立ちせずいいと思います。

逆にジョギングをする方が多い場所などでの使用や外でのジョギングの場合は、個性的な色やデザインもいいかなと思います。

ジムトレーニングでは、みなさんが自分のこだわりのスタイルやそれぞれのファッションにも注目している人が多いので楽しんで選ぶといいとは思います。

長くスポーツジムに通っていると思うのですが、すごく走れる人、すごく筋トレをしている人、すごくダンスが上手い人など出来る人は何を着ていてもつけていてもかっこいいです。

 

まずは、トレーニングで大汗をかけるようになってから

格好だけの人はだんだんわかってくるのでまずはトレーニングを汗が止まらなくなるくらいがんばると汗止めバンドがさらにかっこいいですよね。ヘアバンドからつけにくければ、リストバンドならたくさんの方がつけていますので使いやすいかなと思います。

でも、本格的に運動をして汗をかく方はヘアバンド型がベストだと思います。目に汗が入らなければ床に落ちるだけですが、目に入ると運動が続けにくくなるのでヘアバンド型が大変重宝すると思います。

 

ニオイ対策があるかも大事

汗を吸収してくれる分においも気になると思います。洗濯できるか、抗菌・防臭作用のある素材かなども選ぶときに重要なポイントになります。

全く臭くならないわけではありませんが抗菌・防臭作用があることで

匂いは軽減されると思います。汗をかく量にもよりますがそのような効果が期待できる商品をおすすめします。

 

素材にも注目

タオルをかけてウォーキング

ヘアバンドは、素材に注目するのも一つのポイントといえます。例えば、タオル生地は肌触りがよく汗を吸収しやすいのが特徴です。比較的お値段も安いものが多くおうちで洗濯も簡単にできるところも便利なところです。特に汗をかき易い人はタオル生地の商品を選んでみるといいかもしれません。

 

ラバー(ゴム)素材

汗止めバンドで多く見かけるのが「ラバー(ゴム)」素材。とにかく汗をすぐに吸収してくれるのが特徴です。「汗を吸収しすぎて重くなってきて落ちてしまう」という問題もありません。

さらに速乾性も高いので長時間スポーツをする人にもおすすめの素材です。製品によっては抗菌や防臭効果がある汗止めバンドも多く販売されています。自分の目的や用途にあった汗止めバンドを見つけられるといいですね。

 

ニット・コットン(綿)素材

多くの汗止めバンドで使用されている綿素材。コットンやニットなど製品によって様々です。最近では綿でも通気性がよく、速乾性や汗の吸収力が高いものも多く販売されています。

また綿製品はつけ心地がよく肌にやさしいのも特徴。軽量で伸びもいいので、男女年代問わず多くの人に使用されています。簡単に洗濯できるのもうれしいポイント。清潔感を保つのも大切ですからね。手触りがいいものを選ぶのも大切かも。

 

汗止めバンドのおすすめメーカーはこれだ!

 

アディダス

言わずと知れた超有名スポーツブランド、アディダス。

アディダスのアクセサリーは様々な競技で使用されており、サッカーはもちろんテニスなどでも多くの人に活用されています。機能性に優れ、バリエーションも豊富でデザインや種類も幅広いのが特徴。

定番の3ストライプのデザインは幅広い年代層に人気。デザイン性も高く品質も良いので、長年のファンも多いのです。汗の吸収力と伸縮性にもこだわられた汗止めバンドが人気です。

アディダス ヘッドバンド DUR58

 

アンダーアーマー

ここ数年かなり人気を上げてきているアンダーアーマー。もともとはスポーツ用のアンダーウェアを製造していたブランドなのですが、この10年で驚くべき進化を遂げています。

多くのスポーツ選手らがアンダーアーマー製品を取り入れるようになって人気は爆発。日本でもアンダーアーマーの製品を持っている人を多く見かけるようになりました。汗止めバンドも多くのアスリートのために作られたこだわりの製品です。

アンダーアーマー パフォーマンスヘッドバンド

 

ナイキ

こちらも知らない人はいないであろうスポーツブランド、ナイキ。全世界で多くのアスリートたちからの支持を得ています。

世界中に約800以上の契約工場があり、従業員数は約22000人という巨大企業。全世界のスポーツ市場ではナイキが32%もスポーツ製品を占めており、世界的にも本当に愛されているブランドなのです。

汗の吸収率が良いと好評の汗止めバンドもとても人気。締まりすぎずにつけ心地も抜群とのこと。

ナイキ(NIKE) スウッシュ ヘッドバンド NNN07

 

テニスをしている子供たちに買いたい!汗止めバンドおすすめ2選

私が使っている汗止めバンドは、リストバンド式です。しかも、今使っているのは、好きなアーティストのライブへ行ったときのものですね。ライブの時も汗をかくのでスポーツでも使えますね。

友人は、野球が好きでカープ女子なんですが、カープの赤のリストバンドをよくしていますね。

この記事を書くときに、スポーツジムのリストバンドをしている人に声をたくさんかけてみたのですが、ちょっとやはりスポーツブランドのほうが汗を吸い取りやすいのと、しっかりしている感じがしましたね。ブランドによってだいたいのスポーツは決まっていることもありますよね?

スポーツジムだけでなくよく見るのがテニスだと思います。私の子供たちは、部活を地域の習い事で軟式テニスをしているのですが、テニスをされている方々も汗止めバンドをよく利用されていますね。

テニスは外なので暑いんですよね。今は帽子をかぶってもいいみたいですが、風が強いと飛んでいく場合もあります。

子供たちに聞いたところ、試合などの休憩にしか汗は拭けないので、太陽の暑さの汗と運動した汗が目に入るようですね。そこでテニスをしている子供たちに友人や先生などがしていてカッコいいと思ったアイテムを聞いてみました。

 

MIZUNO テニスウエア ヘッドバンド

デザイン性も◎!テニスに使いやすいヘッドバンド

テニスといえばミズノですよね。他にも野球やダンスシューズなどでも有名ですが、私の息子がほしいと言っている汗止めヘッドバンドですね。カラーは、ブラックとブルーとレッドがあります。スポーツジムには、やはりたくさんのスポーツを趣味でやられている人が多いのです。

好きなスポーツブランドは、決まっている人が多いのでミズノをつけているとテニスかなと思いますね。有名テニス選手も汗止めヘッドバンドをよくしていますよね。暑い外でのスポーツでもあり、しっかりと小さなボールを見て打たないといけないテニス用のヘッドバンドは、テニスだけでなくいろいろなスポーツにも重宝すると思います。シンプルでかっこいいですよね。

 

 Adidas テニスウェア ウェアアクセサリー リストバンド

出典: Amazon.co.jp

Adidas テニスウェア ウェアアクセサリー リストバンド

性別・年代問わず人気のアディダス商品!

アディダスは人気ですよね。こちらは、息子も娘もいいなとほしいと言った商品ですね。アディダスは子供たちにも大人にも好きな人は多いですね。男性にも女性にも人気です。

やはりテニスをする人はリストバンドを使う人が多いのでテニスウェアをして販売されていますが、もちろんスポーツジムでのフィットネスやランニングなどでも使えます。

特にシンプルなブラックにホワイトのマークが1番定番ですよね。結構、持っている人も多いのですが、かぶってもかっこいいのがアディダスというところでしょうか。

汗止めとしてのリストバンドは2つセットが基本なのですが、スポーツジムでは1つだけの人が多いように思います。1つだけ使う場合は洗い替え用や友人や恋人とお揃いもいいですね。

 

【デザイン性重視】どうせなら運動もおしゃれに!汗止めバンドおすすめ3選

Qlfeem ヘアバンド

迷彩柄でクールにきめる!吸水性も◎

鮮やかな迷彩柄が基準で、ネックウォーマーにもなるバンダナタイプの汗止めヘアバンドです。黒がベースとなっているためか、赤や黄色でもどこか大人っぽいクールな印象を受けます。素材はコットンなので、汗が伝うことなくしっかり吸収。

ヘアバンドの幅は10cm、長さが25から30cmと伸縮性もある生地で、男女問わないフリーサイズで頭のサイズを気にせず使えます。伸縮は伸びっぱなしではなく、頭にしっかりフィットしてくれ、ズレる心配がないのも魅力的。通気性・速乾性もあるので、長時間の運動でたっぷり汗をかいた時にも安心です。

 

HAMIST ターバン

コスパ最強!ニオイを抑える効果にも期待

HAMISTは6~12枚セットの汗止めバンドを展開しており、まとめ買い扱いとなるためか1枚あたりのコスパがよいのも魅力。柄はQlfeemのような迷彩柄からグラデーション、ボタニカル系、無地など、20種類以上の様々なタイプから選べます。

1セットの中でもさらに細かく色やデザインが異なっており、人と同じものは嫌という方にもおすすめ。素材はポリエステルを使用。サイズはフェイスマスクにもなるだけあって、長さ50cm、幅25cmと広めになっています(1cmの前後差あり)。

また抗菌・防臭機能も備わっているため、汗の量はもちろん臭いが気になる方、周囲に臭いを気づかれたくない時にも活躍してくれますよ。

 

Spet Tiger ターバン

コスパもデザインも魅力的!おしゃれさんにおすすめ汗止めバンド

ファッション性は捨てられないけどコスパも重視したい!そんな方にはSpet Tigerの汗止めバンドがおすすめ。HAMISTと同じく複数枚のセット品ですが、コストはHAMISTの半額近いです。

セットの種類は7パターンほどですが、それでも複雑な柄からシンプルな無地まで様々。もちろん同一セット内は全て別の色・模様です。スポーツ専用としてはもちろん、普段のファッションに合わせても素敵。

汗止めバンドのサイズ・素材はHAMISTと共通しており、ポリエステルで長さ50cm、幅25cm(前後1cm差あり)。通気性がよく汗の吸収速乾と共に、抗菌防臭が期待できますから、長時間のスポーツをする時や汗っかきの方にも便利です。

 

【ヘアバンドタイプ】汗止めバンドおすすめランキングTOP10

第10位 KOUTEIヘッドバンド

使用感もお値段も◎!コスパに優れた汗止めバンド

こちらの商品はお得な3本セットになっている、コストパフォーマンスに優れた汗止めバンドです。価格帯もプチプラで購入しやすく、スポーツをしている方や汗止めバンドをたくさん使いたい方におすすめの商品。オーガニックコットン仕様になっていて、手触りの良さにも優れていますよ。

通気性が良いので、暑い時期にも使いやすいのが嬉しいですね。また、伸び縮みもしやすくサイズを選ばず誰でも使用しやすいのも、こちらの商品のおすすめポイントです。汗止めバンドを選ぶ際に特にコスパを重視するなら、こちらの商品をチェックしてみてくださいね。

 

第9位 A-KG UVクールヘアバンド 汗止め

ひんやり質感でクールに汗止め効果UP!

暑い時期におすすめなこちらの汗止めバンド。気化冷却を利用して-5度の冷たさを感じられるのが特徴になっています。クールな質感の商品なので、汗止め効果を更に上げてくれるでしょう。

サラッとしたアイスシルク素材が心地良く、いつまでも触れていたくなります。汗をかいてしまっても安心な吸水性のある生地になっているのも嬉しいですね。23㎝から27㎝ほどに伸びるので伸縮性も◎!

シワになりにくい生地なので耐久性にも優れています。汗をたくさんかく暑い時期に使いたい汗止めバンドです。おしゃれなデザインになっているので、スポーツをする際もおしゃれにこだわりたい方におすすめ!

 

第8位 BUBOSHUヘッドバンド ヘアバンド 汗止め

高クオリティ!ヘルメットの下に使用するのもおすすめ

自転車によく乗る方に特におすすめなこちらの商品。汗をかいてしまい視界を邪魔しないようにしっかりとした吸水性のある汗止めバンドが使いやすいですよね。こちらの商品は吸水性に優れているほか肌馴染みも良く、ヘルメットの下に使っても違和感が出ないのが特徴的です。

ムレを防ぐ通気性の良さもあるので、ヘルメットをかぶる方にピッタリ!ポリエステルとスパンデックス素材で構成された汗止めバンドで、心地良く使えるのがおすすめのポイントです。

高クオリティの汗止めバンドをお探しなら、こちらの商品をチェック!軽量化されているこちらの商品で、快適にアウトドアを楽しめますよ。

 

第7位 M.K汗止め帽子バンド

特許を取得した優秀汗止めバンド!

ほかの商品とは少し変わったフォルムをしているこちらの商品。ツバがある汗止めバンドなので、顔に汗が垂れてしまわないようになっています。スポーツはもちろん、ガーデニング仕事などにも役に立ってくれそうですね。

別途帽子に着用するタイプの商品になりますが、汗止め効果として優れた効果を誇っています。絶対に汗を顔に垂らしたくない時にぜひ使いたい商品ですね。若干お高めになってしまいますが耐久力や、洗えて繰り返し使える点など、コストパフォーマンスの面では悪くないと思います。

メイク崩れが気になる方、顔に絶対汗をつけたくない方は、こちらの商品がおすすめです。価格以上のパフォーマンスを果たしてくれるスグレモノですよ。

 

第6位 LUCINA ヘアバンド7色セット

プチプラでカラーも楽しめるスタンダードヘアバンド

こちらの商品は、もっともスタンダードな汗止めヘアバンドのセット商品です。カラーは黒、白、赤、青、緑、ピンク、オレンジの7色セットです。締め付け感もなくさりげなく汗を止められるやさしい肌触りの汗止めヘアバンドです。

お値段のお手頃で友人や家族とシェアできるところもいいですね。汗を吸収する機能とふんわり感は保温機能もあるので屋内外でも使うことができる便利ヘアバンドです。

 

第5位 Byinns ヘッドバンド

頭にフィットする結べるタイプも使いやすい

こちらの商品は結ぶタイプです。他にもそのまま頭にヘアバンドをつけるタイプもあります。スポーツをするときに頭にタオルを巻いている男性を時々見ますが、結ぶタイプであれば自分の頭の形に合わせてしっかりとつけることができます。

サイズがなかなか合わないという方にもおすすめです。スポーツジムなどでは派手目な柄も映えるので色違いで毎日替えて楽しむのもいいですね。

 

第4位 UNDER ARMOUR ヘッドバンド

メンズにおすすめなかっこよさ!大人気ブランドからの商品

スポーツジムで筋トレをしてい男性にとても人気のあるアンダーアーマーですね。スポーツをハードにする男性全般に人気のあるブランドだと思います。

ジムで本格的に走ってる方もアンダーアーマーのヘッドバンドしていましたね。シンプルでありつつもアスリート的な主張の強いブランドでもあり男らしくてかっこいいなと思います。

 

第3位 Walant ヘアーバンド 吸汗速乾

機能性抜群!使いやすさ重視ならこちらのヘアーバンドを!

こちらは少し広めのターバンのような形ですね。伸縮性に優れた厚い生地なので頭にフィットしやすいと思います。ヨガをしている女性が時々このような広めのターバンのような汗止めヘアーバンドをしているのを見ますね。ヨガはご存じのとおり激しく動くポーズと静止して動かないポーズが入り組んでいます。

止まって呼吸をゆっくりしているときに頭から汗がポタポタと床に落ちると同時にやはり目に入るんですよね。ヨガウェアもかわいらしいのでヘアバンドのようにファッションとしてつけるのもいいですよね。水洗いもできます。

 

第2位 Halo headband 汗が目には入らない究極の汗止めバンド

殺菌効果も!シリコン素材で汗止め効果UP

こちらはネットで人気の汗止めバンドですね。アメリカのサイクリストが開発した究極の汗止めヘッドバンドと紹介されています。工夫されているところは、ヘッドバンドの内側にシリコンゴム製のシールがついています。それが、額に落ちてくる汗を左右に流して汗が目にかかるのを防ぎます。

このシリコンゴムは柔らかくおでこにも優しいようです。吸汗速乾素材を使用して汗をかいても素早く吸収して重くなりません。さらに銀イオン加工を施した素材が殺菌効果を発揮し、バクテリアの発生や汗の臭いを防ぎます。

スポーツブランドのロゴが付いている商品がかっこいいので人気になりがちですが、ネットで売れている理由は、素材ですね。本当に汗止めバンドとしての機能を最大限に考えられて汗止めバンドです。

 

第1位 NIKE スウッシュ ヘッドバンド

出典: Amazon.co.jp

NIKE スウッシュ ヘッドバンド
ブランド
カテゴリ

おしゃれなヘアバンド型汗止めバンドならこちら!

やはり、人気が高いのがナイキの汗止めヘッドバンドです。ナイキはマラソンをされる方などにも人気のブランドですよね。オシャレなロゴも男女問わず愛用されている方が多いスポーツブランドだと思います。シンプルなマークであるのもオシャレですよね。

トレーニングウェアも華やかに男女ともなってきていますので、オーソドックスなタイプのナイキの汗止めヘッドバンドはどんなスタイルにもかっこいいと思います。

 

【リストバンドタイプ】汗止めバンドおすすめランキングTOP6

第6位 YONEX リストバンド

カラバリ豊富!好みのカラーで楽しく使える

スポーツウェアのコーデのポイントにもなるカラーも豊富なヨネックスのリストバンドです。テニスやバドミントンでとくに人気ブランドのヨネックスはカラーが豊富なことでも有名です。

汗をしっかりと吸収しながら色を楽しめることもいいですね。こちらはメンズタイプです。男性の方の中にも明るい色が好きな方は多いのですが、なかなかチャレンジしにくいという方も多いようです。

ヨネックスのリストバンドは1つ売りなのでさりげなく手首に今まで身につけたことがないカラーも付けやすいと思います。

 

第5位 BEACE ヘッドバンド

使いやすいカラーのセットタイプ

こちらの商品はセットタイプでも気分やトレーニングウェアにあわせてつけられる人気のカラーをセットにしたタイプです。6枚入りでブラック、ホワイト、グレーがそれぞれ2枚ずつ入っています。

他にもヘアバンドやリストバンドの黒のセットタイプなど多数スタンダードで使いやすい汗止めバンドのセットが販売されています。吸汗速乾性で汗の吸収力が良く抗菌防臭処理でニオイも気にならず清潔に使えます。

オーガニックコットン採用で肌に優しく夏にも涼しくつけることができます。

 

第4位 Elehereリストバンド

プチプラでヘビーに使える枚数を選べるセットタイプ

こちらの商品は2個セットから10個セットまであります。スタンダードで使いやすいブラックで縦に8センチの長めのリストバンドですね。男女兼用で使えます。汗を吸い取りやすく柔らかな肌触りが特徴です。

薄手で適度な締め付け感でずれ落ちません。

スタンダードなデザインで飽きもこず毎日のように運動をする方にぴったりなリストバンドです。

 

第3位 Asics トレーニング リストバンド

カラーも楽しめる人気のアシックス

スポーツブランドとしても人気のアシックスの商品ですね。こちらの商品はカラーで個性を出すことができます。レッドとブルーとホワイトとネイビーとブラックがあります。ブラックの2種類はこちらで紹介したゴールドが人気があります。

アシックスのロゴの部分をこちらはメンズ用のフリーサイズです。メイン素材は綿なので汗も吸収しやすいです。長さは約8センチのテーバー型です。人気スポーツブランドの商品は機能的にも優れていて見た目もカッコいいところもおすすめです。

 

第2位 UNDER ARMOUR パフォーマンスリストバンド

筋トレ好きにピッタリ!手首保護にもおすすめ

リストバンドは片方だけで使っている人が多いとご紹介しましたが、アンダーアーマーについては両手ですね。なぜなら、筋トレをされる方が好きなブランドだからです。

筋トレの基本は、重たいバーベルが男性の場合は基本なので、両手首に負担がかかるので、汗だけでなく手首保護にもいいと思います。

胸をきたえるときに、ステップ台に寝てバーベルを上にあげる運動があるのですが、慣れていないと手首が後ろ側にそりかえってしまいます。

女性の方もリストバンドなどをしていると手首に意識が向いてまっすぐに安全にバーベルを上げ下げできると思います。筋肉ムキムキマンはアンダーアーマーが好きというのが私の見解です。

すごく多いです。全身アンダーアーマー筋肉男子。もちろん、女性も好きな方もいますが、ウェアもスリム系が多いのでやはり筋トレなどしてスタイルのいい方が似合うブランドなのかなと思いますね。小物だと取り入れやすいですよね。

 

第1位 Nike Swoosh Wristband/リストバンド

出典: Amazon.co.jp

Nike Swoosh Wristband/リストバンド
ブランド
カテゴリ

ブランドロゴで気分も上がる!売り切れ続出の大人気商品

ナイキのリストバンドも王道の人気ですね。こちらも男女ともにつけている方は多いです。ヘッドバンドと一緒にリストバンドをつけている方もいますし、どちらかだけという方もいます。

汗のかきかたや着こなしなどを考えて合わせて楽しんでいる方もリストバンドは特に多いです。

運動の途中でもリストバンドをしていると、まさに汗をぬぐうことができるので便利ですよね。

他にも有名な筋トレのインストラクターの女性がイメージモデルなどをされているリーボックなども人気なのですが、公式サイトでも売り切れるほどでなかなかネットでは手に入らないようです。見つけたら買いかもしれませんね。

 

【脇専用】汗止めバンドおすすめ2選

汗止め帯 レースタイプ

ツボ押し効果で汗止め力UP!

脇から巻いて使用するタイプの汗止めバンドになります。生地の内側部分には突起が付いていて、ツボを刺激して汗を止める仕組みになっています。マジックテープで脇から胸の上に密着させて使用しますが、肌触りは◎!

マジックテープが直接お肌に触れる構造になっていないので、肌触りを重視する方でも安心して使用できると思います。サッと巻くだけで装着できるので忙しい時間帯でもOK!3秒ほどで支度が終わる便利な商品です。

服の上から透けにくく、バレにくい生地になっているのも嬉しいポイントですね。こちらの商品を使用しない時は折りたたんでコンパクトに収納できます。外出時に持ち運びたい時にも使いやすいでしょう。しっかり体に密着して使いやすい汗止めバンド、売り切れる事が多い人気商品なので気になる方はお見逃しなく。

 

アドフィールド 汗止め帯 XS

吸水性のある素材で使いやすい!

汗をしっかり吸い取るポリエステル素材で構成されたこちらの商品。さらりとした手触りの優れた生地なので朝から晩まで長い時間装着していても苦になりません。肌触りの良さを重視したい方にもおすすめしやすい商品です。

伸縮性のある汗止めバンドになっていて使用感の良さにも優れています。フィット感がありズレ落ちてしまう心配も不要です。目立たない色合いになっていて透けてしまう心配もしなくて良いでしょう。スリムなサイズ感で違和感なく汗止めバンドを装着したい方におすすめしたい商品です。

日差しが強い時期など汗をたくさんかいてしまう際に最適な脇専用型の汗止めバンド。口コミ評価も高く、効果を期待する方にぜひ使ってみてほしい商品です。

 

汗対策グッズもチェックしよう

汗対策グッズ

 

汗止めバンドの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、汗止めバンドの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング

 

汗止めバンドで活動を思いっきり楽しもう

リストバンド

子供って頭から汗をかくんですよね。小さい赤ちゃんやわんぱく小学生の男の子も頭が雨が降ったようにびしょびしょになっていることがありますよね。体育会系の中学や高校の昼休み後の男子の頭もありえないくらいびしょびしょなこともあったように思います。

本当に運動をしっかりすると頭から汗をかきます。とくに大人の女性は冷え症の方も多いですよね。私もそうですが、少し軽い運動をしたくらいでは汗はそんなにかかないですよね。でも、しっかりと運動をすると汗を頭からかけるようになります。

少々困るのは常に運動をしていると1度汗腺が開くと止まらなくなるのか、ちょっとした運動でも汗をかきやすくなるんですよね。その場合、お化粧崩れなどが心配になりますが、代謝がよくなって太りにくくなったように思います。

汗が目に入って運動がしずらいなと汗止めバンドがほしくなった瞬間くらいが、かなり運動量はあがり体重は減ってきて筋肉量がアップしてる時かなと経験上思いますね。

実は、自然に汗をかく夏は痩せにくいシーズンだそうです。思ったより体重が減らないで悩む方もいると思います。

だけど、このまま秋までがんばって、すずしい秋なのに頭から汗をかくようになっていると確実に体系が冬に変わります。どんな季節でも汗止めバンドが大活躍できるように毎日運動をがんばりたいものですね。

 

記事内で紹介されている商品

アディダス ヘッドバンド DUR58

サイトを見る

アンダーアーマー パフォーマンスヘッドバ…

サイトを見る

ナイキ(NIKE) スウッシュ ヘッドバンド NN…

サイトを見る

MIZUNO テニスウエア ヘッドバンド

サイトを見る

Adidas テニスウェア ウェアアクセサリー …

サイトを見る

Qlfeem ヘアバンド

サイトを見る

Spet Tiger  ターバン

サイトを見る

KOUTEIヘッドバンド

サイトを見る

A-KG UVクールヘアバンド 汗止め

サイトを見る

BUBOSHUヘッドバンド ヘアバンド 汗止め

サイトを見る

M.K汗止め帽子バンド

サイトを見る

LUCINA ヘアバンド7色セット

サイトを見る

Byinns ヘッドバンド

サイトを見る

UNDER ARMOUR ヘッドバンド

サイトを見る

Walant ヘアーバンド 吸汗速乾

サイトを見る

Halo headband 汗が目には入らない究極の…

サイトを見る

NIKE スウッシュ ヘッドバンド

サイトを見る

YONEX リストバンド

サイトを見る

BEACE ヘッドバンド

サイトを見る

Elehereリストバンド

サイトを見る

Asics トレーニング リストバンド

サイトを見る

UNDER ARMOUR パフォーマンスリストバンド

サイトを見る

Nike Swoosh Wristband/リストバンド

サイトを見る

汗止め帯 レースタイプ

サイトを見る

関連記事