これで健康的な身体を目指せ!ヨガポールおすすめランキングベスト10

夕方になると、肩がこったり、首や腰が痛くなったりすることはありませんか?

スマートフォンでSNSを見ていたら首が痛くなった、パソコン作業で同じ姿勢を続けていたら腰が痛くなったなど、体の不調が気になるという方は多いと思います。

肩こりや腰痛が辛いから対策をしたくても、定期的にジムや整体、マッサージに通うのは大変ですよね?お金も時間もかかります。

そこでおすすめなのが『ヨガポール』です。

ヨガポールがあれば、自宅で簡単に姿勢矯正やインナーマッスルを鍛えることができます。毎日、自分の家でコツコツとできるので、運動が苦手という方や忙しい方でも続けやすいです。

そこで今回は、ヨガポールの魅力や効果的な使い方、選ぶポイントなどを紹介したいと思います。実際に私が使ってよかったという商品もありますので、ぜひ参考にしてください!

 

目次

ヨガポールって何ができる?

ヨガポール

 

ヨガポールは、ストレッチポールやピラティスポールと呼ばれることもある、エクササイズをするための商品です。長さは1メートルほどで、円柱の形をしています。

他に、短いものや半円形のものがあり、ヨガやピラティスのレッスンで使うことがあります。

私は、腰痛対策としてヨガポールを購入しました。腰が痛い原因は体のゆがみからきていると思い、姿勢矯正に効果があるというヨガポールのことを知りました。

毎日、お風呂上りにヨガポールに乗ってゴロゴロとしていると、体の力が抜けてリラックスすることができます。今では、自宅でのストレッチに欠かせないものになりました。

 

ヨガポールの効果的な使い方を3つ紹介!

ヨガポール

 

肩こりの改善ならストレッチ

ヨガポールを縦にして、その上に乗ってゴロゴロとしているだけでも、背筋がじんわりと伸びてきます。

そのときに、腕を上に伸ばして上下させるように動かすと、肩甲骨のストレッチになります。腕を回すときも、肩甲骨が大きく動いていることを意識してくださいね。

朝起きた後、夜寝る前に5分ほどヨガポールに乗ってこりをほぐし、体をリセットさせましょう。

 

腰痛対策なら体幹トレーニング

ヨガポールを使えば、インナーマッスルを鍛えることができます。体幹を強くして姿勢を安定させることで、腰の負担も軽くなります。

ヨガポールに縦に乗り、足を上下に動かします。最初は横に手をつきながら行い、慣れてきたら胸の前に組んでみましょう。

足を股関節から動かして、床につく直前で止めます。ゆっくりと、呼吸を意識してくださいね。

 

全身のこりをほぐすなら筋膜リリース

ゴロゴロとしているだけでも気持ちがよいのですが、硬くなった筋肉をヨガポールに押し当てることにより、筋膜をほぐすことができます。

ヨガポールを横にして、背中や太ももの下に入れます。その状態で圧を加えて、ゆっくりと筋膜を伸ばしていきます。太ももの場合は、片足ずつ行いましょう。

 

ヨガポールを選ぶ時に見るべきポイント4つ

ヨガポールを購入したいと思っても、たくさんあってどれを選べばよいか迷ってしまいますよね。そこで、ここではヨガポールを選ぶときに見るべきポイントについて、紹介したいと思います。

 

自分の体格に合ったサイズを選ぶ

ヨガポールには、頭からお尻までが乗る長さが必要です。一般的に、1メートルほどのものが多く、男性の方や女性でも背の高い方はこの長さで問題ないと思います。

小柄な方は、長さが少し短めのものがよいでしょう。また、高齢の方には、安定感がある半円形のハーフサイズのヨガポールがおすすめです。

 

全身か部分的か用途で選ぶ

全身のバランスを整えたい、首や肩、背中のこりをほぐしたいという方は、頭からお尻まで乗るタイプ。部分的に細かく使いたいという方は、30センチほどの短いタイプのヨガポールを選びましょう。

その中でも、特に硬くなった太ももの筋肉をほぐしたいという方は、前面に凹凸がついたタイプがよいでしょう。筋肉に適度な刺激を与えるので、よいマッサージになりますよ。

 

耐久性重視なら発砲オレフィン系樹脂

ヨガポールの素材はいくつかありますが、耐久性を重視する方は、発砲オレフィン系樹脂を使った商品がおすすめです。適度な硬さと、使い終わった後に元に戻る粘性を備えているので、長い期間使用することができます。

ただ、耐久性が優れている分だけ、価格も高くなってしまいます。

 

カバーの有無で選ぶ

ヨガポールの中には、カバーが付いていなくて、中身だけのものがあります。上に乗ったときにチャックや縫い目が気になるという方は、カバーのないタイプがよいでしょう。そのまま洗うこともできるので、衛生的に使うことができます。

また、一部の商品は取り替え用のカバーがあるので、好きな色に交換してリフレッシュするのもよいと思います。

 

私の愛用ヨガポールはこれ!

 

東急スポーツオアシス フィットネスクラブがつくった リセットポール

出典: Amazon.co.jp

東急スポーツオアシス フィットネスクラブがつくった リセットポール

このヨガポールを選んだ1番の理由は、東急スポーツオアシスという『フィットネスクラブ』が作ったという安心感です。長さが少し短い90センチなので、体が上手く乗るか心配だったのですが、問題ありませんでした。

何より、硬さが丁度よいです。硬すぎると、乗っていて背骨が痛くなることがありますよね。でも、この商品は適度な軟らかさがあるので、ゴロゴロと寝ているだけでも気持ちがよいですよ。

 

これで健康的な身体を目指そう!ヨガポールおすすめランキングベスト10!

 

10位 MRG ロング ヨガポール エクササイズマニュアル付き 最高級合皮 PUレザー カバータイプ

出典: Amazon.co.jp

MRG ロング ヨガポール エクササイズマニュアル付き 最高級合皮 PUレザー カバータイプ

100センチと少し長めのヨガポールなので、男性の方でも安心して乗ることができます。また、カラーはアイボリーやターコイズ、ネイビー、ピンクなど15種類あるので、好みのものを選ぶことができます。

カバーは、本革に近い質感のPUレザーを使っています。通気性や撥水性が高いので、経年劣化しにくいという特徴があります。

ただ、本体はやや硬めなので、女性の方では痛いと感じる方もいるかもしれません。

 

9位 Precthings ストレッチ用ポール ハーフ 活用マニュアル付き

出典: Amazon.co.jp

Precthings ストレッチ用ポール ハーフ 活用マニュアル付き

半円形のヨガポールで安定感があるので、初心者の方におすすめです。縦に2本並べるようにすれば、一般的な長さのヨガポールと同じように使うことができます。

また、円の形の方を下にして手や足を乗せてバランスをとれば、体幹を鍛えることができます。

ただ、付属しているバンドでまとめれば円柱型のヨガポールになりますが、長さは短いです。しっかりと伸ばしたいという方は、ロングタイプのものがよいでしょう。

 

8位 EasyChange ヨガポール yoga ショート

出典: Amazon.co.jp

EasyChange ヨガポール yoga ショート

長さ44センチの短いタイプのヨガポールなので、縦にして上半身を乗せるというよりも、横にして背中の下に入れるなどの使い方に向いています。また、圧をかけて筋膜をほぐすなど、部分的に使うのがおすすめです。

カラーは、パープルとピンクの2種類。カバーのないタイプなので、縫い目やチャックは気になりません。そのまま丸洗いすることもできますよ。

 

7位 Ms. RAJA ヨガポール PUレザー ロングタイプ

出典: Amazon.co.jp

Ms. RAJA ヨガポール PUレザー ロングタイプ

カバーのデザインが素敵なヨガポールです。カラーはブラック、ターコイズグリーン、ダマスクターコイズ、ダマスクパープル、トライバルブルーの5種類。どれも見た目がお洒落なので、インテリアとしてソファーの横に置いておいても違和感はありません。

もちろん、機能性も優れています。長さは100センチのロングタイプなので、色々な態勢をとることができますよ。

 

6位 IRONMAN CLUB 鉄人倶楽部 ピラティス ポール

出典: Amazon.co.jp

RONMAN CLUB 鉄人倶楽部 ピラティス ポール

お手ごろな価格のヨガポールなので、とりあえず始めてみたいけど高価なものはちょっとという方によいと思います。長さは91センチ。少し短めですが、女性の方はしっかりと上半身を乗せて仰向けに寝ることができると思います。

ただ、女性でも背の高い方や男性の方は、少し物足りないと感じるかもしれません。

 

5位 DB Praise グリッドフォームローラー 40分動画DVD&写真入使い方説明書&保管バッグ付属

出典: Amazon.co.jp

DB Praise グリッドフォームローラー 40分動画DVD&写真入使い方説明書&保管バッグ付属

表面に凹凸がついている、ハーフサイズのヨガポールです。カラーはオレンジとブラック&パープル。凹凸の刺激がマッサージとなり、硬い筋肉をほぐしてくれます。

背中や腰、太ももなどに使用できますが、おすすめは膝の裏です。最初は痛いのですが、慣れてくると気持ちがよいですよ。説明書とDVDがついているので、ぜひ痛いけど気持ちがよいというポイントを探してみてください。

 

4位 LPN ストレッチポール(R)ハーフカット

出典: Amazon.co.jp

LPN ストレッチポール(R)ハーフカット

ヨガポール(ストレッチポール)といえば『LPN』といわれる、定番の商品です。カラーはアイボリー、イエロー、ネイビー、ピンク、ライトグリーンの5種類。

半円形の短いタイプです。縦に2本並べると約80センチなので、男性の方が仰向けに乗るには短いと思います。

ただ、ロングタイプと比べると持ち運びやすいので、運動部の方は学校や合宿先に持って行くということもできますね。

 

3位 ヨガポール Santasan

出典: Amazon.co.jp

ヨガポール Santasan

8位で紹介した商品の、ロングタイプのヨガポールです。長さは98センチあるので、男性の方でもしっかりと体を乗せて伸ばすことができます。カラーはパープルとピンクの2種類。

こちらも、カバーはありません。チャックの部分がないので、どの場所を使っても気にならないと思います。背中のストレッチが目的で、商品はシンプルなものでよいという方におすすめです。

 

2位 東急スポーツオアシス フィットネスクラブがつくった リセットポール エクササイズDVD付き

出典: Amazon.co.jp

東急スポーツオアシス フィットネスクラブがつくった リセットポール エクササイズDVD付き

『私の愛用ヨガポールはこれ!』で紹介した商品の、ロングタイプです。私が使っているのは90センチですが、こちらは98センチあります。頭から尾てい骨まで乗せても余裕があるので、安心して体重をかけることができますね。

カラーはグリーン、ネイビーブルー、ピンク、ブラウン、ベージュの5種類で、DVD付きです。そのため、初心者の方でも動画を見ながら、色々なエクササイズをすることができると思います。

 

1位 LPN ストレッチポール(R)EX

出典: Amazon.co.jp

LPN ストレッチポール(R)EX

こちらは、4位で紹介した『LPN』のロングタイプのヨガポールです。長さは98センチで、カラーはアイボリー、イエロー、ネイビー、ピンク、ライトグリーンの5種類あります。

ジムに置いてあることが多いので、試したことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。私はヨガスタジオで使ったことがあるのですが、硬さや弾力が丁度よかったです。カバーの触り心地もよいので、ゴロゴロとしていると自然に馴染んできます。

アスリートが使っているのと同じものがよい、本格的なものがよいという方は、少し高価ですがこちらのヨガポールがよいと思います。

 

ヨガポールの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ヨガポールの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

背中の筋肉をほぐして快適な睡眠へ

私は、就寝前にヨガポールに上半身をしっかりと乗せて、腕を大きく15回ほど回しています。胸を開いて深く呼吸をしてからベッドに入ると、あっという間に眠ることができます。

主人も「ヨガポールを使うようになってから、寝つきがよくなったよ」と、言っていました。

ヨガポールに5分ほど仰向けになっているだけでも、背中の筋肉がほぐれて気持ちがよいです。肩こりや腰痛で悩んでいるという方の参考になると嬉しいです!

記事内で紹介されている商品

東急スポーツオアシス フィットネスクラブ…

サイトを見る

MRG ロング ヨガポール エクササイズマニ…

サイトを見る

Precthings ストレッチ用ポール ハーフ 活…

サイトを見る

EasyChange ヨガポール yoga ショート

サイトを見る

Ms. RAJA ヨガポール PUレザー ロングタイプ

サイトを見る

RONMAN CLUB 鉄人倶楽部 ピラティス ポール

サイトを見る

DB Praise グリッドフォームローラー 40分…

サイトを見る

LPN ストレッチポール(R)ハーフカット

サイトを見る

ヨガポール Santasan

サイトを見る

東急スポーツオアシス フィットネスクラブ…

サイトを見る

LPN ストレッチポール(R)EX

サイトを見る

関連記事