コスメライターが教える人気ビューラーのおすすめランキング8選

アイメイクが好きな方なら、ビューラーを毎日使っていると思います。毎朝アイメイクの時に使うビューラーですが、どうやって今使っているビューラーを選んだのでしょうか。

上手く使えば瞳をぱっちりと魅力的にみせてくれるビューラーですが、使う時に「なかなか上手くまつ毛が上がらない」「思ったようにビューラーでまつ毛が挟めない」などの悩みがある方もいらっしゃるのでは無いでしょうか。

友人が良いと勧めてくれたビューラーであっても、そのビューラーが必ずしも自分にも合うとは限らないのです。

自分の瞳に合うビューラーを探して、魅力的な目元を演出していきましょう。

 

そのビューラー、あなたに合っていますか?

ビューラー

毎日何となく使っているビューラーなのだけれど、もっと自分に合うビューラーがあるのでは、と思ったことはありませんか。

特に不満があるわけでは無いけれど、「おお、これよ。私が探していたのは!」と感激出来るようなビューラーにまだ出遭っていないのでは無いでしょうか。

私もビューラー歴はもう何十年にもなりますが、使って感動したビューラーを発見したことも何度かあります。私の目は横幅が長く彫が深く、目の上のラインがかなり丸いので、なかなかフィットするビューラーが無かったのですが、ある日、1つのビューラーを使うようになってからは、朝ビューラーを使う時間も短縮出来るようになりましたよ。

それにまつ毛が上向きにくるんとなってくれるので、見栄えもするようになり一日中ルンルンして過ごすことが出来るようになりました。マスカラやアイシャドウというメイクアイテムも大事ですが、ビューラー1つでしっかりと効果的な目元を演出することが出来るので、ビューラーはとても大切だと思います。

ビューラーは上まつ毛を何度かに分けてカールし、下まつ毛も上まつ毛同様にカールすれば、パアッと見違えるような目元になります。まつ毛が長い人であれば、自分に合ったビューラーでまつ毛をカールするだけでマスカラ要らずの素敵な目元にもなれます。

一重や奥二重の方でも、自分に合ったビューラーを見つければパチッとした目元になって印象がガラッと変わるはず。自分の目元にあったビューラーを見つけてどんどん美人になりましょう。

 

ビューラーは、意外と商品によって仕上がりが違う!

カーブが浅いタイプ

目元の彫の浅い方向けのビューラーです。

オーソドックスなタイプで、浅いカーブが目のカーブと合えば一気にまつ毛を上に向けることが出来ます。

挟む時に挟みやすいので、一重の方、二重の方、奥二重の方、どのタイプにもカーブさえ合えば使いやすいと言えます。

カーブが浅いタイプは、目元のカーブと形が合えば目頭から目尻までのまつ毛を全部一緒に上向きにすることが出来、部分用ビューラーが不要になります。

日本人にはこのカーブが浅いタイプが向いています。日本製のビューラーを使うようにするとフィットするビューラーに出遭うことも多いでしょう。

 

カーブが深いタイプ

目元の彫の深い人向けのビューラーです。

奥行があるカーブなので、目元に合わせるまでに少し時間がかかります。

根元から一気にまつ毛をあげていくと、カーブの深いタイプの場合にはとても瞳全体の印象が変わるので、ビューラーだけでマスカラ無しでも良いぐらいの方もいます。

海外の方にはこのようなカーブが深いタイプの方が多く、ハッキリとした顔立ちの方であればアメリカ製などのビューラーも使ってみると良いと思います。

 

コンパクトタイプ

携帯用に優れた形状をしていて、化粧ポーチにもすっぽり入るので人気があります。

ただ、目の形にフィットするかどうかは使う人によるので、コンパクトタイプのビューラーでも美しい上向きまつ毛が作れることもありますし、目の形が合わない場合にはまつ毛が抜けてしまう、などの残念な結果になることもあるので注意が必要です。

 

部分用

カーブが浅いタイプもカーブが深いタイプもどちらも自分の目の形にはぴったりと合わない、という時には部分用が役立ってくれます。

どんなカーブの目元でも少しずつまつ毛を挟んで上向きにしていくので時間はかかりますが、キレイな上向きのまつ毛に仕上がります。

一重まぶたの方でも根元からまつ毛を挟むことが出来るので使っておられる方も多いです。

また、通常のビューラーでは難しい下まつ毛のカールにも使いやすいため、アイメイクが好きな方は部分用ビューラーを持っておくと重宝すると思います。

このように、ビューラーには色々なタイプがあります。

自分の瞳をよく見て、横幅がどれぐらいか、前から見た上まぶたのカーブが丸いか平たいか、目元の彫が浅いか深いかなどを考慮して理想のビューラーを選んでいって下さい。

 

一重、二重それぞれのビューラーの選び方とは?

一重の方はビューラーを使う時にも一番失敗が多いと言われています。

まぶたをビューラーで挟み込んでしまったり、まつ毛がビューラーに上手く挟めずにまつ毛がカール出来なかったり、と色々な失敗談をよく耳にします。

一重の方は、まず自分の目のカーブに合ったビューラーを使う事です。

自分の目のカーブにフィットしたビューラーを使って、まつ毛の根元からギュッと上向きにあげると上手く行きます。力を入れ過ぎてまつ毛を傷めないように丁寧に行って下さいね。部分用ビューラーを使うこともおススメです。

奥二重の方は、まつ毛が奥に引っ込んでしまっていてなかなかビューラーを使ってカールしにくいという方も多いでしょう。奥二重の方も一重の方同様、まつ毛の根元からビューラーでカールをつけるとキレイなまつ毛になります。

やはり自分の目のカーブに合ったビューラーを使う事が一番ということになりますが、使う時に、目を閉じた状態で眉のあたりを上に持ち上げるとまつ毛の根元が見えてくるので、まつ毛の根元にビューラーをあてて顔を元の状態に戻してまつ毛をカールさせると上手くいきます。

奥二重の方も部分用ビューラーを使う事でキレイなカールしたまつ毛になることも出来るので、部分用ビューラーもおススメです。

 

美しいまつ毛の作り方

まつ毛が一番美しいのは、扇形状に広がっている状態です。この扇形状のまつ毛を上手く作るには、やはり自分の目の形にフィットしたビューラーを使う事が大事ですね。

ビューラーでまつ毛の根元から挟んでぐっと一気に上に上げると目がパチッと見えてきます。

ただ一度根元部分だけを上に上げただけでは不十分で、まつ毛の真ん中当たり、先端当たりでもビューラーでまつ毛を挟んでカールをつけていきましょう。

まつ毛の長い人であれば、5回程度まつ毛に沿ってビューラーの位置をずらし上にカールさせていくと美しいまつ毛が完成します。目尻の部分のまつ毛まで使っているビューラーで挟めない、という方は部分用ビューラーを使って上にあげていくと良いでしょう。

下まつ毛もビューラーを逆さまに持ってカールをつけていくともう完璧です。このように折角美しいまつ毛にしたのに、カールが持続しない、というお悩みをお持ちの方も多いと思います。

そのような方はホットビューラーを使うとさらに効果的です。ホットビューラーを使うと、まつ毛のカールが長続きするのでホットビューラーは人気があります。

 

ビューラーのゴムはいつが替え時?

ビューラーのゴム部分は毎日使っているので、丁寧に扱いたいですし、衛生的に保っておきたいですね。ビューラーにはアイシャドウの粉やアイライナーなどがついてしまうので、使った後はしっかりと除菌をしておきましょう。

市販の除菌クリーナーで拭くように心掛けていれば十分です。でも気をつけて扱っていても、どうしても劣化してくるので3~4か月に一度はゴムを取り換えることが必要になります。

ずっと使い続けていると、ゴムに弾力が無くなって固くなってきたり、ゴムが浮いてきたり、ゴムに亀裂が入ってきたり等良いことは1つもありません。

劣化の度合いはビューラーを使う頻度やビューラーそのものによっても異なってくるので、常にゴムの状態はチェックするようにしましょう。

 

ビューラーのおススメランキング

1位 資生堂 アイラッシュカーラー 213

1000円以内で買えるにも関わらず、口コミでも大人気のビューラーです。

何千人もの日本人女性のまぶたの形を研究して開発されたビューラーということなので、日本人女性の瞳の形に合うように作られているところが良いと思います。

まぶたの丸みがフィットするという声が多いお品です。

発売されてからもう何十年と経つのに、この人気は流石は日本人女性のために作られたビューラーという感じですね。

適度な弾力性のあるシリコンゴムの丸みがあるので、まつ毛を挟んで上にあげるときにも力を入れずに無理なくカールすることが出来ます。

替えゴムもどこでも購入することが出来るため、使い続けるファンも多いと思われます。

どのビューラーにしようかなと迷ったら、まずはコチラを試してみてはいかがでしょうか。ビューラー初心者の方にも人気があり、使いやすさには定評があります。

 

2位 カービングアイラッシュカーラー

日本人女性のまぶたのカーブを徹底調査し生まれたビューラーということです。

カーブが浅いタイプとカーブが深いタイプの丁度中間に位置付けられるように思います。

幅広くまつ毛をカール出来るので、放射線状にまつ毛を1本1本広げながらカールアップしてくれます。

専用のケースがついているので、ビューラーを損傷せずに携帯出来るようになっているのが嬉しい。

目を開けた時のアイラインにぴったりとフィットする弓状カーブを採用しており、まつ毛を根元からキレイにカールアップするように作られているそうです。

支柱がまぶたに当たらない設計になっていて使いやすいです。38mmのワイドサイズなので、目の横幅が大き目のサイズの方にも合うようになっています。

まつ毛を3回カールさせる時に、中央部分が挟みにくいビューラーが多いのですがコチラのビューラーは特殊な形状なのでしっかりとまつ毛に沿ってビューラーを動かせるようになっています。

ゴムが適度に弾力があって挟みやすいところも良いと思います。

 

3位 エクセル スプリングパワーカーラー N

 

1000円以下で購入出来るのに、ワンアクションでカール力がすごいという評判で人気があります。

スプリングパワー構造をしており、ビューラーを使う時にスプリングが効いてくれるため、力を入れなくもしっかりとカール出来ます。

目の横幅が広い方に嬉しい39mmの幅広サイズです。

アイラインにフィットし、なおかつ、まぶたの丸みにもフィットするように立体的にカーブのあるお品です。

日本人女性の瞳に合うように設計されているので、コチラを使って大満足という方も多いですね。

まつ毛を挟む部分のゴムは弾力があり、ギュッとビューラーを握ってもまつ毛が折れたり切れたりしにくいのも嬉しい。

短いまつ毛もキャッチしてくれ、一回使うだけでぐんとまつ毛が上向きにカールするので、忙しい時や時短がありがたい朝に使うと満足感が高いと思います。

 

4位 アイプチ フィットカーラー ひとえ・奥ぶたえ用

一重・奥二重専用ビューラーです。簡単にまぶたに隠れたまつ毛の根元からカールして上向きのまつ毛を作ることが出来ます。

カーラーの先端中央が盛り上がった構造で、まぶたを押し上げることでまつ毛の生え際が表に出て来るので、一重の方や奥二重の方でもまつ毛を根元からぐっと上げることが出来ます。

適度なカーブがついており、まぶたにカーブがフィットして目頭から目尻までのまつ毛を一気に上に上げることが出来るという優れもの。

替えゴム2個セットが付いているのは嬉しいですね。ランニングコストを考えればとてもお買い得感があります。

一重の方、奥二重の方の心強い味方になってくれると思うので、是非お試し下さい。

 

5位 SUQQU スック アイラッシュカーラー

価格は高めですが、昔から定評があるビューラーです。もともと業務用として店頭で使っていたものが人気となり商品化されたという経緯があります。

浅めのカーブがついているビューラーですが、目元の彫の浅い、深いに関係なく誰でもコツを掴めば上手く使えるようになっています。

一度コチラのビューラーでまつ毛をカールアップさせると、そのカールが時間が経っても持続するのが良いと思います。ゴム部分はクッションゴムを採用しているので、ビューラーでまつ毛を挟んだ時でもまつ毛に負担をかけない仕様になっています。

使い慣れるまでは少し時間がかかるように思えるかもしれませんが、仕上がり重視の方にはとても評判が良いビューラーです。力を入れずにビューラーを使えるところも良いと思います。

本体を購入すると替えゴム2個がついてきます。

 

6位 貝印 プッシュアップカーラー

コンパクトタイプで携帯性に優れています。しかもお値段がかなりお安いのも嬉しいですね。

素材が金属で出来ておらずソフト樹脂を使用しているので、金属アレルギーの方にも向いていると思います。

まぶたを押し上げてまつ毛を根元からしっかりとカール出来るビューラーということなので、奥二重の方やまぶたの重い方にも使いやすい設計なのだそうですよ。

まつ毛が下向きに生えている方にも好評なようです。

旅行時やジムなどに持っていくには嵩張らなくて良いと思うので、2つ目のビューラーとして持っておくと重宝しそうです。

 

7位 プレオカールアップ

 

部分用ビューラーです。

色々なビューラーを使ったけれども、なかなか自分の瞳の形にフィットするビューラーが無い、という方におススメです。

通常のビューラーの1/3 のサイズで、目頭や下まつ毛にも使いやすい形状になっています。

一度に通常のビューラーでまつ毛が全部挟み切れない場合などに、目尻だけ、目頭だけ、こちらを使ってキレイなカールを作るのはいかがでしょうか。

まつ毛の根元から持ち上げることが出来るので、カールも比較的長持ちしてくれます。ゴムには「中空シリコンゴム」が採用されているので、まつ毛がねじれずキレイに上にあがる仕様になっています。

通常使っているビューラーにプラスして使うと良いと思います。

一重の方や奥二重の方も根元からまつ毛をカールさせることが出来るので、是非使っていただきたいと思います。

 

8位 シュウウエムラ アイラッシュカーラー N

以前からビューラーでは圧倒的な人気を誇るお品です。持ち手部分の開閉がスムーズで、まつ毛を無理なく挟み込むことが出来るという作りになっています。

まつ毛を挟むアーチは日本人女性に合うように作られており、目元の彫の浅い人と彫の深い人の中間の人向けという印象です。

大きく分類すると誰にでもコツさえ掴めば上手く使えるようになっているというビューラーです。

根元から挟んだまつ毛はくっきりとカールをし、時間がたってもカールが持続してくれるのでお直し要らずです。

購入時に替えゴムが1個ついてきますが、別売りの替えゴムが無いのが残念です。

 

まとめ

ビューラーはマスカラと同じぐらい目を魅力的にみせるには必要なアイテムです。自分の瞳に合ったビューラーを是非見つけて、快適にアイメイクを日々楽しめるようにしましょう。

一重の方も奥二重の方も良い商品があるので是非色々トライしてみて下さい。

ランキングで挙げた8個のビューラーは、私の周囲でも人気のあるものです。参考にしていただければ幸いです。

記事内で紹介されている商品

資生堂 アイラッシュカーラー 213

サイトを見る

カービングアイラッシュカーラー

サイトを見る

エクセル スプリングパワーカーラー N

サイトを見る

アイプチ フィットカーラー ひとえ・奥ぶ…

サイトを見る

SUQQU スック アイラッシュカーラー

サイトを見る

貝印 プッシュアップカーラー

サイトを見る

プレオカールアップ

サイトを見る

シュウウエムラ アイラッシュカーラー N

サイトを見る

関連記事