歯周病予防にも!デンタルフロスのおすすめランキングTOP10

歯磨きは歯ブラシだけでOKと思っていませんか?私も最初はそうだったんですが、デンタルフロスを初めて使ってびっくり。歯磨きをした後だったはずなのに、汚れがついていたんです。

聞くところによると、ブラシだけでは汚れを100%落としきるのはなかなか難しいそう。ゆえにしっかりデンタルケアをしようと思ったら、フロスの存在は欠かせません。

そんなフロスの利用方法や選び方などをご紹介します。初めて使うという方は、最後のおすすめランキングも併せて参考にしてみてください。

 

デンタルフロスをするメリット

まずは、デンタルフロスを使うことで得られるメリットを見てみましょう。

 

デンタルフロスを使わないと、、、。

最初にも少し触れましたが、歯ブラシだけでは落とせる汚れ・範囲にも限界が生じます。つまり歯ブラシによるケアだけを続けていると、常に一定の箇所に汚れが残ってしまうんです。

当然、汚れは虫歯を始めとした、口内のトラブル原因に。デンタルフロスを使うことは、口内のトラブルをより起こりにくくすることにつながります。

 

デンタルフロスで口臭予防

口内の汚れはまた、口臭にも繋がります。デンタルフロスで食べ残しなどをしっかり除去すれば、ミントなどの香りに頼る必要なく、口臭を抑えられますよ。

 

歯石・歯周病予防にも

デンタルフロスが取り去る汚れは、当然歯垢も含まれています。歯垢自体は歯ブラシやデンタルフロスでも除去できますが、これが固まり歯垢となれば、歯周ポケットにも悪影響を及ぼして歯周病に至ることも。

歯垢のうちにデンタルフロスでしっかり取り除くことで、歯石や歯周病予防にも繋がります。

 

デンタルフロスと歯間ブラシの違い

デンタルフロス

 

一緒くたにされがちですが、デンタルフロスと歯間ブラシは少し違います。デンタルフロスは言わば糸ようじ。糸を歯にこすりつけるようにして汚れを落とします。

方や歯間ブラシは名前のとおり、ブラシ状になっているんです。歯ブラシのように、先端に長い毛がついているのではなく、ドリルのような形。毛先はコップなど細い食器用のタワシなどをイメージすると分かりやすいかもしれません。

 

デンタルフロスは二種類ある!

デンタルフロス

 

またデンタルフロスにも、複数のタイプが存在します。用途に応じて両方を備えておくとより便利ですよ。

 

前歯、奥歯はホルダータイプがおすすめ

まずはホルダータイプ。カミソリの、刃の部分が糸になったと考えるとイメージしやすいでしょう。持ち手と並行に糸がついているものもあれば、先端で垂直についているY字タイプなどもあります。

持ち手を握って動かすため、初めての人でも使いやすいタイプ。特に前歯や奥歯など、大きい歯のケアに向いています。

 

歯の隙間が狭い人ストリングフロスを

一方のストリングフロス(ローラータイプ)は、持ち手が存在せず、糸部分のみでできたタイプです。使う際は必要な分だけ取り出し、指に巻きつけて磨きます。ホルダータイプは持ち手の形状が決まっているので、狭い隙間には入れづらいこともありますが、ストリングフロスであれば入れやすく、汚れを落としやすい特徴を持っています。

 

ワックスタイプとアンワックスタイプ

糸が切れたフロス

 

さらにデンタルフロスの糸は、ワックスによるコーティングが施されたものと、そうでないものとがあります。

 

ワックスありは滑りやすく隙間に入れやすい

まずワックスがあるタイプのデンタルフロスは、滑りが良くなるため歯間に入れやすいのが特徴です。コーティングの分、細い糸でも切れにくくなるメリットがありますね。

 

ワックスなしは汚れを落としやすい

一方ワックスなしは、汚れを落としやすいのが特徴です。ワックスでコーティングするということは、歯に対してだけではなく汚れに対しても滑りやすくなるということ。

無論、全く落とせなくなるわけではありませんが、歯磨きとしての成果を重視するなら、アンワックスの方がおすすめです。

 

デンタルフロスは1日に1回!

デンタルフロス

デンタルフロスは1日1回の利用がおすすめです。タイミングは、寝ている間に菌が繁殖しやすい夜。歯垢は数日で歯石へと変わってしまうため、夜には無理という場合でも、毎日1回はデンタルフロスを続けましょう。

 

デンタルフロスの正しい使い方

デンタルフロス

 

デンタルフロスは基本的に焦りすぎ注意。歯間に差し入れる時もゆっくり、左右に糸部分を動かして徐々に入れていきましょう。入ったら両サイドの歯をそれぞれ、糸を上下に動かすことで磨いてください。こちらも確実に汚れを落とすならゆっくり。歯ブラシでの歯磨きで、ついついパパッと手早く済ませてしまう人は特に注意してください。

また口はデンタルフロスがしっかり入れば、大きく開けておく必要はありません。顎が疲れてしまいますし、なにより大きく開けたせいで、デンタルフロスが奥に入り込みにくくなるというデメリットも生まれます。特にストリングタイプの場合は、最低限の開口で大丈夫です。

 

デンタルフロスのおすすめランキングTOP10

では最後にデンタルフロスをランキング形式で紹介します。全体としてはもちろん、タイプごとの上位・下位などもチェックしてみてください。

 

第10位 UFCサプライ フロッシーこども専用フロス

出典: Amazon.co.jp

UFCサプライ フロッシーこども専用フロス

お子さんにも続けやすいフルーツ味のフロス

まずは子供向けのデンタルフロスです。いちごやバナナなど6種類のフルーツ味になっており、お子さんでもデンタルフロスが続けやすい工夫がされています。個包装なので、旅行など外出先に持ち込むことも可能です。

ただ大人にとっては甘さや味付き自体が気になりやすいこともあり10位に。あくまで子供用としておすすめです。

 

第9位 GC ルシェロフロス ミントワックス付

頻繁に使う方向けの大容量タイプ

9位のデンタルフロスは、指に糸を巻きつけて使うタイプ。糸を取り出すタイプは通常50m前後であることが多いですが、なんとこのデンタルフロスは200mまで引き出すことができます。ミント付きで口内のすっきり感もアップ。

大容量ですが、その分コスパは高めです。初めて使う方は相性もあるので、頻繁に使うことが確実の、慣れた方向け商品と言えます。

 

第8位 リーチ ウルトラクリーンフロス やわらかスライド

出典: Amazon.co.jp

リーチ ウルトラクリーンフロス やわらかスライド

糸タイプに初挑戦するならおすすめ

糸タイプのデンタルフロス初心者なら、リーチのやわらかスライドがおすすめです。27mと容量は少ないものの、糸の繊維が柔らかく歯や歯肉へのダメージも抑えやすいです。

また歯間が狭く、フロスを差し込むのが難しいという方にもおすすめ。ほかのデンタルフロスでは磨くことができない場合に試してみましょう。

 

第7位 GUM デンタルフロス ワックス

口内で膨らむ極細フロス

7位も糸タイプのデンタルフロスを選びました。GUMのフロスは、かなり細い作りで8位以上に歯間を気にせず使いやすいです。また水で膨らむ素材を使っていることで、口内でぴったりフィット。

ケースは中央がクリアになっており、フロスの残量が外から分かりやすいのも魅力。買い替えタイミングが分かりやすいです。

 

第6位 小林製薬 小林製薬の糸ようじ フロス&ピック デンタルフロス

出典: Amazon.co.jp

小林製薬 小林製薬の糸ようじ フロス&ピック デンタルフロス

複数の糸でしっかり磨けるホルダー付き

6位はホルダー付きのデンタルフロス。1本あたり、細い6本の糸が帯状に連なっているのが特徴で、1本の糸では取りきれない歯垢などをしっかり除去してくれます。

パッケージは再び閉じることもできるため、デンタルフロスの衛生管理もバッチリ。コスパがやや高めな点に注意してください。

 

第5位 リーチ デンタルフロス ワックス

ワックスと糸の細さ、容量で初心者にも使いやすい

5位は再び糸型のデンタルフロス。リーチブランドは8位でも紹介しましたが、こちらはやわらかさという特徴がないもののワックスによるスムーズな利用が可能。容量も8位より多く、長く使えます。

糸自体は細いので、歯間が狭い方や初めての方にもおすすめ。感触の違いやコスパなどで8位と選び分けましょう。

 

第4位 LION クリニカフロス&スティック

取っ手が長く握りやすいホルダー型

クリニカのホルダータイプは、持ち手の部分が長く作られているのが特徴です。奥歯までしっかり届かせる、しっかり磨けるように握るといった動作が行いやすく、ホルダー型の中では比較的初心者向け。

容量・コスパはホルダー型の中ではやや割高ですが、初めてデンタルフロスを使うならおすすめです。糸部分は3重になっており、落とし残しを作りにくいのも魅力。

 

第3位 LION DENT.EX ウルトラフロス

糸切れが気になる方向けのデンタルフロス

LIONからはDENT.EXもおすすめ。こちらはホルダーの使いやすさに加え、糸の頑丈さも特徴です。ホルダータイプの場合、糸が切れてしまったら使い物にならなくなってしまいます。過去に切れた経験がある方や、使う際に力を込めてしまうタイプの方にはおすすめ。

耐久力ゆえに繰り返し使えるので、長期的なコスパも良いです。

 

第2位 LION クリニカ アドバンテージスポンジフロス

出典: Amazon.co.jp

LION クリニカ アドバンテージスポンジフロス

口内での膨張率は1.5倍!

2位、かつ糸タイプのベストはクリニカアドバンテージのデンタルフロス。糸はスポンジのようなやわらかさに加え、水分を吸って未使用時の1.5倍に膨らむだめ、歯にしっかりフィットし、汚れなどを落としてくれます。

キシリトール入りで、磨いた後のケアまでバッチリ。機能の割にコスパも良いです。

 

第1位 LION クリニカアドバンテージ デンタルフロス Y字タイプ

出典: Amazon.co.jp

LION クリニカアドバンテージ デンタルフロス Y字タイプ

ベストは2位のホルダー版。フォークのような独特のY字型で歯の隙間や奥に入り込みやすく、個人的にも糸のみのタイプより気に入っています。握り込みや動作も容易なので、大人用ではありますがお子さんにもおすすめ。

耐久力もよく、使い捨てにならず洗えば繰り返し利用可能。もともとのコスパも良いので、歯磨きに加えてもお財布への影響は少なくてすみます。

 

デンタルフロスの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、デンタルフロスの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

デンタルフロスで磨き残しもしっかり除去!

歯ブラシやマウスウォッシュなどでのケアも大事ですが、デンタルフロスで見落としやすい細かいところもしっかり対処しましょう。歯の見た目だけでなく、自分のスッキリさ・爽快感もアップしますよ。

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

UFCサプライ フロッシーこども専用フロス

サイトを見る

GCルシェロフロス ミントワックス付

サイトを見る

リーチ ウルトラクリーンフロス やわらか…

サイトを見る

GUM デンタルフロス ワックス

サイトを見る

小林製薬 小林製薬の糸ようじ フロス&ピッ…

サイトを見る

リーチ デンタルフロス ワックス

サイトを見る

LION クリニカフロス&スティック

サイトを見る

LION DENT.EX ウルトラフロス

サイトを見る

LION クリニカ アドバンテージスポンジフ…

サイトを見る

LION クリニカアドバンテージ デンタルフ…

サイトを見る

関連記事