日用品ライターが教える!!デンタルフロスおすすめ10選

虫歯の原因になるプラークは歯の表面だけでなく歯と歯のあいだにも溜まります。そのため、歯の手入れは歯磨きだけでは不十分です。しっかり、フロスを使って歯と歯のあいだも磨く習慣をつけましょう。

しかし、フロスにはたくさんの種類があり、これまで使ったことがないという人が自分に合うものを選ぶのは大変です。

この記事では、用途別にどんなデンタルフロスが向いているのか、デンタルフロスを選ぶときにはどんな点に気を付けたらよいかを解説したうえで、おすすめのデンタルフロスを10種類紹介します。

 

人によって違う?デンタルフロスの選び方!

 

初めてデンタルフロスを使う場合

ホルダーが付いているデンタルフロスなら歯ブラシと同じような感覚で使えます。

どのくらいの長さで使えばよいのか、どのくらい後からの入れ具合がよいのかがわからない人でも使いやすいのがホルダー付きの特徴です。

一般向けのフロスの場合、ホルダーの形状はF字型とY字型の2種類に分かれます。F字型は前歯の歯間を磨くのに適した形状です。

一方、Y字型は奥歯の歯間を磨きやすい作りになっています。両方のタイプを用意して、場所に合わせて使い分けるとよいでしょう。

 

フロスを使う習慣ができている場合

フロスの使い方に慣れている人は、使う場所に合わせて長さを自由に変えられる、糸だけのフロスを使うことが多いようです。ホルダーは使わず、両端を指に巻き付けて使います。

長さを自由に調節できるため、力のかけ具合を自分好みに調節しやすいというメリットがあります。また、ホルダーが付いていない分だけ安く購入できます。

 

外出先に持って行って使う場合

ホルダー付きよりもフロスのみのほうが持ち運びに便利です。

バッグやポーチに入れても目立たないおしゃれなケース入りのものも多数出回っています。小さなケース入りなので持ち運びやすく、使った後もゴミがかさばりません。

 

デンタルフロスを選ぶときのポイント

 

ホルダーつきかフロスのみか

フロスを選ぶ場合、最初に考えなければならないのがホルダー付きにするかフロスのみにするかという点です。

ホルダー付きは初心者でも使いやすいというメリットがありますが、形状によっては奥歯などでは使いづらいというデメリットもあります。

フロスのみなら、使い場所に合わせて長さを自由に変えられるので便利です。慣れるまでは使いづらさもありますが、コストパフォーマンスはフロスのみのほうがよいと言えます。

 

ノンワックスかワックスつきか

フロスにはワックスが付いているタイプと付いていないタイプがあります。

ワックスが付いていると滑りがよくなるので、初心者でも歯と歯のあいだに挿入しやすくなります。

ワックスがあったほうがよいか無いほうがよいかは個人的な好みも影響しますが、初心者が使うならワックス付きの方が簡単です。最初はワックスの付きから始めてみるとよいでしょう。

 

フレーバーは必要かどうか

ワックス付きのフロスの場合、フレーバー付きのものとノンフレーバーのものがあります。

フロスに使われるフレーバーは多くが歯磨き粉と同じようなミントフレーバーです。

味が付いていないほうが使いやすいと感じる場合はノンフレーバーを選ぶとよいでしょう。

 

デンタルフロスのおすすめ10選

 

ライオン DENT.EX ウルトラフロス

奥歯のすき間にも使いやすいY字型のホルダーのデンタルフロスです。

フロス部分には切れにくく繰り返し使えるテクミロンを採用しています。ホルダーが使いやすい形にカーブしているので、フロス初心者が使うのにもぴったりです。

ホルダーの色がカラフルなので、フロスッシングの時間が楽しくなります。フロスを使う習慣づけに適した商品です。

 

GC ルシェロフロス ミントワックス付

フロスのみのタイプです。太さが髪の毛の100分の1という極細繊維が束になっていて、エッジ部分はくさび状になっているので、歯の表面にこびりついたプラークをしっかり絡め取ります。

ミント味のワックス付きです。歯肉を傷つけにくい柔らかい素材が使われているので、安心して使えます。1ケースに200mも入っているので、コストパフォーマンスも抜群です。

 

子供用フロスちゃん #100

幼児の小さな口にぴったり収まるサイズのフロスです。

乳歯に使うことを前提に作られているので、ホルダーが小さく丸みを帯びています。小さな子どもが使いたくなるかわいいクマのデザインです。

ネックが柔らかい素材で作られているので、使いやすい角度に曲げて使用できます。

乳歯の時期からフロッシング習慣をつけるのに最適です。

 

J&J リーチ デンタルフロス ワックス ノンフレーバー  デンタルフロス糸巻きタイプ

誰でも使いやすいノンフレーバーのフロスです。

ホルダーが付いていない糸だけのタイプなので、好きな長さに切って使えます。初心者でも歯間に挿入しやすいワックス付きです。

フロスだけのタイプは、複数の人で分け合って使えます。1ケース当たりの長さが55ヤード(約50.3m)もあるので、家族全員で共用するのにもピッタリです。

 

ジーシー GC ルシェロ フロス ミントワックス

外出先に持って行きたくなる、ポップな色合いのかわいらしいケースに入ったフロスです。

エッジがくさび状になっているフロスがしっかりとプラークをかき取ります。

さわやかなミントフレーバーで心地よい使い心地です。滑りがよいワックスがコーティングされているため、フロス経験のない初心者や歯間が狭い人でも楽に挿入できます。

 

GC ルシェロ フロス アンワックス 200m

髪の毛の100分の1という極細のマイクロファイバーを使用したフロスです。

ワックス不使用のタイプなので、フロス使いに慣れている人に向いています。

中身はたっぷり200m入りです。フロス表面がエッジ付きのくさび状担っているため、歯の表面に付着したプラークでもしっかり吸着します。味や香りに敏感な人でも使いやすいフロスです。

 

幅広フロス

F字型のホルダーに繊維が幅広に並べられているホルダー付きフロスです。一般的なホルダー付きフロスの2倍~2.5倍くらいの幅で繊維が並んでいます。ホルダーの反対側がピックになっているので、目立つ食べかすを前もって取り除いておくのに便利です。歯と歯のあいだにフィットしやすい形状なので、特に前歯に使用するのに適しています。

 

ジーシー GC ルシェロ フロス アンワックス プラーク除去専用

外出先に持ち運ぶのに適したおしゃれなケース入りのフロスです。

ワックスが付いていないタイプなので、味や香りに敏感な人や、ワックス付きでなくても歯間に挿入できる人に向いています。

マイクロファイバーの表面はエッジが付いたくさび状です。高い吸水力で、歯の表面にこびりついたしつこいプラークもしっかり取り除きます。

 

フロスホルダー fuchs ホルダー フロス

ホルダーとフロスが別になったドイツ製のフロスです。

使いたい量だけフロスを切って、ホルダーに取り付けて使用します。歯間の狭いところに使う際には外れやすいので要注意です。

通常の使用量よりも少し長めに取り、両端をホルダーに巻き付けようにすると、使用中に外れるのを防げます。

ホルダーの持ち手が長いので、フロスのしやすさが魅力です。

 

Ciフロス ブラック ミントワックス

男性が外出先に持って行きやすいケース入りのフロスです。

黒い繊維を使っているフロスなので、汚れの吸着や取り除いた歯垢の量が目で見てはっきりわかります。

この商品を作っているメーカーは各国の有名フロスブランドのOEM商品を作っているメーカーです。

一般的なフロスより細めですが、十分な強度があるため使用中に切れるようなことはありません。

 

まとめ

デンタルフロスはホルダー付きのタイプとホルダーのないフロスだけのタイプがあります。

ホルダーがあると初心者でも歯磨き感覚で行えて便利ですが、F字型とY字型の使い分けが必要です。

フロスだけのタイプは、場所に合わせて長さを調節して使えます。ワックスが付いているほうがいいか、付いていないほうがいいかは個人的な好みもありますが、初心者でも楽に使えるのはワックス付きのタイプです。

歯磨き粉と同じようなフレーバーが付いているものとノンフレーバーのものがあるため好みに合わせて選ぶとよいでしょう。

歯磨きの後のフロッシングは習慣づけすることが大事です。

フロスのみのタイプを用意しておけば自由に切って使えるので、家族揃ってフロッシングを始められます。

記事内で紹介されている商品

ライオン DENT.EX ウルトラフロス S10

サイトを見る

GC ルシェロフロス ミントワックス付

サイトを見る

子供用フロスちゃん #100

サイトを見る

J&J リーチ デンタルフロス ワックス ノ…

サイトを見る

ジーシー GC ルシェロ フロス ミントワッ…

サイトを見る

GC ルシェロ フロス アンワックス

サイトを見る

ジーシー GC ルシェロ フロス アンワック…

サイトを見る

フロスホルダー fuchs / ホルダー フロス

サイトを見る

Ciフロス ブラック ミントワックス

サイトを見る

関連記事