元靴売り場店員が選ぶ!バレエシューズおすすめランキング10選

こんにちは。履いているだけで女性らしさときちんと感がでて、様になるバレエシューズ。わたしのワードローブに欠かせないアイテムの1つです。男女共通のスニーカーなどと違い、女性のみが楽しめるアイテム!

皆さんはバレエシューズをお持ちですか?有名どころであればにオードリーヘップバーンの「麗しのサブリナ」、ブリジットバルドーの「素直な悪女」などでファッションアイテムとして登場していました。

バレエシューズはとても女性らしくて憧れていましたが、なんだか照れくさくて購入していませんでした。数年間靴売り場でも働いていたのですが、フラットシューズではダントツの人気でした。

履いてみると何故もっと早くに履かなかったんだろうか?と後悔するくらいバレエシューズが好きになり、現在4足のバレエシューズを愛用しています。

元靴売り場販売員の目線で選ぶ際のポイントともに、おすすめ商品をご紹介いたします。

 

バレエシューズとはなんだろう?

バレエシューズとは、フラットシューズに分類されるかかとが低く底い靴のデザインのことを指します。よく見るデザインはリボンがついているタイプ。皆さんのイメージはどんなデザインですか?リボンは大小ありますが、細めリボンが主流。

 

バレエシューズと普通の靴、フラットパンプスとの違いってなに?

フラットシューズは、女性用の、かかとが低く底の平らな靴をさしますが、パンプスは甲の部分が広くあき、ひも・留め金などがない婦人靴。

バレエシューズは、かかとが低く底が平らなフラット・シューズの代表的なデザインです。 サブリナ・シューズとも呼ばれます。

これは映画「麗しのサブリナ」の中でオードリー・ヘップバーンが履いていたのが由来です。 バレエを踊る時に履く靴は、英語でトゥシューズ(toe shoes)と言います。

かかとが低く底が平らな点が共通点ですので、違いは甲部分の飾りがあるかないかの差という解釈をしました。フラットシューズの仲間ということです。

 

バレエシューズに感じるメリット

  • 着脱がしやすいこと
  • 足にフィット感があり歩行時に脱げにくい
  • コンパクトなので、予備用としてバッグに収納しやすい。旅先にも持参します。
  • 女性らしさがたっぷり、可愛い!

などなど、メリットがたくさんあります♡楽チンに着脱できて、オシャレな印象をもとるバレエシューズ!はワードローブにかかせません。

今のところデメリットは感じていないです。

 

バレエシューズを選ぶポイント

私は人差し指が長いタイプなので、しっかりと指先に長さのあるタイプを選びます。沢山の商品からどれを選んでいいかわからないという方に私の選び方をご紹介。

※足にも骨格診断のようなものがあります。わたしは人差し指が1番長いエジプト足でした。ネットなどで調べられますので気になる方は検索してください。

 

色はどうする?

基本はやっぱり黒や茶系をもっているといいと思います。私は黒色を2代目を履きつぶしてから、いまは定番として愛用できるようなぴったりフィットする1足を探しています。

愛用品の中で頻繁に履いている定番は茶色のレペットですが、良き身につける基本の黒、茶以外だけでなく沢山の商品がありますよね。

誰もが持っているような定番アイテムのデニムなどに合わせるなら、カラフルなバレエシューズがとってもおすすめ。

ピンクや、赤をはじめとした可愛い色は足元に取り入れるとオシャレ度がup!ゴールド、シルバーやきらきら光る感じの素材の商品も、着こなしがぐっとおしゃれ上級者に見えます。

ちなみにカラフルな色はプチプラから選ぶことが多いです。こちらはかなりプチプラでしたが、作りもしっかりしていて大活躍中。

 

デザインはどんなものがいいの?

ヒールの高さは、バレエシューズの基本であるローヒールタイプを選んでいます。ローヒールをメインにしている理由は、スニーカーがわりに履けるから。

リボンのデザインは、大き目リボンはとてもかわいい印象!可愛い印象が強くなるため、リボンは控えめで細目が好き。さりげなさが大人のバレエシューズのポイントだと思っています。

 

足のサイズはどう?

同じブランドの商品によっても靴の足型が違いますので履き心地は変わってきます。できる限り実際に履くのがベストですが、選択肢は多い方がいいのでオンラインで購入することも多いです。

その際出来るだけ失敗しないよう、口コミ、スタッフレビューを検索し自分の足のタイプやサイズと照らし合わせます。

足のサイズや履き心地が悪いと…靴を捨てて帰りたくなった経験はありませんか?そうならないように購入前に納得できるよう問い合わせ窓口を事前に利用するなどのひと手間をお勧めします。

 

素材で選ぶ

メインで使用する靴は本革で探しますが、頻繁に履いてしまうと痛みが目立ちやすいキャンバスや合皮は履きつぶしても納得のいくプチプラで探します。

キャンバスや合皮は柔らかくて、軽い商品が多いです。旅行のお供などには軽いタイプがおすすめです。

エナメルは、本革のタイプはお手入れが少々大変なので、私は合皮タイプを選んでいます。合皮であれば雨に塗れても安心なので雨の時に活躍中。

スエードは、サマースエードの商品も多く出ているので年間通して使えるアイテムだと思います。秋冬に履いているとグッとおしゃれにみれますね。

 

ブランドで選ぶ

足型のあうブランドを探すのもとっても大切。私のお気に入りはレペットとルタロンです。ブランドにこだわらずに日本製の商品で選ぶこともあります。デザインだけでなく、作りの良さも注目ポイント。

こちらは愛用品のレペット。ビューティーアンドユースとのコラボバレエシューズ、復刻のMARONというモデルです。通常モデルよりかなり深めの履き口で脱げないし、はき心地がよくすごくお気に入りです。

 

元靴売り場店員が選ぶ!バレエシューズおすすめランキング10選

今回は、愛用中のレペットのシリーズの中からのおすすめや、今後取り入れたいと思っている検討中のバレエシューズのなかからおすすめをご紹介いたします!

 

10位 Camel Crown バレエシューズ

出典: Amazon.co.jp

Camel Crown バレエシューズ

スクエアトゥタイプの可愛いリボンデザインを施したアイテム。古典で独特な雰囲気を演出してくれます。ローカットデザインなので、脚長効果もあります。

素材が柔らかいので足に優しいですし、何より歩きやすいので快適な一日を過ごせます。ボトムスを選ばずスカートにもパンツにもよく合います。

 

9位 AmiAmi バレエシューズ

出典: Amazon.co.jp

AmiAmi バレエシューズ

細身シルエットのバレエシューズ。低反発インソールで履き心地も良いそう。足幅が狭くカラフルなタイプをお探しの方要チェック。

 

8位 Clarks Graceコレクション

出典: Amazon.co.jp

Clarks Graceコレクション

クラークス独自のCushion Plus™テクノロジーが採用されたコレクション。しっかりと足を守ってくれるので一日中快適に過ごせます。バレエシューズは脱げてしまいそうという不安を払拭してくれます。

 

7位 COLE HAAN メガン レース ボウ バレエ II

出典: Amazon.co.jp

COLE HAAN メガン レース ボウ バレエ II

履いていることを忘れてしまうような計量タイプのバレエシューズ。コールハーンは革の素材もいいですし、上質な商品です。長く手入れをしながら履きたい方にお勧め。

 

6位 repetto サンドリオンベイビー

出典: Amazon.co.jp

repetto サンドリオンベイビー

定番のサンドリオンの雨の日に履ける素材でつくられたバレエシューズ。エナメル仕上げのようにつやつや光る素材はとても愛らしく雨の日だけに置いておくのはもったいないくらい。

ちなみに、レビューによると少し大きめなので1サイズ下げることをお勧め。

PVC(ポリ塩化ビニル)素材ですのでお手入れも楽です。大人気のレペットは見た目だけでなくアウトソールに施されたロゴモチーフが刻、滑りにくい構造になっています。

 

5位 ARCH CONTACT バレエシューズ

出典: Amazon.co.jp

ARCH CONTACT バレエシューズ

日本製のカジュアルタイプのバレエシューズです。年齢関係なく履きやすいデザイン。価格もお手頃で雨の日にも使える合皮エナメルなので初めての1足にお勧めしたいです。

 

4位 BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS BY  スクエアトゥ バレエシューズ

出典: Amazon.co.jp

BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS BY スクエアトゥ バレエシューズ

スクエア型のトゥが個性的なアクセントになっているデザイン。甘くなりすぎずシンプルがお好きな方にも取り入れやすいと思います。

 

3位 Odette e Odile バレエシューズ

出典: Amazon.co.jp

Odette e Odile バレエシューズ

1番人気のバレエシューズはスクエアトゥアップデートしたWEB限定。クッション性がいいので足入れもとても良いので長時間の歩行もサポートしてくれます。

ヒール部分も同素材なのできちんとした感じにみえます。仕事、プライベートともに使える1足。

 

2位 Feversole バレエシューズ

出典: Amazon.co.jp

Feversole バレエシューズ

1,000円以内で購入できるプチプラ。今どの色にしようか迷っています。ふかふか記憶スポンジで低反発クションを使用しているようで、素材も柔らかそうです。

まず試しに履いてみたい人チェックしてみてください。

 

1位 repettoサンドリオン

出典: Amazon.co.jp

repettoサンドリオン

ヒールの高さは1㎝のレペットの定番商品。シューレースで履き口を調節できるので足にぴったりの履き心地です。サンドリオンは素材やカラーも多種多様なラインナップです。

レペットをはじめて買うモデルとして、やはりサンドリオンが人気です。

 

まとめ

バレエシューズという分類される商品のなかでもたくさんの種類がありますし、履き心地も様々。自分にあう1足は沢山試すうちに見つかりました。

試していくうちに自分にぴったりのシンデレラバレエシューズが必ず見つかります!何よりバレエシューズを履くことでちょっと女子力が上がる気!手放せないアイテムです。

気軽に取り入れられるアイテムですのでお気に入りの1足をみつけてくださいね。

記事内で紹介されている商品

Camel Crown バレエシューズ

サイトを見る

AmiAmi バレエシューズ

サイトを見る

Clarks Graceコレクション

サイトを見る

COLE HAAN メガン レース ボウ バレエ II

サイトを見る

repetto サンドリオンベイビー

サイトを見る

ARCH CONTACT バレエシューズ

サイトを見る

BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS BY スクエア…

サイトを見る

Odette e Odile バレエシューズ

サイトを見る

Feversole バレエシューズ

サイトを見る

repettoサンドリオン

サイトを見る

関連記事