買いたいものを検索してください

ベビーから大人まで!ガーゼケットおすすめランキングTOP10

ガーゼがいくつもの層に重なり、肌触りがとても良いガーゼケット。あなたにとってベビー用や子供用、または大人でも使える素材は便利ですよね。我が子が小さなときも、ガーゼケットは重宝しました。

あまりの使い心地から、身内に子供が生まれてもプレゼントすることもしばしば。通気性が良く、年中使えることから、頼りになる存在だと今でも思っています。アレルギーの心配があっても、オーガニック素材もあるので安心です。

ではタオルケットとの違いはどこにあるのでしょうか。サイズ、素材、層の数、選ぶ際には押さえておきたいポイントはたくさんあります。ガーゼケットの奥の深さをランキングでも紹介しますので、お役立てください。

 

そもそもガーゼケットとタオルケットの違いは?

あなたが選ぶ際に比べる対象になる商品はありますよね。特に2点が挙げられますが、使いやすく便利で目的に合っているかではないでしょうか。それがガーゼケットとタオルケットです。

いくつかある中で、メリット・デメリットはそれぞれあります。そもそもガーゼケットとタオルケットの違いはどこにあるか比べてみましょう。

 

ガーゼケット

メリット

  • 吸水・発散性に優れている
  • 1年を通して使える
  • 軽量

デメリット

  • 層によって暖かみが少し不足
  • ごわつきを感じることがある
  • 毛玉ができやすいことがある

吸水・発散性に優れているのが特徴かもしれません。夏場のイメージの多いところでは、年中利用できる意外なポイントになります。それが軽量なことも確かなガーゼケットです。もちろんメリットもあればデメリットもあります。

メリットを挙げましたが、デメリットも合わせてみるとこちらです。ごわつきなどは感じ方なので、ご理解ください。使い方次第ですが、ベビーから大人まで使いやすさを追求するとガーゼケットはおすすめです。

 

タオルケット

メリット

  • 毛布より薄手
  • 保温性に優れている
  • ふかふか感がある

デメリット

  • ガーゼケットより重みがある
  • 保湿性に難がある
  • 痛みやすく乾きにくい

毛布より薄手であることから、比べる対象に挙げられることが多いのではないでしょうか。保温性に優れているのがタオルケットです。メリットのふかふか感は、感じ方なので個人差は生じることでしょう。

デメリットの重みも極端ではありません。保湿性に難はあり、痛みやすく乾きにくいこともあるので困ることもあります。ガーゼケットもタオルケットも、買い替え時期が多くなる場合があるのは同じです。その場合はコストバランスを考慮する必要がありますね。

 

使い方によってサイズを考える

これからあなたが選ぶとき、必ず掴んでおきたいのポイントがあります。使う目的によって異なり寝具として使いますが、サイズの問題は大きいです。ガーゼケットは、ベビー用、子供用、大人用があります。

私は子供がベビー用の頃から使っていました。いくら目を離さないようにとはいえ、顔にかからないようにしないといけません。親が眠っている間は危険ですよね。我が子は母乳が出過ぎたほどだったので大丈夫でしたが、中にはガーゼケットを吸う子もいるとか…

吸うようなそぶりを見せたときのために、素材選びもポイントになります。ガーゼケットを購入の際は、顔にかからない、冷やさない、目を離さないことも大切です。

 

赤ちゃん用サイズ

肌触りが良く、吸水性・発散性に優れているガーゼケット。あなたのお子さんが使用するときも重宝しますが、それだけではありません。プレゼントでも喜ばれることは多いでしょう。出産祝いなどでは人気のガーゼケットです。

1例ですが、サイズも85cm×115cmなどベビー用に適しているガーゼケットもあります。もちろんもっと小さなサイズもあり、一概には言えません。赤ちゃんだけでなく、親にとって安心のサイズ選びは必要ですよね。

私は購入の際にはガーゼだけで揃えることがあります。理由はやっぱり肌触りと発散性、または取り扱いが簡単なことからです。肌着からガーゼケットまでありますが、揃えてみるのも良いかもしれません。

 

子供用サイズ

小学生に入ると、赤ちゃんの頃に使っていたガーゼケットが小さく感じることもあります。保育・幼稚園でも同じですが、お腹が出てしまったら意味がありません。子供用サイズとして1例ですが、110cm×110cmなど徐々に変える必要もあります。

こちらも種類が様々なので、お子さんのサイズに合わせることも大切です。はだけてしまい、冷えに繋がることもありますよね。我が子の場合も、家用・保育園用ありましたが、サイズ変化はありました。

子供用サイズでも、ガーゼケットのプレゼントは喜ばれます。一概にこのサイズはぴったり!とは言い切れませんが、成長に応じて選びましょう。

 

大人用サイズ

赤ちゃんや子供用だけではありません。大人用を選んで快適に使うこともできます。ガーゼケットのサイズの幅はたくさんありますが、身長や目的でも変わるでしょう。こちらも1例ですが、150cm×200cm、またはそれ以上のサイズなどたくさんあります。

男女でも違いがあるので、サイズをしっかり選んでおくことが必要です。中には大人用のサイズを小さく縫って赤ちゃんや子供用にして、のちの成長に備えるなど。

長く愛用する場合には良い活用方法の1つになります。大人用の目的としては膝掛けや寝具でサイズが異なるので、選び方に注意が必要です。

 

ガーゼケットの素材はどんなものがあるの?

主に使われているのがコットン(綿)ですが、それだけではありません。中には他の素材も含まれ、肌触りの柔らかさや通気性が大事になってきます。特に敏感肌だと、まおさら素材にこだわりを持つ必要があるでしょう。

赤ちゃんから大人まで必要になってきますよね。そこでガーゼケットの素材について触れてみますので、参考にしていただければ幸いです。

 

コットン

ガーゼケットに使われている素材の中で、多いのがこちらです。必ず使われているわけではありませんが、コットン(綿)になります。最初我が子も使っていましたが、肌触りがよく軽い素材です。

コットンは吸水性も高いので、汗をかきやすいときなど発散性にも優れています。使い勝手の良い一般的な素材の1つではないでしょうか。

コットン(綿)のデメリットは、乾きにくいことが挙げられます。ただしガーゼケットとして、全く乾かないわけではないので安心ですね。

 

敏感肌の方は、オーガニックコットン素材がおすすめ

我が子が小さなとき、オムツから判明したことがあります。それが肌のトラブルでした。当時は素材に詳しくなかったので、使っていませんでしたが、今では便利!敏感肌に適している、オーガニックコットンがあります。

無農薬栽培のガーゼケットを使うことで、肌に優しくアレルギー体質でも問題ありません。我が子も使えばでしたが、ガーゼケットを使うときはトラブルから脱出していました。デリケートな問題なので、敏感肌にはオーガニックコットンの素材がおすすめです。

 

リネン

のちに我が子が最も利用していたガーゼケットの素材です。「麻」と表記されることもありますが、リネンになります。ガーゼケットの中でも、肌触りが良く吸水性に優れているだけではありません。通気性や保温性に関しても富んでいる素材です。

意外にも長く使えるところも良い部分ではないでしょうか。あなた自身やお子さんなど、どなたが使うかで変わってきます。洗い方、使う頻度、目的別でガーゼケットを選んでみることも良いですね。

 

自分の使用シーンに合わせて、生地の層数を選ぶ

ガーゼケットを選ぶとき、夏場対策や1年を通したらどうだろうと悩むこともあるはず!生地の層数を考える必要があります。問題になるのは冷えてしまうことではないでしょうか。

夏場では暑いからついつい薄く、冬場では寒すぎて困り厚くするなどがあるでしょう。層数を選んでおくと、夏場や1年を通しての対策が取りやすいですね。

 

夏場に使うなら、通気性のいい3〜4重がおすすめ

暑い季節に2重の生地なら薄くて良いと思うかもしれません。ただ気をつけたいのが夏場対策の冷えですね。ついお腹を冷やしてしまったら意味がありません。通気性も考慮して、薄すぎず厚すぎない3重〜4重がおすすめです。

層自体は2重〜6重までありますが、夏場に適しているのは通気性と発散性になります。お洗濯の回数が多い季節なので、ちょうど良い層数が3重〜4重です。冷え性の方にも適しているでしょう。夏場はガーゼケットの層が多すぎず、少なすぎないことがベストです。

 

夏以外も使うなら、保湿力がある5〜6重がおすすめ

イメージだけで思い浮かべると、夏場の印象が強いかもしれないガーゼケット。実際は布団をかけることが冬では当たり前なので、毛布の代わりにもなります。そこでガーゼケットを夏以外の1年を通して使うのであれば、5重〜6重がおすすめです。

我が家は寒い地域になるので厚手でしたね。保湿力が高いですが暖かくしてくれるだけではありません。ガーゼケットの良さでもある、通気性はきちんとあるので心配なく使えます。季節に応じて使い分けることもポイントです。

 

to buyインフルエンサーおすすめのガーゼケットもご紹介!」

はぐまむ hugmamu ガーゼケット

息子のお昼寝用に購入。6重ガーゼなのですごく肌触りが良く、ガーゼなのに洗えば洗うほどどんどん柔らかくなっていきます☆
白やベージュだけでなくピンクやブルーなどカラーバリエーションが豊富なのも嬉しいポイントです。

 

ガーゼケットおすすめランキングTOP10

タオルケットとの違いやサイズ、素材や層数などに触れましたが、イメージできましたか。肌触りや通気性は快適さを生み、選ぶ際に大きなポイントになります。そこで、ガーゼケットを購入する際のお手伝いになれるよう、ランキングで紹介します!

 

第10位 Hanatac 6重ガーゼケット

サイズ 120cm×150cm
素材 コットン
層数 6重
おすすめ用途 大人用

ふわふわサラサラが決め手!

1年を通して使える天然素材コットン100%で夏は涼しく、冬は暖かいです。お腹を冷やすことがないように、6重なので冷え性の方でも層の心配はありません。ふわっと柔らかですが、肌触りが良いだけでなく吸収力や発散力もあるのでサラサラ!

セミシングルとダブルから選ぶことができます。リバーシブルになっていて使いやすいガーゼケットです。お値段はお手頃ですが、お洗濯で丸洗いできますが、乾き安さのことを考え10位にしました!

 

第9位 Vanxing ガーゼケット

サイズ 150cm×200cm
素材 コットン
層数 3重
おすすめ用途 大人用

夏や秋にぴったり!

天然素材100%コットンを使っています。3重になっているので夏や秋には涼しく、肌寒くても冷えすぎません。赤ちゃんや、小さなお子さんにも安心な無蛍光になっています。通気性が良く、吸水性、発散力もしっかりしているので汗をかいても安心!

大きさはシングルやクインサイズもあり、大人用として便利なガーゼケットです。丸洗いができて、お洗濯をするごとに徐々に柔らかくなります。冬には薄さを感じることもあるので9位にしました!

 

第8位 AVA.Home ガーゼケット

出典: Amazon.co.jp

ガーゼケット シングル 6重ガーゼ とろける 肌掛け
ブランド
カテゴリ
サイズ 150cm×200cm
素材 コットン
層数 6重
おすすめ用途 大人用

重苦しくなく使える!

シングルとダブルがあるので、どちらを選んでも良い大人用です。通気性、吸水性に優れています。大人用に適していて、デリケートな肌やお子さんでも安心です。保温性も高いので、夏でもお腹を冷やさず冬は暖かい!

天然素材コットン100%になっています。6重になっているので1年を通して使えて、肌に馴染みやすいです。ふかふかな層になっていますが、重苦しくありません。1年を通して使えますが、お値段を考慮して8位にしました!

 

第7位 優の綿品 ガーゼケット

サイズ 110cm×110cm
素材 コットン
層数 6重
おすすめ用途 子供用

お風呂上がりでも睡眠時でも!

天然素材コットン100%を使用しているので、子供用に適しています。保温性防静電気です。持ち運びも簡単になっています。お風呂上がりでもお休みのときでもかけて眠れる安心感!

お風呂上がりに使用しても通気性と吸収性が良いので、柔らかく包んでくれます。お洗濯をするたびにふわふわするので、心地よいでしょう。保温性も良いので、1年を通して使えます。保育・幼稚園も含め、自宅でも安心して使えることを考慮して7位にしました!

 

第6位 [LILY CUPS] ガーゼケット

出典: Amazon.co.jp

[LILY CUPS] ガーゼケット
ブランド
カテゴリ
サイズ 110cm×110cm
素材 コットン
層数 6重
おすすめ用途 子供用

子供の味方になる!

天然有機コットン100%で優しい作りになっています。小学生になる頃、または赤ちゃんにも適しているガーゼケットです。吸水性が良いので夏場にはきちんと汗を吸い、冬場には保温性があるので暖かい!

通気性、発散性も良く、1年を通して使える6重です。自宅だけではなく、保育・幼稚園でもどこでも問題ありません。お洗濯をするたび柔らかくなるので、ふわふわ感も持続します。お値段もお手頃な点を考慮して、6位にしました!

 

第5位 Litchii Guusii ガーゼケット

出典: Amazon.co.jp

Litchii Guusii ガーゼケット
ブランド
カテゴリ
サイズ 110cm×110cm
素材 オーガニックコットン
層数 6重
おすすめ用途 子供用

敏感肌でも大丈夫!

種類は違いますが、我が子も使ったこともあるオーガニックコットン100%です。6重になっているので、夏は涼しく冬は暖かくなっています。デリケートな敏感肌でも問題ありません!

子供用の保育・幼稚園でも使えて、自宅でも安心して活用できます。吸水性に優れ、発散力もあるので1年中安心です。寝具だけでなく、バスタオル、ブランケットなど多目的に使えます。保温性も良く無蛍光であり優しく、価格も抑えめなので5位にしました!

 

第4位 スリーマッシュルーム ガーゼケット

出典: Amazon.co.jp

スリーマッシュルーム ガーゼケット
ブランド
カテゴリ
サイズ 110cm×110cm
素材 オーガニックコットン
層数 6重
おすすめ用途 ベビー用

ベビー用でも大人も使える!

ガーゼケットとして、おくるみ、バスタオルとしてなどたくさんの目的で使えます。通気性もよく、吸水性や保温力豊かで敏感肌でも安心なオーガニックコットン100%です。夏場にはさらさら発散性もよく、冬場にはぬくぬく6重なので1年中OK!

お洗濯も丸洗いでき乾燥機も使え、ふんわり感があります。簡単に乾く速乾力があるので安心です。ベビー用になっていますが、大人が使用しても問題ありません。柔らかさが強調されているので、4位にしました!

 

第3位 10mois(ディモア) – Hoppetta ガーゼケット

サイズ 140cm×200cm
素材 コットン
層数 6重
おすすめ用途 大人用

夏涼しく冬暖かい!

蛍光増白剤不使用で、赤ちゃんにも優しいコットン100%です。大人用として便利ですが、ベビー用や子供用でも問題ありません。サイズごとに選べるので、目的に応じて重宝します!

夏は涼しく、冬場は毛布と一緒に使うことで暖かく1年を通して使える6重です。通気性、吸水性はもちろん、発散性も良くなっています。お洗濯も弱洗濯で乾燥機や漂白剤を使わなければ、問題なく洗えます。若干お値段が高めですが、おすすめなので3位にしました!

 

第2位 VALERIA ガーゼケット

サイズ 120cm×120cm
素材 竹繊維レーヨン70%/コットン30%(オーガニックコットンブレンド)
層数 6重
おすすめ用途 ベビー用

オーガニックブレンドで肌触りが良い!

天然コットン30%の、竹繊維レーヨン70%は肌触りが良いです。通気性はもちろん、吸水性、保温性に優れています。触った瞬間から柔らかさと、ほわほわした優しいぬくもりを感じるガーゼケットです。男の子や女の子、どちらでも使えてプレゼントに最適!

竹繊維とは抗菌作用もありますが、オーガニックなので赤ちゃんに害はありません。1年を通して使える6重になっています。まるでシルクのような肌触りでおすすめなので、2位にしました!

 

第1位 タオルショップ ブルーム 今治タオル ガーゼケット

出典: Amazon.co.jp

タオルショップ ブルーム 今治タオル ガーゼケット
ブランド
カテゴリ
サイズ 140cm×190cm
素材 コットン
層数 5重
おすすめ用途 大人用

今治認定ブランドで人気!

今治タオルは認定ブランドとして人気です。通気性や吸水性にも問題のないコットン100%になっています。大人用に向いていますが、素材自体は赤ちゃんが触っても問題ありません。6重じゃ多いかも、3重じゃ少なく感じるときなど5重でちょうど良い!

お洗濯もガーゼケットはネットに入れて洗うことがベストなので、この商品も同じです。1年を通して問題なく使え、肌触りもとても良くなっています。睡眠時でも快適冊が抜群なので、1位にしました!

 

ガーゼケットの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ガーゼケットの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

柔らかさと優しさを

我が子が小さいとき使っていたガーゼケット。最初は小さかったので気づきませんでしたが、保育園の頃余程気に入ったのか、家の中でどこでも持ち歩いていました。あなたのお子さんもあまりの柔らかさゆえに、お子さんが手放さなくなるかも!大人でもこれは欠かせないという商品はありますよね。

でも1番大切なのは、ガーゼケット自体の温もりだけではありません。親の柔らかさと優しさが最も大切です。大人同士でも同じですが、大切なことのためにガーゼケット精神を大切にしましょう!

記事内で紹介されている商品

はぐまむ hugmamu ガーゼケット M 6重 [ふ…

サイトを見る

Hanatac 6重ガーゼケット

サイトを見る

Vanxing ガーゼケット

サイトを見る

ガーゼケット シングル 6重ガーゼ とろけ…

サイトを見る

優の綿品 ガーゼケット

サイトを見る

[LILY CUPS] ガーゼケット

サイトを見る

Litchii Guusii ガーゼケット

サイトを見る

スリーマッシュルーム ガーゼケット

サイトを見る

10mois(ディモア) – Hoppetta ガーゼケット

サイトを見る

VALERIA ガーゼケット

サイトを見る

タオルショップ ブルーム 今治タオル ガー…

サイトを見る

関連記事