買いたいものを検索してください

【2020年版】4KテレビおすすめランキングTOP8!選び方もご紹介

2018年12月1日より開始された4K放送。民放各局や衛星放送各局がより鮮明な映像を配信し、従来のハイビジョン放送(2K)よりさらに高画質な番組を視聴者が楽しめるようになりました。

この4K放送を視聴するには、視聴者側のテレビも4Kテレビである必要がありますが、そもそも「4Kテレビとは何?」「各メーカーから色々な4Kテレビが発売されどれを選んだら良いかわからない」

と感じている人も多いのではないでしょうか。

そこで、本記事では4Kテレビの概要や選び方、おすすめ製品まで一通り紹介したいと思います。

 

4Kテレビとは?

テレビ リモコン

言葉ばかりよくきく「4Kテレビ」。各社から色々な「4Kテレビ」が発売されています。4Kとは一体どのようなものなのでしょうか。

ここでは「4Kテレビ」の概要について解説します。

 

より緻密な映像を見る事ができる

4Kテレビ最大の特徴は映し出される映像が超高画質であること。

4Kの「K」は1,000の単位を表しています。1kmは1000mであることはご存知かと思いますが、その単位kmの「k」と同じ意味合いです。そして4Kテレビの「K」では、テレビの解像度を表す数値として用いられています。

4Kテレビの画素数は、3,840×2,160です。この長辺の3,840という数値が約4,000であることから、近似的に「4K」として呼ばれています。画素数が多ければ多いほど、より敷き詰められている密な状況となり、映像自体も粗いものではなくより緻密で繊細な映像となります。

このため「4Kテレビ」で視聴できる4K放送はキレイな画質を楽しめるのです。

 

4K対応アンテナは必要?

4Kテレビで4K放送を見るためには、4K対応のアンテナが必要になる場合があります。

従来の衛星放送を受信するBS・110度CSアンテナでも4K放送は受信可能ですが、BS右旋と呼ばれる6チャンネル(NHK BS4K、BS朝日 4K、BSテレ東 4K、BSTBS 4K、BS日テレ 4K、BSフジ 4K)の各局のみ受信できます。

一方で、それ以外のBS左旋と呼ばれるWOWOWやNHK BS8K、 J SPORTSやスカチャン等、4K放送を行っているすべてのチャンネルを受信したい場合は、専用の4K対応アンテナが必要となります。

 

4K対応テレビと4Kチューナー内蔵テレビの違いは?

いわゆる4Kテレビは、「4K対応テレビ」と「4Kチューナー内蔵テレビ」に分類されます。

4K対応テレビは4K画質の表示には対応しているものの、4Kチューナーを本体に内蔵していないテレビです。

そのため、別途4Kチューナーを用意しなければ、現在行われている4K放送を見ることができません。4K放送が始まる前の4Kテレビと呼ばれるものはほとんどがこれに該当します。

一方で、4K放送が始まる前後からは4Kチューナー自体を内蔵したテレビが多く発売されています。

4K表示に対応しているだけでなく4Kチューナーも揃っているので、アンテナで受信さえできさえすれば、映像表示が可能です。

4Kテレビというニュアンスは使う場面でも変わると思うので、テレビ自体に「4Kチューナー」が内蔵されているかどうかをポイントに選びましょう。

 

4Kテレビの選び方:ポイントは6つ

4Kテレビは、家電メーカー各社がしのぎを削りあらゆる製品を展開しているため、種類が豊富で選ぶ際にどうしても迷ってしまいがちです。

ここでは、4Kテレビの選び方について見るべきポイントや注意すべき点を紹介します。

 

画面のサイズをチェック

テレビ映像を楽しむ上で画面サイズの選定は重要です。特に部屋の大きさを考慮した選び方がおすすめです。

10〜20畳程度ある生活でもメインで使用するリビングでは、50インチ以上のテレビがあると大迫力でダイナミックな映像を視聴できます。

8畳程度の寝室や子ども部屋では、かえって大画面テレビだと距離感が近く見にくくなることもあるので、50インチ未満のテレビの方が無難でしょう。

また、買い替えを伴う4Kテレビ購入を検討しているのであれば、少なくとも今よりもワンサイズアップの機種を選定することをおすすめします。

 

インターネット接続可能かをチェック

最近の4Kテレビのほとんどは、インターネット接続に対応しています。

サブスクリプション系のオンライン動画配信サービスが増えたため、これらの動画ストリーミング再生がWi-Fi経由で可能となります。

また、インターネット接続によりオンライン連携でさらに便利になることも。

音声アシスタントによる操作や検索サービスもインターネット接続は必須となるので、4Kテレビを検討する場合、インターネット接続に対応しているか必ず確認しておきましょう。

 

ディスプレイの種類をチェック

4Kテレビのディスプレイ表示は「液晶ディスプレイ」「有機ELディスプレイ」の3種類に分類されます。

中でも液晶ディスプレイは、そのバックライトの配置方法によって「直下型液晶ディスプレイ」「エッジ型液晶ディスプレイ」に分けられます。

直下型液晶ディスプレイ

直下型では液晶パネル全体の後ろ型にバックライトが配置されているので、コントラスト比が高く画質が鮮明です。

一方で、構造的に本体の厚みが出てしまうことや、消費電力が高いことがデメリットとして挙げられます。

エッジ型液晶ディスプレイ

エッジ型は、最も普及している方式で、画面の左右端や上下端にバックライトを配置しています。

構造的に厚みを抑えることができ、薄型化しやすいことや消費電力が少なく製品自体も安価です。

一方、制御を細かくできないため直下型に比べると同じ液晶ディスプレイでも質に差が生じてしまいます。

有機ELディスプレイ

有機ELディスプレイは素子単体で発光することができるため、バックライトパネルが必要ありません。

そのため、本体厚みは極限まで薄型化できます。

また、一つ一つ素子で明るさを制御できるため、画面表示は非常に鮮やかで、液晶ディスプレイでは苦手といわれる黒色の色彩表示もコントラストが高く純度の高い表示が得意です。

唯一のデメリットは、コストがかかること。液晶ディスプレイに比べると同じサイズのテレビでも相当な価格差が生じます。

 

見え方を左右する液晶方式をチェック

液晶ディスプレイの場合、「VA方式」と「IPS方式」という2種類の液晶方式が存在します。

細かな原理の解説は省略しますが、液晶を構成する液晶分子の動かし方や配置方法を変えることで、コントラスト比や視野角など性能に差が生じます。

高いコントラスト比で鮮明な映像を重視するならVA方式、より広い視野角を得たいならIPS方式の方がオススメです。

液晶方式については、どちらの方が良いということはなく、双方にメリット・デメリットがあるため、好みの違いで選ぶと良いでしょう。

 

倍速駆動搭載モデルはスポーツ観戦やゲームプレイ向けにおすすめ

液晶テレビは、動きの早い映像に対して、その性質上からぼやけた映像になってしまうデメリットがあります。

これを補完する技術として、倍速駆動機能が各社の液晶テレビで搭載されています。

中でもSONYのブラビアでは倍速駆動機能が特に優れ、スポーツ観戦やゲームプレイなど、動きの早い映像表示を見る人にもオススメです。

 

HDR対応モデルは高画質を求めるユーザーにおすすめ

HDR(High Dynamic Range)対応のモデルでは、より明暗の差がクッキリとした映像が表示できるため、画面の中に表示されている映像がより現実に近い世界で再現することが可能です。

映画などの各種映像作品をより高画質で楽しみたいのであれば、HDR対応モデルを選ぶと良いでしょう。

 

4Kテレビおすすめ人気ランキングTOP8

ここからは、筆者おすすめの4Kテレビをピックアップし紹介します。

 

第8位 東芝 REGZA 65インチ 4Kチューナー内蔵 LED液晶テレビ 65M540X

出典: Amazon.co.jp

東芝 REGZA 65インチ 4Kチューナー内蔵 LED液晶テレビ 65M540X
ブランド
カテゴリ
サイズ 65インチ

地上波放送もネット動画も高画質化して楽しめる人気の東芝製テレビ

数ある液晶テレビの中でも人気の高い東芝製の4Kテレビです。

M540Xシリーズでは、レグザエンジンCloudといって、クラウドと連携して高画質化処理を行う機能が備わっています。

映像コンテンツのジャンルやカテゴリーごとに画面特性を考慮した上で、適切な高画質化処理を行える機能です。

細かな部分の映像を解析し適切な復元処理を実施することで、詳細までクッキリとした映像を楽しめます。

映像に加えて、テレビに表示されているテロップや文字表示にも高画質化処理は対応。

さらに、ネット動画も高画質化して処理するネット動画ビューティーという機能も備わっています。

また画質のみならず、レグザパワーオーディオシステムがバランスのよい迫力なサウンドを出力。

映像と同時に音声も高音質で体感できることでしょう。

 

第7位 LG 48型 4Kチューナー内蔵 有機ELテレビ  OLED48CXPJA

出典: Amazon.co.jp

LG 48型 4Kチューナー内蔵 有機ELテレビ OLED48CXPJA
ブランド
カテゴリ
サイズ 48インチ

有機ELテレビ世界シェアNo.1ブランドLG製の4Kテレビ

LGは世界的に有機ELディスプレイで断トツののシェアを誇り、非常に人気のあるブランドです。

日本では、テレビよりディスプレイ市場で人気がありますが、有機ELテレビも素晴らしい性能をもった製品が数多く展開されています。

中でもこのOLED48CXPJAは、最新のAIプロセッサー α9 Gen3 AI Processor 4Kが搭載され、何百万もの映像ソースを学習したAI対応映像エンジンが、有機ELの性能との相乗効果でこの上ない美しい映像を再現します。

主要のHDR規格はHLG規格、Dolby Vision IQ規格にも対応し、周囲の明るさに応じた輝度の自動調節等も行います。

ネットテレビやサブスクリプション型のオンライン動画はもちろん、AppleのAirPlay2にも対応し、各種サービスやデバイスのとの連携も容易です。

音声面でも機能が進化し、AIサウンドプロという機能では、視聴中の映像ジャンルをドラマ・スポーツ・映画・ニュース・音楽の5つに分類し、ジャンルごとに最適なサウンドへの最適化を行います。

高規格な性能ばかりでとても満足感が得られる4Kテレビになること間違いありません!

 

第6位 パナソニック VIERA 55V型 4Kダブルチューナー内蔵 有機ELテレビ  TH-55GZ2000

出典: Amazon.co.jp

パナソニック VIERA 55V型 4Kダブルチューナー内蔵 有機ELテレビ TH-55GZ2000
ブランド
カテゴリ
サイズ 55インチ

映像のみならず音響性能も優れたパナソニック製有機ELテレビ

パナソニック製の人気シリーズVIERAの有機ELテレビです。

テレビ背面側には、世界初のイネーブルドスピーカー(20W+20W)をディスプレイ一体型として搭載しています。天井に向けられたスピーカーから発された音が縦方向に反射して聞こえることで、立体的な音響効果を生み出しています。

外部のスピーカーやサラウンドシステムを介することなく、テレビ本体のスピーカーでも十分迫力のあるクリアな音質を楽しむことができるでしょう。

本体には4Kチューナーを2基搭載しているため、4K番組と4K衛生放送を裏番組でUSBハードディスクを使って簡単に録画可能です。

その他、ビエラシリーズ特有のお部屋ジャンプリンクなどは顕在。家庭内の有線LANや無線LANを介して、ビエラやディーガに録画した番組を他のビエラシリーズで楽しむこともできます。

 

第5位 ソニー BRAVIA 55V型 4Kチューナー内蔵 有機ELテレビ  KJ-55A9G

出典: Amazon.co.jp

ソニー BRAVIA 55V型 4Kチューナー内蔵 有機ELテレビ KJ-55A9G
ブランド
カテゴリ
サイズ 55インチ

人気のSONY製テレビBRAVIAのフラッグシップモデル

テレビメーカーではこちらも人気のあるソニー製の有機ELテレビA9Gシリーズです。

前作よりリアルタイム処理能力が2倍ある次世代の高画質プロセッサー「X1 Ultimate」を搭載。

コンテンツごとに異なる映像を分析することで、高精細な高画質化を実現しています。

テレビ番組やネット動画など、4K対応でない映像も高精細な4K動画に作りかえる超解像エンジン「4K X-Reality Pro」も搭載しているので、高画質化機能の面でかなり優れています。

また、映像面だけでなく音質にもこだわった機能を多数採用しています。

「アコースティック サーフェス オーディオプラス」という機能では、2基の薄型サブウーファーとアクチュエーターを搭載することで、画面そのものから音を出し、映画館のような臨場感をもたらしてくれます。

 

第4位 パナソニック VIERA 49V型 4Kチューナー内蔵 液晶テレビ  TH-49GX500

出典: Amazon.co.jp

パナソニック VIERA 49V型 4Kチューナー内蔵 液晶テレビ TH-49GX500
ブランド
カテゴリ
サイズ 49インチ

視野角が広く価格もお手頃な4Kテレビ

広視野角が特徴であるIPS方式を採用した液晶テレビです。上下左右178度の広い視野角を持っているので、視聴環境をせばめることなく、斜めからでも高精細な映像を楽しめます。

HLG、HDR10、HDR10+の3方式のHDRフォーマットにも対応するので、より高いコントラスで明るい映像が視聴できます。

本体はインターネット接続に対応しているので、Amazonプライムビデオやネットフリックスといったオンライン配信動画も手軽に視聴可能。VIERA内部では画質補正も行うため、コマ数が少ない映像も滑らかに見られます。

スポーツ中継時専用のスポーツモードでは、フィールドの芝や照明を解析し、色輝度補正することで明るさ感をより明確に再現しています。

 

第3位 ハイセンス 50V型 4Kチューナー内蔵 UHD液晶テレビ  50U7F

出典: Amazon.co.jp

ハイセンス 50V型 4Kチューナー内蔵 UHD液晶テレビ 50U7F
ブランド
カテゴリ
サイズ 50インチ

価格がリーズナブルで徐々にシェアを拡大しているハイセンス4Kテレビ

ハイセンスは中国発の家電メーカー。最近ではテレビ市場を中心にその価格帯と性能のコストパフォーマンスに優れた製品で、徐々にシェアを伸ばしているブランドです。

東芝映像ソリューションと共同開発したNEOエンジン2020を搭載し、4Kの持つポテンシャルを活かし、観やすさを重視した高画質を映像内で再現しています。

ゲームプレイにも最適で、応答速度0.83ms以下となる低遅延ゲームモードを搭載。FPSジャンルのゲームでなめらかな表現が可能です。

もちろん、ネット接続に対応しAbemaTVやネットフリックス、HuluといったVODサービスも存分に楽しめます。

 

第2位 東芝 50V型 4Kチューナー内蔵 LED液晶テレビ  50C340X

出典: Amazon.co.jp

ソニー BRAVIA 49V型 4Kチューナー内蔵 LED液晶テレビ 49X8000H
ブランド
カテゴリ
サイズ 50インチ

高画質を身近に楽しめる東芝製4Kテレビのエントリーモデル

なめらかなグラデーションや細かいディテールを豊かに表現するレグザエンジンGを搭載し、地上波放送や衛星の4K放送をさらに美しく映し出します。

映像一つ一つの細かな描写を検知し、ノイズを抑えながら精細館をアップさせる4KビューティX、文字を鮮明に表示する地デジノイズクリアといった高画質技術を数多く搭載しているのも特徴です。

みるコレという東芝独自のおまかせ録画機能では、話題の番組、深夜バラエティといった好きなテーマでの録画登録ができ、自動で録画をしてくれます。

 

第1位 ソニー BRAVIA 49V型 4Kチューナー内蔵 LED液晶テレビ  49X8000H

出典: Amazon.co.jp

ソニー BRAVIA 49V型 4Kチューナー内蔵 LED液晶テレビ 49X8000H
ブランド
カテゴリ
サイズ 49インチ

人気のソニー製ブラビアが手頃な値段で買える高コスパモデル

2020年最新モデルのSONY製ブランド「ブラビア」の4K液晶テレビです。

4K映像が持つ美しさを最大限に引き出す高画質プロセッサー「HDR X1」及びテレビやネット動画も高画質ができる「4K X-Reality PRO」という機能を搭載し、映像のジャンルにとらわれることなく高画質化した映像を気軽に楽しむことが可能です。

音質面では、音のひずみを低減する振動版を採用した「X-Balanced Speaker」を搭載し、クリアな音質を実現しています。別売りのサウンドバーをオプション構成することで3次元の立体音響空間を作り出すことも出来ます。

リビングのみならず寝室や子ども部屋等でも大迫力画面を体験できる49インチモデルで、どんな部屋でも最適に使える高いコストパフォーマンスを持つ4Kテレビです。

 

4Kテレビの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、4Kテレビの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

4Kの高画質で動画を楽しんでみませんか?

テレビ テレビボード
mii

4Kテレビの概要や選び方、オススメ製品はいかがでしたでしょうか。

4K放送が開始され、テレビ放送の画質は、ますます高画質化の道を辿っています。

従来の液晶テレビを長年使ってきたのであれば、これを機に買い替えてみるというの手段かと思います。

ぜひとも、お気に入りの4Kテレビを見つけてみてください!

記事内で紹介されている商品

東芝 REGZA 65インチ 4Kチューナー内蔵 LE…

サイトを見る

LG 48型 4Kチューナー内蔵 有機ELテレビ …

サイトを見る

パナソニック VIERA 55V型 4Kダブルチュー…

サイトを見る

ソニー BRAVIA 55V型 4Kチューナー内蔵 有…

サイトを見る

パナソニック VIERA 49V型 4Kチューナー内…

サイトを見る

ハイセンス 50V型 4Kチューナー内蔵 UHD液…

サイトを見る

ソニー BRAVIA 49V型 4Kチューナー内蔵 LE…

サイトを見る

関連記事