買いたいものを検索してください

【2020年最新版】身体にもリラックスタイムを!座椅子おすすめランキングTOP7

畳みなど床に直接座る際、支えがなくて猫背になったり、長時間続けると疲れるといった経験はありませんか?私はついつい前かがみになりがちで、座椅子の背もたれがあるとホッとします。プライベートなら猫背でも問題ないかもしれませんが、楽な姿勢で過ごしたいですよね。

座椅子はそんな時に役立つ商品。今回は座椅子の魅力や、意外と豊富な種類などを、おすすめランキングと共にご紹介します。

 

目的に合わせて、座椅子の種類を選ぶ

座椅子

まずは座椅子の種類をご紹介します。一口に座椅子と言っても、形状や使用目的に応じていくつかのタイプに分かれており、自分に見合ったタイプを選ぶことで居心地の良さも変わってきます。

 

ゆったりさ重視ならウェーブチェアタイプ

座椅子と机

1つ目はウェーブチェアタイプ。座椅子全体が大きく波打ったような形になっており、角度調整もできるリクライニング機能を備えた商品も多いです。頭や足など部分ごとにリクライニングを調整できる座椅子もあります。

またほかの座椅子と比べると、上は頭まで、下は足よりも長く作られており、全身を預けることも可能。座椅子の上で寝転がるなど、のんびりとリラックスタイムを過ごすのに向いています。

 

体を矯正できるタイプ

座椅子と机

腰痛対策にもおすすめの姿勢矯正用

姿勢を安定させるだけでなく、矯正も可能な座椅子もあります。姿勢矯正タイプは猫背防止でもあるためか、背もたれの部分が反り返っていることが多いです。背筋を伸ばすことで腰回りへの負担も減るため、腰痛対策をしたい人にもおすすめ。

反り返りもリクライニングのように段階が調整でき、座椅子の前後を逆にして肘置きとして応用することもできます。猫背気味の方はもちろん、高齢の方用の座椅子としても向いています。

座面の安定感ある骨盤矯正用

一方骨盤の歪み対策に向いているタイプは、座面のクッション性が魅力。ドーナツ型の骨盤矯正クッションをそのまま埋め込んだかのような座椅子も見られます。

姿勢矯正用に比べるとあまりメジャーな印象はありませんが、ダイエットや健康のことを考えているならおすすめ。産後のママさんといった骨盤の歪みが気になる方も、座椅子を骨盤矯正用にすることで普段から対策がしやすいです。

 

肘掛け付きのタイプ

座椅子

最後は肘掛けがついたタイプ。置く場所がある分、腕を疲れさせにくいのが最大の特徴です。また商品によっては座面より硬い素材になっていることも多く、座椅子から立つ際に、肘掛けに手を置いて体重をかけると立ちやすいというメリットも。肘掛けなしの座椅子に比べると、こちらも高齢の方や、立ったり座ったりの繰り返しになりがちな主婦の方に向いています。

座椅子でも正座や足を組みがちで、ついつい痺れさせてしまい、立つのが大変という方にも便利です。

 

洗濯できるカバー有りのものを選んで、座椅子をきれいに保つ

座椅子と猫

座椅子は本体のみの商品だけでなく、専用カバーがセットになったタイプもあります。カバーが別途取り外しできることで、うっかり座椅子を汚してしまった時にもカバーだけ洗えば済むのが魅力。別売のカバーや自作、タオルなどを敷いて座椅子を使う手もありますが、もとからカバーが備わっているとそれらの手間を省けるメリットもあります。

ただカバーがある座椅子は比較的小さい商品が目立つので、大きい座椅子が欲しい場合は別売や自作などの対策ができるか、どのぐらいの小ささであれば許容できるかを考えておくのも大事です。

 

かなり重要なサイズ感

座椅子とこたつ

座椅子選びではサイズも大事です。座椅子を設置する環境のほか、好みに合うサイズかなどを確認しましょう。

 

移動させるなら折り畳みやコンパクトさを重視

座椅子に限らず、椅子は定位置に置いておくことが多い商品ですが、もしリビングと自室など複数の部屋で同じ座椅子を使いたいなら、持ち運びに便利かを考えましょう。折り畳み式や、スリムサイズ、また取っ手など持ちやすいパーツがある座椅子もおすすめです。

部屋の面積が狭い、普段は座椅子を使わないなどの理由で、保管を考えている方もコンパクトにできる座椅子だと扱いやすいでしょう。

 

上部は頭や首を支えてくれるかチェック

パーツごとのサイズ感ではまず、背もたれの部分がどれだけ高いかを確認します。特に全身を寄りかからせたい時は、肩未満だと頭が安定せずリラックスしにくいので、ヘッドレスト付きなど頭まで支えられる高さがおすすめです。

本を読むなど頭を座椅子にもたれさせない方はともかく、座椅子で寝るなど支えが前提の方は背もたれの高さが、自分の座高以上であるか見てみましょう。高さは座面の厚みを含んでいることもあるので、高さ-座面の厚みで考えると失敗しにくいです。

 

座面の広さはゆったりOR机の幅と相談

一方座面は、自分のお尻より広い方がゆったり座れます。目安として、座椅子に座った状態で左右に+10cmぐらいの余裕があると居心地も良いです。

ただ注意したいのが、こたつや座卓などローテーブルとセットで使いたい場合。座椅子を使わない時はテーブルの脚と脚の間に入れると部屋がスッキリしますが、座面が広すぎては入れることはできません。

入らなくても気にしない、あるいは上で触れたように座椅子自体をコンパクトに畳めればよいですが、そうでない場合はゆったりさとどちらを優先するか、予め考えておきましょう。

 

リクライニング段階は多いものを選ぶ

座椅子と猫

ウェーブチェアタイプなどでも触れましたが、座椅子にはリクライニング機能付きもあります。背もたれ全体を倒すのはもちろん、倒し方も10段階など細かく調整できるほか、ヘッドレスト部分、足先部分など特定のパーツだけを曲げられる座椅子も存在。パーツ毎のリクライニングも調整が可能なケースが多いです。

もし選べるのであれば、パーツ毎、かつ細かい調整が可能な座椅子にしましょう。人によってリラックスしやすい体勢は異なるため、段階が少ない座椅子だと、居心地の悪さを感じてしまうこともあります。特にインターネットでの注文など、リクライニング機能を実際に試せない場合は特に優先したいポイントです。

 

座椅子おすすめランキングTOP7

クッションと座椅子

では改めて、おすすめの座椅子ランキングです。ここまで選び方や種類についてご紹介してきましたが、難しく考えるよりも具体的な座椅子が知りたい方など、以下の商品から、自分好みの座椅子を探してみてください。

 

第7位 山善 立ち上がり楽々座椅子

出典: Amazon.co.jp

山善 立ち上がり楽々座椅子
ブランド
カテゴリ
種類 肘掛け付きタイプ
大きさ 57cm✕51cm✕56cm
重さ 9000g
カバー
リクライニング 3段階

頻繁に立ったり座ったりする方に

まずは7位、山善の座椅子です。座面が床にペタっとついているのではなく、普通の椅子のように脚があります。また肘掛けも備わっているので短時間の休息、すぐ立たなければいけない時に重宝します。反面背もたれが低いことや、リクライニングが3段階までと限られている点で、のんびりとリラックスしたい時には向かないでしょう。

ちなみに背もたれは完全に折りたたんでしまうこともでき、背もたれのないスツール感覚で利用することも可能です。

 

第6位 タマリビング Relief

出典: Amazon.co.jp

タマリビング Relief
カテゴリ
種類 ウェーブチェアタイプ
大きさ 51cm✕65cm✕75cm
重さ 7500g
カバー
リクライニング ∞段階

リクライニング自由自在!

6位に選んだReliefは、なんとリクライニングの段階に制限がありません。自分の好みに合わせて細かな調整ができるため、少なくとも傾きにおいてはどんな方にも座りやすいです。また背もたれはS字になっており、姿勢矯正とはいかずとも、真っすぐな姿勢を保ちやすい形になっています。

カラーは全部で6種類。カバーの取り外し不可、高価など気になる要素はありますが、機能性重視、リラックスした時間を過ごすならおすすめの座椅子です。

 

第5位 セルタン 食パン 座椅子

種類 ウェーブチェアタイプ
大きさ 45cm✕87cm✕46cm
重さ 3000g
カバー
リクライニング 5段階

見た目にも可愛い食パン型

ちょっと変わったデザインの座椅子がお好みなら、5位に選んだ食パン座椅子はいかがでしょう。通常の食パンデザインのほか、トースト、目玉焼き付き、カビて緑っぽくなってしまったタイプなど、様々な食パンから選べます。ちなみに食パンデザインは取り外し可能なカバーになっており、汚れてしまっても対処しやすいです。

また座面には低反発素材が入っており、身体を柔らかく受け止めてくれるタイプ。高反発が苦手な方、ふかふかのパンに乗ったような感触を楽しみたい方におすすめです。

 

第4位 CANMOV LIVING 座椅子クライニング

出典: Amazon.co.jp

CANMOV LIVING 座椅子クライニング
ブランド
カテゴリ
種類 矯正タイプ
大きさ 44cm✕46cm✕57cm
重さ 2500g
カバー
リクライニング 6段階

曲がりがちな背筋のサポートに

4位は姿勢サポート可能な座椅子をチョイス。6位に比べてリクライニングに限りはあるものの、S字カーブがしっかりしており、腰から背中にかけてのラインがピンと伸びた背筋に合わせやすいです。

また座面の手前側が、背もたれに繋がる奥側に比べて厚くなっており、背中からずるずると滑るのを防いでくれ、猫背気味の方でも姿勢を保ちやすいのは魅力。面積はさほど広くないデメリットも、座椅子の上でズレにくい点で気になりにくいです。

 

第3位 プロイデア 背筋がGUUUN美姿勢座椅子

種類 矯正タイプ
大きさ 49cm✕97cm✕56cm
重さ 3900g
カバー
リクライニング 14段階

2か所のリクライニングで使い方自在

3位も矯正タイプの座椅子です。リクライニングが背もたれ全体のほか背もたれの上部の2か所にあり、上部は曲げることで肘置きや体を預けることも可能。背もたれを前に持ってきてスマホやゲーム用チェアのような使い方もできます。

2か所のリクライニングはどちらも14段階の調節ができ、組み合わせることでリラックスはもちろん、ストレッチ用の椅子としても活躍してくれます。例えば背もたれを完全に倒し、上部だけ曲げることで、座椅子のサポートによる上体反らしも容易。運動不足の解消用としてもおすすめです。

 

第2位 アイリスプラザ 座椅子

種類 ウェーブチェアタイプ
大きさ 54cm✕58cm✕140cm
重さ 80000g
カバー
リクライニング 14段階

ゆったり過ごしたい方に

ある程度大きさを求めている方には、アイリスプラザの座椅子がおすすめです。14段階のリクライニングは、なんと背もたれ全体だけでなく、足部分と頭部の計3か所で稼働。足部分のリクライニングを使うことで、4位のような前ズレ防止に、頭部のリクライニングなら、フラットにした際の枕代わりなどに使えます。

背もたれを完全に折りたたんでしまえばコンパクト。背面には固定用バンドもついていて、勝手に広がってしまうのを防止できます。またカラーラインナップも豊富で、10色以上から好みや部屋のイメージに合う座椅子が選べます。

 

第1位 ドウシシャ 座椅子

種類 ウェーブチェアタイプ
大きさ 70cm✕70cm✕71cm
重さ 8200g
カバー
リクライニング 42段階

楽な角度でゆったり座れる!

おすすめ座椅子1位は、ドウシシャの商品に決定しました。フラットにした状態では123cmとやや小さ目ですが、幅が70cmと広く取られており、足を伸ばして座るだけでなく、あぐらなど足を座面に乗せた座り方も可能です。

また背もたれのリクライニングは42段階。無限を除けば最上レベルの段階で、自分の楽な姿勢を取ることができます。さらにカバーは取り外し可能、万が一汚れてしまってもカバーを取れば本体が汚れずに済み、衛生面が気になる方にもおすすめです。このように、数ある座椅子の中でもメリットが多かったことで1位にしました。

 

座椅子の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、座椅子の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

座椅子で身体も休ませて

座椅子はローテーブル向けの椅子というだけでなく、身体を休ませるのに役立つリクライニング機能や、健康サポートが可能な矯正など様々な役割を担ってくれます。

せっかくの休憩中、座椅子の座り心地が悪いせいで、身体が疲れてしまっては元も子もありません。自分の身体がゆったりしやすい座椅子を選び、より充実したリラックスタイムを過ごしましょう。

記事内で紹介されている商品

山善 立ち上がり楽々座椅子

サイトを見る

タマリビング Relief

サイトを見る

セルタン 食パン 座椅子

サイトを見る

CANMOV LIVING 座椅子クライニング

サイトを見る

プロイデア 背筋がGUUUN美姿勢座椅子

サイトを見る

アイリスプラザ 座椅子

サイトを見る

ドウシシャ 座椅子

サイトを見る

関連記事