日用品ライターが教える灯油ランタンおすすめ10選

夜の闇を穏やかな光でやさしく彩る灯油ランタンは、キャンプシーンを特別なひと時に変える最高の小道具です。

灯油ランタンの炎の揺らめきは、日頃の疲れをいやし、心と体を開放させると感じている人もいるのではないでしょうか。

キャンプに欠かせないアイテムとして人気の灯油ランタンですが、老舗のメーカーも多くあるため、どれを選べばよいかわからないという人も多いようです。

そこで今回は、おしゃれで扱いの簡単な灯油ランタンの選び方と、おすすめの商品をご紹介します。

 

用途別のおすすめ灯油ランタン

 

ムード作りにおすすめのフェアーハンド式ランタン

ハリケーンランタンの呼び方でも親しまれているのが、フュアーハンド式ランタンです。

呼び名の通り、嵐の中で使っても雨が入り込みにくい構造をしています。フレームの中央に取り外し可能なガラスのホヤがあり、その中にバーナーがあります。

さらに基底部分が燃料タンクになっており、編み上げの灯心を伝って吸い上げられます。

燃焼に必要な空気は上部で取り入れられて中の空洞を通り、バーナーの下から供給される仕組みです。

こうした風の影響を受けにくい構造が、安定した燃焼のヒミツとなっています。

非常に燃費が良く、一晩中照らし続けても燃料切れになる心配がないので、テーブル用ランタンとしてだけでなく、鑑賞用として楽しめます。

 

ハイパワーで明るい圧力式ランタン

圧力式ランタンは別名プレッシャーランタンとも呼ばれています。

ポンプで燃料に圧力を掛け、気化させて燃焼させる仕組みを取っています。圧力式ランタンの場合、網状になっているマントルから光を放ちます。

このマントルは化学処理を施した繊維を網状にしたもので、から焼きすることで灰化し、そこに熱を加えることで化学反応を起こし、白く発光します。

非常に明るい光が特徴で、メインランタンとしても十分な明るさを得ることが可能です。ただし、マントルはもろくて割れやすく構造も精密なため、扱いには注意が必要です。

定期的なメンテナンスとある程度の知識が必要となるランタンです。

 

灯油ランタンを選ぶときのポイント

 

明るさで選ぶ

フュアーハンド式と圧力式で灯油ランタンの明るさは大きく異なります。

フュアーハンド式のランタンは、電球にすると6Wから12Wぐらいのほのかな明るさが特徴で、ろうそくの火のような温かみのある色合いの灯りです。

灯心の幅が広くなればなるほど明るさも増しますが、メインとして使うには明るさが足りません。

ムーディーな気分を楽しみたい食事用の灯りとして役立ちます。

一方圧力式ランタンは、燃料は多く必要としますが、非常に明るいランタンです。

白っぽい光なので温かみには欠けますが、小型のものでも100ワット電球以上の明るさを放つため、メインランタンとして活躍します。

 

デザインやお手入れのしやすさで選ぶ

ランタンの使用方法は実用的なものばかりではありません。

実用の面でいえば、今は明るく、安全性の高いLEDランタン一択となります。電池で光るので火事の心配がなく、一酸化炭素中毒の心配もありません。

また、メインの照明として十分な明るさで、稼働時間も長いのが特徴です。

ただし、キャンプらしさを味わいたいならば、やはり従来のガス式やガソリン式、灯油式ランタンにひかれるという人が多いのではないでしょうか。

こうしたキャンプ心を満たすアイテムの1つとして選ぶには、やはりデザイン性も重要です。

灯りの色合いや光量だけでなく、外観のデザインやお手入れの手軽さも考慮して選ぶようにしましょう。

最もコスパの良い灯油ランタンには加圧式と非加圧式がありますが、非加圧式のほうが取り扱いが簡単で長く使えます。

雰囲気作りに利用するにはぴったりのアイテムです。

 

灯油ランタンのおすすめ10選

 

ハリケーンランタン中型 フュアーハンド ドイツフュアーハンド社製

出典: Amazon.co.jp

ハリケーンランタン中型 フュアーハンド ドイツフュアーハンド社製

100年以上の歴史を誇るドイツフュアーハンド社のランタンです。

従来型は鋼板+スズメッキの製品でしたが、サビに強く耐久性のある鋼板を採用し、屋外での使用にも耐える商品になりました。

風速80mでも消えない特殊構造と極寒地や風雨にも強い耐熱ガラスで、防災用品として災害時の非常用照明としても役立ちます。操作が簡単なので初心者にも扱いやすい商品です。

 

Coleman コールマン ケロシン ランタン 12022-L

出典: Amazon.co.jp

Coleman コールマン ケロシン ランタン 12022-L

明るくあたたかなあかりが魅力のランタンです。

18×18×46cmの大型サイズなので、広い範囲を明るく照らすのに向いています。

日本コールマンでは取り扱いのないワンマントルタイプの灯油ランタンで、ホワイトガソリンを使用するタイプに比べて燃料費の節約に役立ちます。

陶器のベンチレーターは腐食に強く、耐熱ガラスのグローブも耐久性が高いため、防災用品としてもおすすめの商品です。

 

STAGAR スタガー オイルランプ POL-114

スタガー社(ポーランド)のアンティークシリーズの中でも人気の高いモデルです。

カットガラス風のガラス製タンクと、オール真鍮の口金がレトロな雰囲気を醸し出しています。

使い込むほどに味がでる真鍮製のランプはアンティーク好きにはたまらない一品です。キャンプのテーブルトップや自宅での雰囲気作りにぴったりの商品です。

 

デイツ社 DIETZ BEL052-BK ハリケーンランタン大型デイツ80 黒芯0.5M

出典: Amazon.co.jp

デイツ社 DIETZ BEL052-BK ハリケーンランタン大型デイツ80 黒芯0.5M

1840年に創業以来、アメリカ本土はもちろん国外でも人気の高いデイツ製のオリジナルランタンです。

古き良きアメリカンクラシックカラーのスタンダードなデザインで、大型のため燃焼空間が広いのが特徴です。

明るさは15Wの電球レベルですが、炎が安定してきれいに見えるため、災害時の室内用灯としても頼りになる商品です。

ややスレや気泡が目立つ商品もありますが、ガラスの厚みは十分にあり、丈夫なつくりとなっています。

 

デイツ社 DIETZ ハリケーンランタンデイツ78黒金

出典: Amazon.co.jp

デイツ社 DIETZ ハリケーンランタン デイツ78 黒金

豪華な金色のメッキが目を引く、コンビネーションモデルのランタンです。

炎がホヤ内部のメッキ部分に反射して、華やかな雰囲気を演出します。

コンパクトながら4分芯(12mm芯)を使用しており、20時間程度の長時間燃焼可能です。

手作りのためカスレや傷、ばらつきなどはありますが、それすらもアンティークな雰囲気で味のある仕上がりとなっています。

 

 HL1ストームランタン 12322

ニッケルメッキを施したインテリア性の高い美しいランタンです。

加圧の必要がないシンプルな構造なので、初心者でも簡単に使うことができます。

大きさは手のひらサイズのため、場所を取らず収納場所にも困りません。わずか150mlの灯油で約20時間燃焼します。

重さも460gと軽量なので、アウトドアのお供に最適です。強い風や寒い場所にも強い本格的なランタンです。

 

オイルランプ OL-872-155C

テーブルをスタイリッシュに彩るお洒落な卓上ランプです。

流線的なフォルムのステンレスベースが高級感を与えます。

500gと適度な重さがあり、金属底部分には滑り止め加工が施されているので安定性が高く、転倒の心配がありません。

また、オイルタンクには火口を固定するバネが目立たないように装備されており、転倒した際のオイル漏れを防ぎます。

 

PETROMAX ペトロマックス HK500 brass ブラス

出典: Amazon.co.jp

PETROMAX ペトロマックス HK500 brass ブラス

長年世界中で愛されている圧力式灯油ランタンです。

200以上の細かなパーツがあり、初心者には扱いが難しいところもありますが、完成度の高さと美しさからランタン愛好家から高い支持を受けています。

灯油式ランタンの持つ柔らかな温かみのあるあかりの色が部屋をやさしく照らし出し、リラックスできる空間を演出します。

本格的なランタンを求める本物志向の人におすすめの商品です。

 

スターフューエル ムーミン オイルランプ MOL-112 ムーミントロール クリア

出典: Amazon.co.jp

スターフューエル ムーミン オイルランプ MOL-112 ムーミントロール クリア

ムーミンの物語の世界から抜け出してきたような可愛らしいデザインが目を引くランタンです。

調整ノブとガラスカバーにはムーミンがデザインされており、ムーミンファンの心をわしづかみにします。

ムーミン好きにはもちろん、子どもっぽくならないアンティークなデザインなので、幅広い年代で利用できます。

燃焼時間は20時間と機能性も問題ありません。

 

バタフライ 加圧式石油ランタン 500CP 灯油 830

出典: Amazon.co.jp

バタフライ 加圧式石油ランタン 500CP 灯油 830

どこか懐かしい雰囲気が魅力のアンティークな加圧式石油ランタンです。

東南アジアの国々では屋台などのあかりとして使われており、耐久性の高さが自慢です。

予熱やポンプ操作などにコツが必要ですが、使い慣れると苦にならないレベルで、しっかりした明るさが得られます。

燃焼中は非常に高温になるため、絶対に触らないように注意しましょう。

 

まとめ

キャンプに欠かせないランタンも、今は安全性の高いLEDランタンが主流となっています。

しかし、昔ながらの灯油ランタンのほのかなあかりは、電池式のランタンにはないキャンプならではの雰囲気作りには欠かせません。

お手入れをしっかりしておけば長く使える商品なので、キャンプの楽しみのひとつとして愛用してみてはいかがでしょうか。

また、キャンプだけでなく、災害時にはコスパの良い非常灯としても役立ちます。

ただし、一酸化炭素中毒や火事の危険性が高くなるため、灯油式ランタンは絶対にテントの中や閉め切った屋内で使用してはいけません。

あくまでも雰囲気作りのアイテムとしてメインのLEDランタンとともに、サブのランタンとして使うようにしましょう。

記事内で紹介されている商品

ハリケーンランタン中型 フュアーハンド …

サイトを見る

Coleman コールマン ケロシン ランタン 12…

サイトを見る

STAGAR スタガー オイルランプ POL-114

サイトを見る

デイツ社 DIETZ BEL052-BK ハリケーンラン…

サイトを見る

デイツ社 DIETZ ハリケーンランタン デイ…

サイトを見る

HL1ストームランタン 12322

サイトを見る

オイルランプ OL-872-155C

サイトを見る

PETROMAX ペトロマックス HK500 brass ブ…

サイトを見る

スターフューエル ムーミン オイルランプ …

サイトを見る

バタフライ 加圧式石油ランタン 500CP 灯…

サイトを見る

関連記事