食欲の秋に大活躍!ママも子供も嬉しいホットプレートおすすめランキングTOP5

家族や友達など大人数で焼き肉などを楽しむときに使用するホットプレート。最近は、様々なメーカーから個性的な商品が発売され、従来の使い方だけでなく、チーズフォンデュやスイーツなど多彩な料理が楽しめる商品が増えてきました。

種類が増えるにつれ、自分好みの一品に出会える可能性が高まったわけですが、あまりに商品数が多くて、どれを選べばよいのか迷ってしまうという人も多いのではないでしょうか?

今回は、今人気のホットプレートだけでなく、みなさんのライフスタイルに合ったホットプレートの選び方もご紹介します。ベストなホットプレートを見つけ、毎日の食卓を楽しいものにしてくださいね。

 

ホットプレートとは?

ホットプレートはヒーターを熱源とした調理機器です。キッチンで使用するフライパンや鍋と異なり、熱源が内蔵されているため、焼き肉や炒め物などの焼いて調理する料理によく使われています。

浅く平らなプレートが一般的ですが、最近は、様々な種類のプレートが付属している商品が多くなりました。たこ焼きやアヒージョ、チーズフォンデュなど、付属プレートの種類に応じて様々な料理が楽しめます。

大家族や大人数でのパーティーでの利用されるイメージが強いですが、最近ではコンパクトサイズも登場し、独身の方などでも使いやすい商品もあります。

 

ホットケーキ

 

ホットプレートの種類

ここでは、ホットプレートの種類を項目ごとに詳しくご紹介します。

 

形状

ホットプレートの形状は、長方形型・楕円型・丸型などがあります。

長方形型や楕円型のホットプレートは焼く面積が大きく、一度にたくさん焼くことができるため、大人数での利用におすすめです。広いプレートを分けて使って、複数の料理を同時に作ることができるのもメリットです。ただし、幅が長くなるため、テーブルが狭いと置けなかったり、収納スペースに困ることがあります。

丸形のホットプレートは、テーブルのどの方向からでも取りやすいので、少人数での使用におすすめです。少人数の利用を狙ったコンパクトサイズの商品が多く販売されています。内部のヒーターを均等に配置しやすい形状なため、焼いたときのムラが楕円型や長方形型に比べて出にくくなっています。

 

大きさ

様々な大きさのホットプレートがあります。

1~3人の少人数で使う場合、直径が30cmくらいの商品で十分です。丸形のホットプレートは直径30~40cmくらいの大きさの商品が多いです。

4人以上の場合は、大きいサイズのホットプレートがおすすめです。3人でも、一度にたくさんの料理を作りたい場合は、大きいホットプレートが良いでしょう。

使う人数や収納スペースなどを考慮して、大きさを選びましょう。

 

付属プレート

付属するプレートの種類によって、調理できる料理が変わります。購入前には、必ず付属プレートを確認しましょう。

平面プレートは、通常標準装備されているプレートです。表面が平らで、焼肉・お好み焼き・焼きそば・ホットケーキなど幅広く利用できます。

焼肉用に使われる凹凸がある波型プレートがあれば、肉の余分な脂を落としたヘルシーな焼き肉を食べることができます。高性能な商品の場合、穴あきプレートが付属している商品もあります。穴あきプレートは、余計な油をプレートの下に落とせるため、油はねの心配がなく、ヘルシーに焼き上げることができます。

たこ焼きを作りたければ、たこ焼き専用の穴が開いているたこ焼きプレートが必要です。穴の大きさや数はホットプレートごとに異なるので、購入前に確認しておいた方がいいでしょう。

鍋も作りたければ、深型プレートや専用鍋が付属している商品を選びましょう。フタが付いているものが便利かもしれません。蓋があれば、蒸し料理も可能です。

 

加熱方式

ホットプレートの加熱方式は、2種類あります。最も普及しているのは、電気でヒーターを熱してプレートに熱を伝えるヒーター方式です。最近は、IHを利用したIH方式のホットプレートも人気があります。

ヒーター方式は、リーズナブルな価格で商品のバリエーションが豊富です。効率良く食材の芯まで加熱することができ、外はこんがり、中はジューシーに仕上がります。デメリットは、予熱に時間がかかることと、プレート全体が均一な温度になりにくいため、焼きムラが出ることです。

IH方式は、ヒーター方式に比べてプレートが早く温まりやすく、細かい温度調整が可能で、焼きムラが出にくいことがメリットです。値段もかなり安くなってきて、買いやすくなりましたが、まだまだヒーター方式の商品に比べると価格が高く、商品バリエーションも少ないです。

 

ホットプレートの機能

ここでは、ホットプレートの機能についてご紹介します。

 

火力

強い火力で調理すれば、厚みのあるお肉もしっかり焼き目をつけて焼き上げることができます。火力は消費電力に依存します。機種によって熱効率が違うので、同じ消費電力でも商品ごとに焼き上がり具合は異なりますが、強い火力で調理したい方は、消費電力の大きい製品を注目してみてください。

 

お手入れのしやすさ

ホットプレートを使っているほとんどの人が面倒だと思っているのが、使用後のお手入れです。こびりついた汚れを取り除くために、かなりの時間を費やしたことがある方も多いのではないでしょうか?

食材を高温で焼き上げるため、ホットプレートには汚れがこびりつきやすいです。また、ホットプレートの隙間に食材が落ちてしまい、掃除にかなり手間取ってしまうこともあります。安価なホットプレートは、お手入れのしやすさを重視して設計されていることは少ないので、注意が必要です。

プレートの表面にセラミックコートやフッ素樹脂加工がしてあれば、汚れがこびり付きにくく、サッと落としやすいのでおすすめです。プレートとヒーターが入っている本体が分離できる商品は、プレートの水洗いができるため、衛生的に使うことができます。

 

安全性

ホットプレートは食卓で使う調理器具ですから、特にお子様がいるご家庭では、安全性の高いホットプレートがおすすめです。

誤って本体に触れてもやけどしにくい構造になっている商品、油がはねにくい商品など、各メーカーが様々な工夫を凝らした商品を販売しています。是非チェックしてみて下さい。

 

収納性

美味しい料理が楽しめるホットプレートですが、困るのが収納場所です。大きくて平らなため、置き場所に困っている人も多いのではないでしょうか?毎日使わないからとキッチンの奥の方にしまっておくと、出すのが大変です。出し入れが面倒だと、どうしても使う機会が減ってしまいます。

最近は半分に折りたためる商品や、垂直縦置きが可能な商品もあります。可愛い見た目でキッチンに出したままでも恥ずかしくない商品もあるので、ぜひチェックしてみてください。

 

煙カット

家で焼肉をすると、部屋中に焼き肉のニオイが広がってしまいますよね。最近は、調理の際に発生する煙を抑えることができるホットプレートもあります。

 

キッズパーティーに断然便利!

我が家の子供はホットプレートが大好きです。特に大好きなのがホットケーキ、ホットプレートを使うと複数枚のホットケーキが一度に焼けるので、絵本に出てくるようなたくさん重ねたホットケーキのタワーが素早く作れます。

 

ホットケーキタワー

 

子供の友達がたくさん遊びに来た時にも、ホットプレートをよく使いまうす。全員分のホットケーキを筆者一人でフライパンで調理するのは大変ですが、ホットプレートなら素早く大量に調理でき、温かいうちにみんなで一緒に食べることができます。

ホットプレートは筆者にとって、子供達のプチパーティに大活躍の便利な調理器具です。

 

お店気分を味わえる?!ホットプレートのおすすめの使い方

お好み焼きも筆者がホットプレートでよくつくる料理です。火力の強いホットプレートなら、お店で食べるようなふわっカリッとしたお好み焼きを作ることができます。

ふわっとした食感を出すにはコツがあります。山芋を入れてもいいですが、生地を作ってすぐに焼かずに少し寝かしておくと生地がもっちりしますよ。カリッと焼くコツもあります。ホットプレートを最高温度であらかじめ熱しておき、一気に焼き上げると、表面がカリッと仕上がります。

皆さんもぜひお試しくださいね。

ホットプレートでお好み焼き

 

ホットプレートを使う時の注意点

ホットプレート使用時に注意すべき点をご説明します。

 

設置場所

ホットプレートはかなり高温になる調理家電です。熱に強いテーブルなどの上に設置して使いましょう。熱に弱いじゅうたん・畳・紙などの上や、不安定な場所で使用すると火災の原因になります。また、家具の近くで使うと、熱や蒸気で家具を痛めてしまう可能性もありますので、十分注意しましょう。

筆者宅では、ホットプレートの近くにプラスティック製タッパーおいていて、タッパーが熱で溶けたことがあります。

 

延長ケーブル

筆者が購入時に失敗したのがコードの長さです。ホットプレートは高電力を消費するため、延長ケーブルの使用を推奨していない商品も多いです。筆者は電源コードのことは考えずにホットプレートを購入しました。そして、延長ケーブルを使ってホットプレートを使用し、そのせいかはわかりませんが、家のブレーカーが落ちたことがあります。

ホットプレートを安全に使うためには、延長ケーブルの使用が問題ないホットプレートを使うか、電源コードが十分に長い商品を使うのがおすすめです。

 

ホットプレートでつくるのに向いている料理・向いていない料理

ここでは、ホットプレートでの調理に向いている料理も向いていない料理をご紹介します。

 

向いている料理

ホットプレートは焼くことに特化しているので、定番の焼肉やたこ焼き、焼きそばなどの調理に向いています。また、魚介類を焼いて調理したり、焼いてつくるホットケーキなどのスイーツにも便利に使えます。

チーズフォンデュやチョコフォンデュなども、ホットプレートがあればつくれます。温度を調節できるためチーズやチョコレートをこがさずに、加熱することができます。また、同時に具材も一緒に加熱することができ便利です。

 

向いていない料理

鍋料理にはあまり向いていません。おでんやすき焼きなどの鍋料理も作れなくはありませんが、ホットプレートは浅いので、水分が多い料理の場合は具を加えたり煮立ってきたときに水分があふれてしまいます。

最近は、このホットプレートの弱点を克服した商品もありますので、鍋をホットプレートで調理したい場合は、そういった商品を選ぶことをおすすめします。

 

私の愛用のホットプレート

ここでは、筆者が現在愛用中のホットプレートをご紹介します。

ホットプレート+バナナ

象印 ホットプレートやきやき EA-BV35-HW

出典: Amazon.co.jp

象印 ホットプレートやきやき EA-BV35-HW

楕円型のホットプレートです。丸洗いできるので、いつでも清潔に使うことができます。「チタンセラミックコート」で金属へらを使っても傷つきにくく、浅い凹凸のダイヤカットディンプル仕上げなので油なじみが良いのでこびりつきにくいです。最高250℃まで加熱することができ、焼き肉やお好み焼きを美味しく仕上げることができます。

筆者の家では、定番の焼き肉やお好み焼きだけでなく、ホットケーキ・チーズフォンデュなど様々な料理で使っている調理家電です。

 

to buyオフィシャルインフルエンサーおすすめのホットプレートをご紹介!

sayo.のイチオシ!

おうちでホットプレートを使い焼肉をやる際にこのザイグルハンサムは煙が出ません。
油ハネもなく、余分な油は中央の穴より油受け皿に流し込み、ヘルシーな調理が可能です。お好み焼きや唐揚げも出来ちゃいます!我が家は焼き鳥もやっちゃいます。

 

MAYUのイチオシ!

場所を取るホットプレートが折りたたみ出来て、なんとこちらは2面タイプ!
左右でそれぞれ温度調節が出来るので、焼く物によって温度を変えれます。
たこ焼きプレート、焼き肉プレート、平面プレートの3枚のプレートがセット!
片方でたこ焼き、もう片方でお好み焼き…そんな風に使えちゃうんです♪
お手入れが簡単なので、夏に外でBBQするときも大活躍しました。

 

kanaのイチオシ!

コンパクトで見た目もオシャレなホットプレート⤴︎ 平プレートの他、たこ焼きプレート付きなので様々なプレート料理が楽しめます‼︎我が家ではセラミックの深鍋とグリルプレート(別売り)も同時に購入しました♡機能もシンプルで使用しやすいです!

 

❁ayumi❁のイチオシ!

見た目の可愛さに負けないくらい使いやすいホットプレート!
大きさは2〜3人で丁度良いサイズ✨
従来のホットプレートは重くて出すのも大変でしたが、ブルーノなら軽いので出し入れも楽チンです❁
平プレートとたこ焼きプレートの2枚セットなのも嬉しいポイント?

 

alinu.h.h.kのイチオシ!

ずーっと欲しいと思っていた、BRUNOのホットプレート。サイズに悩みましたが、コンパクトサイズの方を購入。これが我が家に来てから凄く大活躍しています。5人家族だけど、何度も焼いたりすれば済む事だし、収納場所に困らない程のコンパクトなので、買って良かったものです!!たこ焼き、餃子、焼売、ホットケーキ、焼きおにぎり、チーズダッカルビ等作りました。

 

タナヨシのイチオシ!

ホットプレートでキャンプ飯にチャレンジ!

 

おすすめのホットプレートランキングTOP5

ここでは、筆者が特におすすめするホットプレートをランキング形式でご紹介します。

 

第5位 テーブルグリル ピュア

最近、調理家電を扱う雑貨屋さんでもよく見かける、一見ホットプレートには見えない白いプレートが魅力のオランダ発の魅せる家電です。純白のプレートに天然竹の台座の組み合わせがかっこいいですよね。

ホットプレートとしての機能も充実しており、高火力が可能です。お肉などを外はこんがり、中はジューシーに仕上げることができます。

実はプレートの中央に穴が開いています。プレートは中央に向かって緩やかに傾斜しており、肉等の余分な油が自然と落ちるように設計されています。

白いプレートなので、食材が美味しそうに見えます。パーティーに最適な見た目のホットプレートですね。ホットプレートとしての機能にこだわりつつ、見た目も重視したい方におすすめです。

 

第4位 パナソニック IHホットプレート KZ-HP2100-K

出典: Amazon.co.jp

パナソニック IHホットプレート KZ-HP2100-K

パナソニック製のIH方式の高火力・省エネホットプレートです。耐久性が非常に高いセラミックスと、ダイヤモンド微粒子を添加したフッ素でプレートをコーティングしています。表面が平らなので、お手入れが楽です。

専用鍋が付いています。鍋物に便利な「鍋だし作りコース」なら、自動で火力を落として吹きこぼれを防いでくれるため、鍋料理もできます。

お値段は高めですが、ヒーター式ホットプレートと同じ料理はもちろん、鍋物も調理できるのが嬉しいポイントです。

 

第3位 象印 ホットプレート 3.5枚タイプ やきやき EA-GV35AM-TD

出典: Amazon.co.jp

象印 ホットプレート 3.5枚タイプ やきやき ダークブラウン EA-GV35AM-TD

調理家電で定評のある象印のホットプレートです。温度調節範囲が80~250度と広範囲で、いろんな焼き上げが可能です。3層構造の傷つきにくい「トリプルチタンセラミックコート」を採用しているので、とても丈夫で長持します。

プレートは、遠赤穴あき焼肉肉プレート、遠赤平面肉プレート、大たこ焼き肉プレート、遠赤平面ハーフ肉プレートの3.5枚あります。遠赤穴あき焼肉プレートの半分を遠赤平面ハーフプレートに変えれば、焼肉と一緒にいろいろな料理が楽しめます。

付属の樹脂製収納ホルダーを使えば、プレートと本体を重ねて、スッキリ収納できます。縦置きも可能です。

火力も十分で、機能面も充実しているので、これさえあれば、いろんな料理が美味しく仕上げられます。サイズが大きいので、置き場所と収納スペースに問題なければ、いろんな方におすすめできる一品です。

 

第2位 アイリスオーヤマ 両面ホットプレート DPO-133-D

出典: Amazon.co.jp

アイリスオーヤマ 両面ホットプレート DPO-133-D

2枚のプレートで2種類の料理が同時にできる両面ホットプレートです。650Wのヒーターが両面にそれぞれ付いていて、プレートごとに温度調節ができます。

着脱可能なプレートは、平面プレート、ディンプルプレート、たこ焼きプレートの3種類です。折りたたみ縦置きできるため、キッチンの隙間などの狭いスペースに楽に収納できます。取っ手が付いていてカバンのように持ち運べるので、取り出すのも片付けもとても楽です。

一度に2種類の料理を分けて作れるのが最大の特徴です。それぞれ別に温度設定できるので、思うような焼き具合にしあげることができます。アイディア次第で、いろんな楽しみ方ができるホットプレートです。

 

第1位 BRUNO コンパクトホットプレート

出典: Amazon.co.jp

BRUNO コンパクトホットプレート

今筆者が一番欲しいホットプレートです。BRUNOのホットプレートは、ここ数年主婦のあこがれ調理家電ですよね。ホーロー鍋をイメージしたレトロで可愛らしいデザインは、たくさんの雑誌で特集されています。数年前からカラーバリエーションは豊富でしたが、ここ最近は、おしゃれなイラストが入ったデザイン柄も販売されるようになりました。

食卓に置きっぱなしでも恥ずかしくないおしゃれなデザインです。A4サイズのコンパクトなホットプレートで、毎日ちょっとした料理も手軽に作れます。おしゃれなだけでなく、出力は1200Wでパワーがあります。また、安全設計も完備しています。

プレートは、平らプレート、たこ焼きプレート、マルチプレート、グリルプレート、セラミックコート鍋の5種類あり、フタも付いています。

このホットプレートを筆者の友達は、「フライパンよりもホットプレートのほうが使うようになった」と言っていました。

ホットプレートでこれまで作ったことがないいろんな料理に挑戦したい方におすすめです。

 

ホットプレートの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ホットプレートの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

ホットプレートを購入して料理の幅を広げよう!

今回は、人気のホットプレートをご紹介しました。気になる一品は見つかりましたか?

ホットプレートで作れる料理は、実に多彩です。使うシーンや作りたい料理を想像して商品を選べば、きっと使い勝手の良いホットプレートを手に入れられるはずです。

今回の記事を参考にして、商品を選んでくださいね。

記事内で紹介されている商品

象印 ホットプレートやきやき EA-BV35-HW

サイトを見る

ザイグルハンサム 赤外線ロースター ドー…

サイトを見る

アイリスオーヤマ 両面ホットプレート

サイトを見る

BRUNO (ブルーノ) コンパクトホットプレー…

サイトを見る

BRUNO (ブルーノ) コンパクトホットプレー…

サイトを見る

BRUNO (ブルーノ) コンパクトホットプレート

サイトを見る

BRUNO (ブルーノ) コンパクトホットプレー…

サイトを見る

テーブルグリル ピュア

サイトを見る

パナソニック IHホットプレート KZ-HP2100…

サイトを見る

象印 ホットプレート 3.5枚タイプ やきや…

サイトを見る

アイリスオーヤマ 両面ホットプレート DPO…

サイトを見る

BRUNO コンパクトホットプレート

サイトを見る

関連記事