買いたいものを検索してください

【2020年最新版】通勤・通学にも使える!マウンテンバイク人気おすすめランキングTOP10

あなたがショッピングや通勤、オフロードまで使いこなせるマウンテンバイク。上級者だけでなく、初心者も安定して乗れるように選び方も様々です。我が家は聞くところでは、以前主人が愛用していました。男女問わず活用でき、カッコ良さがおしゃれにも繋がっていますよね。

マウンテンバイクは未塗装のオフロードに限らず、街乗りでも活用できるので便利です。我が家の主人が通勤などでも使っていましたが、最近の良さが羨ましいとか(笑)そこでマウンテンバイクについて、特徴や種類も含めおすすめをランキングで紹介します。

 

マウンテンバイクとは?

あなたがとっさにイメージするのは、どの活用シーンでしょうか。オフロードだけでなく、街でよく見かけることも多いのがマウンテンバイクです。路面から受ける衝撃・振動を吸収し、安定させるサスペンションの種類も違いがあります。

またフレームやホイールサイズなど、目的やお好みによって選び方は様々です。マウンテンバイクはタイヤが太く、衝撃に強い頑丈さやギアの変速段数もたくさん!操作がしやすいフラットハンドルで、扱いやすい面も持っているのが特徴的です。

 

マウンテンバイクの選び方

マウンテンバイクは、上級者だけが乗りこなせるわけではありません。初心者だとしても、どんな種類や素材があるか知ることで選び方が分かります。あなたにとってどのサイズが合っているかなど、ポイントも抑えられるでしょう。それが今後の生活に関係することもあるはずです。楽しくマウンテンバイクを乗るために、選び方についてお役立てください。

 

種類で選ぶ

突然サスペンションと表して、それは何かと思う方もいるかもしれません。少し触れましたが、簡単には衝撃吸収し、振動を減らすためのパーツです。マウンテンバイクには、前後や前輪のみサスペンションがあるなど種類は様々あります。

メーカーやモデルによっても異なる部分です。今ではサスペンションのない「フルリジット」は、ほぼ販売されていません。ではマウンテンバイクのサスペンションの種類を見てみましょう。

「フルサスペンション」は上級者向け

街で段差でも乗る、オフロードでどんな道でも挑戦するなら、衝撃吸収は必要です。初心者で乗れないことはありませんが、どちらかというと上級者向けになります。それがフロントにもリアにもサスペンションが付いている、略称「フルサス」です。

何もない平坦な街で乗るなどでは、初心者では漕ぎにくく向いていないかもしれません。段差やオフロードでガンガン乗りたい上級者は、活用できるでしょう。リアに付いているマウンテンバイクは、ほぼフルサスペンションです。

「ハードテイル」は初心者向け

街乗りにとっては向いていますが、全くオフロードで走れないわけではありません。メンテナンスをするときも、簡単な部類に当たるマウンテンバイクです。軽さ重視で、初心者に向いているのがまさに「硬い後ろ」を指すハードテイル。

フルサスペンションとはの違い、リアにはなく前輪のみに付いています。多少に硬さがあっても、街で乗ることに支障はなく軽量さが1番の良さです。極端でなければオフロードでも乗れることも、初心者向きなポイントになります。

 

フレームの素材で選ぶ

あなたが選ぶときには様々な面から見る必要があります。またはどこで活用するか、お好みはどれか、コストはどうかなどポイントを抑えますよね。枠であるフレームの素材も必要になり、種類は豊富です。耐久性、コスト、軽さなど必要な部分は多数あります。そこで、フレームの素材に目を向けて選んでみることもおすすめです。

振動耐久性ならクロムモリブデン鋼

丈夫なだけでなく、傷が付きにくいとされる素材もあります。さらに長時間走行しても負担が少ないのが、クロムモリブデン銅です。マウンテンバイクで、略称「クロモリ」と呼ばれています。特徴的なのは振動耐久性に優れ、初心者に向いているところです。

お尻へ伝わる振動が軽減されているので、長時間でも走行ができるのが特徴的でしょう。コストパフォーマンスも良いです。折れてしまうなどの場合でも、溶接することで再び走行ができます。

コストが抑えめなアルミ

マウンテンバイクで、漕いだときに力が逃げることを避ける素材もあります。軽量になっている枠であるフレームも特徴的でしょう。それが軽さとコストパフォーマンスに優れているアルミです。軽量であることで人気を高めている要因になります。

アルミの良さは2つあり、マウンテンバイクの良さを引き立たせているからです。素材選びはとても大切で乗り心地にも関係します。密度が低く軽量であること、コストが抑えめなところが最大のメリットです。

軽くて丈夫なチタン

錆びにくい素材を選ぶことも大事なポイントです。丈夫さはもちろんですが、その割には軽いので選ばれています。マウンテンバイクを持ち運びをするときに、簡単であることがメリットなチタンです。コスト的には作る過程において、若干高めかもしれません。

アルミの次に軽いと表すことが適しているのがチタンです。しなやかな素材で、フレームの素材としては細めに当たります。軽くて丈夫であることや、錆びにくいことがメリットです。

劣化しにくいカーボン

軽さでは1番軽い素材に当たるのですが、それだけではありません。マウンテンバイクのペダルを踏んでも力をあまり逃さず、振動吸収性に優れています。軽さはもちろんですが、劣化がしにくい素材であることも要因でしょう。

ただし性能が優れている反面、コストは高めに設定されています。クロムモリブデン銅とは違い、折れてしまった際には買い替えが必要です。カーボン独特の軽さと劣化がしにくい部分から、選ばれている素材になります。

優れた耐久性のステンレス

表面を磨くほど、綺麗さがアピールできるデザインが特徴の素材になります。塗装の必要もないほどの枠であるフレームです。その上、衝撃吸収性が高くマウンテンバイクでは難しいような路面でも走行できます。それが優れた耐久性のあるステンレスです。

ただし、コストは加工が難しいので高めに設定されています。主にステンレス素材を選ぶときには注意が必要です。素材を選ぶ際には十分注意をして選ぶことが、ポイントになるでしょう。

 

ホイールサイズで選ぶ

選ぶポイントは素材だけではありません。大きさを表す、内径(インチ)を指すホイールのタイヤサイズも必要になります。用途によって差があるので、違いを含めてどのサイズが良いかです。元からある、また最近主流とされる商品も含めて、マウンテンバイクについてになります。どのようなホイールサイズが適しているか、どんな人に向けてかご覧ください。

小回りがきく26インチ

古くから使われているサイズで、欧米では今でも愛されている規格があります。もちろん欧米に限らず、他の地域や日本で親しまれているのが26インチです。加速性もあり、小回りが効き街乗りやオフロードに限らず、競技でも使われています。

一時期はマウンテンバイクの規格は26インチだったのですが、いくつか増えたのです。根強いファンは古くから愛されている、26インチサイズが良いという意見もあります。随分前ですが、主人が乗っていたマウンテンバイクも人気時期に重なるかもしれません。

幅広く使える27.5インチ

2010年代に新しく登場し、26インチより加速性があり、小回りが効くサイズもあります。良いところどりをしたようなサイズが27.5インチです。日本では中心の位置のバランスからか、近年競技でも使われることが増えています。

主流と言ってもおかしくないですが、もちろんお好みはあるでしょう。マウンテンバイクだけでなく、ホイールインチも進化しています。障害物を乗り越えたりなど幅広く活用し、使えるのが27.5インチです。

直径の大きい29インチ

オフロードにおいて、凸凹を簡単に乗り越えられるサイズもあります。街で乗れないわけではありませんが、最近では競技用でメインに使われているサイズです。26、27.5より直径の大きいのが、よく見かけられる29インチになります。

29erで愛称は「トゥナイナー」とも呼ばれ、こちらも人気です。少しでも距離を長く乗ることができ、スピード感も堪能できます。サイズは3つですが、まずはどこでどのようにマウンテンバイクを使うかがポイントです。

 

ブランドで選ぶ

ここで多数ある中で、歴史あるマウンテンバイクから初心者向けまで紹介します。数ある中でも人気ブランドを3つ厳選したので、どう違うか、特徴はどこかになります。あくまで一部ではありますが、素材やホイールサイズの他にも見る視点があるはず!そこでポイントを含め、マウンテンバイクを選ぶ際の参考までにお役立てください。

SPCIALIZED(スペシャライズド)

アメリカのカリフォルニアが本社で、1981年にはスタンプジャンパーの名を刻んでいます。世界初の量産型マウンテンバイクを開発し、地名度を上げているスペシャライズド。

日本ではのちに、スペシャライズドジャパンとして活躍している歴史あるブランドです。メンズだけに力を入れているのではなく、レディースにもこだわりを持っています。ロードバイク、マウンテンバイク、ウェア、ヘルメットも開発しているのも特徴です。シューズやグローブまでも手がけ、様々なモデルも開発しています。

GIANT(ジャイアント)

全国の各地に多いとされ、1971年に台湾発祥でマウンテンバイクで名を知られています。世界最大の自転車メーカーと称してもおかしくありません。開発から生産まで自社で行うことで知られるのが、各地で知られるジャイアント。

傘下のパーツメーカーと連携することで、コストを抑えるだけではなく、性能も良いです。ロードバイク、クロスバイク、競技用バイクなども手がけています。初心者でも安心して購入したい、マウンテンバイクのブランドでしょう。

MERIDA(メリダ)

1972年に創業され、メインである工場はドイツにある世界規模のブランドです。マウンテンバイクのレースでは功績が多々残るのがメリダ。

自社ブランドはもちろん、OEM(他社ブランド)にも力を注いでいます。日本ではブリジストンやミヤタなどにも携わり、馴染みが深いでしょう。ラインでは、ある一定の試験にパスした資格者のみ工程に加わることができます。高度な技術あるのみは関われる、徹底したシステムで管理されているブランドです。

 

マウンテンバイク人気おすすめランキングTOP10

我が家の主人が愛用していた商品は既にありませんが、似ている商品も発見しました。また通勤で使用していたようですが、街乗りで通勤、通学では選び方に注目です。もちろん、オフロードでも利用できるマウンテンバイクもあります。コストも安いのが良いですが、性能にも注目したいでしょう。

そこでマウンテンバイク人気おすすめランキングを紹介いたします。購入や乗った気分を思い浮かべながら、お役立てください。

 

第10位 トリンクス TRINX マウンテンバイク ダブルディスク

出典: Amazon.co.jp

トリンクス TRINX マウンテンバイク ダブルディスク
ブランド
カテゴリ
種類 ハードテイル
フレーム アルミ
サイズ 26

通勤や通学に向いている!

トリンクスのロゴもきちんとはっきりしているので、おしゃれさがアクセントです。マウンテンバイクのフレームも、軽量アルミでコストも抑えめになっています。サスペンションの種類がハードテイルなため、初心者でも安心!

街乗りでショッピング、または普段からの通勤や通学などに困りません。極端な段差などがないところでは安全に走行できます。放熱性があり制動性の高いディスクブレーキで、変則可能ギア枚数は21段です。タイヤ回転時に接触音が出やすい面を考慮して、10位にしました!

 

第9位 カノーバー CANOVER マウンテンバイク

出典: Amazon.co.jp

カノーバー CANOVER マウンテンバイク
ブランド
カテゴリ
種類 ハードテイル
フレーム アルミ
サイズ 26

組み立てが簡単!

ハードテイルのサスペンションで段差が多い道でも、疲労を最小限に抑えます。フロントやリアは、放熱性がある制動性の高いディスクブレーキです。街乗りや通勤、通学にも強力なブレーキング性能で、安全で瞬時に停車ができます。マウンテンバイクの上位にランクされている、シマノ製ラピッドファイヤシフトレバー!

チェーンを巻き上げる機能の、リアスプロケットと組み合わせて変速可能段数は21段です。コンパクトで錆びないとされる雨にも強い、LEDフロントライトを採用しています。アルミで軽量、コストが安いですが組み立て面を考慮して、9位にしました!

 

第8位 NEXTYLE ネクスタイル 26インチ マウンテンバイク

出典: Amazon.co.jp

NEXTYLE ネクスタイル 26インチ マウンテンバイク
ブランド
カテゴリ
種類 ハードテイル
フレーム スチール(クロモリ)
サイズ 26

初心者でも楽しめる!

フロントやリアには、メカニカルディスクブレーキです。強力で放熱性がある制動性の高いブレーキング性能で瞬時に停車ができます。雨の日だけでなく、普段からの街乗りでも十分な制動力を発揮!

アルミの部分もありますが、スチール(クロモリ)なので、傷が付きにくくなっています。マウンテンバイクで上位にランクの、シマノ製ラピッドファイヤシフトレバー装備です。リアスプロケットと組み合わせることで、変速可能段数は21段になっています。耐久性にも優れているだけでなく、コスト的にも安いので、8位にしました!

 

第7位 カノーバー CANOVER マウンテンバイク

出典: Amazon.co.jp

カノーバー  CANOVER マウンテンバイク
ブランド
カテゴリ
種類 ハードテイル
フレーム アルミ
サイズ 26

変速可能段数で24段!

フロントサスペンションのハードテイルは街乗りに向いています。オフロードで走れないことはありません。通勤・通学にも衝撃から緩和されているので、段差や溝にも強くなっています。フロントやリアには、メカニカルディスクブレーキを装備!

アルミなので軽くてコストも安いのが魅力的です。リアスプロケットと組み合わせて、変速可能段数は24段になっています。あまり激しい走行はしないほうが良いことも考慮して、7位にしました!

 

第6位 SAVANE サヴァーン Carbon マウンテンバイク

出典: Amazon.co.jp

SAVANE サヴァーン Carbon マウンテンバイク
ブランド
カテゴリ
種類 ハードテイル
フレーム カーボン
サイズ 27.5

カーボンで軽さをアピール!

フロント油圧式サスペンションフォークで、機械式より見た目も良いです。それだけでなく、ブレーキを多用する場合、サビにくさからからも街乗りぴったり!

カーボンフレームでとにかく軽いのが魅力です。今では人気に高い27.5で、30段変速機搭載になっています。前後油圧式ディスクブレーキです。機械式はインナーワイヤとアウタワイヤ同士の摩擦が強い、ワイヤールートがあります。油圧システムでは、ブレーキホース内部の油の動きにほぼ影響がないのが特徴です。カーボン仕様のためコストが高めな点を考慮して、6位にしました!

 

第5位 EUROBIKE MTB マウンテンバイク

出典: Amazon.co.jp

EUROBIKE MTB マウンテンバイク
ブランド
カテゴリ
種類 ハードテイル
フレーム スチール
サイズ 27.5

27.5で初心者でも安心!

フレームはスチールを採用しています。ホイールサイズにこだわりを持ち、27.5が安定すると感じるかもしれません。初心者が街乗りで通勤、通学でも安心な前輪のみの、サスペンションのハードテイルです。21段変速機搭載になっています。

組み立てに時間を要する場合もありますが、マウンテンバイクではありがちで安心!特に街乗りでは段差などでも乗りやすいのが特徴です。ハードテイル、スチール、27.5、コスト抑えめを考慮して、5位にしました!

 

第4位 アニマト ANIMATO フルサスペンション マウンテンバイク

出典: Amazon.co.jp

アニマト ANIMATO フルサスペンション マウンテンバイク
ブランド
カテゴリ
種類 フルサスペンション
フレーム アルミ
サイズ 26

本格派にぴったり!

身長は160cm以上対応になっています。フレームはアルミで組み立ては簡単です。本格的に街乗りで通勤、通学だけでなく、オフロードにも挑戦ならフルサスペンション!

初心者でももっと様々な場所に行きたいと思ったら、より安定し安心できます。組み立ても極端難しくなく、調整のしやすいマウンテンバイクです。18段変速機搭載になっています。コスパもフルサスペンションでも高額ではなく、安い点も魅力なので、4位にしました!

 

第3位 LZBIKE マウンテンバイク

出典: Amazon.co.jp

LZBIKE マウンテンバイク
ブランド
カテゴリ
種類 ハードテイル
フレーム スチール
サイズ 27.5

初心者でもテクニカルに挑戦!

サスペンションはハードテイルなので、前方のみになっています。初心者だからとはいえ、オフロードも味わいたいならテクニカルなマウンテンバイクです。街乗りで通勤、通学、ショッピングなんでもOK!

21段変シフト3×7速なので、どこでも試してみる価値はあります。ただし安全運転には気をつけ、注意事項を把握してから乗ることがおすすめです。サドルとホイールサイズに違いはあるものの、我が家の主人が乗っていた商品に近いとか…

コストも抑えめで安いことを考慮して、3位にしました!

 

第2位 Raychell レイチェル 26インチ 折りたたみ マウンテンバイク

出典: Amazon.co.jp

Raychell レイチェル 26インチ 折りたたみ マウンテンバイク
ブランド
カテゴリ
種類 フルサスペンション
フレーム スチール
サイズ 26

フェンダー付きで便利!

街乗りでショッピングや通勤、通学に向いている、折りたたみマウンテンバイクです。前後についているフルサスペンションになっています。しっかり前後には泥や水などを避けられる、フェンダー付き!

オフロードでももちろんOKですが、折りたたみなので安定性に注意が必要になります。初心者に向いていますが、身長160cm以上が必要です。18段変速機搭載になっています。便利でコストも抑えめで安く、激しい段差でもOKなVブレーキなので、2位にしました!

 

第1位 キャプテンスタッグ CAPTAIN STAG  ファルシオン

種類 フルサスペンション
フレーム アルミ
サイズ 26

格好良さと利便性で!

乗用するとき衝撃を抑えるフルサスペンションになっています。前後にショートフェンダーが付いているので、泥や雨から避けられ格好も良い!

オフロードにも向いていますが、街乗りや通勤、通学ではなお本領発揮します。シマノの前3段×後6段=18段変速機搭載です。私自身も思わず購入したいと思ってしまい、主人も前後の反射版が羨ましいとか…

夜間には特に便利です。コスト的にも極端高くなく安い上に便利!様々な点を考慮して、1位にしました!

 

マウンテンバイクの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、マウンテンバイクの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

お手入れ次第で長持ちに!

我が家の主人は、ほぼ街乗りに使用していたそうです。当時はかなり愛用していたと語っていましたね。大事なことはメンテナンスかもしれません。初心者から上級者でも、お手入れ次第でマウンテンバイクは本領発揮するでしょう。街乗りはもちろん、オフロードまで挑戦できる商品はたくさんあります。

種類、素材、ホイールサイズも大事ですが、お手入れ重視です。あなたにぴったりのマウンテンバイクを選んで、ただ乗るだけではなく長持ちが1番!お手入れも頭に入れて選ぶことが大切です。お好みの商品に目を付けたら、きちんとメンテナンスをして愛用し、長持ちさせましょう!

記事内で紹介されている商品

トリンクス TRINX マウンテンバイク ダブ…

サイトを見る

カノーバー CANOVER マウンテンバイク

サイトを見る

NEXTYLE ネクスタイル 26インチ マウンテ…

サイトを見る

カノーバー  CANOVER マウンテンバイク

サイトを見る

SAVANE サヴァーン Carbon マウンテンバイク

サイトを見る

EUROBIKE MTB マウンテンバイク

サイトを見る

アニマト ANIMATO フルサスペンション マ…

サイトを見る

LZBIKE マウンテンバイク

サイトを見る

Raychell レイチェル 26インチ 折りたたみ…

サイトを見る

キャプテンスタッグ CAPTAIN STAG ファル…

サイトを見る

関連記事