軽量で持ち運び楽!ブランドから選び方まで!折りたたみ自転車おすすめランキング7選

コンパクトに持ち運べ、どこでも気軽にサイクリングが楽しめる折りたたみ自転車。まだまだ普通の自転車に比べたら乗っている人は少ないですが、様々な便利な特長を持つ折りたたみ自転車が複数のメーカーから販売され、ジワジワと人気が出つつあります。

アウトドアだけでなく、タウンシーンでも活用できる便利で低価格な商品もあり、おしゃれな見た目の商品も多数あります。機能面も充実してきており、変速ギアや電動アシストがついている商品もあります。折りたたみ自転車を自転車屋さんで見て、気になっている人も少なくないのではないでしょうか。

筆者はこれまで数台の折りたたみ自転車を購入したことがあります。それぞれ異なる用途のために購入しました。折りたたみ自転車は商品数が多く特長も様々で、商品選びには苦労しました。

そこで今回は、筆者のように商品選びに御悩みの読者のために、おすすめ商品をランキング形式でご紹介します。アウトドアやタウンシーン、通勤や通学などに活用できる商品など、いろんな商品をご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

折りたたみ自転車が人気である3つの理由

折りたたみ自転車折りたたみ状態

折りたたみ自転車の最大の特長は折りたたんでコンパクトになる収納性です。収納に困らないため、バックに入れて持ち運んだり、家の中で保管することもできます。

ここでは、折りたたみ自転車が人気である理由をご紹介します。

 

駐輪場がなくてもOK

折りたたみ自転車の最大の特徴は、当然ですが折りたためることです。コンパクトにたたむことができるため、駐輪場がないアパートなどでも自分の部屋やベランダに置いておくことができます。

 

アウトドアや旅行で大活躍

折りたたんで運ぶことができるので、アウトドアや旅行先に持って行く人が多いのが折りたたみ自転車です。コンパクトにたたんで車に乗せておきキャンプ場でサイクリングしたり、電車やバスでの旅行に持参し旅行先での移動手段にしている人を見かけたことがある人も多いのではないでしょうか。

特に旅行先では、折りたたみ自転車がなければ、徒歩で移動することになります。折りたたみ自転車を持って行くのは荷物が増えますが、現地についてからの移動のしやすさを考え、折りたたみ自転車を持って行く人も少なくありません。

 

通勤や通学にも便利

折りたたみ自転車は普通の自転車と異なり、車や電車に乗せることができます。たとえば、「疲れていない行きは自転車で、帰りは疲れたので電車で」といった使い分けをすることもできます。そのため、サイクリングを毎日の運動として取り入れたい人や、ダイエットしたい人、通勤通学の時間を短縮したい人などに人気があります。

ただし、電車の場合は折りたたみ自転車をむき出しのままで乗車することはできないので、袋に入れる手間が必要です。

 

折りたたみ自転車を購入すべき人

折りたたみ自転車

ここでは、折りたたみ自転車がおすすめな人をご紹介します。

 

自転車を折りたたみたい人

折りたたみ自転車は、自転車を折りたたんで収納したい人向けの自転車です。折りたたんでコンパクトになるため、車や電車にのせていろいろな場所に持ち運べます。屋外に置いておくことで盗難や劣化などが心配な方は、自宅の室内に収納することもできます。通勤・通学で歩いている時間を短縮することも可能です。

逆に、折りたたむ必要がない人は、折りたたみ自転車よりも普通の自転車がおすすめです。同じ価格帯の商品を比較した場合、普通の自転車のほうが乗り心地も強度も良いです。また、収納のたびに自転車を折りたたむのは、かなり面倒です。慣れてくれば5分程度で袋へ収納することができるようになります。それでも普通の自転車に慣れている人は面倒に感じるのではないでしょうか。はじめは良くても、折りたたむ必要がなければ、そのうち折りたたむことを面倒に感じるようになるはずです。折りたたむ必要がない人は、折りたたみ自転車は避けた方がいいでしょう。

 

自転車を旅行先に持っていきたい人

旅行先で自転車があれば、旅先での移動が格段に上がります。折りたたみ自転車なら車や電車にのせて運ぶことができます。旅行先での移動時間を短縮したい方には、最適なアイテムです。

 

通勤・通学時間を短縮したい人

「毎日駅まで歩いていき、電車から降りた後は職場や学校まで歩く」という通勤・通学パターンをとっている方も多いのではないでしょうか。電車にのせて持ち運べる折りたたみ自転車があれば、歩いている時間を短縮することができます。

ただし、収納するのに時間がかかるので、徒歩の時間が短いなら、折りたたみ自転車を使う時間的なメリットはほとんどないので、おすすめできません。

 

折りたたみ自転車の乗り心地はどう?

折りたたみ自転車接続部

自転車はタイヤの大きさによって、走行性能が変わります。タイヤが大きいほうが快適に走行でき、乗り心地も良い傾向があると言われています。折りたたみ自転車はタイヤが小さい商品が多く、普通の自転車に比べて走行性能が悪いと思われがちです。

ここでは、折りたたみ自転車の乗り心地についてご紹介します。

 

スピードはでるのか

折りたたみ自転車は普通の自転車に比べて、タイヤの大きさが小さい傾向があります。タイヤが小さいと、どうしてもスピードが遅くなりますが、最近の折りたたみ自転車は変速ギアが付いている商品が多く、小さいタイヤでも、ギアチェンジで速いスピードが出すことが可能です。

ただし、早いスピードを出すにはそれなり体力が必要です。折りたたみ自転車でも比較的サイズの大きい26インチのタイヤの商品もありますので、スピードにこだわるのならそういった商品を選ぶといいでしょう。

 

乗り心地

タイヤが小さいと、走行中の振動や衝撃を十分に緩和されず、ダイレクトに体に響きます。振動や衝撃が大きいと、乗っているだけで疲れますよね。お尻や腰が痛くなって、長く運転できないなんてこともあるかもしれません。

どうしても気になる方は、サスペンション付きの商品を試してみるといいかもしれません。

 

耐久性はあるか

折りたたみ自転車の耐久性は、値段にかなり影響されます。高価格の商品は耐久性の高く軽い素材を使って作られており、軽さの割に強いことが多いです。これに対し、低価格の商品は安い素材を使っているため、耐久性が悪いことがあります。

頻繁に乗るのなら、ある程度の値段の商品を選んだほうが良いでしょう。

 

折りたたみ自転車を電車で持ち運ぶ際のマナー

折りたたみ自転車

現在、折りたたみ自転車は大半の鉄道会社の車内に無料で持ち込むことができます。ただし、持ち込むためには守らなければならないルールがあります。ここでは、折りたたみ自転車を電車で持ち運ぶ際に気を付けておくべきマナーや必要な用具についてご紹介します。

 

折りたたむ必要あり

電車の車内に持ち運ぶのには、鉄道会社のルールに従わなければなりません。車内には、高さ・幅・奥行きの合計が250cm以下(長さは2mまで)で、重さが30kg以下のものを、無料で持ち込むことができる決まっています。普通の自転車は電車に持ち込めません。折りたたみ自転車はきちんとたたむ必要があります。

 

専用袋で収納

自転車は解体して専用の袋に収納したものか、折りたたみ式自転車を折りたたんで専用の袋に収納したものに限って、無料で持ち込むことができると決まっています。部品の一部が見えているだけでも、他人を傷つけたり汚す可能性があるとみなされ、車内に持ち込むことができないので、注意してください。

 

折りたたみ自転車の選び方

折りたたみ自転車タイヤ

ここでは、折りたたみ自転車を購入したいが、商品がたくさんあってどれを選んだら良いかわからないという方に向けて、折りたたみ自転車の選び方や選ぶ際に最低限おさえておきたいポイントをご紹介します。

 

タイヤのサイズ

普通の自転車に比べ、折りたたみ自転車のタイヤサイズのバリエーションはは幅広いです。タイヤの大きさや太さが大きい商品のほうが、乗り心地が安定します。タイヤが小さかったり細すぎたりすると、道の凹凸や段差の影響を受けやすくなり、腰への負担が大きくなりがちです。

ただし、最近の折りたたみ自転車は変速ギアが付いているものが多いため、タイヤのサイズが小さいからといってスピードが遅くなるとは限りません。

 

折りたたみ方

折りたたみ自転車を選ぶ際に気になるのが、自転車の折りたたみ方です。折角の折りたたみ自転車も、折りたたみ方が複雑すぎると、面倒で使わなくなってしまいます。購入前に折りたたみ方法を必ずチェックしましょう。

折りたたみ自転車は、自転車の中央部分で半分に折りたたむ商品が多いです。他にも縦長にたためたり、収納場所の大きさや持ち運びを考え、自分に最適な折りたたみ方の商品を選ばないと、後で折りたたむ度にストレスを感じることになるので、注意してください。

 

重さ

重量が重いと、持ち運びが大変です。折りたたみ自転車は10~20kg程度の重さの商品が一般的です。軽量であればあるほど良いですが、軽い商品ほど値段が高い傾向があります。折りたたみ自転車を持ち運ぶ予定がある方は、購入時に自転車の重量を確認しましょう。

 

変速ギア

高級な折りたたみ自転車は、変速ギアが搭載されている商品が多くなりました。走行性を重視するなら変速のギア数の段数が多い商品を選ぶと、快適に走れるでしょう。

 

電動アシスト

電動アシストを搭載した折りたたみ自転車もあります。電動アシストがあれば坂道でも楽に走行できます。ただし、本体重量がどうしても重くなります。また、充電の手間も必要になります。

 

鍵の有無

防犯のためには鍵があると安心です。折りたたみ自転車は、鍵が付いていない商品もあります。そういった商品を選んだ場合には、ワイヤー鍵など用意しましょう。

 

折りたたみ自転車おすすめランキングTOP7

ここでは、筆者が使用している商品や、今気になって購入を検討している商品等を中心に、おすすめの折りたたみ自転車をランキング形式でご紹介します。

 

第7位 THREE STONE AIJYU CYCLE AJ-08

出典: Amazon.co.jp

THREE STONE AIJYU CYCLE AJ-08

1万円を切る低価格モデル

簡単に折りたためてスマートに収納できる、持ち運びにも便利な折りたたみ自転車です。カゴ付いています。ギアはシマノ社製6段ギアです。重量は約16kgです。

PL保険加入済み、JIS規格準拠フレーム、フレーム耐震試験21万回合格品と安全に関するチェックがしっかりなされている商品です。

お値段が1万減弱とかなり低価格の商品です。お値段を抑えたい人におすすめです。本格的な乗り心地や高級感にこだわる方には不向きです。

 

第6位 ペルテック 折りたたみ電動アシスト自転車  TDN-206

出典: Amazon.co.jp

ペルテック 折りたたみ電動アシスト自転車 TDN-206

電動アシスト付きで楽々走行

電動アシスト付の折りたたみ自転車です。ギアは6段、鍵・カゴ・ライトが付いています。バッテリーが付いているので、普通の折りたたみ自転車よりもかなり重く、重量は約26kgあります。

電動アシスト自転車というと、盗難が心配ですよね。この自転車はコンパクトにたたんで、自宅の玄関やベランダに置いておくことができます。鍵が付いているので、外出先でも安心です。リチウムバッテリーが採用されており、長時間電動アシストを連続して使うことができます。充電時間も3~4時間と短めです。

かついで簡単に持ち運べる重さではないので、持ち運んで使いたい人には不向きです。電動アシスト自転車が欲しいけど屋外に保管するのは心配な方や、アウトドアなどに車で持ちはこんで便利に使いたい方などにおすすめです。

 

第5位 21Technology MTB266 折りたたみ マウンテンバイク

出典: Amazon.co.jp

21Technology MTB266 折りたたみ マウンテンバイク

折りたためるマウンテンバイク

6段変速ギア付きの、折りたためるマウンテンバイクです。大きめの26インチのタイヤが付いており、快適に走行することができます。しっかりした作りで、サスペンションもついているので、長く走行しても疲れにくいです。泥よけもついています。

折りたためるマウンテンバイクをお探しの方におすすめです。

 

第4位 ドッペルギャンガー ZERO POINT 20インチ

ドッペルギャンガーの人気シリーズ

ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER)の人気シリーズBlackmaxシリーズの商品です。重量は約 13.7 kg、7段変速ギアが付いています。ドッペルギャンガーは、種類数が多く、使っている人が多いメーカーです。

このモデルは、前後にサスペンション、タイヤはセミオフロードタイヤが装備されており、乗り心地にこだわった作りで満足できる一台に仕上がっています。

重さと使用感の両方にこだわりたい方におすすめの商品です。

 

第3位 ルノー マグネシウム6

持ち運びに便利な約7kgの超軽量モデル

マグネシウムフレームを使うことにより軽量化を実現した、本体重量約7kgの折りたたみ自転車です。マグネシウムフレーム強度を最大限に引き出すために、品質検査を繰り返し商品化された折りたたみ自転車です。

軽くて丈夫なだけでなく、走行性がしなやかで快適に走れる折りたたみ自転車です。たたんだときのコンパクトさも魅力です。軽いですが安っぽさはなく、シルバーの微妙な色合いが高級感を感じさせる見た目です。

お値段は約7万円です。マグネシウム合金を採用している割には値段が安めだと思います。とにかく軽い折りたたみ自転車が欲しい方、小さくたためる折りたたみ自転車が欲しい方などにおすすめです。

 

第2位 キャプテンスタッグ  FDB206

出典: Amazon.co.jp

キャプテンスタッグ FDB206

低価格なのに、実用的なモデル

6段変速ギアのついたキャプテンスタッグブランドの折りたたみ自転車です。前後泥よけ、バスケット、盗難防止に役立つワイヤー錠など、必要な装備はしっかりついています。夜間安全に走るために、5LED採用の長寿命ライトが標準装備されています。車体のカラーバリエーションも豊富です。重さは約15kgです。

1万円台という低価格にもかかわらず、シンプルで実用的なところが魅力です。少し重量が重めですが、実用的で比較的安い商品をお探しの方におすすめです。

 

第1位 DAHON SUV D6  BAT061

信頼性抜群!世界最大ブランド

ダホンは、35カ国で販売される世界最大の折りたたみ自転車ブランドです。折りたたみ自転車をかなり昔から販売しています。歴史がありながらも、積極的に改良を続けているメーカーです。

この商品は、収納しやすいコンパクトなホイールとフレームを採用しています。変速ギアは6段もあり、坂道も楽に走れます。ハンドルの高さ調整可能です。前後泥よけが付いているので、路面の水や小石などによる汚れや傷を防ぐことができます。重さや約13kgです。

世界中で人気のあるメーカーの商品だけあって、安定した走りが魅力です。色んな自転車がありますが、総合点にみると、やはりダホンがおすすめだと思います。

 

折りたたみ自転車の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、折りたたみ自転車の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

優秀な折りたたみ自転車を移動の相棒に♪

折りたたみ自転車

今回は折りたたみ自転車の選び方だけでなく、人気の商品もご紹介しました。気になる商品は見つかりましたか。

最近はインターネットで折りたたみ自転車を買うこともできます。手軽に購入でき便利ですが、自分好みの満足のいく折りたたみ自転車を買いたいなら、自転車店で試乗してから購入するのがおすすめです。

いろんな折りたたみ自転車を試乗してから商品を選べば、きっと自分好みの折りたたみ自転車を選ぶことができるはずです。あなたにピッタリの商品を手に入れて、是非タウンユースやアウトドアで活用してみてくださいね。

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

THREE STONE AIJYU CYCLE AJ-08

サイトを見る

ペルテック 折りたたみ電動アシスト自転車…

サイトを見る

21Technology MTB266 折りたたみ マウンテ…

サイトを見る

ドッペルギャンガー ZERO POINT 20インチ

サイトを見る

ルノー マグネシウム6

サイトを見る

キャプテンスタッグ FDB206

サイトを見る

関連記事