小さな子どもでも使いやすいウォータージャグおすすめランキング6選

梅雨が明けて暑くなってくると、どうしても水分補給が大切になってきますよね。そして、エアコンも使うから電気代も上がります。

子どもたちが夏休みになると、毎日家にいるようになるので、電気代が上がるのがすごく気になって、購入したのがウォータージャグなんです。

よくスポーツをしているご家庭にあると想像する方も多いと思います。実際、サッカーをやっていた頃に使っていたものが実家にありました。

ですが、我が家にはまだそういう習い事をしている子どもはいません。どうして購入したかというと、電気代対策と、正直なことを言うと、私のめんどくさがりのためです。

夏休みに子どもたちは、お茶をたくさん欲しがります。何度も冷蔵庫を開け閉めして、コップに注ぐという行為を何度もしなければなりません。

そんな夏休みを経験して、何か対策はないかと思ったところ、ウォータージャグを置いていて、セルフサービスにすればいいんだ!ということを思いつきました。

正直、ズボラすぎてどうしようもない理由なんですが、子どもたちには好評でした。頼まなくても、好きな時に好きな量だけ飲めること、自分で注ぐことが出来るというのが、楽しかったようで、夏休みの間、ほぼ毎日活用していました。

お家の中だけでなく、お友達が遊びにきた時にも、ウォータージャグとコップを用意しておけば、好きな時に飲んでくれます。お庭で遊ぶ時も、プールを出した時にも、保冷機能もついているので、冷たいお茶を簡単に持ち運べて、出せるので、すごく便利なんです。

それだけでなく、もちろん、キャンプやBBQをする時にだって使いました。我が家の娘は、ジュースよりもお茶がいい。

というちょっと変わった子どもなんです。なので、このウォータージャグを持っていけば、好きな時に飲めるんです。

水を入れておいて、キャンプなどで使用するというのにも役立ちますし、もちろんスポーツをする時に水分補給の為に持っていくのだって可能です。

意外と使い方は無限大なので、家庭に一つあると、とっても便利です。

 

ウォータージャグの種類

ハードタイプは、よく見かける頑丈につくられていて、保冷力もあるタイプです。収納場所はとりますが、お家で使うには、こちらの方が使い勝手が良いのではないかと思います。

キャンプで持っていく時も、氷などがあれば冷たいままなので、美味しく飲めますよ。反対にソフトタイプは、折りたたみが可能だったりするタイプ。

折りたたんでおけるので、キャンプなどでは車に載せる場所が無い時でも持って行ける便利なアイテムです。

使い勝手によって使い分けたりしても良さそうなアイテムです。ソフトタイプなら、断水や災害の時に、給水車から水を貰う時にも活用できそうですよね。

 

キャンプにおすすめなウォータージャグ

キャンプでは、水場が完備されているところが多いですよね。飲料するのに使うには少し心配ですが、炊事場があったりもします。

なので、お水はそこまで必要だったことはないのですが、まだ経験はありませんが、そういう場所ばかりではないですよね。

ウォータージャグを買う時に主人に猛プッシュされた商品があります。

 

イグルーウォータージャグ400S 2ガロンigloo UE-12

出典: Amazon.co.jp

イグルーウォータージャグ400S 2ガロンigloo UE-12

黄色と赤のデザインがすごく印象的な商品なのですが、キャンプはやっぱり雰囲気を楽しむものでもあるので、何度も経験をしてくると、こういった商品が欲しくなっちゃうんです。

以前購入したのは、自宅で使うために購入したので、キャンプ用に購入しても良いかなと検討中です。

もちろん、機能性だっていいです。7.9Lもたっぷりと入って、保冷力も9度以下なんです。同じイグルーの商品で、もっと容量が大きいものもありますので、使い勝手に応じて選んでも良いと思います!

取っ手が付いているので、持ち運ぶときも楽ちん。そして、何やらコック部分を蛇口に取り換えられたりもするようなので、使ってみて検討してみても良いと思います。

 

スポーツ、部活におすすめのウォータージャグ

よくお茶当番などでウォータージャグを持ち回りで回しているスポ小とかありますよね。妹がサッカーをしていた時に当番が回ってくると、家に置いてあったのを覚えています。

ウォータージャグに入れるものとしては、水筒と同じように、お茶や水のみしか入れられないのかと思っていましたが、いいものを見つけました!

 

コック付きウォータージャグ ウォーターサーバー

出典: Amazon.co.jp

コック付きウォータージャグ ウォーターサーバー

一見すると他のウォータージャグと変わりない商品に見えますが、なんと!この商品は、お茶や水だけでなく、スポーツドリンクを入れられるウォータージャグなんです!

そして、容量も大きく、8.1Lも入るから、大人数で飲んでも大丈夫!運動をしているとやっぱりお茶や水だけだと補えなくなってしまうので、粉のスポーツドリンクを普通に作ると甘くなりすぎてのどが渇いてしまいます。

通常よりも薄く作って飲んでいたんですが、これならたっぷり作って持って行けますよね!子どもたちはまだ小さいので部活を経験するのは、まだ先になりそうですが、覚えておきたい商品の一つです!

それに、入口がすごく大きく開くので、大きな氷をすぽっと入れられるから冷やすのだってバッチリ余裕です。そして、更に使い勝手の幅が広がるポイントがあります。

それは、保冷効果はもちろんのこと、保温だって出来ちゃうんです!だから、冬場にあったかいお茶を飲むことだって出来るんです!

スポーツをしている側は、走っていれば体は暑くなりますが、見ている側は、寒いままなんですよね。だから、保温されたお茶を飲んで温まれたら最高です!

 

ウォータージャグを選ぶポイント

価格

3000円前後から商品があります。ブランド物になれば、更にお値段はしていくので、1万円出せばかなり良いものが買えます。

5000円から7000円ぐらいの価格帯のものが平均的な商品だと思います。水筒を買うよりもお高めになりますが、水筒に比べて容量が大きく、大人数で使うのに適しているので使い勝手がいいです。

 

サイズ

使用する人数と、用途に応じてサイズは選んでいくといいです。ご家庭で使う場合には補充がすぐに出来る点を考えて、そこまで大きくなくても良いと思います。

我が家では3人で3Lを1日使用して少し足りないくらいでした。保冷機能をしっかりと使いたい場合には、大きな氷を入れるといいです。

その場合には、口が広いものを選んだほうが氷の大きさを考えずに入れられるので楽ちんですよ。

車に載せる場合は、場所がある場合にはハードタイプを使って、保冷機能は必要なく、置き場がない場合には折りたたみが出来るソフトタイプの商品を使うとべんりです。

 

メーカー

キャンプでも使用できるので、キャンプ用品のメーカーが多いです。イグル―・キャプテンスタッグ・ロゴス・コールマンなどのメーカーがそうです。

キャンプに持っていく時には、キャンプにこだわりだすとやっぱりメーカーものが欲しくなりますが、特にこだわりを感じない人にとっては、気にする必要のないポイントだと思います。

逆に、キャンプが大好きでテントも購入済みの場合でしたら、テントなどのメーカーと揃えたら統一感が出て、キャンプ場で一目置かれるでしょう。

 

重さ

容量やデザインなどを気にする方は多いと思いますが、重量はどうでしょうか?もし、持ち運ぶことが多い場合には、重たい商品だと大変ですよね。

子どもが1人で運ぶこともあるかもしれません。そう考えると、チェックしておいた方がいいポイントです。もちろん、中身をたっぷり入れた場合には更に重くなりますので、そこまで考えておいてください。

 

デザイン

キャンプに持っていく時は、やっぱりキャンプメーカーのものを使いたい人が多いと思いますが、ご家庭で使用したり、スポーツの場面で使用したりする場合には、やはりデザイン性も気に入るものがいいですよね。

ディズニーなどのキャラクターものもありますし、カフェなどのお店に置いてあるようなデザインのものもあります。

 

実際に愛用しているウォータージャグの紹介

我が家で愛用している商品は、バンビのキャラクターがついているウォータージャグです。容量は3L。ハードタイプのもので、足が折れていて伸ばせるので、高さを変えることが出来ます。

保冷機能がついていて、コックを前に倒すと、中身が出るようになっています。子どもでも簡単に操作することが出来るので便利です。入れる口は大きく開くので、そこからお掃除も簡単に出来ます。

ピンク色が目立つので、探し物が苦手な子どもでもすぐに見つけることが出来るので、重宝しています。

今年も夏休みに使用して、冷蔵庫を開け閉めする際にかかる電気料金を少しでも削減したいです!暑いのでイライラしがちですが、「お茶ちょうだーい」の声に家事の手を止める必要もないところが快適ポイントです。

ウォータージャグ

全く同じものが売られていなかったので、同じディズニーの商品をご紹介しますね。

ディズニー ツムツム ウォータージャグ

出典: Amazon.co.jp

ディズニー ツムツム ウォータージャグ

持ち運びに便利なとってがついていて、足が折れているので伸ばすことが出来ます。保冷・保温機能がついているので、年中使うことが出来るので使い勝手はかなり広がります。

コック部分は、小さな子どもでも簡単に操作出来て、汲むことが出来るので、とても便利です。デザイン性も可愛くて、他所に持っていっても自分のウォータージャグだということがすぐにわかるので、探すことはありません。

それに、子どもウケが良いので、自分から喜んでお茶を汲んでくれるところが気に入っています。

 

ウォータージャグおすすめランキング 6選

第6位:リビング 冷水筒 ドリンクサーバー

お家の中で使用するウォータージャグです。ガラス製で出来ているので、他のものと比べてすごくオシャレですよね。

耐熱性もないので熱いものを入れてはだめ、冷蔵庫で冷やすことも割れる原因になる可能性がある、などと取り扱いはすごく大変そうですが、かなりオシャレです。

普通のガラスなので、保冷機能はありません。なので、冷房のかかった室内で使用するのが良いと思います。以前、カフェに行った際に、こちらに似た商品に、フルーツやハーブなどを入れたデトックスウォーターを入れて設置してあるお店があったんです。

ガラスで透き通っているため、中のフルーツやハーブが見えて、更にオシャレ度が上がっていました。お客様が多いご家庭や企業やお店などで使用することが多いかもしれません。

インパクトはすごいあるので、ホームパーティーなどをする際にご家庭にあったら印象がぐっと良くなりますよね。

小さな子どもがいるとちょっと心配ですが、正直、私も欲しいって思っちゃいました。部屋のインテリアの一つにもなりそうです。

 

第5位:ソト ウォータージャグ ST-620LV

こちらもまた他の商品とは違う形ですね。実はこの商品は、ツーバーナーなどを置くスタンドの下に設置できるタイプなんです。

そのため、場所を取らずにコンパクトにキャンプが楽しめます。スペースの有効活用をしたいと考えている方にオススメです。

また、小さく見えますが、12Lも容量があるのでたっぷりと使うことが出来ます。手を洗ったり、掃除をしたりするのにも便利です。

水を使うのに歩きまわらずに済むので、手際良く料理が出来そうです。キャンプ時には水はとても大切なので子どもがいたずらしてしまわないように火の近くで目の届く場所に置いておくというのもポイント高いですね。

水場が近くに無くてもこれなら安心して楽しむことが出来ますね!

 

第4位:たためるウォータージャグ ジャバル グリーン

出典: Amazon.co.jp

たためるウォータージャグ ジャバル グリーン

ソフトタイプの商品です。ジャバラになっていて折りたためるのでかなりコンパクトになり、12.5cmの厚さになります。

それでいて、7.5Lも容量があるので、場所を取らずにとっても便利な商品です。半透明の容器になっているので、残量がわかりやすいところがいいですね。

蓋を外せば、入口がすごく広いので、注ぐ時にもラクラクと入れることが出来ますし、だんだん水の量が減っていっても自立するので、置いたまま使えます。

洗い物をしたり、手洗いにも使えますね!レジャーの時にはもちろんのこと、災害時にも活用できるので、一家に1個用意しておきたいです。

 

第3位:STANLEY ウォータージャグ

見た目がごつくてかっこいいデザインなので、男の人にウケそうな商品です。もちろん、見た目だけではありません。保冷性を保つためにフォームが入っているので、氷を多めに入れておけば、長く保冷性を保つことが出来ます。

内側の部分にはアイスキャッチと言うものが付いているので氷のせいで水が出てこないということを防いでくれます。注ぎ口から出る水の量が多いのも特徴です。

パーツを細かく分解できるので洗浄をしっかり出来るため、衛生的だと思います。

 

第2位:キャプテンスタッグ ポリタンク ボルディー ウォータータンク

出典: Amazon.co.jp

キャプテンスタッグ ポリタンク ボルディー ウォータータンク

ソフトタイプのウォータージャグです。とっても大きく、20Lも入ります。キャンプで炊事場が無い場合に洗い物などをする際に使用したり、防災用品としても使えるところが良いですね!

1つストックしておけば、いざというときにとっても役に立ちそうです。ハードタイプのものしか知らなかったので、様々な災害が起こっているのを見ると、買っておいた方がいいかなと思っています。

開け口のところが大きいので手が小さい人にとっては開けにくいかもしれません。

 

第1位:キャプテンスタッグ ジャグ クールヒッツ ツインコック M-5034

出典: Amazon.co.jp

キャプテンスタッグ ジャグ クールヒッツ ツインコック M-5034

ハードタイプの商品です。お値段的にお手頃価格で気軽に買いやすい価格帯だと思います。そして、ポイントは保冷・保温機能があるところです。

保冷だけのものはよくありますが、保温までついているのは、なかなか無いので、冬場などちょっと温かいお茶が飲みたいという時に活用できそうです。

そして、内容量は9.5Lと大きめ。そして、他と違うもう一つのポイントは、注ぎ口が2つあるというところ!これなら大勢の人数が一度に飲みたがったとしても喧嘩にならずに済みそうです。

 

まとめ

様々な個性に富んだウォータージャグがたくさんありましたね。興味を持った商品がありましたでしょうか?その場面その場面で使い勝手が良い商品はそれぞれありましたが、一つあれば、自宅で使う時もレジャーで使用するのにも使えるので、とても便利でたくさん使いたくなります。

お茶を汲むのがまだ出来ない小さな子供でも、レバーを引く操作だったら出来る子どもが多いので、お家に居る時もレジャーでも自分で汲むことを楽しんで水分補給できるのではないかと思います。

災害時にも活用できそうな商品がたくさんありましたので、これを機会に検討してみてくださいね!

記事内で紹介されている商品

イグルーウォータージャグ400S 2ガロンigl…

サイトを見る

コック付きウォータージャグ ウォーターサ…

サイトを見る

ディズニー ツムツム ウォータージャグ

サイトを見る

リビング 冷水筒 ドリンクサーバー

サイトを見る

ソト ウォータージャグ ST-620LV

サイトを見る

たためるウォータージャグ ジャバル グリ…

サイトを見る

STANLEY ウォータージャグ

サイトを見る

キャプテンスタッグ ポリタンク ボルディ…

サイトを見る

キャプテンスタッグ ジャグ クールヒッツ …

サイトを見る

関連記事