化粧品検定1級保有の私が教えるアイブロウおすすめ7選

顔のパーツの中でその人を印象づけるものは、目元です。

その中でも、眉毛というパーツはとても重要で、眉毛1つでその人自身を表すといっても過言でありません。

眉毛が変わることで、相手に与える印象は変わってきます。

下がり眉はどこか自信なさげで弱そうで守ってあげたくなり、キリッとした上がり眉は自信に満ち溢れ仕事もバリバリこなす仕事人間なイメージを与えます。

濃さや長さ、質感によっても与えるイメージは大きく変わってきます。

それほどまでに眉毛とは大事なパーツなのです。

ということで今回は、そんな大事な眉メイクにもってこいのおすすめ商品をおご紹介していきたいと思います。

また、商品の紹介だけではなくて、実際のメイクのやり方などもご説明しますので、ぜひ商品を使って実際にメイクしてみてくださいね!

 

アイブロウ商品のタイプとは

ではまず、おすすめの商品をご紹介していく前に、眉メイクに使用するメイク商品のタイプをご説明していきたいと思います。

一言で「眉メイク」といっても、眉メイクを完成させるには様々なタイプの商品を使用しています。

アイブロウを描くために欠かせない商品がいくつかあります。

自眉毛の生かし方によっても、眉メイクに必要なメイク商品は異なりますので、自分の状況によって必要なタイプのメイク道具を考えてみてくださいね。

 

ペンシルタイプ

まずはペンシルタイプの商品について。

眉の形を描くにはペンシルタイプの商品を用いることが主流です。

ペンシルタイプの商品を使えば、繊細なラインが描きやすく、部分的な毛の隙間を埋めるのにも使えます。

また、ペンシルタイプの中にもいくつか種類が分かれるのをご存知でしょうか。

ペンシルタイプは芯の硬さや形状が様々で、それぞれによって形状やメイクの使用感が大きく異なるのです。

それが、えんぴつタイプ、繰り出しタイプなどがあります。

スクリューブラシとセットになっているものも多いです。

えんぴつタイプの商品は比較的硬めのテクスチャーで、うっすらとつきます。

なので、自然なふんわりとした眉メイクに仕上げたいという方におすすめ。商品によっては、ごりごりと書かなくては本当に色が出ない!といったタイプの商品や、全然色がついているのかわからない!といった商品もあります。

しかし、失敗は少ないです。書きすぎてしまった!なんてことになってもうっすらふんわりとしたメイクの完成になるのであまりわかりません。

えんぴつタイプの商品が最もショア新車の眉メイクに適したタイプの商品であるということが言えますね。

一方で、繰り出しタイプの商品は鉛筆タイプの商品よりも圧倒的に柔らかなテクスチャーの商品がほとんどです。

鉛筆タイプのように芯がなくなると繰り出すだけなので、商品の手入れも楽です。

また、鉛筆タイプの商品に比べて色づきやすいので、ある程度眉メイクが得意な方や、あまり眉メイクで失敗を恐れない人はこちらのタイプの商品のほうが使い勝手が良いのではないかと思います。

 

 

ブラシ

そして次にご紹介するのがブラシタイプの商品です。

ブラシタイプの商品は、言葉の通り小さなブラシのようになっています。

こちらのタイプの商品では、眉の毛流れを整えるために使います。また余分に付着した粉や液を取り除いてくれる効果もあります。自眉をしっかりと残して眉メイクをしたいという方には必須の商品。

こちらの商品を使用するだけで、眉メイクの完成度も一気に変化してきます。

ちなみにブラシは、スクリュータイプの商品や、コームタイプの商品、そして毛によるブラシタイプの商品など様々なタイプが存在します。

コームタイプやブラシタイプは、眉メイクを始める前に髪をとかすかのようにブラッシングする際に非常に重宝するタイプの商品だと思います。そしてスクリュータイプの商品は、よくパウダータイプの商品の逆側についてあることが多いです。こちらはパウダーをぼかす際に使用します。

 

リキッドタイプ

そして次はリキッドタイプの商品。

リキッドタイプの商品は眉尻部分を描くのに役立ちます。

筆ペンタイプが多く、透け感のある発色で柔らかい印象になるものもあります。

ラインがしっかり出るので、濃いめの色を使うとキリッとした眉を作ることができます。

こちらはやりすぎると世界を旅するイモ〇さんみたいになってしまうので注意が必要です。

外国人のようなハーフ眉メイクをしたいという方や、眉メイクをメイクの中でも重要視したいという方におすすめの商品です。

 

パウダータイプ

そしてパウダータイプの商品。

パウダータイプの商品は近年のトレンドである『ナチュラル眉』を作るのに欠かせない商品です。

ペンシルタイプの商品よりもパウダータイプの商品でアウトラインを描くことでナチュラルな美眉を作ることができます。

グラデーションが作りやすく、濃淡を調節できる多色セットがオススメです。

ただ、くっきりと眉メイクの輪郭を描くことは不向きなので、前もって眉のある程度の形づけをしたい方は、ペンシルタイプやリキッドタイプの商品と使い分けることをおすすめしますよ。

 

マスカラタイプ

そして最後にご紹介するのが、マスカラタイプの商品です。

こちらのタイプの商品は、眉色をチェンジさせるカラーリングタイプの商品です。

ペンシルタイプやリキッドタイプで輪郭をメイクした方は特に、自眉の色とメイクの色が合わないことがあると思います。

また、髪をカラーリングしているために眉と色が違う方もいると思います。

そんな方は、このマスカラタイプがあれば自分の思い通りのカラーへと眉を一時的に染めることができますよ。

毛がしっかり生えている人に向いています。眉に立体感が出て顔の骨格をはっきりさせてくれます。

 

 

眉毛をナチュラルに見せる方法

近年トレンドの『ナチュラル眉』を作るには、以下の方法が欠かせません。

 

アイブロウメイクの商品を複数用いる

筆者はパウダー・リキッド・マスカラの3種類を使って眉を仕上げています。

パウダーでアウトラインを、リキッドで足りない毛と眉尻を、マスカラで眉全体のトーンを整えています。

これによって立体感を作り出し、顔のパーツとしてもしっかり馴染むナチュラルな眉が作ることができます。

 

コスメ商品を使用前は、必ずティッシュオフ

全てのメイク商品に言えることですが、ティッシュオフをしてから使用することはとても大事です。

パウダーやマスカラはどうしても余分な粉や液が付着しており、そのまま使うと濃くてのっぺりとした違和感のある眉が出来上がってしまいます。

勿体ないと思わず、是非ティッシュオフしてみてください!

 

アウトラインはパウダーで作る

ペンシルやリキッドでアウトラインを作っていた従来の方法とは異なり、ナチュラルに見せるにはパウダーを用いることが重要です。

そして、眉尻がぼやけると顔に締まりがなくなるので、眉尻だけはペンシルやリキッドで描くようにしましょう。

 

ラインは下だけ取る

眉の上下のラインをきれいに縁取ると、一気に古臭くなります。

目と眉の間を近づけるためにも、縁取りは下をメインにして、上は毛の流れに沿うようにして馴染ませていきます。

そうすることでナチュラルかつ印象的な目元が出来上がります。

 

 

美しい眉の作り方

『眉は時代を物語る』と言われるほど、その時々のトレンドを顕著に写し出します。

よって、時代によって眉の美しさの基準が変わってきます。

まずは基本に沿ったアウトラインを作ることが大事です。

眉頭

小鼻の端からの延長戦に持ってきます。

 

眉山

眉頭から眉尻までの2/3の位置(瞳の外側の延長線と目尻の延長選の間におさめる)

 

眉尻

小鼻と目尻を結んだ延長線と眉頭の下の水平線が交差したところに届くようにします。

 

上記を目安にして眉を作ることから始めましょう!

あとはその時のトレンドや気分、ファッションやシーンに合わせて、眉山の位置をあげたり下げたり、眉の太さを調節したりします。

 

髪色と眉色は合わせるべきか?

以前までは眉と髪のカラーは合わせた方がいいという考えでしたが、今は『瞳の色』と合わせるようにすることが多いです。

眉と瞳の色がちぐはぐしてしまうと、そこでばらつきが出てしまい、パーツとしてのまとまり感がなくなります。

そうするとパーツが離れていくので、顔が大きくみえてしまうという印象を与えます。

小顔にみせるには、眉と目の距離を縮めるといいので、まとまり感を出すためにも瞳の色に合わせていくことをオススメします。

 

おすすめのアイブロウ商品

今回のおすすめ商品は、ドラッグストアやバラエティーショップで購入可能なものを選んでみました。

カラーについては上記のように、自分の瞳の色に合ったものを選ぶようにしましょう。

 

KATE デザイニングアイブロウ3D EX-5

アイブロウパウダーの代名詞とも言える商品です。これ1つあれば、間違いありません!

アイブロウ初心者には是非使っていただきたいです。

 

ヘビーローテーション パウダーアイブロウ&3Dノーズ03 アッシュブラウン

4色入りのパウダーで、アイブロウだけでなく、ハイライトにも使えます。

ハイライトカラーは眉下に入れると、より立体的になります。

こちらも使いやすいパレットになっています。

 

Visee リシェ カラーリングアイブロウパウダー BR-2

今年の眉のトレンドは、眉に赤みを持たせることです。

各メーカーから赤やパープルのアイブロウ商品が出てきています。

ほんのり赤みを持たせることで、女性らしさと柔らかさが生まれます。

ちなみに、和装メイクでは眉に赤を足すことがメジャーです。

 

ヘビーローテーション カラーリングアイブロウ05 ライトブラウン

ナチュラル眉に欠かせない眉マスカラです。

その名の通り、何本目だろうというほど筆者はヘビロテ・リピート中です。

プチプラなのにしっかり発色し、カラー展開も豊富で落ちにくいです。

 

インテグレート ニュアンス アイブロウマスカラ  BR773

マスカラブラシのヘッドが小さめなので、眉頭や眉尻などピンポイント使いがしやすいタイプです。

パウダーのような質感なので、ナチュラル眉には持ってこいの商品です。

 

 

ニューボーン ダブルブロウEX N B2 グレイッシュブラウン

ペンシル、パウダー、スクリューブラシと、1本で3役こなす商品です!これ1つで美眉が完成します。

お直し用としてポーチに忍ばせておく商品としても最適です!

 

 

ヘビーローテーション ティントリキッドアイブロウ ナチュラルブラウン01

ティントのメイク商品がだんだんと主流になってきているので、1つご紹介します。

リキッドのように透明感があり、薄付きなので濃さの調節がしやすく、ティントなので落ちにくさもピカイチです。

使用方法が特徴的で、スキンケアで肌を整えた後、ベースメイクをする前に使用します。

 

まとめ

眉の形1つで、相手に与える印象は大きく変わります。

また『開運眉』といい、自分への運の向き方も変えてくれる眉の作り方というものまであります!

印象だけでなく、自分自身への運気の取り込みにも作用するとは、やはり重要なパーツなのですね!

是非、自分に合った素敵な眉を手に入れてくださいね♪

 

記事内で紹介されている商品

ケイト アイブロウ デザイニングアイブロ…

サイトを見る

ヘビーローテーション パウダーアイブロ…

サイトを見る

ヴィセリシェ カラーリングアイブローパ…

サイトを見る

ヘビーローテーション カラーリングアイブ…

サイトを見る

インテグレート ニュアンス アイブロー マ…

サイトを見る

ニューボーン ダブルブロウEX N B2 グレイ…

サイトを見る

ヘビーローテーション ティントリキッドア…

サイトを見る

関連記事