凹凸はっきり立体フェイスに!シェーディングおすすめランキング

「シェーディング」は立体感に満ちた、メリハリのある顔立ちにみせるためには必須アイテムなのですが、今までにメイクアップで「シェーディング」を採り入れた経験はありますか?「何だか難しそう」「どうやって立体感を出したらいいのかわからない」という理由で「シェーディング」は敬遠していたという方もおられるのでは無いでしょうか。

「シェーディング」によって小顔効果が得られたり、鼻がスッと高く見えたり、エラが張っている顔の輪郭を優しい雰囲気に見せたりと、色々な使い方があります。

ここでは、「シェーディング」の使い方や選び方、そしてランキング形式で人気の「シェーディング」の紹介まで簡単に説明していきたいと思います。

 

シェーディングの魅力!

「シェーディング」は、暗いカラーをつけることで肌色に濃淡を出すことによって顔を立体的に見せるメイクアップの方法です。「ハイライト」とも似ていますが、「ハイライト」は光を利用して明るい色を肌に纏い濃淡を出すのに対して、「シェーディング」は影を味方につけて暗い色を使っていくという感じです。

「シェーディング」が上手く出来るようになれば、小顔のように見せることも出来るし、鼻筋がスッと通ったハーフのような顔立ちにすることも可能です!

毎日メイクアップをするのであれば、折角なので「シェーディング」も採り入れてみたいと思いませんか?

私はエラが張った顔の輪郭にコンプレックスを持っていたのですが、メイクをする時に「シェーディング」で顔の輪郭を丸みのある雰囲気に持っていくことができるようになったので、かなり得をしているんじゃないかと思います。

顔の輪郭にコンプレックスを持っていたり、もっと立体的な顔立ちに見せたい、と思ったら、迷わず「シェーディング」を採り入れてみましょう。

シェーディングはどんな時に使う?

前述したように、「シェーディング」は肌よりも暗い色を使って陰影をつけたり影を作ったりしてメリハリのある顔立ちにするメイクの手法です。

立体的な顔立ちに見せたい、という時に使うのはもちろんですが、シェーディングによる目の錯覚を利用して顔の輪郭を小さく見せたりすることも出来ます。

顔の輪郭を変えて見せることが出来る、という事から、丸顔や下膨れ、面長や卵型の顔の形を自分の理想に近づけていくことだって可能です。

理想的なシェーディングは、つけていることがわからない程度にナチュラルに色をつけていくようなものです。いくら顔が小さく見えるからと言っても、顔の輪郭を暗くしすぎて、誰が見ても色をつけているとわかってしまっては意味がありません。肌の色よりも2トーンぐらい暗めの色を選ぶのが標準的です。

シェーディングは難しいので、最初のうちは少量だけをつけて様子を見てみるのが良いでしょう。少しずつ色を足していき、暗めの色を使う効果があるなと思ったらそこで色を足すのをやめれば良いのです。つけ過ぎは滑稽な雰囲気にもなるので、一気に暗い色を肌にのせていくのは厳禁です。

シェーディングでこんな顔に

上手く使っていけば、平坦な顔立ちが多い私達日本人でも、ハーフのような立体的な顔立ちに魅せることが出来ます。つけていく箇所は、髪の生え際、鼻筋の横、フェイスライン、顎などです。丁度良いカラーをグラデーションをつけながらのせていくことで、濃淡のあるメリハリのある、立体感に満ちた顔立ちになれます。日本人離れしたハーフ顔も夢ではありません。

また、フェイスラインに軽くシェーディングを入れるだけでも小顔効果が望めます。華奢な印象にもなるため、特に女性には小顔効果は嬉しいですよね。

丸顔であったり、エラが張っていたりする場合には、顔のサイドにシェーディングを入れていくと効果的です。強調したくない部分やエラの部分にのせていくことで理想的な美しい輪郭の顔に見せることが出来ます。

正しいシェーディングのやり方

つけ方は、まずパウダータイプのシェーディングを使う場合には、パウダーをブラシに取り、手の甲の上で量を調節していきます。それから顔のつけようと思う箇所に少しずつ色をのせていきましょう。髪の生え際、鼻筋の横、フェイスライン、顎、というように。鼻筋の横などは細かい部分になるのでのせにくいかもしれません。こういう箇所にはスティックタイプのシェーディングを使うと上手くつけられます。

最終的にふわっとカラーが入らない箇所には指で伸ばしていっても良いと思います。

シェーディングを行うタイミングですが、ベースメイクが終わった後ならどのタイミングで入れても大丈夫です。

アイシャドウなどのポイントメイクとシェーディングの順番はどちらが先でも良いと思います。全体のバランスが見やすいやり方で行ってみて下さい。

シェーディングを使うべき人はこういった人!

小顔に見せたいと思っている方

シェーディングを使う主要な理由のナンバーワンは、断然「小顔効果」です。しかもフェイスラインと顎にシェーディングを行うことで簡単に実現するので、真っ先に採り入れたいものですね。フェイスラインにシェーディングをする場合には、首との色のバランスも考えて暗すぎない色をわからない程度に塗っていくのが良いでしょう。

メリハリのある日本人離れした顔立ちに見せたい方

目鼻立ちを変えないで立体的な顔立ちに見せるには、シェーディングを採り入れるしかありません。出来ればハイライトも一緒に使っていくと良いでしょう。

シェーディングは基本的に髪の生え際、鼻筋の横、フェイスライン、顎に入れていくものです。この時に鼻筋の横にシェーディングをきちんと入れ、鼻筋にはハイライトをおいていきぼかしていくと、ものすごくメリハリのある顔立ちになります。

目の下にハイライトを入れて、頬の高いところにシェーディングを置いていくのも忘れないようにしましょう。フェイスラインに暗めのカラーでシェーディングを施すと、たちまちのうちに立体感のある顔立ちになります。

顔の輪郭にコンプレックスを持っている方

丸顔であったり、エラが張っていたりすると、どうしても顔の輪郭が何とかならないかな、と思うことがあるかもしれません。これもフェイスラインにシェーディングの手法を使っていくことで、理想的な輪郭とされている卵形の輪郭に見えたり小顔にも見えたりします。

シェーディングのタイプとおすすめの選び方

シェーディングには、パウダータイプだけでなく、クリームタイプ、リキッドタイプ、スティックタイプがあります。シェーディング初心者の方は、パウダータイプとリキッドタイプの2種類を揃えると良いと思います。広い範囲にシェーディングをする場合にはパウダータイプを使い、細い部分にはクリームタイプを使うと誰でも簡単にシェーディングが出来るようになります。

クリームタイプ

ベタっとするテクスチャーで、肌にピタッとフィットして密着してくれます。指を使って細かい部分をつけていくというつけ方が良いでしょう。鼻筋の横などにはこのクリームタイプを使うのが向いています。

広範囲にシェーディングをいれる場合には、クリームタイプは伸びが悪いので向いていません。ツヤを出したい箇所や細かい箇所に指を使って少量使っていきます。肌になじませることが上手く使うコツになるので、ムラにならないように気をつけて塗っていきましょう。

パウダータイプ

広範囲に使っていけて便利なので、シェーディングをする方であれば絶対に持っておいて欲しいタイプです。ブラシを上手に使って、顔全体のバランスを見ながら濃淡をつけていくことが出来ます。薄く少しずつつけていけば失敗も無いですし、ブラシを使うので、手を汚さずに使えるところも良いと思います。

リキッドタイプ

クリームタイプよりも伸びがよくて使いやすいです。使い方は細かい部分にポンポンと指でのせていくと良いでしょう。クリームタイプと同様にムラにならないように肌に上手くなじませていくことが重要になります。

スティックタイプ

スティックを繰り出してそのまま顔に塗っていくだけの簡単なタイプです。最近人気があるタイプで持っておられる方も多いでしょう。こちらも付けすぎないように注意しながら、少しずつ使っていきましょう。スティックで顔につけてそのままにはせず、指で伸ばしながら丁寧につけるとキレイな仕上がりになります。初心者の方にもおススメしたいタイプです。細かい部分にも入れられるので、狙った場所にピンポイントで使うことも出来ます。

 

シェーディングおすすめランキング

8位 ベアミネラル  インビジブル ブロンズパウダー ブロンザー

肌にとけこむようになじむやわらかな発色が魅力のお品です。パウダータイプなので、使いやすいのも良いですね。ブラシを使ってふんわりとお肌にのせていくだけです。

ナチュラルに影効果を作り出してくれるので、誰でも失敗なくシェーデングが簡単に出来ちゃいます。ツヤ感のある印象のお肌になってくれるので、オールシーズン使っていけます。シェーディングとしては薄付きで、肌に溶け込むように馴染んでくれるのが良いと思います。キラキラの粒子が入っているのも肌がキレイに魅せてくれます。

量を塗っても濃くならないので、初心者の方にも向いているお品だと思います。

価格は結構高めですが、ナチュラルにシェーディング効果が得られるので、それ以上の価値があると思います。

7位 メイベリン  フェイス  ステュディオ V フェイス  デュオ  パウダー

パウダータイプで、ブラシもミラーもついているコンパクトタイプです。携帯性にも優れているので、お出掛け先で化粧直しも出来るのでとても便利。ハイライトとシェーディングカラーの2カラーが入っているので、これ1つでフェイスラインや頬に影と光を作ってメリハリのある顔立ちに見せられます。

2カラーを混ぜて全顔用のフェイスパウダーとしても使うことが出来るので、1つ持っておくと出番が多いと思います。

使用方法としては、顔の高く見せたい所には明るいハイライトを入れ、小さく見せたいところや隠したいところはシェーディングでカバーしていきます。

SPF32/PA +++なので、生活紫外線からお肌を守ってくれるという点も嬉しいですね。価格帯もリーズナブルですし、簡単にシェーディング効果のあるアイテムを使いたいという方に向いているお品だと思います。

6位 キャンメイク  ノーズシャドウパウダーN  ナチュラル

ノーズシャドウパウダーで、部分用シェーディングです。パウダータイプながらも、鼻筋の横にス~ッとラインを入れてぼかしていくだけでとても立体的な目鼻立ちになってくれます。部分的にクリームタイプを使わずに済むので、パウダータイプが好きな方におススメのアイテムです。ハイライトもついているので、立体感をしっかりと出すことが出来ます。

付属のブラシも侮れないお品で、柔らかくて使いやすいです。ノーズシャドウとしての役割をしっかりと果たしてくれます。

プチプラなのに良いお仕事をしてくれます。これは是非ゲットしておきたいお品ですね。毎日使ってもポイントメイクに使うだけなので1つ持っていると長く使えます。

5位 NARS ブロンズパウダー

まず容器がとてもスタイリッシュなので持っているだけでテンションが上がります。流石はNARSという感じ。パウダータイプで、ブラシでふんわりとつけていきます。少量ずつつけていくと失敗無くキレイに仕上がります。立体感をキレイに出してくれ、シェーディングとして文句無しの働きをしてくれます。

フェイスラインにつけるのはもちろん、鼻筋の横にも指でポンポンと置いていって伸ばすと良い感じでノーズシャドウも入り、色々と楽しめます。

粒子が細かいので、朝つけると一日中持続してくれてお直し要らずです。

価格は有名ブランドなのでやや高めですが、使いやすし品質も良いのでそれ以上の価値があると思います。

4位 レブロン  フォトレディ  インスタフィックス 190

スティックタイプで、繰り出して簡単に使えるので人気があります。もともとインスタフィックスは全5色で、ファンデーションが2色、シェーディングが1色、廃雷帝ングカラーが2色の全5色展開です。190がシェーディングになっています。

スティックタイプなので、顔にそのまま何点か置いて、指やスポンジで伸ばしていくととても美しいシェーディングが作れます。カラーでシェーディングが出来ると同時につけるとツヤが出るので、頬の上などにつけると良いと思います。

肌になじませると、サラサラのテクスチャーで快適に使っていけます。肌馴染みが良いのも特徴の1つです。鼻筋の横に使う時には、一度スポンジか指にとって伸ばしていくと使っていきやすいです。

お値段もリーズナブル。このお値段でこの品質、と思える優秀なお品です。

3位 マック(MAC)フェイスパウダー  ミネラライズ  スキンフィニッシュ・ナチュラル

12カラー展開のフェイスパウダーですが、シェーディングとして使われているカラーが多いので知られています。一般的な日本人にはミディアムダークのカラーがシェーディングには丁度良いと言われています。

パウダータイプで、ブラシにとってさっとフェイスラインにつけていくとたちまちのうちに立体的で小顔効果が得られます。作り込んだ仕上がりで無くナチュラル感があるので、「シェーディングしています」というような感じがしないのが良いと思います。

粉質はとても柔らかく、粒子が細かいので一日中お直し要らずでOKです。毎日使ってもファンデーションのように減りは早くないのでコスパも良いです。

品質を考えれば、この価格でも決して高いものでは無いと思います。

2位 セザンヌ シェーディングスティック

スティックタイプのシェーディングです。クリームっぽいテクスチャーなので、滑らかに顔につけられます。つけてからスポンジか指で丁寧に伸ばしていくようにすると、キレイに仕上がってくれます。

顔が引き締まって見え、小顔効果抜群です。指にとって簡単に使えるので鼻筋の横にも使っていけます。パウダータイプよりも肌にしっかりとフィットするので、色持ちがするのも良いと思います。

ツヤが出てくれるので、健康的な印象のメイクにしたい方には特におススメです。

プチプラながらも気軽に使えてこの実力!大人気なのも頷けます。

1位 キャンメイク シェーディングパウダー

パウダータイプで、付属のブラシがついています。シェーディングカラーとしては若干薄いような感じもしますが、重ね付けすると濃く見えてきます。濃淡が簡単につけられるので、誰でも簡単にシェーディングが楽しめます。

フェイスラインをサッと一塗りするだけで小顔に見えるようになるので、忙しい朝でも時間をかけずにシェーディングが出来るのが良いと思います。

つけていてナチュラルな雰囲気で自然な印象のメイクになるので、メイクにあまり慣れていない方でも失敗無く使えるお品です。

価格もプチプラで買いやすいのが良いですね。お試しで色々なカラーを購入しても楽しい、心強い一品です。

まとめ

シェーディングの効果、すごいですよね!簡単に小顔に見せられたり、立体的な目鼻立ちのメリハリメイクも作れちゃうというから、これはシェーディングを味方にしない手はありません。

ナチュラルに見えるタイプのシェーディングから初めるのがおススメです。ランキングではデパコスからプチプラまで挙げてあるので、自分に合ったものを選んでみて下さい。

シェーディングを自由自在に操れるようになったら、毎日のメイクも一層楽しいものになると思います。お気に入りのシェーディングアイテムを見つけてみましょう。

記事内で紹介されている商品

ベアミネラル インビジブルブロンズパウダ…

サイトを見る

メイべリン フェイス ステュディオ Vフェ…

サイトを見る

キャンメイク ノーズシャドウパウダー N …

サイトを見る

ナーズ ブロンズパウダー 8g/0.28oz カジノ

サイトを見る

レブロン フォトレディ インスタフィック…

サイトを見る

MAC マック ミネラライズ スキンフィニッ…

サイトを見る

セザンヌ シェーディングスティック 02 マ…

サイトを見る

キャンメイク シェーディングパウダー

サイトを見る

関連記事