インフルエンサーも愛用!プチプラ・デパコス決定版!乳液のおすすめランキング8選

スキンケアアイテムの中でも、一年中大活躍してくれるのが「乳液」!

暑い夏でも寒い冬でも、必ずスキンケアの一環として乳液を使っているという方も多いのではないでしょうか。

乳液は、水分と油分とが配合されたアイテムで、化粧水や美容液の後につけると、油分が含まれているため、肌の表面に膜を作ってくれるという働きがあります。

その他にも、乳液を使うスキンケア「乳液洗顔」なども話題になっており、乳液を上手く採り入れることで美肌をゲット出来るようになるかもしれませんよ。

ここでは、乳液の役目、乳液に関する疑問、機能付き乳液の特徴、乳液を選ぶ前にチェックするポイント、ランキング形式によるおすすめ乳液の紹介までを書いていきたいと思います。

 

目次

乳液の役目とは?クリームとどう違うの?

乳液

前述した様に、乳液は水分と油分とで作られているので、化粧水や美容液の後につけることで、油分が肌表面に薄い膜を作ります。

その膜があることで、肌表面から水分が蒸発することを防いでくれるので、保湿をしっかりとするケアを行うのであれば、乳液は欠かせないスキンケアアイテムと言えましょう。

クリームも乳液と同じように、肌表面からの水分の蒸発を防ぐという役目がありますが、乳液と比較すると水分が少なく油分が多く配合されているので、テクスチャーも水っぽくなくかためになっているという特徴があります。

乳液とクリームは、どちらも肌の表面から水分の蒸発を防いで保湿するという役目を持ちますが、そのテクスチャーの違いから、好みや肌質によって使い分けされていることが多いですね。

夏の季節には、さっぱりとした肌触りが好まれるので、化粧水や美容液の後に乳液だけをつけてスキンケアを完了させる方が多いと思います。

逆に、乾燥が厳しい冬には、スキンケアに、クリームを使ってしっかりと保湿を行う方が増えていきます。

乳液とクリームの両方を使って、念入りにお肌の潤いを肌にとどめようという方もいらっしゃるでしょう。

そのどれもが正しいスキンケアであり、好みや季節によって、スキンケアに使うアイテムが変わるのは当たり前なのです。

ただ、皮脂が多いTゾーンなどには、乳液とクリームを重ね付けするよりは、控えめに使用していった方が好ましいですね。

また、朝と夜のスキンケアでは使うアイテムが違ってきます。

朝は、メイクをしなければいけないこともあり、なるべくサラリとした肌触りにしておきたいですね。

そのため、クリームを使わずに乳液だけを使っていくのが一般的とされています。

スキンケアとして、朝も晩も、夏も冬も使っていけるので、乳液は万能選手と言っても良いですね。

 

今更聞けない!乳液のギモンを解決

乳液

乳液は今まであまり使ったことが無い、という方もおられるかもしれませんね。

乳液の使い方や使う順番などがわからないと上手くスキンケアに採り入れていけないので、ここでは乳液についてよく聞かれる疑問をとりあげてみたいと思います。

 

乳液を使った乳液洗顔って?

SNSでも少し前に話題になった「乳液洗顔」を御存知でしょうか?

乳液と蒸しタオルを使って、肌表面の古い角質や角栓をキレイに除去するとともに、乳液によって肌に潤いをもたらすという働きがあります。

古い角質が取れたお肌は、つるんとして手触りももちもちになってくれるでしょう。

毛穴も目立ちにくくなるというから、これは採り入れない手は無いと思います。

お風呂の中で行うと効果的ですよ。

週に1~2回を目安に「乳液洗顔」を行っておくと、美肌をキープ出来そうですね。

 

乳液洗顔の方法

1.洗顔の後で、マッサージをして血流を良くしておきます。

2.乳液を顔全体に多目につけていきます。肌が白っぽくなるぐらいのたっぷりの量が良いですね。

3.薬指を中心に顔全体をマッサージしていきます。

この時、湯船に浸かっていると、蒸気の力で乳液パックが出来るようになるので、湯船につかってゆっくり丁寧に行うことがおすすめです。

4.マッサージが終わったら、お湯に浸したタオルを絞り蒸しタオルを用意しておきます。

5.蒸しタオルで顔全体を包むようにして、時間を置きます。

時間を置くことで、古い角質や角栓のついた肌がやわらかくなって除去しやすくなります。

6.蒸しタオルで、顔全体に広げた乳液を丁寧に拭き取っていきます。

この時に、やわらかくなった肌から古い角質や角栓が除去できると期待できます。

7.これで乳液洗顔は完了です。通常のスキンケアを行いましょう。

 

乳液洗顔は手軽に自分で出来るお手入れなのに、とってもお肌がキレイになると大評判の方法なので、乳液を持っている方は是非トライしてみて!

 

乳液をつけるべき絶好のタイミングは?

一般的には、洗顔後すぐに化粧水をつけ、その後に美容液をつけ、それから乳液をつけていきます。

この時に注意したいのは、流れ作業のようにどんどんとスキンケアをつけていくのはNGだということです。

化粧水も美容液も、どちらも肌に保湿成分や美容成分を浸透させるという目的があるので、つけてから若干時間を置いてハンドプレス等でしっかりと肌へ馴染ませておくことが必要になります。

乳液は、化粧水と美容液がしっかりとお肌に入ったな、というタイミングでつけていくのが良いですね。

乳液をつける際にも、丁寧にお肌に馴染ませるようにしてつけていきましょう。

 

先行乳液とは?

一般的な乳液は、化粧水、美容液の後に使って肌表面に膜を作って水分の蒸発を防ぐ役割を果たします。

これとは逆に、先行乳液というアイテムは、化粧水より先に使われることで知られています。

先行乳液をつけることによって、洗顔後の肌に適度な油分が行き渡り、肌がやわらかくなるので、次につける化粧水の働きをよくしてくれるというメリットがあります。

肌があまりにもゴワゴワしていて化粧水の浸透が望めない時や、肌の乾燥がはげしくい場合などには、この先行乳液を使うことによる効果が期待出来ると思います。

特定の化粧品メーカーやブランドでは、この先行乳液の考えを採用しているので、気になる方はそういったブランドの先行乳液を使ってみるのも良いのではないでしょうか。

 

もしかして逆効果?乳液後高保湿クリームが必要なのはどんな時?

乳液をつけた後も肌が乾燥してしまう、という方は高保湿クリームを使うと良いですね。

油分がより高配合されているクリームを使う事で、肌の水分の蒸発を防ぎ、バランスの良い肌質へと導いてくれると考えられます。

10代、20代の方であれば、保湿クリームはそれほど必要と感じないのではないかと思いますが、30代以降の方は、だんだんと肌の水分保持力が弱まってくるので、保湿クリームは必須となってきます。

ただ、脂性肌の方であれば、顔全体に乳液後高保湿クリームをつけてしまうと、Tゾーンなどの皮脂が余計に気になってしまうこともあります。

脂性肌の方が高保湿クリームを使う場合には、顔全体ではなく、乾燥が気になる箇所にだけつけるようにしましょう。

 

本当に合ってる?「機能付き乳液」の選び方

乳液

一口に「乳液」と言っても、機能付き乳液も沢山発売されているので、どういうタイプを選んでいったら良いのか迷ってしまいますね。

ここでは、「機能付き乳液」の選び方やどのような方に向いているかを書いていきます。

 

高保湿乳液は乾燥肌の方のマストアイテム

乾燥が激しい季節になってきているので、乾燥肌の方に特に使っていただきたいのが、高保湿乳液です。

乾燥肌をそのまま放置してしまうと敏感肌になってしまうこともあるので、丁寧に保湿をするようにしていきましょう。

乾燥肌が激しい場合には、高保湿乳液に「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「エラスチン」と言ったよく知られている保湿成分の他に、「ヒト型セラミド」が配合されていると安心感が得られると思います。

乳液の後に、保湿クリームを使うとなお万全に乾燥対策が出来ることになりますが、つけ過ぎには注意していって下さい。

お肌が乾燥しているのだけれど、敏感肌でもあるという方は、お肌に優しい処方の高保湿乳液を選んでいくようにしましょう。

アルコール等や香料が多く含まれている乳液は、肌の刺激の原因になるので、気をつけて選んでいって下さい。

 

美白タイプは紫外線が気になる季節には活用すべき

最近では一年中紫外線対策をしている方も多いため、美白乳液もオールシーズン人気があるアイテムとなっています。

しかし、美白乳液と言えば、やはり一番出番が多くなるのは紫外線が気になる夏の季節ですね。

美白乳液には、美白成分が配合されているだけでなく、朝用美白乳液の中には紫外線防止効果が期待出来るアイテムも多く発売されています。

朝、美白乳液をつけることで紫外線防止効果が期待出来るというから、これは是非とも使っていきたいですよね。

一般的な肌質の方であれば、紫外線が気になる季節には、朝は美白乳液を、夜には保湿乳液をというように使い分けするのが良いでしょう。

 

冬でもさっぱりタイプは使える?

最近ではスキンケアもテクスチャー重視で選ぶ方が増えています。

乳液も、夏には、さらっとしてさっぱりとしたテクスチャーのタイプが好まれますし、冬にはしっとりとしたテクスチャーのタイプを選ぶ方が多いようです。

夏に使っていたさっぱりタイプの乳液を冬でも使えるかどうかですが、乳液に含まれている成分には季節による使い分けは特に無いので、季節に関係なく使っていけますよ。

さっぱりとしたテクスチャーであっても、乳液本体には保湿成分や美容成分が配合されているわけですから、テクスチャーさえ気にならなければ冬でも十分に乳液としての役割を果たしてくれるでしょう。

 

筆者ならこう選ぶ!乳液を購入する前に確認すべきこと3つ

乳液

実際に乳液を選ぶ際には、どのような点に注意していけば良いのでしょうか。

筆者が乳液を選ぶ際にチェックしているポイントを挙げてみます。

 

成分で選ぶ

乳液と言っても、保湿重視なのか美白重視なのかで配合成分が変わってきます。

自分がどういうタイプの乳液を使いたいのか、配合成分をみながら確認していくと良いですね。

保湿をしっかりとしておきたいという方は、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン、ヒト型セラミドが配合されている乳液を選ぶようにしましょう。

美白に力を入れたい朝の乳液を選ぶ際には、ビタミンC誘導体やトラネキサム酸等の美白成分の他、紫外線防止効果が期待出来ると尚良いですね。

美白も保湿も叶えたい、という方であれば、美白成分に加えて保湿成分が配合されているタイプを選ぶと良いでしょう。

また、敏感肌の方であれば、成分だけでなく、肌に優しい処方の乳液を選んでいくようにしましょう。

 

テクスチャーで選ぶ

快適にスキンケアを続けている上で、自分の肌質に合っているテクスチャー、好みのテクスチャーの乳液を選んでいくと良いですね。

夏の季節には、ベタつくテクスチャーではなく、さっぱりとした清々しいテクスチャーの乳液であれば続けて使っていこうという気になります。

また、脂性肌の方はベタつくテスクチャーはNGなので、さらりとしたテクスチャーを選んでいくようにすると良いですね。

ニキビの出来ているお肌にも、ベタつくテスクチャーの乳液は痒みの原因となったりもするので、軽めでさらっとしたテクスチャーの乳液を使うようにしましょう。

 

価格帯で選ぶ

乳液は毎日使っていくスキンケアアイテムなので、続けられる価格帯の商品を選んでいくようにしましょう。

この数年でスキンケアもどんどんと進化しており、プチプラでも良い働きをしてくれる乳液も増えてきています。

無理せずに自分が続けられる価格帯の乳液を選んでいくようにしましょう。

 

to buyオフィシャルインフルエンサーおすすめの乳液もご紹介!

IPSA ME エクストラ 4

提供品

絢のイチオシ!

化粧水とか乳液とかこれ一本で済む!
すごい乾燥肌なんですけど、MEの4は油分が多くて乾燥しにくいです。
これがなくなったらやばいです。笑
これ使い始めてから乾燥が気にならなくなりました。

 

アルビオン アンフィネスホワイト ホワイトニング パンプ ミルク

♡まぃまぃ♡のイチオシ!

もう何本もリピートしているアンフィネスの乳液ですが、夏はこちらのグリーンの美白タイプを愛用しています。

ふっくらハリのある使用感と、ビタミンC誘導体配合で透明感のある肌に!

通常のスキンケアの時以外に、慌ただしいお風呂上がりにとりあえずの保湿として使ったり、就寝前にベッドで横になりながら塗ったり...

1日の中でマルチに活躍する乳液です♡

 

THREE エミング エマルジョン

まりえんぬのイチオシ!

THREEのエミング エマルジョン乳液?

これ本当に良すぎてなんでもっと早く使い始めなかったんだろうって悔やむレベル!

香りよし、つけ心地よし、エイジングもあるようで
もう言うことない100点満点の乳液です❣️

もう手放せない?

 

アベンヌ スキンバランスクリーム EX SS リッチ

raraのイチオシ!

ふらっと入った薬局で、その場にいたBAさんに乗せられ買ってしまった、敏感肌用の乳液として使えるクリーム。

地味に高いしあーあ……という気持ちだったのですが、使ってみたら驚き。
次の日の肌質が安定した肌になるんです。

テカるわけでもなく、つっぱっているわけでもない、そんな私の肌に平和をもたらしてくれた天使のクリームです!

 

乳液のおすすめランキングTOP8

8位 アルビオン エクサージュ モイスト アドバンス ミルク II

出典: Amazon.co.jp

アルビオン エクサージュ モイスト アドバンス ミルク II

先行乳液でもちもち肌に!しっとりしたテクスチャー

アルビオンのノーマルスキン用乳液です。

アルビオンは「素肌と生きる」をテーマとした国内有名スキンケアブランドで、「洗顔後まず乳液の美容システム」で知られています。

アルビオンの先行乳液という発想は広く浸透し、瞬く間にロングセラーとなりました。

この「エクサージュ  モイスト  アドバンス  ミルクII 」は角層に充実した潤いを与え、なめらかなお肌へ導いてくれます。

容器が可愛いピンクのカラーなのも嬉しいですね。

プッシュ式で中身を出すようになっているので、衛生的に使えるところも良いと思います。

洗顔後にコットンにプッシュ3回分ぐらいを使うのが良いそうで、クレンジングやマッサージ後のお手入れにも使っていける優秀アイテムです。

洗顔後すぐに使う事で、話題の乳液洗顔と同様に古い角質を落とす働きが期待出来るので、とても人気の乳液となっています。

潤いと肌のもちもち感が実感できる乳液で、この後につける化粧水の浸透も抜群によくなるということなので使ってみたくなりますね。

容量は200g 入りで二カ月程度使えます。他に100g 入りもあります。

肌タイプ別に、「オイリースキン用」「ドライスキン用」の用意もあるので、肌質によって選べるところも良いと思います。

価格帯は若干高めに思えるかもしれませんが、デパコスの中ではリーズナブルな範囲です。

先行乳液に興味があるという方におすすめです。

 

7位 WELEDA カレンドラ ベビーミルクローション

出典: Amazon.co.jp

WELEDA カレンドラ ベビーミルクローション

全身に使える保湿乳液!赤ちゃんや敏感肌の方にも

ヴェレダの全身用保湿乳液です。

ヴェレダはオーガニックコスメを扱っていることで知られており、植物原料はバイオダイナミック農法を採用しているという本格的な取り組みを行っています。

ヴェレダの商品は、赤ちゃんや敏感肌の方でも安心して使える処方の商品が多く、幅広い層から人気があるブランドです。

こちらの全身用乳液は、私も何年も愛用していますが、肌に潤いを与えてくれ、しっかりと保湿が出来る優れものです。

真冬でもこれ1つあれば、顔と全身の保湿が出来るので旅行先やジムでも大活躍してくれます。

アーモンド油が肌からの水分の蒸発を防いでくれ、カレンドラエキスが肌荒れをやわらげてくれると期待出来る成分が配合されています。

テクスチャーもベタつきが無く、肌に馴染ませるとサラリとした感触になるところも良いと思います。

赤ちゃんも使える肌に優しい処方なので、御家族で使っていくのも良いのではないでしょうか。

価格帯も非常にリーズナブルなので続けやすいところも良いと思います。

 

6位 クリスチャン ディオール カプチュール トータル ドリームスキン アドバンスト

出典: Amazon.co.jp

クリスチャン ディオール カプチュール トータル ドリームスキン アドバンスト

ベストコスメ受賞アイテム!なめらかな質感が魅力

ディオールのドリームスキンシリーズの乳液です。

ディオールはフランス発のファッションブランドで日本でもファンが多いブランドです。ファッションはもちろんですが、コスメや香水も人気が高いことで知られています。

このドリームスキンシリーズの乳液は、植物由来成分が配合されており、肌に優しい処方なのが良いと思います。

メイク前の乳液として最適で、少しピンクがかったカラーで肌の欠点を隠してくれるという働きもしてくれるという特徴があります。

化粧下地前に使うと良さが実感出来ます。

なめらかなテクスチャーで、ベタつきがなく潤いを感じながらもサラッとした感触が心地良いのでオールシーズン使っていけそうです。

内容量は50ml でたっぷり使えます。

容器も素敵なので、ミラーの前に置いておくだけでテンションが上がりそうですね。

単なるスキンケアの1アイテムとしてだけでなく、メイクアイテムという位置づけでも良いような働きをしてくれるので、使ってみたら驚くかもしれません。

素肌がキレイな人のような印象を与えるので、素肌感にこだわるメイクを施したい方におすすめの乳液です。

価格帯は高めですが、スキンケアを超えた働きがあるように思うので、妥当ではないかと思います。

 

5位 SK-II R.N.A. パワーラディカル ニュー エイジ

出典: Amazon.co.jp

SK-II R.N.A. パワーラディカル ニュー エイジ

ビューティーアワード受賞☆しっとり感が持続

SK-IIの乳液でエイジングケアとして使っている方が多い商品です。

SK-II は、P&Gプレステージのブランドで、様々な層の女性から支持されています。

スキンケアに特化しているブランドで、日本国内製造という点も人気の要素になっています。

こちらの乳液は発売当初から評判が高く、発売されてから3年以上経った現在でも愛用者が多い商品なので信頼出来ると思います。

SK-II特有の成分「超濃縮ピテラ」をはじめ、ナイアシンアミド、クロレラエキス、R.N.アーキテクト等が配合されており、保湿がしっかりと出来そうだという印象がありますね。

ジャータイプの容器に入っており、クリームのようにスパチュラで手にとって使う形です。

テクスチャーも肌に馴染ませるとサラッとしているので使いやすいと思います。

肌の潤いをキープしてくれるだけでなく、エイジングケアや肌のキメを整えてくれる働きも期待出来るということなので、使い続ける方が多いのも納得の商品です。

内容量は80gで朝晩の使用で一カ月~一カ月半程度使えます。

50gのサイズもあります。

肌の潤いをキープするだけでなく、エイジングケアも同時に行いたいという方におすすめです。

価格帯は高めですが、エイジングケアが出来る乳液なので、妥当ではないかと思います。

 

4位 クリニーク  ドラマティカリー  ディファデント  モイスチャライジング  ローション  プラス

出典: Amazon.co.jp

クリニーク ドラマティカリー ディファデント モイスチャライジング ローション プラス

クリニークの代表作!水分と油分のベストバランスを実現

クリニークを代表する乳液です。

クリニークは、ニューヨーク発の皮膚科医の指導のもとに誕生したスキンケアブランドで、全て無香料、アレルギーテスト済みという特徴があるので安心感があります。

こちらの乳液は、肌に潤いを与える事で、肌のバリア機能をサポートしてくれるという働きがあります。

肌馴染みがよく、サラリとしたテクスチャーも魅力です。

つけるとすぐに滑らかな肌になってくれるので、潤い感が実感出来るところも良いと思います。

カラーはイエローのカラーなのですが、肌によく馴染ませると色は気にならないです。

こちらの乳液は、乾燥~混合肌用とされていますが、秋から冬にかけて使いたいしっとり感のある乳液として最適だと思います。

肌のもっちり感がアップしてくれて、クリームをつけなくても乾燥知らずの肌が実現出来ますよ。

他にも、「混合~脂性肌用」の用意もあるので肌質によって選べる点も良いと思います。

内容量は125mlとたっぷりと使えます。

パラベンフリー、フタル酸エステル不使用、無香料なので、肌が弱い方や肌の調子が今1つという時でも安心して使っていけそうです。

肌に優しい乳液を探している方におすすめです。

価格帯は、デパコスにしては非常にリーズナブルなところも良いと思います。

 

3位 キュレル 乳液

乾燥性敏感肌にも使える肌に優しい乳液

キュレルの乳液です。

キュレルは花王のスキンケアブランドで、乾燥性敏感肌を考えたスキンケアとして知られています。

この乳液も、乾燥性敏感肌の方はもちろん、通常のお肌の方も使っていけるタイプです。

潤い成分として、セラミド機能成分やユーカリエキスが配合されており、角層の深部にまでじっくりと浸透して肌の潤いを維持すると期待されています。

肌荒れを防いでくれる働きがあるとされている消炎剤が配合されているのも安心感があります。

肌に馴染みやすく、しっとりとした感触が特徴的ですが、ベタ付きが無いのでオールシーズン快適に使っていけるところも良いと思います。

筆者も使っていましたが、肌がやわらかくなってくるので、朝のメイクノリも良くなり、なめらかなテクスチャーが心地良いですよ。

弱酸性、無香料、無着色、アルコールフリー(エチルアルコール無添加)、アレルギーテスト済み、乾燥性敏感肌の方の協力によるパッチテスト済みというから、お肌が弱い方も肌の調子がよくない時でも使っていけると思います。

医学部外品という点も嬉しいですね。

内容量は120mlです。

お肌が弱い方の冬場の乳液として最適ではないかと思います。

価格帯も非常にリーズナブルなので、続けられるところも良いと思います。

 

2位 ELIXIR REFLET バランシング おしろいミルク

出典: Amazon.co.jp

ELIXIR REFLET バランシング おしろいミルク

紫外線防止効果が期待出来る朝用乳液

エリクシールルフレの朝用乳液です。

エリクシールルフレは資生堂のスキンケアブラドの1つで、若い方へのファーストエイジングケアとして人気があります。

こちらの朝用乳液は、下地がいらないということから朝時間が無い方に向いています。

皮脂と水分のバランスを整えてくれ、表面はベタつかず、内側はふっくらと潤いに満ちたお肌へ導いてくれます。

おしろい効果で、テカリや毛穴を自然にカバーしてくれる優れものです。

若いうちからエイジングケアをはじめたい方のファーストステップとして丁度良い商品ではないかと思います。

紫外線防止効果としては、SPF50+PA++++なので、真夏の紫外線からもお肌を守ってくれる頼もしい仕様が嬉しいですね。

もちろん洗顔料で落とせますよ。

安心安全の国産というところも良いと思います。

アレルギーテスト済み、ニキビのもとになりにくい処方ということなので、肌が弱い方や肌の調子が今1つという時でも使って行けそうです。

内容量は35g。

使用量が少ないと十分な紫外線防止効果が得られないので注意しましょう。

紫外線予防効果のある朝用の乳液をお探しの方におすすめです。

価格帯も非常に安く、買いやすく続けやすい点が良いと思います。

 

1位 MINON ミノン アミノモイスト モイストチャージ ミルク

出典: Amazon.co.jp

MINON ミノン アミノモイスト モイストチャージ ミルク

製薬会社開発の敏感肌・乾燥肌用

ミノンの保湿乳液です。

ミノンは第一三共ヘルスケアのスキンケアブランドで、敏感肌・乾燥肌の方のお肌にも優しい処方が特徴的です。

アミノ酸に着目した独自処方で、製薬会社が皮膚科学に基づき、開発したというから、これは信頼が出来そうですよね。

コクのあるテクスチャーなのに、肌馴染みがよく、ベタ付きも全く感じません。

乾燥したお肌や、かたくなってしまった皮膚にも優しく浸透してくれ、使い続けるとなめらかな手触りの肌も実現出来ます。

潤いをしっかりと閉じ込めてくれるので、冬場の強い味方になってくれる乳液です。

内容量は100g でたっぷりと使えます。

プッシュ式の容器なので、衛生的に使えるところも良いと思います。

無香料なのでお子様や男性でも使っていけるタイプなので、家に1つあると安心出来ます。

無香料・無着色、弱酸性、アルコール無添加、パラベンフリー、紫外線吸収剤フリー、アレルギーテスト済み、パッチテスト済み、スティンギングテスト済み、敏感肌・乾燥肌の方による適用テスト済み。

肌に優しく安全性の高い保湿乳液を探しておられる方におすすめです。

価格帯も非常にリーズナブルなので、買いやすいところも嬉しいですね。

 

乳液の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、乳液の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

自分に合った乳液でスキンケアを見直そう

乳液

乳液は上手くスキンケアに採り入れて使っていくと、知らず知らずのうちに見違えるような美肌も叶うアイテムかもしれません。

化粧水は必ず使うという方でも、乳液は使っていない、という方も多いと思います。

乳液を使わないなんて、勿体ないですよ!

お肌の水分を閉じめることで、潤いに満ち、ふっくらとしたお肌を冬でも保つことが出来るアイテムです。

ランキングで挙げた乳液は、人気が高い商品、筆者が使って良いと思った商品、話題の商品を集めてみました。

乳液選びの際に少しでも参考にしていただければ、と思います。

自分に合った乳液を使う事で、さらに充実したスキンケアタイムが送れますように♪

記事内で紹介されている商品

IPSA (イプサ) ME エクストラ 4

サイトを見る

アルビオン アンフィネスホワイト ホワイ…

サイトを見る

THREE (スリー) エミング エマルジョン

サイトを見る

アベンヌ スキンバランスクリーム EX SS(R…

サイトを見る

アルビオン エクサージュ モイスト アドバ…

サイトを見る

WELEDA カレンドラ ベビーミルクローション

サイトを見る

クリスチャン ディオール カプチュール ト…

サイトを見る

SK-II R.N.A. パワーラディカル ニュー エ…

サイトを見る

クリニーク ドラマティカリー ディファ…

サイトを見る

ELIXIR REFLET バランシング おしろいミルク

サイトを見る

MINON ミノン アミノモイスト モイストチ…

サイトを見る

関連記事