美容マニアが教える!ピアッサーおすすめランキング!

最近では若い方から年配の方まで、また男女問わずピアスをつけてオシャレを楽しんでいる方はとても多いですよね。

耳たぶに可愛いピアスが付いているだけで、グンとオシャレ度もアップするので大変人気です。

ピアスはイヤリングと違い、耳たぶに穴をあけてそこにピアスを通すので、一度ピアスの穴を開けてしまえばイヤリングのように途中で耳たぶが痛くなって外してしまう、またいつの間にか落ちてしまって無くしてしまった、などどいった事が減るので個人的にはピアスの方が便利だと思っています。

では開けた事がない方は、どうやってピアスの穴を開けるの?痛くないのだろうか?などどいった疑問があると思いますので、今回は自分で自宅で簡単にできるピアッサーについて解説してみようと思います。

 

ピアス

 

ピアッサーと医療機関の比較

ピアスの穴を開ける方法は、おおまかに分けると医療機関でしてもらう方法とセルフでする方法の2つがあります。

 

まず医療機関でしてもらう方法。

医療機関では一般的に、皮膚科・美容外科クリニック・耳鼻科などで開けてもらうことができます。

ピアスを開ける事が初めてで不安な方は、医療機関でしてもらうのも良いでしょう。ただし、医療機関であってもピアスの穴あけに関しては、保険が適用にならない為、自費費用になります。

クリニックによって異なりますが、だいたい両耳で5000円前後といったところが多いのではないでしょうか。

医療機関で行う場合のメリットとしては、お医者様にしっかりカウンセリングしてもらった後に、耳たぶを消毒してもらってから、専用の機械できちんと開けてもらう事ができます。また何か不安な事があれば直接相談できる点も良いですね。

また痛みに極端に弱い方は、麻酔クリームや局所麻酔の注射をしてから、穴あけの施術をしてもらう事もできるので、痛みに不安な方には向いているかもしれません。

また穴を開けた後、もし化膿したりトラブルがあった時に、化膿止めを出してもらえたり、適切な処置をしてもらうことができるので、アフターケアが心配なピアス初心者さんには安心ですね。

医療機関で行う際も、医療用チタン、医療用サージカルステンレスなど院内にあるピアスから好きな物を選べるところが多いみたいです。

ただし未成年者は、保護者の承諾書が必要なクリニックもあるので、事前に電話して聞いておくと良いでしょう。

 

自分で行う場合

自分でピアスの穴を開ける場合のメリットとしては、なんといってもお手軽な金額でできるといったところです。

店頭でも売ってますし、今ではネットでも沢山の種類のピアッサーがうっていますが、安いものでは1000円以下のものでもしっかり穴を開ける事ができるものも沢山あります。

後は消毒に使う消毒用エタノールさえあれば、時間や場所にとらわれずに簡単にどこでも行うことができます。痛みを軽減させるための保冷剤があれば、痛みも少なくなるのでなお良いでしょう。

ただ、デメリットとしては、ピアスを開けたい場所にマジックか何かでマーキングしていたとしても、ピアッサーの角度がきちんと合っていないと、斜めに針がささってしまったり、マーキングしていた位置と違ったところに穴が開いてしまった、っといった事もあります。

慣れないうちは、経験のあるお友達や家族にきちんとピアッサーを挟む位置や角度があっているか、見てもらいながらするほうが良いでしょう。

 

ピアッサーを選ぶポイント

ファーストピアスの軸部分を「ポスト」と言いますが、市販のピアッサーについているポストは、スタンダードな6mmとロングタイプの8mmがあります。

ピアッサーを選ぶ際に、ポストの長さが耳たぶの厚さに比べて短かすぎてしまうと、ヘッドや留め金が皮膚を圧迫して傷をつくってしまうアレルギー性接触皮膚炎になってしまう場合があります。またアレルギー性接触皮膚炎でただれた場合、ピアスのヘッドや留め金が皮膚の中に埋もれてしまうことがあります。

そのようなリスクをさけるために、ピアスのピンを選ぶ際は、かなり耳たぶの薄い方以外は、ロングタイプの8mmで開けることをお勧めします。

はじめから、ピアッサーに付いているファーストピアスのゲージ(太さ)は商品によって様々です。

一般的には、耳たぶ用に作られているピアッサーに付いているピアスのゲージは16G(ガウスと読みます)が標準になります。

 

ファーストピアスについて

そもそもファーストピアスとは何なのか?と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれないので、簡単に説明しますね。

ファーストピアスとは、ピアスの穴(ピアスホールといいます)を開けてから、ピアスホールがきちんと完成するまで、ずっと付けておくピアスの事です。

期間的には1か月くらいは最低でもつけて置いたほうが良いでしょう。それよりも早くとってしまうと、きちんとピアスホールができておらず、ピアスを外した時にすぐに皮膚がくっつこうとし穴が塞がる可能性が高いからです。

また塞がろうとしている穴に無理矢理ピアスを通そうとすると、化膿したり、しこりになったりと、トラブルの原因になるので、避けましょう。

ファーストピアスはどのピアッサーでも初めから一緒についているので、ピアッサーを選ぶ際に好みのデザインや素材のピアッサーを選ぶと良いでしょう。

またファーストピアスにはデザインだけでなく、素材も沢山ありますが、初心者の方は金属アレルギーの出にくい素材を選びましょう。

金属アレルギーが出にくい素材としてはチタン、サージカルステンレス、プラチナなどがあります。

これらの中でも、もっともなりにくいとされている素材が、 純チタンと言われています。ですので、アレルギーが心配な方は、純チタンのものを選ぶと良いかもしれませんね。

ピアス

 

用途別ピアッサー

ピアッサーには、耳たぶだけでなく、軟骨やへそピアス等につかうボディピアスなど様々な種類があります。

 

耳たぶ用

出典: Amazon.co.jp

ジェーピーエス セイフティーピアッサー

耳たぶにピアスを開ける場合は先ほども説明いたしましたが、16Gのピアッサーが主流です。

一か月ほどは付けることをオススメしますので、デザインは誕生日月で分かれていたり、シルバーやゴールドなどファーストピアスでも可愛くてオシャレなものが沢山あります。

 

軟骨用

出典: Amazon.co.jp

セイフティピアッサー 軟骨用太軸14GA 1.6mm サージカルステンレス製

軟骨にピアスを開けたい場合は軟骨用のピアッサーがオススメです。

軟骨は耳たぶに比べるとやはり、太めの14Gのピアッサーが主流です。また軟骨を開けるには、耳たぶに比べるともともと固さもある部位なのでピアッサーを使う時に少し力がいります。

 

ボディ用

出典: Amazon.co.jp

ボディピアス 14G ピアッサー へそ用 まゆ

へそや、眉といった耳以外の場所に開けたい時もピアッサーであける事ができます。ボディを開ける時も軟骨の時と同様、耳たぶより分厚いことが多いので14Gのピアッサーが使われる事が多いです。

また、へそピアスを開ける際ですが、へそは膿やすく、一度膿むと痛みや治療を伴いますので、しっかりと消毒をしてから行いましょう。

 

ピアッサーを選ぶポイント

ピアッサーを選ぶポイントとしてまず一番気を付けて頂きたいのが素材です。

金属アレルギーなどがあるとかぶれや膿みの原因になります。

金属アレルギーが出にくい素材としては、純チタン・シルバー・金・サージカルステンレス・プラチナなどがあります。

他には価格ですが、ついているファーストピアスやピアッサーの性能によっても異なってきます。お好みのファーストピアスや、価格帯を調べて自分にあったピアッサーを選びましょう。

またAmazonや楽天などの口コミなども参考になると思います。

 

ピアッサーおすすめ4選

 

4位 ピナック2 PINAC II 片耳用

こちたのピナック2は金属アレルギーが出にくいサージカルステンレス製(医療用金属)が使われているので、金属アレルギーが不安な方にもオススメです。

またピアスポストの太さが0.9㎜も少し細めなので、痛みが少なくてすむので初心者の方にはとても向いています。

また12種類の誕生日石やゴールド、シルバー、と14種類もデザインの選択肢が広いのも魅力的です。

個人的には6月のアレキサンドライトが可愛いなと思いました。

 

3位 セイフティピアッサー 樹脂製ピアス 14ゲージ

出典: Amazon.co.jp

セイフティピアッサー 樹脂製ピアス 14ゲージ

セイフティピアッサーはお医者様が考案されたピアッサーでとても人気があります。

こちらは樹脂製なので、学校や職場に行く際にできるだけ目立たなくファーストピアスを付けておきたい方にオススメです。

またピアスポストは太さが1.6㎜ 14Gと太いので、耳たぶだけではなく軟骨などにも使用する事ができます。ピサスポストの長さも8mmと長めなので耳たぶの分厚い方も安心ですね。

 

2位 ジェーピーエス セイフティーピアッサー 純チタン製 シルバー3mmボール

出典: Amazon.co.jp

ジェーピーエス セイフティーピアッサー 純チタン製 シルバー3mmボール

こちらのセイフティピアッサーは私自身も何度か使った事があり、とても使いやすかったのでオススメです。

ピアスポストの長さは8㎜もあるので余裕がありますし、純チタン製なので金属アレルギーも起こしにくく、実際開ける時もほんとに力の弱い私でも簡単にカチっとほんの数秒で開けれるので、とてもお手軽にできると思います。

1位 軽く押すだけ あっというまに瞬間ピアッサー k39 シルバーポール

出典: Amazon.co.jp

軽く押すだけ あっというまに瞬間ピアッサー

商品名の通りこちらは、本当にあっという間に開けることができます。私自身も使用したことがありますが、痛みが少ないのが印象的でした。

特に初めての方は、瞬間に開けれて痛みが少ないほうが良いですよね。

ただピアスホールの太さが約0.9㎜、19Gととても細い作りになっているので、しっかり一か月付けておかないと外した際に少し穴が塞ぎやすくなるかなといった印象でした。

長めに付けて置ければ全く問題ないと思います。

 

まとめ

ピアスを開けてみたいけど、ピアッサーの仕組みがよくわからないといった方でもピアッサーのお手軽さをわかって頂けたでしょうか。

繰り返しになりますが、皮膚の弱い方や金属アレルギーのある方はファーストピアスの素材選びがとても大事です。

見た目だけに捉われず、自分の体質にあったファーストピアスがついているピアッサーが見つかればいいですね。

きちんと消毒し、アフターケアをすればピアッサーはとても便利です。

勇気がなくてまだピアスを開けた事がない方も、一度挑戦してみてはいかがでしょうか。オシャレの幅が広がって楽しいですよ。

 

記事内で紹介されている商品

ジェーピーエス セイフティーピアッサー

サイトを見る

セイフティピアッサー 軟骨用太軸14GA 1.6…

サイトを見る

ボディピアス 14G ピアッサー へそ用 まゆ

サイトを見る

ピナック2 PINAC II 片耳用

サイトを見る

セイフティピアッサー 樹脂製ピアス 14ゲ…

サイトを見る

ジェーピーエス セイフティーピアッサー …

サイトを見る

軽く押すだけ あっというまに瞬間ピアッサー

サイトを見る

関連記事