買いたいものを検索してください

元デパートレッグウェア販売員が選ぶお洒落上級者のための主役カラータイツおすすめランキングTOP8

灼熱の太陽がすっかりなりをひそめ、麗らかな日差しが嬉しい秋の深まる季節ですね。

いよいよ大人の魅力を存分に発揮できる秋冬のファッションタイフーンの到来です。

まぶしい太陽に素肌を輝かせる夏のファッションはどちらかというと若者のためのもの。

しかし洋服を重ねたり、シックな色味が多くなる秋冬のおしゃれは、洗練されたテクニックや経験が問われる大人のためのファッションです。

特に秋冬に活躍し、誰でも簡単に取りれることができるのはカラータイツを使ったおしゃれ。

秋冬の品の良いジャケットやコートは高額になり、使いまわしのきくシンプルなデザインや色をどうしても選んでしまいますよね。

そこでカラータイツをアクセントにそえると、同じ洋服でもぐっとおしゃれの幅が広がります。

何よりカラータイツはとってもリーズナルブでブランドも豊富。

足をきれいに魅せる効果があるタイプや、保温効果の高いタイプも数多く販売されています。

今回はカラータイツのおすすめをランキングしてみました。

 

一歩間違えるとタンスの肥やしに?!カラータイツ選びは慎重に

色

カラータイツは、パンツより足を魅せるスカートファッションの方が引き立ちます。

そこでスカート大好きな筆者は、一時期スカートを購入するたびに、同色のカラータイツを何パターンか買い足してました。

しかし失敗してしまったのは、パステルカラー調のピンクのスカートに合わせようと購入したピンクのタイツ。

一度だけ着用しました。確かに可愛いんです。でも可愛すぎるといいますか、まず私の年齢に合わないし、派手過ぎ。

そしてパステルカラーは膨張色なので、足が太く見えてしまいます。

どうしても淡い色が使いたい場合は、ロングスカートやアンクルパンツと合わせてカラータイツが見える部分を減らすといいですね。

このスカートに合わせて購入したピンクのカラータイツ。

可愛すぎて40女にはイタイのでセットでフリマサイトで売ることにします。

 

もし、華やかな色合いの楽しみたい!という方は柔らかなパステルカラーよりもダークなカラーを選ぶことがマスト。

パステルカラーのタイツよりは足をすっきり魅せることができますよ。

 

カラータイツはどう使う?賢く取り入れるとかなり万能ってホント?

シミラールック

流行りの「シミラールック」に取り入れる

シミラールックとは韓国発祥のおしゃれで、家族や友人同士などでファッションの色や一部を同じにして、統一感を出すコーデです。

ペアルックや双子コーデを、少し柔らかくして味を薄めたのがシミラールック。

ガチガチのおそろいコーデは難しく苦手に感じる人にも、気軽に楽しめる話題のコーデです。

シミラールックにチャレンジしてみたい人は、まずはカラータイツをおそろいにしてみるのが一番かんたん。リーズナブルでお手軽に始められます。

また、相方さんのファッションの一部と同じカラーのタイツをとりいれてみるのも、上級感があっておしゃれ。

 

シンプルコーデのアクセントに

気がついたら持っている服が黒ばっかりだった!

なんてことはありませんか?私がまさにそれです。黒はどんな色や場所にでも合う万能カラー。また着やせ効果が高い魔法の色でもあります。

一方で全てを塗り込める主張の強い色でもありますので、重くシンプルなコーデになりがち。

そこで活躍するのがカラータイツなんですね。

黒に限らず、白や灰色などモノトーン調ファッションのアクセントにカラータイツはとっても有能です。

また今年はくすみのある色合いが流行の兆し。カラータイツで色を添えて。

さらに春夏から引き続き人気なのは、一枚で完成できるワンピースやロングカーディガンのコーディネート。

平淡になりがちなワンピーススタイルには、カラータイツをアクセントにして。

 

靴下との掛け合わせでコーデに「遊び心」を

足をすっきり長く魅せるカラータイツですが、実は真冬になるとちょっと足指が冷えてしまうのが悩み。

そこでオススメは、タイツに靴下を重ねるコーディネート。

一昔前はいかにも防寒対策でダサいと思われていましたが、上手に組み合わせると今は逆におしゃれです。

さらに足元に靴下でボリュームを持たせることで、足が長く見える効果も期待できます。

初心者は、肌色に近いベージュ系のタイツや、定番の黒タイツに靴下を合わせてみましょう。

黒タイツは透け感のある生地だと、靴下と重ねても重たくなり過ぎません。

靴下は、黒・白・グレーなどモノトーンカラーならどんな色とでも相性バツグンです!

タイツ&靴下の組み合わせはスポーティーでカジュアルな雰囲気を演出します。

ほどよい抜け感や遊び心が生まれて、おしゃれをより楽しく彩って。

 

派手色でも同系色のワントーンコーデにすればお洒落番長に

先ほどの私の失敗例、「パステルカラーのスカートとピンクのタイツ」。スカートと同色なので方向性としては間違ってないんですね。

10代20代の若い女性だったら、とってもおしゃれだと思います。

このように派手なカラータイツは、同色系のボトムスと合わせると主張が強くなりすぎません。

またボトムスから足元に一体感を出すことで、足が細く長く見える効果も。

派手カラーを使う場合は、コーデ全体を同色系にするとすっきりと落ち着きます。

ワンピースに同系色のレッドの花模様が入ってるので統一感のある落ち着いた印象に。

 

カラータイツはキッズコーデとも相性抜群!

子供タイツ

カラータイツの魅力の一つはフィット感があって、よくのびること。

だから元気いっぱいに走り回るキッズにも、動きやすくぴったりのアイテムです。

女の子にせっかくキュートなミニスカートをはかせても、寝転がったり何かによじのぼったときに、パンツ丸出しになってしまうのはママとしても心配ですね。

そこで生地の厚めの暖かいタイツなら、女の子の体をしっか守って、多少スカートがめくれても安心です。

大人には派手過ぎるカラーや、斬新なデザインでもキッズならおしゃれに可愛く着こなせます。

今年の秋冬はぜひキッズのためにも、カラータイツをそろえておくと活躍しますよ。

 

初心者必見!買っておいて間違いのないカラーはコレ!

タイツ

様々な色が販売されているカラータイツ。

どれを選べばいいのか悩んでしまいますね。ここでは初心者にオススメのマストカラーを紹介します。

着やせ効果抜群の万能カラー「ブラック」

ブラックのタイツは冬の定番なので、あえて語るまでもないでしょう。

どんな色にも合わせやすく、着やせ効果も抜群の、万能色。常に常備しておきたいカラーですね。

 

今年大流行の「ベージュ」ならエースタイツになること間違いなし!

ブラックと同じぐらい流行を選ばず活躍するのはベージュです。

ポイントはなるべく肌に近い色か、肌よい少し濃い色を選ぶこと。濃い色は足を引き締めてきれいに見せてくれます。

また肌と同じ色を選ぶことで、素肌っぽいナチュラルな足になります。

素足っぽく見えるということは、どんな洋服にも合うということです。

私はパステルカラーのボトムスをはくときはベージュのタイツをコーディネートします。

肌色のタイツはボトムスの淡いカラーを引き立て、なまめかしくちょっぴり足をセクシーに見せてくれます。

ベージュタイツは主役というより、コーデを邪魔しない万能カラーといったところですね。

何足か常備しておくと、コーデのバランスを考えずにはきこなせるので便利ですよ。

 

「ボルドー」で地味コーデにアクセントを

ベージュタイツが脇役カラーなら、ボルドーは間違いなく主役カラーです。

主役カラーなのに、案外どんなカラーとも相性が良いのもまた、ボルドーの魅力なのです。

だから私は毎年必ずボルドーのカラータイツを何足か買い足します。

ヘビロテするのですぐ破れるんですね。

ボルドーの基本は、ブラック・ホワイト・グレーなどのモノトーン調の洋服とコーデすること。

シンプルな装いの中に、ボルドー色の薔薇が咲いたような華やかで色っぽいコーデになります。

フォーマルな装いにも品よくなじみます。

色のついた洋服と合わせたいなら、黒に近い濃いめのボルドーを選んで。

落ち着いた引き締めカラーとして活躍します。

またタイツ以外にも、バッグやマフラーなどどこかにボルドーを入れておくと統一感が出てこなれた印象を与えます。

 

くすみ系「マスタードイエロー」なら一気にお洒落感アップ

今年の流行色の一つが「マスタードイエロー」。従来の明るく元気なイエローはなく、秋冬らしい落ち着いたくすみ系イエローが今年のトレンドです。

大人女子にも取り入れやすいイエローなんです。

この色で足元を飾ることができたなら、カラータイツの着こなしも上級者。

くすんだマスターイエローは、派手になりすぎず案外どんなコーデにも似合います。

おすすめは、長めのボトムスで、足元だけイエローをちらみせする差し色として使う着こなし。今年っぽいこなれた印象に仕上がります。

主役色としてババーンと魅せたいなら、同色系のコーディネートや、小物をそろえて統一感を出しましょう。

アースカラーやダークブルーとイエローは相性がいいですよ。

 

カラータイツで人気のブランドは?

タイツ

トレンドとコスパの両方が魅力の「チュチュアンナ」

可愛くておしゃれな女子なら誰でも一度は「チュチュアンナ」のソックスを買ったことがあるのではないでしょうか。

「チュチュアンナ」はレッグウェア専門ではなく、婦人用のインナー全般を取り扱い、海外を含め全国で500店舗を展開しているのだとか。

女性専門ブランドだけあって、とても華やかで、おしゃれで可愛いアイテムが豊富なところが最大の魅力。

また価格もリーズナブルで、ソックス、タイツともに三足1,000円程度で購入できます。

多分今年だけの流行で終わりそう…というデザインにも気軽にチャレンジできますね。

毎日違った足元を楽しみたいという人にオススメ。

カラータイツも20デニールから300デニールまで展開されています。

デニールは糸の太さをあらわし、数が多いほど、生地が厚く暖かくなります。

ダークなカラーをメインにおいているので、どんなファッションにも合わせやすいでしょう。

 

機能性にも特化!長く使える「靴下屋」

「靴下屋」ははき心地にこだわった、老舗のレッグウェアブランドです。

デパートにも展開されている安心のジャパンメイド、高品質が最大のウリ。

また、紳士用やキッズ・ベビー用も展開しているため、デザインは定番から斬新なものまで、数多くそろっています。

少しお値段は高くなりますが、一度はそのはき心地を試してほしいブランドです。

おすすめは毎年使える定番カラーをチョイスすること。長持ちするので数年にわたって使うことができます。

カラー展開も豊富ですので、きっとほしい色が見つかるでしょう。

 

カラータイツのおすすめランキングTOP8

第8位 カラータイツ

出典: Amazon.co.jp

カラータイツ

サイズ:S-M

カラー:16色

ビビッドな主役カラーが、仮装やコスプレで大活躍

鮮明な色合いが強い印象を残す激安カラータイツです。

ハロウィンの仮装やコスプレに大活躍しそうな、楽しいカラーがいっぱい。

パッケージも可愛いですね。眺めてるだけで楽しくなります。

ちょっと奇抜な色を試したいというときに、リーズナブルなお値段が嬉しい。

120デニールの糸の太さは、しっかりとして暖かく、ほぼ見た目のカラーがそのまま足に反映されると考えてよい厚さです。

サイズ展開が少ないのが難点ですが、タイツはだいたいのびが良い生地を使ってますので、小さめをはく人も多数。

ただあまりにサイズが合ってないと、やぶれやすくなるので気をつけて。

 

第7位 靴下屋 150デニール リブタイツ

出典: Amazon.co.jp

靴下屋 150デニール リブタイツ
ブランド
カテゴリ

サイズ:M-L

カラー:6色

鮮やか艶やか暖か厚めのおしゃれタイツ

老舗ブランド靴下屋より、鮮やかなカラーが美しい150デニールタイツです。

150デニールの糸はかなり太いので生地は厚めで丈夫。暖かくタイツそのものの艶やかなカラーも楽しめます。

プレーティング編(二重編)をほどこしているので、のびがよくではき心地がソフトなのが嬉しい。

またリブタイツは足をすっきり魅せる効果も高め。

暖かいのに美脚効果が高いタイツなんて、おしゃれ女子の必須アイテムになること間違いなしです。

靴下屋は日本製なのも安心。品質にこだわったアイテムです。

 

第6位 グンゼ シアーカラータイツ

出典: Amazon.co.jp

グンゼ シアーカラータイツ

サイズ:M-L、L-LL

カラー:全6色

人気ナンバー1ブランドより、ツイッギーのようななめらかな小枝足へ

誰もが一度は手にしたことがあるインナーウェアメーカーといえば、やはりグンゼではないでしょうか。

そのマーケティングの大きさ、生地の丈夫さ、つけ心地…、全てをかなえた安心の一人勝ちブランドです。

グンゼトウシェは、特に若い女性の願いを叶えるトレンドをおさえながらも着心地にもこだわったブランド。

このカラータイツは独自の研究で、色ムラをおさえた均一な色合いが出るように工夫されています。

足の太いところ、細いところの差が大きく、タイツの伸び具合で透け感が変わってくるのが悩みという女性にオススメ。

足全体の色をそろえることで統一感を出し、小枝のようなすっきりとした印象を与えます。

40デニールはまだ透け感の残る糸の太さ。シアーな感触で輝きのある嬉しいスタイルへ。

 

第5位 カラータイツ 無地

出典: Amazon.co.jp

カラータイツ 無地
ブランド
カテゴリ

サイズ:M-L、L-LL

カラー:12色

プチプラでお試しカラーに挑戦

タイツのカラーは、はくと引き延ばされて色味が変わるなど、その人の素足の色にも影響されます。

チャレンジしたいカラーがあるけど、似合うか不安というときは、まずはプチプラプライスのタイツで試してみましょう。

税抜き500円のお手頃プライスのこのタイツなら、普段と違う色合いに挑戦したいときにも安心の価格です。

80デニールの糸は、透け感が少なく、見た通りのタイツのカラーが反映されてくる厚さです。

色合いのイメージもつけやすく、ほどよく柔らかく暖かい生地で、はき心地も快適。

鮮やかなカラーから、ダークな定番カラーまで一通りそろっているのも嬉しいですね。

 

第4位 FRANTICA closet 極みニュアンスカラー

出典: Amazon.co.jp

FRANTICA closet 極みニュアンスカラー

サイズ:M-L、L-LL

カラー:12色

透け感重視の絶妙カラーコレクション

明治時代創業、足袋の製造から始まったレッグウェア老舗メーカー福助より、大人の女性のためのブランド、FRANTICAcloset(フランティカクローゼット)の登場です。

柔らかな肌触りと、丈夫さを兼ね備えた生地は、さすが老舗ブランドならでは。

30デニールと糸は細めですが、その分透け感があり、大人の色っぽ足を演出します。

透け感があるということは、足本来の色見がベースになりますので、どんなコーディネートにも合わせやすいのが特徴。

厚手のタイツが苦手、ストッキングの透け感でセクシーに決めたいという大人の女性にオススメ。

グレージュやナイトネイビー、ブラキッシュボルドーは、落ち着いた定番カラーで、ヘビロテアイテムに。

ダークワインやグレイッシュピンクは、より華やかで上品なコーディネートに。

 

第3位 シータ カラータイツ

出典: Amazon.co.jp

シータ カラータイツ
ブランド
カテゴリ

サイズ:M-L、L-LL

カラー:全20色

ほしい色きっと見つかる20色!色とりどりのタイツのお花畑

20色もの豊富なカラーは、普段使いからパーティーやコスプレなど、どんなシーンにも対応が可能。

イエローやショッキングピンク、トルコブルーなどの目の覚めるような鮮やかな色味から、落ち着いたネイビーやカーキまで。選ぶのが楽しくなるラインナップです。

きれい色タイツをお探しの方にお勧め。

80デニールの糸の太さは、ほぼ透け感が消え、タイツそのものの色見がはっきりとしてくる厚みです。

伸縮性に富み、肌触りもよく、マチつきなのでおなかまわりもゆったりと安心のはき心地。

 

第2位 アツギタイツ 140デニール

出典: Amazon.co.jp

アツギタイツ 140デニール
ブランド
カテゴリ

サイズ:S-M、M-L、L-LL

カラー:チャコール、ダークブラウン、シェリーベージュ、ブラック

光発熱加工で真冬でも安心の暖かさ

レッグウェアの老舗、アツギより丈夫で安心の140デニールタイツです。

透け感がなくマットなはき心地。

定番のカラー展開で、オフィスでもプライベートでも大活躍の両立タイツ。

光発熱加工と極厚手で安心の暖かさ。

真冬でもミニスカートやショートパンツなどの足見せファッションの強い味方になりそう。

制菌加⼯されており、ブーツでもムレにくいのが嬉しい。

 

第1位 ユニクロ ヒートテックニットタイツ リブ

ユニクロ公式サイトをチェック

サイズ:M-L、L-XL

カラー:ブラック、グレー、レッド

暖かさとおしゃれを両立、ニット素材でのびのび最強タイツ

私が毎年必ず購入するのがユニクロのこのタイツ。カラーはレッド。

ヒートテックで暖かいので、真冬の短めボトムスにはこのタイツで決まり!

ニット素材が柔らかくのびがいいのも、デブには嬉しい。

タイツは足の形に合わせて、ていねいにはく必要がありますが、これはのびるので忙しい朝もパッとはける。

ポップなおしゃれ感があり、透けないし、足に自信のない人の強い味方です。

スカート派の方は必ず持っておいたほうがよいカラータイツです。

色展開が少ないのがちょっと残念。

茶系とダークブルーを足してほしいですね。

 

タイツの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、タイツの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

本当のおしゃれを求めて…

カラータイツ

こうしてみると実に様々なメーカーから、さまざまなカラータイツが販売されています。

肌にぴったりと密着して、足のラインを魅せるカラータイツは、まるで女性を美しく彩るアクセサリーのよう。

もはやカラータイツは秋冬に欠かせない必須のファッションアイテムです。

それはやはりリーズナブルで、気軽に新しいカラーにチャレンジできるからです。

色鉛筆をそろえるように、宝石を集めるように、さまざまなカラータイツを集めるのはとっても楽しい。

そのおしゃれの幅の広さは無限大。

購入しみたものの失敗カラーだった場合でも、防寒着として使えます。パンツスタイルの下にはいて、靴下をはいてしまえば色は分かりません。

また薄手のタイツの上に、網タイツなどを重ねる二重タイツばきのテクニックもあります。

破れたタイツは排水溝のゴミとりネットや、ぞうきんとしても使うなど、おしゃれの役目が終わっても最後まで活躍します。

ぜひこの万能なカラータイツを、自分のファッションにしておしゃれ上級者を極めてくださいませ。

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

カラータイツ

サイトを見る

靴下屋 150デニール リブタイツ

サイトを見る

グンゼ シアーカラータイツ

サイトを見る

カラータイツ 無地

サイトを見る

FRANTICA closet 極みニュアンスカラー

サイトを見る

シータ カラータイツ

サイトを見る

アツギタイツ 140デニール

サイトを見る

関連記事