座り心地抜群!使い方色々、ゲーミングチェアおすすめランキング!

毎日行うパソコン作業。長時間座っているとお尻が痛くなったり、肩や首が凝ったりと体に深刻なダメージが。痛みをかばうことで姿勢が崩れ、別の痛みが出てきたり普段の姿勢が悪くなっていたり痛みに気をとられてなかなか集中して仕事ができないこともありました。

これではいけないと、長時間座っても疲れにくいチェアを探すことにしました。しかしなかなかお目当てのものが見つからず。デザインがよくても実際座ってみると座面が硬かったり、柔らかすぎて安定して座ることができなかったり。色々なお店を回ったりインターネットで検索したりしているときに出会ったのがゲーミングチェア!

プロゲーマーは1日の大半を椅子に座って過ごしています。そんなゲーマーを支える椅子は、長時間座っても疲れず、コントローラーの操作を効率よく安定して行うことができ、時には休息できるような心地よさも兼ね備えおく必要があります。

これって普段のパソコン作業でも同じことが言えますよね。疲労感を減少させ姿勢の保持をしてくれ、座り心地抜群なら、パソコン作業の能率も上がるはず!ゲーミングチェアは椅子として機能性に優れた最高のチェアなのではないでしょうか。我が家のデスク用チェアは二人ともゲーミングチェアです。

 

ゲーミングチェアをこだわるメリット

腰痛の軽減・正しい姿勢をキープ

ゲーミングチェアには、ランバーサポートという椅子の背もたれに固定できる小さなクッションがあります。理想的な姿勢になるようにサポートしてくれるので、腰痛が軽減され正しい姿勢をキープできます。

ヘッドレストもついているので好みに合わせて取り付けて、首のサポートにも使用できます。作業能率もアップし軽やかに仕事が進みますよ。

 

腕や手首の負担軽減

パソコンをしていてだんだんと手首やひじが疲れて痛くなることもあるのではないでしょうか。ゲーミングチェアにはアームレストがついているので、自分に合った高さで固定してひじや手首の負担を軽減することができます。安定してタイピングやマウスを使用できます。

 

ゲーミングチェアとオフィスチェアの違い

ではそもそもゲーミングチェアとオフィスチェアにはどのような違いがあるのでしょうか。比較しながらそれぞれの違いを考えてみました。まずはチェアのそれぞれのパーツごとに見ていきましょう。

チェアシート

一般的なオフィスチェアのシートは価格の安いローバックか体重を支えやすいハイバックがあります。次第に局所に圧力がかかるのを防ぐ体圧分散や姿勢をキープするS字形状機能などがついたものが出回るようになってきましたが、まだまだ一般的にはそこまで機能性が高いものを探すのは大変です。

ゲーミングチェアのシートはハイバックシートで頭の先までしっかりホールドしてくれます。もともとF1用のレース車両に使用されていたものが始まりとされていて、背部と座部がしっかり固定されていて包み込まれるようなホールド感と心地よい座り心地が特徴的。正しい姿勢をキープしたまま長時間作業をすることが可能です。チェアシート

 

ヘッドレスト

こちらはオフィスチェアではなかなか見かけないもの。ゲーミングチェアにはヘッドレストがついていて首にかかる頭の重さを分散してくれます。これがあることで疲れにくい姿勢をサポートしてくれます。休憩時などシートを倒して仮眠をするときにも重宝します。ヘッドレスト

 

ランバーサポート

ゲーミングチェアにはランバーサポートと呼ばれる、理想的な姿勢をキープしてくれるクッションがついているものが多くあります。椅子の腰の部分に固定して使用するのですが、これはおすすめ!座ると曲がりがちな腰をまっすぐ正しい姿勢に伸ばしてくれて長時間座ってもかなり楽に過ごせます。1度使うと手放せなくなりそうです。

ランバーサポート

 

アームレスト

一般的なオフィスチェアのアームレストは固定されているものが多く、実際に座って高さが自分に合うか判断しなければいけません。中には可動式のアームレストがついたチェアもありますが価格がどうしても高くなってしまいます。

一方ゲーミングチェアはゲームのしやすさを考えて作られているので、可動式が一般的。上下はもちろんですが、前後、左右さらには位置を変えることができるので、より作業がしやすく疲労が軽減される作りになっています。

アームレスト

 

ロッキング機能・リクライニング機能

少しずつオフィスチェアにもこの機能がついたものが出てきましたが、ロッキング機能が主流です。ロッキング機能とは、かけた体重で背もたれが倒れる機能です。

ゲーミングチェアは逆にリクライニング機能がついているものが一般的なのです。スタイルやシーンに合わせて傾斜角度を変えたり、傾斜角度を固定できるようになっているので、自分の好みの傾斜にできるのでより作業がしやすくなります。

ロッキング機能

 

ゲーミングチェアを選ぶときのポイント

メーカー

DXRACER (DXレーサー) 、AKRACING(AKレーシング) この2つが人気です。e-sportsの大会でも採用実績をもち、多数のゲーマーに愛されているメーカーです。 あとは価格を抑えたBauhutte(バウヒュッテ)やオフィスデザインよりのサンワダイレクトなどがあります。

DXRACERはフォーミュラ、レーシング、ドリフティング、キング、クイーンの5タイプで大きさが違います。3万円台からあるので購入しやすいのがポイントです。アームレストは調整高さのみでリクライニングは最大150°です。

フォーミュラはレーシングシートからフィードバックした適度なホールド感があるスタンダードタイプ。ドリフティングは背もたれが低く横幅が広くゆったりとしているのが特徴です。フォーミュラよりも背もたれが高く座面がフラットなのがレーシング。最大サイズで他にはない高機能パーツを組み込んだ最上位モデルがキング。小柄な男性や女性向けのクイーンがあります。ちなみに私が愛用しているメーカーはDXRACER(DXレーサー)です。

AKRACINGは3タイプあり4万から5万円台です。WOLF、NITRO、Pro-Xの3タイプあります。リクライニングの角度が最大180°とフラットに使用できます。

WOLFは背もたれがメッシュで汚れが付きやすいカラー部分がふき取りやすいレザー仕様なので割高に。フレームがすべて金属製。NITROはすべてレザー仕様です。座面がウレタンで疲労軽減。Pro-Xは最大のサイズでアームレストが前後左右さらには回転までできるという特徴があります。

Bauhutteは通気性の良いメッシュ素材を使用し、基本的なスペックを抑えているので低価格で購入できます。アームレストは上下左右可動。リクライニングは135°。

サンワダイレクトはオットマンがついています。リクライニングは160°でリクライニングに連動してアームレストが動くのが特徴です。オットマンが収納式なので省スペースでも使用可能。

 

座面について

材質はファブリックや合皮、レザー製が一般的に使用されています。ファブリックはポリエステルなど、長時間の着座でも蒸れない通気性がいいものが多くカラーも豊富。汚れや水に弱いので注意が必要です。メッシュタイプは通気性が抜群で夏場でも快適、底付き感がないのでお尻の痛みが軽減されます。

合皮はレザーよりお手頃で、カラーのラインナップが豊富です。見た目は高級感があり皮より柔らかい素材です。レザーは高級感があり摩耗性に強く丈夫。正しく手入れをすると長持ちして経年変化を楽しめます。

ゲーミングチェアを選ぶときに気をつけたいのが座り心地。中でもこの座面の高さや深さをしっかり見て選びたいですね。高級なものほど座り心地を重視し、体圧分散させるウレタンの厚みを増しています。そのため足が届かない、深く腰かけると座面がひざより前に出てひざが曲げられないこともあるので気をつけて選びたいポイントです。

 

アームレストについて

肩から腕の負担を減らしてくれるアームレスト。メーカーによって上下昇降できない固定式や上下昇降できる可動式があります。また前後左右にも動かせるものや取り付け位置を変えれるものまでさまざま。自分にとって最適なポジションで使用できるものを選びたいですね。

 

リクライニングやロッキング機能について

リクライニングできる角度は150°から180°がほとんどです。仮眠をとる人などは弊社角度が広いものがおすすめです。ロッキング機能はもたれると背もたれが揺れる機能でリラックスすることができます。私はデスクチェアとして使用したかったので、ロッキング機能のみのチェアにしました。

 

愛用中のおすすめゲーミングチェアDXRACER DXレーサー

プレミアムPUレザー仕様 デラックスレーサーチェア DXRACER DXZ-ORN

出典: Amazon.co.jp

プレミアムPUレザー仕様 デラックスレーサーチェア DXRACER DXZ-ORN

DXレーサー

私が実際に使用している一押しのゲーミングチェアは、DXRACER(DXレーサー)です。

アメリカを中心に世界展開するマルチナショナルゲーミングブランドで、レーシングシートの製造で培った人体工学に基づいた設計とデザインで幅広い方に愛用されています。長時間のゲーミング・デスクワークによる体の負担を減らして快適な座り心地を追及して作られたチェアなのです。

DXRACER(DXレーサー)はカラーバリエーションがかなり豊富で、座り心地がよく手に取りやすい価格が魅力的です。11種類のカラーから選ぶことができ、新調や体格に合わせてチェアタイプも5つと幅広くそろえてあります。

アームレスト機能とリクライニング機能はそれぞれタイプによって違います。背もたれリクライニング機能135°+座面ロッキング機能15°の組み合わせで最大150°リクライニングすることが可能です。種類やカラーが豊富なので自分に合ったものを選びやすいと思います。

 

まだまだあります!気になるゲーミングチェア3選

他にもメーカーによって工夫やこだわりはさまざまです。そんな数あるチェアの中から私が気になったものをご紹介したいと思います。

サンワダイレクト オットマン付き ゲーミングチェア 150-SNCL003

出典: Amazon.co.jp

サンワダイレクト オットマン付き ゲーミングチェア 150-SNCL003

背もたれが約160°まで無段階角度調整リクライニング可能。体をすっぽり包み込むバゲットシートデザインです。リクライニング連動ひじ掛けで自然な姿勢をキープしてくれます。

足を延ばせる収納式のオットマンがついているのがほかのチェアと大きく違います。収納式なので省スペースでも使用できて便利ですね。クッション付きなので腰部に設置することで、背凭れと体の隙間を埋めて腰をサポートしてくれます。

 

Bauhutte ゲーミングチェア プロシリーズ RS-950RR-BK

出典: Amazon.co.jp

Bauhutte ゲーミングチェア プロシリーズ RS-950RR-BK

オフィスチェアブランドのBauhutteが手掛けるプロゲーマー向けに設計したチェア。低価格に抑えたい人におすすめのチェアです。

3Dヘッドレストや3Dランバーサポート付き。「前後」「左右」「上下」「取り付け位置」と4Dアームレストで42パターンのポジション調節と6cmの昇降が可能。ロッキングと最大135°のリクライニングを備えており、日本人向けの低座面設計です。

価格や性能が異なる様々なゲーミングチェアをラインナップしてあるのでスタイルに合わせて選びやすいのが魅力的です。コスパ重視のシンプルタイプやフルメッシュ、座椅子タイプと幅広く取り揃えています。

 

AKRACING プレミアム

ゲーマーを想定して作られた商品ですが長時間PC作業をする人などオフィスチェアとしても人気のチェア。WOLF、NITRO、PRO-Xと3タイプあります。お値段や機能サイズも3段階で違うのですが、今回気になったのがAKRACINGのPREMIUMタイプです。

AKRACINGチェアのコンセプトを生かしつつ、機能・デザインをさらに進化させた最上位モデル。オフィスシーンでの利用を想定して作られたモデルなんです。

人間工学に基づいて設計され、シリーズの中で最大量のクッションを用い、体圧を分散して快適な座り心地に。さらに座面チルド機能により臀部や太ももにかかる負担を背中・腰に分散させてくれます。そしてリクライニングは最大の180°。

「前後」「左右」「回転」「昇降」と4Dアームレストでひじに優しい柔らかい素材で作られています。正式な機関で試験を受け、厳しい品質基準をクリアした安全性と耐久性も魅力の一つです。床面の損傷を軽減するPUキャスターを使用し、便利なストッパー機能が追加されています。

よりオフィスに馴染みやすいデザインとなっています。お値段は少々しますが、長時間最適な姿勢で作業ができるとパフォーマンスもアップしそうですね。

 

まとめ

快適に長時間ゲームをプレイすることができるよう設計されたゲーミングチェア。体に負担が少なく正しい姿勢をキープするように設計されている椅子には、心地よさだけではなくコントローラーの安定や操作性を高めてくれたり、リラックスや休憩したりするときのことも考えて作られています。

これはゲームだけではなく、長時間PC作業やデスクワークをする人たちにとっても魅力的な機能を備えた椅子なのではないでしょうか。

レーシングカーのシートのようなカラフルでかっこいいデザインから、オフィスでも使用することを視野に入れた落ち着いたデザインまで多岐にわたり手に取りやすくなっています。

オフィスチェアにはない高機能なゲーミングチェアに座るとその心地よさに手放せなくなります!長時間座っていても疲労具合が格段に違い、作業能率もアップ。集中して取り組むことができます。今まで座ったことない方もぜひ一度、その心地よさを体験してみてはいかがでしょうか。

記事内で紹介されている商品

プレミアムPUレザー仕様 デラックスレーサ…

サイトを見る

サンワダイレクト オットマン付き ゲーミ…

サイトを見る

Bauhutte ゲーミングチェア プロシリーズ …

サイトを見る

AKRACING プレミアム

サイトを見る

関連記事