ブランドの特徴で選べば満足度アップ!メンズシェーバーおすすめランキングベスト8!

男性の必須アイテムと言えば、ヒゲ剃りですよね。毎日生えてくるヒゲを簡単に綺麗に剃ることのできるメンズシェーバーはとっても便利です。大人の男性は必須アイテムかもしれませんが、中学生くらいになると徐々に男の子もヒゲが濃くなります。高校生くらいになると大人と変わらないくらいヒゲの濃い子も増えてきますよね。

そのままにしていると清潔感に欠けますし、かといって毎朝カミソリで剃るのは手間がかかりますよね。夜剃るという手もありますが、濃くヒゲが生えるタイプの方には適しません。

無精ヒゲは女性から、かなり不評です。もし、ヒゲを残すタイプの方もそのまま伸ばすのでなくある程度メンズシェイバーで整えるほうがいいと思います。

高校生くらいの年になったら毎朝、周りの人へのエチケットとしても便利なメンズシェーバーで手軽にシェービングするといいと思います。お休みの日に少し無精ヒゲが生えてるくらいならいいかなと思いますが、お仕事をしているときだとだらしない印象にもなります。

今はネットでも安価で凄腕のメンズシェーバーがたくさん売っていますので、今回は、昭和の言葉で言うと電動カミソリであるメンズシェーバーをご紹介したいと思います。

 

メンズシェーバーってどんな種類があるの?

メンズシェーバーには、たくさんの種類があります。自分の使いやすい形状やヒゲの濃さや太さ、それから、仕上がりにどこまで求めるかなどで違ってきます。どのような種類のものがあるのかご紹介します。

 

T字カミソリ

こちらは、外国映画などで男性が使ってるT字のものですね。ホテルのアメニティーなどでも置いてあることが多いカミソリです。石鹸の泡やシェービングクリームを顔につけてカミソリを滑らせて剃ります。メリットは、綺麗に剃れることです。皮膚すれすれのところでヒゲを処理するため剃ったすぐはツルツルになります。

デメリットは、手間がかかることです。泡をつけてそれから丁寧に剃っていくので時間がかかります。慌てたり吹き出物に刃がひっかかって血まみれになる方もいるのではないでしょうか。肌が弱い方などは毎日剃ると肌が赤く炎症を起こす方もいます。

ただ、綺麗に剃れるのでとてもヒゲが濃い方やツルツルに仕上げたいかたにはやはり人気があるようです。簡易なものからこだわりの形や刃の枚数を増やしてさらに深剃りできるタイプがあります。

 

電動式シェイバーの種類

今回の記事でご紹介するのは、電気を使うこのタイプのシェーバーです。電気の力を使うものなので電気シェーバーとも呼ばれます。いろいろなタイプがありますので代表的なものをご紹介します。

 

往復式

内刃が往復するのが往復式シェーバーです。ジョリジョリと上下左右に動かしながら剃るタイプですね。行ったり来たりしながらヒゲを処理していきます。メンズシェイバーで1番多いタイプですね。お値段もお手頃なものからあります。ここで注目したいのが刃の数ですね。

男性の方は、よくご存知のように刃の数が多いほどよく剃れるということになります。よく剃れるとは、くせ毛や細いうぶ毛、それから濃い毛などのさまざまな形状のヒゲをその特性にあった刃で剃れるということだからです。ただ、刃の枚数が多いほど剃れるけど高くなります。

それから、音も豪快で大きめですね。昔のお父さんの髭剃りと音はあまり変わらないと思います。ブーンと大きな電気音がするものが多いです。定期的にオイル差しなどのお手入れはいるものですが、手軽にヒゲを剃ることができるので便利です。

カミソリのように直接鋭い刃を肌に沿わせえて剃るわけでもないので、カミソリよりは肌に刺激も少ないところも使いやすい魅力だと思います。

 

回転式

内刃が回転しながらヒゲを剃るタイプです。目と口がある宇宙人の顔のような剃り口ですよね。こちらは、往復式のように肌をジョリジョリと押し当てて剃るタイプではなく、刃が回転しながら優しく剃っていくのでお肌の弱い男性につくにおすすめです。

それから、騒音もほとんどなく静かでオイルを差すメンテナンスもほとんどありません。往復式のようにジャンジャン剃っていくのではなく、ゆっくりと気になる部分を剃っていくというタイプですね。

深剃りには向いていません。それから、刃の形状からもみあげやあごヒゲだけ残したいなどの剃り分けはむずかしい形状になっています。

カミソリや往復式では、肌がひりひりしたり赤くなったり、またはニキビや吹き出物が多く一気に剃るのがむずかしい方にはとても向いています。ヒゲがあまり濃くない方におすすめのシェーバー方式です。

 

ロータリー方式

内刃がらせん状になっていて回転運動をしながらヒゲを剃っていくタイプです。使用感としては、T字カミソリの電気版のような感じだと思ってもらうといいです。

カミソリ式や往復式よりも肌の負担が少ないのに、深剃りができます。ヒゲが濃い方やツルツルに仕上げたい方にはおすすめです。電動シェーバーの代表である往復式を使うと肌がひりひりするけど、回転式ではヒゲがよく剃れずに満足できないという方はロータリー方式を探してみるといいでしょう。

ただ、ロータリー方式は販売されている数が少ないのでたくさんの選択肢の中から選ぶことができません。なかなか置いてあるところも少ないので探すのに苦労する場合もあります。

 

キワゾリ刃

シェーバーのよっては、キワゾリ刃がついているモデルもあります。こちらは、モミアゲやヒゲを整えるために付属しているものです。これがあるとさらに自分の好みの仕上がりになります。電気シェーバーだと長い毛は、なかなか剃れませんよね。

ヒゲをめんどくさいからと言って剃らずに久しぶりに電気シェーバーを使うと、ヒゲが絡まって痛かったり剃れないことも多いと思います。キワゾリ刃なら長い毛をそることができるので、さらにあると便利です。

 

電気シェーバーの電源

電気シェーバーには主に、乾電池式、充電式、交流充電式があります。使う人の頻度や場所などによって使い分けたり選んだりしましょう。それぞれの、特徴についてお話しします。

 

乾電池式

乾電池を入れて動かすタイプです。乾電池タイプは出張や旅行を想定して作られているものでもあるので、コンパクトなものが多いです。ヒゲを剃りは、毎日行うものですよね。それから、意外に電力を使います。なので、毎日乾電池式を使うとなると頻繁に電池交換をしなくてはいけなくなるので向きません。

ただ、電源を気にせず使えるので海外に行った時も安心です。電池さえあればどこでも使えるのでキャンプや海などでも使えるということですね。出張が多い方やアウトドアや旅行の多い方はメインのシェイバーとは別にあると便利です。

それから、ヒゲが濃くて夕方には真っ青に口元がなってしまう方などは、持ち歩いているとお昼休みや車などでもこっそりと剃れるので便利だと思います。

 

充電式

シェーバーの本体を充電して使うコードレスタイプですね。防水設計のあるモデルの多く採用されているので入浴時にヒゲを剃る方にもおすすめです。ここで注意点は、充電時間と稼働可能時間です。それぞれメーカーや種類によって充電時間はことなります。

とくに稼働時間の短いものは、急に充電が切れて動かなくなるものも安価なものは多いです。安価でいい剃り具合のものも充電だけがネックというものさえありますね。できれば、稼働時間が長く続くもののほうが充電の手間も省けますし、急に切れて充電しなおしということがないと思います。

 

交流充電方式

コンセントに差して充電しながら使うタイプです。コンセントに差して使うので、充電切れを心配することはありませんし、パワーもあります。ただ、充電コードを抜いてしまうと使えないことと、コンセントがないところでは使用できません。海外の電圧が違うと電圧を変える器具などが必要になりますね。

水濡れ禁止の防水機能のついてないドライ剃りタイプのモデルに採用されています。毎朝、洗面台でしっかり剃りたい方にはコンセントを差すだけで、ヒゲを最後まで綺麗に剃りあげることができるのでおすすめです。

 

メンズシェーバーを使う際のワンポイントアドバイス!

ヒゲを剃るというのは、男性だけが特別なものではありません。女性もうぶ毛なども生えますし、顔だけでなく体毛処理なども美容を兼ねてしているので毛に関しての処理方法は女性の方が詳しいと思います。男性は、毛が太く濃いのでまずは、その毛を柔軟にすることが大事なのかなと思います。

朝起きたらぬるま湯で洗顔したり、ぬれタオルを電子レンジでチンして、やけどをしないように少し手で熱をとりながら、顔全体にあててヒゲと柔らかくして毛穴を開くと綺麗に剃りやすくなると思います。剃る前は電気シェーバーを使うならタオルで水分は拭き取る方がいいですね。

それから、肌が弱い方は最初にプレシェービングローションを塗ったり、濡れても使えるタイプのものを石鹸剃りするのもいいと思います。ひと手間かかりますが、直接剃るより滑るものを間に置いたほうが断然肌には優しいです。それから、ヒゲを剃ったあとは、またぬるま湯で顔を洗うほうがいいと思います。

その後に、肌が弱い方は、アフターシェービングローションを塗るといいと思います。男性用は刺激のあるものもあるのでその場合は、女性用の敏感肌用のものやベビーローションなどの赤ちゃんも大丈夫なものでもいいと思います。ヒゲ剃り後の乾燥で肌がカサカサする方などには乳液などもおすすめです。

どちらにしても、綺麗に剃ることばかり気にして肌を何度も刃でこすったりすると肌あれの原因になります。毎日の習慣でヒゲをそる男性のみなさんも、ヒゲ剃り前と後にひと手間かけるだけで肌トラブルも起こしにくくなり、綺麗にヒゲそれイケメンっぷりもさらに磨きがかかると思いますので、ぜひ習慣にしてみてください。

 

ブランドの特徴をまず知って!メンズシェーバーの選び方

たとえば、ものによって得意なメーカーというのがありますよね?テレビならどこ、ドライヤーならどこというような主流メーカーがメンズシェイバーにもあります。メンズシェイバーの中で、人気を誇るメーカーといえば、ブラウン、フィリックス、そしてパナソニックの3大メーカーになります。それぞれの特徴を簡単にご説明します。

よくレビューで、「肌がひりひりする」とか「深剃りができない」などという投稿をみます。肌がひりひりするものは深剃りが多く、深剃りができないものは肌に優しいものが多いということだということが下記のブランド説明を読んでもらうとわかりやすいと思います。やみくもに1商品ごとに見るよりも選びやすくなります。

あくまでもブランドの目立つ特徴ということになりますので、ブランド特徴を踏まえつつ、出しているブランドの特徴や価格と合わせて検討することをおすすめします。

 

ブラウン

ドイツのブランドです。往復シェイバー式を採用しているので、パワフルで深剃りが得意です。ドイツの男性を想う浮かべるといいかなと思うのですが、毛深くてもじゃもじゃでビールをで乾杯のイメージありませんか?本当のドイツ人さんにはあったことはないですが、くせがあるヒゲにも強くヒゲが濃い人に向いています。

往復シェイバーの特徴である使っている時の音はブーンと大きいです。自動洗浄器には業界唯一のアルコール洗浄カートリッジを採用していることもこだわりの1つだと思います。

どちらかというと肌が強く毛深く男らしい人が豪快に使うイメージですね。女性用のシェイバーにもブラウンはありますが、ブラウンは使い心地より剃り味というところですね。豪快に深剃りが好みの方に人気のあるブランドです。

 

フィリップス

オランダのブランドです。オランダの男性は穏やかなイメージがしませんか?フランダースの犬のネロはとても心優しい男の子でしたよね。残念ながら彼の大人の姿は見られませんでしたが、線の色が白く細い男性像をイメージしますよね。

オランダ人の男性ともあったことがないので何ともいえませんが、優しいイメージだと思ってもらうといです。肌に優しいと言えば回転式シェイバーです。豪快に深剃りをする往復式と比べると、肌の負担がかなり少なくなります。

優しく剃っていくものですね。肌が弱い方やニキビなどで凸凹になってる方には回転式がいいと思います。ただ、優しく剃るので、ヒゲの濃い方には向きません。

ヒゲが薄い方の方で肌が弱い方ならピッタリです。髭剃りになれていないお若い方もこちらから使って肌を電気シェイバーにならしていくのもいいかもしれません。音も静かです。それから、お風呂でも使える対応機種が多くあります。シェービングはやや時間はかかりますがその分肌トラブルは起きにくくなります。自動研磨機能でシェーバーオイルは不要です。

 

パナソニック

日本のブランドです。往復シェイバーですね。ドイツ製のブラウンと同じ往復式ですが、違うのは日本人が日本人向けに開発しているので深剃りと肌の優しさをどちらも両立しているところですね。日本人の肌や生活習慣や男性の髭剃りの好みなどを考えて作られています。

時間のない日本人に好まれる刃やぞりで、深剃りというどちらも考えられた作りですね。自動洗浄器がコンパクトで狭い洗面所の日本に合わせたりもしています。

シェイバーオイルは必要です。有名どころで言えば、ラムダッシュですね。人気のあるシリーズは、それぞれいろいろなタイプがあるので肌の弱い人などはモデルの特徴も考えて選ぶといいです。

ラムダッシュは人気なので、アマゾンとコラボしていたり安価なものから重質している機能で高価なものなど同じシリーズでも使い心地や仕上がりの好みも変わるようです。

それから、パナソニックは、女性向けの美容機器もたくさん出していて、とくに女性用の脱毛器や除毛器も人気が高いです。そちらもまず、肌に優しくて使い心地がよく仕上がりが綺麗なので、男性のシェイバーでパナソニックが人気なのは、女の私もかなりうなづけます。

女性用のものも肌に優しいので、男性も使っている方も多いようです。肌の弱い男性は脱毛系や除毛系は検討してみるといいですよ。

 

メンズシェーバーおすすめランキングベスト8選!

メンズシェイバーのおすすめ3大メーカーのブラウン、パナソニック、フィリップスの中にもたくさんのモデルや価格帯があります。その中でも人気のものを選んでみました。それから、その他のメーカーでもネット販売でとても人気の物も含めランキング方式でご紹介します。

 

8位 SweetLF 電気シェーバー

出典: Amazon.co.jp

SweetLF 電気シェーバー 

T字カミソリからの乗り換えの方にとても好評なモデルです。優しく剃る回転式なので、あまり濃くないT字で剃っていた方や髭剃り初心者の方にもおすすめです。独立した3つのフローティングヘッドがあらゆる肌の凹凸に密着し、肌を切り傷から守りながら滑らかなシェービングします。

1時間の急速充電で、コードレスで120分間持続使用できます。ヒゲの薄い方なら毎日1回4分使えば、約30日連続使用できるということですね。電量がなくても、充電しながら使用できます。

ドライ剃りに加え、お風呂剃りにも対応して本体丸ごと水洗いできます。 本体にトリマーがついているので軽く押すだけで、トリマーがポップアップし、好きなもみあげと髭の型を自由に作ることもできます。

 

7位 フィリップス メンズシェーバー パワータッチ

出典: Amazon.co.jp

フィリップス メンズシェーバー パワータッチ 

メンズシェイバーで優しい剃り心地で有名なフィリップスのものですね。回転式ですので、音は静かで肌に優しいのが特徴です。ただ、充電時間は8時間かかりますね。使用時間は45分です。

でも、フィリップスは、肌が弱くヒゲがあまり濃くない方向けのものなので、寝る前に充電しておいて朝使うとか、朝充電して仕事に出て夜剃るなどとあまり頻繁に剃らないと思うので問題はないかと思います。

密着フロートヘッドで肌に合わせて上下に動きやさしくヒゲを剃ります。 コンフォートカット刃で肌あたりがやさしくひりひりを防ぎます。

自動研磨システムで常にシャープな剃り味を保ちお手入れの手間がありません。肌が弱い方でマイルドな切れ味が好みの方やはじめてのヒゲ剃りとして高校生などの学生さんへのプレゼントにもいいと思います。T字カミソリで時々剃っている若い学生さんには、時短にもなりとても重宝するモデルだと思います。

 

6位 Phisco シェーバー 電気カミソリ

出典: Amazon.co.jp

Phisco シェーバー 電気カミソリ

こちらは、充電切れを起こさないことが特徴です。1時間の充電で120分使えます。さらに、電池残量表示ディスプレーが搭載され、バッテリー状況は一目瞭然です。電量不足のとき、赤ライトが点滅します。

そして、スマートロックも搭載されているので、うっかり使えなかったということが多い髭剃りの充電切れを防ぐことができます。もちろん、電量がなくても充電しながら使用できます。

いつも使う時は、充電切れで困るという方も男性には多いのではないでしょうか?そういう方は、いくら有名なブランドでもいつも使えず慌ててT字カミソリで剃ってるともったいないので、このようなタイプはおすすめですね。

ドライ剃りに加え、お風呂剃りにも対応で泡フォームやジェルを使って剃るとより肌に優しいと思います。本体丸ごと水洗いもできます。トリマーつきなので、モミあげやヒゲを整えることもできます。

 

5位 ブラウン シリーズ3 シェーバー 3枚刃

出典: Amazon.co.jp

ブラウン シリーズ3 シェーバー 3枚刃  

ブラウンと言えば深剃りの往復式です。ブラウンは価格帯も幅広くネットで人気のあるこちらのモデルは、3980円と大変安いです。綺麗に剃りたいという人はブラウンというのが常識なのですが、こちらは安くてもヒゲを根本からとらえて逃さない工夫をしています。

剃りにくい頑固なくせヒゲも長めのヒゲも効果的にカットできる仕組みになっています。安いけどよく剃れると好評なのですが、充電だけがちょっと注意が必要な用です。

充電時間は約1時間で連続使用可能時間は20分です。すぐ充電できてすぐ使える利点がありますが、充電が切れるときは前ぶれなくいきなり動かなくなることもあるようです。剃り心地も男前ですが、使い方も男らしいということでしょうか。

しっかりと毎回充電はすることは必須のようですが、丸洗いもでき、お風呂でも使えて剃り味もいい商品でお値段も安いのでそこは多めに見ようかという方のレビューも多いです。

 

4位 パナソニック ラムダッシュ メンズシェーバー 3枚刃

出典: Amazon.co.jp

 パナソニック ラムダッシュ メンズシェーバー 3枚刃 

男性に人気のパナソニックのラムダッシュのアマゾン限定品です。低価格で人気あるものですね。このお値段なら学生にもいいかなと私の息子が高校1年生の時に買いました。丸4年くらい使ってると思いますが、壊れていないですね。

往復式の深剃りタイプです。コードで充電するタイプですね。充電器以外に、ポーチと掃除用のハケと手入用のオイルがついています。充電してる時は使えませんが、20分から30分充電すれば使えるので問題ないようです。

今は、大学2年生で1人暮らししていますので、たまに会う程度ですがいつも綺麗に剃っていると思います。最初、オイルを使わないでいて本体が熱くなり剃りにくいということをいっていましたが、時々、オイルで本体をケアするようにしたら剃りやすくなったと言っていました。

オイルのお手入れは切れ味にかかわるので大事なことを実感したようです。息子はヒゲはそこまで濃い方ではないのですが、毛質は太くしっかりしてると思います。

口の周りとあごに生えるようですが、剃り残しもないですね。本人も使いやすいとずっと愛用しているようです。シンプルなので使いやすいようです。もっと優しく剃るにはお風呂でも使えるので泡などを使って剃るのもいいかなと思いますが、息子のファースト電気シェイバーですので使い始めは、ひりひりするとか言っていましたがすぐ慣れましたね。お値段もお手頃でしっかり剃れるので大学生の方などもいいと思います。

 

3位 フィリップス メンズシェーバー 7000

出典: Amazon.co.jp

フィリップス シェーバー 7000

ちょっと高価なものを選んできました。こちらは、 皮膚科医も認める敏感肌専用モデルです。大人の男性の方で血まみれだったり肌あれしてますます吹き出物が悪化している原因は髭剃りであるのではないかと思います。

ヒゲを剃るということは、清潔感を出すということになるのに、それで肌あれがひどくなると意味がないですよね。思春期の男の子ならまだしも大人の男性が、血がにじむほどの肌あれは、はっきりいって不潔感が漂います。顔を洗っているのかな?なんて思われたら嫌ですよね。

女性は厳しいので、ヒゲよりも肌あれのほうが気になる可能性も高いです。フィリップスといえば、回転式で肌に優しいと定評のあるメーカーですよね。その中でも、敏感肌向けのさらにこだわったシェイバーを販売されています。

顔のカーブや凹凸にスキなく密着し 5方向100°に可動するシェービングヘッドが肌に食い込むことなくヒゲを剃ることができます。

スーパーリフト&カットテクノロジーで1枚目の刃がヒゲを根元から引き上げ、2枚目の刃がカットするようにできていて内刃が直接肌に触れないので肌を傷めないということです。

しかも、 本体ごと刃を洗えるのできます。吹き出物ができて剃るとヒゲ剃りも汚れますよね。血などの体液がつくとそこから細菌が発生してしまうので洗えていつも清潔にシェービングできることも吹き出物や肌あれを改善することにつながります。

それから、肌に弱い石鹸剃りがおすすめですん。泡フォームやジェルをつけると滑りもよくなるため肌を傷つけずそれます。充電時間は1時間で使用時間は約50分連続して使えます。少し高価なものになりますが、ヒゲ剃りが肌あれの原因なら敏感肌ということになります。

ヒゲを剃った後も、敏感肌専用の化粧水やクリームなどを塗って肌を乾燥させないようにすると肌あれも改善するので一緒に検討してみてください。

 

2位 ブラウン シリーズ5 メンズ電気シェーバー 3枚刃

出典: Amazon.co.jp

ブラウン シリーズ5 メンズ電気シェーバー 3枚刃  

往復式で深剃りのブラウンのものですね。 充電時間は約1時間 で連続使用可能時間は約50分と使いやすいものですね。こちらは 人工知能テクノロジーのという仕組みを採用しています。

これは、 ヒゲの濃さを自動で読み取りパワーを調節しながら、深剃りできるけど肌に負担をかけやすく肌あれしやすかったブラウンのデメリットを改善したものです。

密着3Dヘッドといって、 前後可動するヘッドと、上下フロートで、顔の曲面を自動的に追随し密着して 肌に強く押し付けずに、いかなる難しい箇所でもより多くのヒゲをとらえる作りにもなっています。

押しつけてジョリジョリ剃るという往復式をより優しくしたものですね。 ディープキャッチ網刃を2枚、高速振動くせヒゲトリマー、ストレッチスキンガードからなるカットシステム搭載の電動シェーバーでもあります。

あらゆる方向に生えるくせヒゲや寝ているヒゲを、左右に動くトリマーが持ち上げカットし、網刃にヒゲを取り込みやすくするので、根元から確実に深剃りできる

さすがブラウンですよね。

お風呂剃りもできて シェーバー本体の水洗いできます。ヒゲやもみあげのラインを自由に整えることのできるキワゾリ刃もついています。ブラウンの特徴であるずっしりと重みのある男らしいヒゲ剃りです。

 

1位 パナソニック ラムダッシュ メンズシェーバー 3枚刃

出典: Amazon.co.jp

パナソニック ラムダッシュ メンズシェーバー 3枚刃 

メンズシェイバーと言えばラムダッシュというくらい人気があるシリーズですね。このモデルの色展開は、 シルバーとブルーがあります。私は断然、ブルーが素敵だと思います。充電式で、1時間充電で1日1回約3分で14日間使用可能と書いてあるので、だいたい1回の充電で42分くらいでしょうか。

ラムダッシュは早く深剃りができるのが特徴なので、早い方は本当に3分くらいで剃ることも可能だと思います。

シェーバー専用に開発したリニアモーターにより、内刃をダイレクトに往復駆動し、濃いヒゲもハイパワーで深剃りできます。

ヒゲを切断する内刃の刃先角度を30°まで鋭角化してナノレベルまで鋭角にした内刃を、高速のリニアモーターで駆動させます。刃の能力を最大限に引き出し、硬いヒゲもスパッとカットします。

日本のメーカーであるパナソニックが、日本人に生えやすいパターンのヒゲを研究してつくられたものですね。

付属のシャープトリマーも モミアゲそろえやプレシェービングに便利です。シャープトリマーを使えば45°の鋭角刃で長く伸びたヒゲもプレシェービングできます。ドライ剃りだけでなくお風呂剃りもなめらかにシェービングできる泡メイキングモードもあります。 しっかり密着して、肌にやさしい密着スイングヘッドとマルチフィットアーク刃採用で さらに持ちやすさを追求、逆手持ちもしやすいスリムグリップにしています。

ウォータースルー洗浄も便利です。ラムダッシュの特徴は軽いこともあります。軽くてスムーズにジャンジャン剃ることができて、日本人の男性が使いやすいようにとことんこだわっている日本製ブランドのものだからこそ、不動の人気なのもうなづけますね。

価格帯も性能によりたくさんのものがありますので、またラムダッシュの中でも迷ってしまうという人も多くいる大人気シェイバーブランドです。

 

まとめ

男性の髭剃りについて、女の私から見ると、やみくもに剃ればいいというものではないような気がしています。たまに、肌あれをして粉を吹いていたり、吹き出物を一緒に剃ってしまったのか、あちこちから血がにじんでいるのもみるとそこまでしてヒゲをしっかり剃らなくてもいいのになとか思ってしまいますね。

そういう場合は、深剃りばかり気にしないで肌に優しいタイプを選んだほうがいいのかなと思ってしまいます。

それに、男性の髭を剃る姿とかもちょっとかっこいいかなと私は思いますし、外国映画とかでは朝ヒゲをT字カミソリで剃るシーンはいまだにイケメン俳優さんでもしているのありなのかなと思います。日本の男性はヒゲを気にされる方も多いので国の違いなんだろうなとか思ってしまいますね。

ヒゲ剃りの仕上がりということよりも、ヒゲをきちんと剃ってるというところに大人の男性の良さを女性は感じるのではないでしょうか。

髭剃りは女性は持っていないものなので、お部屋で見つけるとドキッとしますよね。男性のみなさんが思っているより女性から見るとそれ自体素敵なアイテムだと思いますね。剃りあがりなども大切ですが、デザインや色もちょっとおしゃれなものなどに変えると、おじさんっぽいからカッコいいに変わるのでいいかなとかと思います。

たぶん、男性しかいない世の中だったらみなさんおヒゲは剃らないんじゃないかなって思うんですよね。生えるのが当たり前なので気にする人はいなくなると思います。おヒゲを剃るのは、異性がいるからこその気遣いやエチケットから生まれた大人の男性の文化なのではないでしょうか。逆にお休みの日などにヒゲを剃り忘れてる男性とかを見ると、これまた女性はドキッとしたりしますよね。綺麗にいつも剃ってるからこそたまにの無精ひげが素敵に見えるということもあるので、男性のみなさん毎日のお髭剃りは、やっぱり手を抜かずぜひがんばってくださいね。

記事内で紹介されている商品

SweetLF 電気シェーバー 

サイトを見る

フィリップス メンズシェーバー パワータ…

サイトを見る

Phisco シェーバー 電気カミソリ

サイトを見る

ブラウン シリーズ3 シェーバー 3枚刃  

サイトを見る

 パナソニック ラムダッシュ メンズシェ…

サイトを見る

フィリップス シェーバー 7000

サイトを見る

ブラウン シリーズ5 メンズ電気シェーバー…

サイトを見る

パナソニック ラムダッシュ メンズシェー…

サイトを見る

関連記事