買いたいものを検索してください

【2020年最新版】子供も大人も楽しい!流しそうめん機おすすめランキング10選

夏になって「そうめん」を食べる機会が増えてきましたね。

毎日のように食べても美味しく感じる「そうめん」ですが、「流しそうめん機」を使ってみると一層楽しく食べられますよ。

特に、お子様のおられるファミリーでは、「流しそうめん機」を使ったホームパーティーをするだけで、思い出を作る事が出来ます。

可愛いお子様達の喜ぶ顔が想像できますね。

大人向けの「流しそうめん機」も多数登場しています。毎日食べる「そうめん」を盛り上がって食べる事が出来る素敵なアイテムなので、とてもおすすめですよ。

ここでは、「流しそうめん機の魅力」「流しそうめん機のタイプ」「流しそうめん機の選び方」について見ていくことにしましょう。

 

流しそうめん機の魅力とは?

流しそうめん機

「流しそうめん機」の最大の魅力は、楽しい気持ちになって美味しいそうめんを食べられることにあります。

美味しいだけでなくワクワク感を持って食べることによってお子様には楽しい思い出になるので、「流しそうめん機」があると家に居ながらにして夏休みの大きな楽しみが出来るようになります。

「そうめん」それだけを延々と食べ続けるのは飽きてしまうかもしれませんが、「流しそうめん機」を使ってそうめんを流していくことで食欲も出てくるので食が細くなりがちな夏にはもってこいのアイテムです。

最近の「流しそうめん機」には、ホームパーティーを盛り上げてくれる「スライダー式」や「LEDライト付き」もあります。

「流しそうめん」を楽しむだけでなく、部屋の雰囲気も変えてくれる優れものです。

 

流しそうめん機のタイプ

流しそうめん機

「流しそうめん機」には大きく分けて「回転・器式」と「スライダータイプ」とがあります。それぞれの特徴を見ていくことにしましょう。

 

風情のある「回転・器式」

「回転・器式」の流しそうめん機は、比較的小さめのサイズの商品が多く、2~3人から楽しめるようになっています。

容器の中で、そうめんが回転するので清涼感がアップします。

モーターによって水が回転するようになっている簡単な作りですが、安全に使用出来るところが良いですね。

また、氷を入れておくスペースがある商品では、時間がたっても冷たいそうめんを楽しむ事が出来るようになっています。

暑い夏に、こういった回転・器式の流しそうめん機があれば、少人数での食事も楽しくなりそうです。

電池タイプの商品であれば、どこででも気軽に流しそうめんが楽しめるので、キャンプ等の屋外でもそうめんパーティーを行うことが可能です。

「回転・器式」はスライダータイプとは異なり、組み立てる手間もなく片付けも比較的簡単に出来るところが大きな魅力です。

 

迫力満点な「スライダータイプ」

「スライダータイプ」の流しそうめん機は、お子様に大人気の商品です。有名プールのウォータースライダーを彷彿させる作りになっており、立体感のある流しそうめん機です。

組み立てる手間はかかりますが、お子様もおもちゃで遊ぶ感覚で組み立ててくれるので、そうめんを楽しむだけでなく、組み立てる段階もワクワク出来るようになっています。

「スライダータイプ」の流しそうめん機には、素早い速度で流れてくるタイプもあるので、見ているだけで迫力満点です。

水が流れてきますが、下にたまる容器から上に吸い上げるようになっているので、水を足す必要もありません。

下の容器では水が循環しているので、そうめんが取りやすくなっています。

大人向けのスライダータイプも販売されていて、ホームパーティーを盛り上げる上で役立つ事間違い無しです。

「スライダータイプ」は組み立てる手間と片づける手間はあるものの、流しそうめんをより楽しめるという点では「回転・器式」よりも盛り上がるアイテムだと思います。

 

流しそうめん機の選び方

「流しそうめん機」を選ぼうと思っても、様々なメーカー・ブランドから数多くの商品が販売されているので、どれを選んだら良いのかわからなくなってしまいますね。

ここでは、「流しそうめん機」を選ぶ際にチェックしておきたいポイントを見ていくことにしましょう。

 

サイズで選ぶ

まずは「サイズ」を考えることが重要です。

2人で使用する御家庭もあれば、10人以上のホームパーティーで使用することを目的として購入する方もおられます。

また、食べる「そうめん」の量にも注目したいものです。

お子様と一緒に盛り上がってそうめんを食べる御家庭であれば、大型のスライダータイプを選ぶととても喜んでもらえます。

一方、落ち着いた大人だけの御家庭であれば清涼感を演出できる小型サイズの「回転・器式」が向いています。

自分が「流しそうめん機」を使って楽しむシーンを想定してサイズを選んでいきましょう。

 

パーティー感を演出する光るタイプ

「流しそうめん機」には、光るタイプも存在します。

LEDライトが付いていて屋外や夜のパーティーでもキラッと光りを放つ「流しそうめん機」を利用することで、そうめんを一層楽しんで食べる事が出来ます。

夜のガーデンパーティーを行う方も、気軽に「流しそうめん機」を使う事が出来て、しかも盛り上がるため、これは使わない手はありません。

いつもの「そうめん」なのに、光るタイプの「流しそうめん機」によってワンランク上の雰囲気が堪能出来そうです。

 

電源方式で選ぶ

流しそうめん機

「流しそうめん機」の電源方式には「コード式」と「乾電池式」とがあります。どういったシーンで「流しそうめん機」を使うのかによって、電源方式を選んでいくと良いですね。

 

手軽に使える「コード式」

キッチン家電だけでなく一般的な家電全般、コード式タイプが主流です。

昔ながらの電源方式なので、誰でも簡単に使う事が出来るタイプです。

最近では、マグネットタイプのコード式を採用している流しそうめん機もあるので、足元にコードがあっても引っかからずに済みます。

また、コードの長さがどれぐらい必要なのかは是非チェックしておきたいポイントです。

 

移動可能な「乾電池式」

乾電池式の流しそうめん機は、どこででも使用出来るところが嬉しいですね。

屋外でも使えるので、キャンプやガーデンパーティーでも大活躍してくれます。

特に、スライダータイプの流しそうめん機は、使用シーンが数多く想定されるため、乾電池式を選ぶと出番が多いように思います。

 

使い勝手で選ぶ

 

流しそうめん機には、上に挙げた以外の「プラスアルファ」の機能が備わっています。

ここでは、あると便利な機能や性能をチェックしておきたいと思います。

 

薬味置きがあると便利

そうめんばかりを食べていると、流しそうめん機を使う楽しみがあっても、だんだんと飽きてきてしまいます。

そういう時に、「薬味置き」がある流しそうめん機があると食が進むように思います。

御家庭で簡単に用意出来る薬味でOKなので、是非「薬味置き」の付いた流しそうめん機も見ておいて下さい。

 

静音性をチェック

流しそうめん機には、静音性に優れた商品も数多くあります。

モーター音を抑えた流しそうめん機を選ぶと、水流の音や清涼感が楽しめます。
スライダータイプでは、水の流れをそのまま活かしている商品を選ぶと、静音性にも優れています。

また、昔ながらの竹を使った本格派そうめん機は静音性抜群です。

 

収納しやすさで選ぶ

流しそうめん機は季節商品です。

春から夏にかけては毎日のように出番がありますが、秋~冬にかけてはキッチンの戸棚等に収納することになります。

流しそうめん機のサイズにもよりますが、収納出来るかどうかも合わせて調べておくと良いですね。

スライダータイプは組立て式なのですが、それでも収納時に嵩張る商品も多いものです。

また、竹を使った本格的な流しそうめん機は、どうしても広めの収納場所が必要になるので、あらかじめ収納場所を確保しておきましょう。

 

分解できると洗いやすい

流しそうめん機は、そうめんを水に乗せて流しているだけなので汚れないと思っていませんか。

食べ物なので、一度使うだけでかなりぬめりや汚れが出てきます。

毎回洗う必要があるので、出来るだけ分解しやすい流しそうめん機がおすすめです。清潔に保っていられるし、さっと分解できると片付けも早くできるというものです。

スライダータイプは、比較的分解に時間がかかる商品もあるので、その点は気をつけておきましょう。

流しそうめん機を購入する際に下記のメーカーが大変人気です。そこで下記のメーカーについての特徴・おすすめ点のご説明をよろしくお願いいたします。

 

流しそうめん機のおすすめメーカー

 

お洒落な「ブルーノ」

「ブルーノ」は、女子に人気のキッチン家電や食器類で知られるようになっているブランドで、駅ビルに実店舗も展開しています。

ホームパーティーや女子会に大好評のキッチン家電が魅力的で、カラーがきれいなホットプレートは絶大な人気を誇ります。

中でもレッドカラーのホットプレートは愛用者も多く一時期品切れにもなりました。流しそうめん機もSNS等で人気が高いようです。

「ブルーノ」の流しそうめん機は、透明感のある容器が美しく、そうめんだけでなく薬味もふんだんに置ける仕様です。

乾電池式を採用しているので、屋外でも使用出来て、涼し気なデザインが清涼感を呼びます。洗う時にも分解しやすくお手入れしやすいところも◎

 

【回転・器式】流しそうめん機おすすめランキングTOP5

第5位 パール金属 涼しクルクル D-1338

サイズ (約)幅38×奥行24.5×高さ10.5cm
電源 アルカリ単1形乾電池 1.5V 2本(別売)
静音性
薬味置き
×

乾電池式なのでどこででも使える

パール金属のそうめん流し器です。こちらは発売以来人気の高い商品で、乾電池式となっています。

携帯してどこへでも使えるため、屋外や庭での使用も可能です。そうめん好きであればキャンプ等でも楽しむ事が出来ますよ。

サイズは2~3人用で、初めてそうめん流し器を選ぶという方にもおすすめです。

薬味置きがついているのも良いと思います。飽きずにそうめんを楽しむことが出来るアイテムなのでとてもおすすめです。

器の中で水が回転してそうめんが流れるため、暑い夏でも涼が感じられる逸品です。価格帯も非常に安く、買いやすいところも良いと思います。

 

第4位 CBジャパン そうめん流し器 キラキラ光るLEDライト付き

出典: Amazon.co.jp

CBジャパン そうめん流し器 キラキラ光るLEDライト付き TOM-09DI
ブランド
カテゴリ
サイズ 約W400×D260×H120mm
電源
  • 駆動部/アルカリ単1形乾電池1.5V×2本(別売)
  • LEDプレート
  • アルカリ単4形乾電池1.5V×4本(別売)
静音性
薬味置き

7色に光るLEDライトでテンションが上がる

シーピージャパンのそうめん流し器です。こちらはLEDライトが付いているという特徴があり、7色もの美しいライトがテーブルの上を彩ります。

カラフルな光で一気にパーティー感を演出してくれるので、家族の思い出作りはもちろん、ホームパーティーにも最適です。

乾電池式なので、場所を気にせずに使えて薬味受け皿も付属しています。ネギや玉子等の好きな具材を入れてテーブルに置いておくだけでテンションが上がりそうです。

そうめんをつかみやすい一定回転なのも良いと思います。

そうめん以外にも使用出来るところも魅力で、フルーツやグミを入れて季節の果物を楽しむことも出来ます。

片付けもとても簡単で、パーツは本体、駆動部、薬味入れ皿、LEDプレートの4つだけなのでいつも清潔に保つ事が出来ます。

 

第3位 ドウシシャ 流しそうめん機

サイズ (約):幅32.5×奥行き32.5×高さ15.0cm
電源 単2形アルカリ乾電池×2本(別売り)
静音性
薬味置き

LEDライト内蔵タイプ

ドウシシャの流しそうめん機で、LED内蔵タイプです。電源を入れるとカラフルに光る仕様になっており、専用氷も作れるのでいつも冷水をキープすることが出来ます。

そうめんトレーには乾麺200g分盛る事が出来るようになっており、乾電池式なのでアウトドアでも楽しめます。

連続時間の目安は、約30分。程よい時間、冷たいそうめんが食べられるのでとてもおすすめです。

2~3人用としての使用に向いています。また、ホームパーティー等で気軽に1品追加したい時も重宝すると思います。

見た目のデザインもきれいですし、夏季家電では定評のあるドウシシャの商品なので信頼出来るところも嬉しいですね。

 

第2位 ブルーノ 流しそうめん

サイズ (約)幅30×奥行12.5×高さ30cm
電源
静音性
薬味置き
×

夏のパーティーを盛り上げる可愛さ

ブルーノの流しそうめん器です。こちらは乾電池式なので、テーブルの上でもコードが場所をとらずに手軽に使えます。

ガラス食器のような流しそうめん器で、薬味皿にはラメが美しいアクセントとなっています。電源スイッチを入れる事ですぐに使用出来るので、操作も楽に出来ます。

スピナーは取り外して丸洗いが可能となっているので、片付けも楽に出来るようになっています。

食器洗い乾燥機は使用できませんが、簡単に水拭き出来るのも嬉しいですね。

カラー展開は2色で、ピンクとアイスブルーの2タイプから選べるようになっています。

流しそうめん器も女子らしいカラーを、と考えている方にピンクがおすすめです。

箱入りでの販売なので、女の子同士のプレゼントにも向いているように思います。

 

第1位 グリーンハウス 流しそうめん器

サイズ W306×D306×H119(mm)
電源 単2形アルカリ乾電池×2本
静音性
薬味置き
×

大人向けのシンプルデザイン

グリーンハウスの流しそうめん器で、シンプルなデザインが特徴的です。

こちらは薬味置きが木目調で3つ付属しており、お洒落に盛り付ける事が出来るようになっています。

2~4人向けサイズでファミリーで流しそうめんを楽しむ事が出来ます。そうめんだけでなく、フルーツやグミを浮かべてヒンヤリとしたデザートを堪能することも可能です。

パーツも3つに分けられるので簡単に洗え、お手入れもしやすい点が良いと思います。使う度に清潔に保っていられます。

木目調の薬味置きが高級感があるので、食卓を豊かに演出したい時にもおすすめです。

乾電池で作動するのでアウトドアでも使えて便利です。お洒落なデザインなのにリーズナブルな価格帯なのも嬉しいですね。

 

【スライダー式】流しそうめん機おすすめランキングTOP5

第5位 TAIKOH 人工竹 流しそうめんセット

サイズ
  • 2m+2m 全長4m 低80cm~高117cm
  • 脚ポール:φ3cm
電源 ×
静音性
薬味置き ×
×

手作り感満載!

昔ながらの流しそうめん機で、手作り感が新鮮な商品です。2m長さの竹を2本使った、大き目サイズの流しそうめんセットです。

大勢での集まりに是非使ってみたくなります。一般の御家庭用としては難しいかもしれませんが、イベントや学校で使う流しそうめん機として向いていると思います。

電源も無いので、お子様や高齢の方でも安心して使えるように思います。

屋外で使えるビッグサイズで、流しそうめん機の作り方もわかる優れものです。

竹は人工竹で出来ているので、長期に渡って使用出来るようになっています。脚部分は直径3cmのポール3本をしっかりと結束しているので安定感があります。

価格は若干高めではありますが、イベント等で使用するサイズの流しそうめん機を探しておられる方におすすめの商品です。

 

第4位 パール金属 スライダーそうめん流し器

サイズ 幅165×奥行24.5×高さ43cm(セット時最大サイズ)
電源
  • そうめん流し駆動部/アルカリ単1形乾電池1.5V 2本(別売り)
  • ポンプ部/アルカリ単2形乾電池1.5V 2本(別売り)
静音性
薬味置き
×

使うシーンに合わせてスライダーの形を調整

パール金属のスライダータイプの流しそうめん機です。こちらは組み立てて使用する商品ですが、使うシーンや食卓のサイズに応じてアレンジが可能になっています。

流れてくるそうめんを下の容器からとって食べるようになっており、薬味置きも付いています。

お子様のおられる御家庭用として最適では無いでしょうか。カラーはブルーとブラックの2色から選べるようになっています。

電源は乾電池方式なので、好きな部屋や屋外でも使用出来るようになっています。連続使用時間は約30分なので、かなり長い時間流れるそうめんが楽しめます。

価格もスライダータイプとしてはリーズナブルなので、お子様用に選ぶのも良いのではないでしょうか。

 

第3位 二代目本格流しそうめん KDSM-002G

サイズ 約W110×H27×D29cm
電源 単2電池2本(別売)
静音性
薬味置き ×
×

上から流れるタイプの流しそうめん機

ライソンの流しそうめん機で、人気の高い「元祖流しそうめん機」を改良したモデルです。こちらは昔ながらの流しそうめん機を彷彿させる形式で、上流からそうめんが流れるように作られています。

インパクトのあるビッグサイズで、家族だけでなくお友達も一緒に楽しめるからお子様もゴキゲン。

乾電池方式なのでアウトドアでも楽しめる優れものです。スペースに合わせて組み替えも自由自在です。

操作もスイッチを押すだけで、電源スイッチを押すと電動ポンプが水を自動でくみ上げていきます。

そうめんを受けるざるも付いており、長時間水にそうめんを浸さずに食べる事が出来ます。

大家族の方や大勢でそうめんを楽しみたいという方におすすめです。

 

第2位 タカラトミーアーツ ビッグストリーム そうめんスライダー カスタム

出典: Amazon.co.jp

タカラトミーアーツ ビッグストリーム そうめんスライダー カスタム
ブランド
カテゴリ
サイズ w:約1090mm/H:約620mm/D:約270mm
電源 単1形アルカリ乾電池3本使用(電池は別売です。)
静音性
薬味置き ×
×

東京サマーランド監修の流しそうめん機

流しそうめん機のスライダータイプと言えば、タカラトミーアーツが知られていますが、こちらは2020年版です。

東京サマーランド監修ということで、サマーランドで人気の「バッシャハウス」等が楽しめるのでサマーランド好きにはたまらない商品です。

テーブルの幅やスペースによってカスタマイズ出来るところが大きな魅力で、大きさによって「シングルコース」「エンジェルコース」「スタンダードコース」「スーパーロングコース」の4つのタイプが楽しめるようになっています。

スーパーロングコースは組み立て時にかなり大きなサイズになりますが、お子様が喜ぶ事間違い無しです。

2~3人でも楽しめますし、かなりの大人数にまで対応出来る流しそうめん機なので、1つ持ってと大活躍してくれそうです。

話題性も高いと思うので、スライダータイプの流しそうめん機をお探しの方は是非チェックしてみて下さい。

 

第1位 ドウシシャ 流しそうめん器 大人のながしそうめん

出典: Amazon.co.jp

ドウシシャ 流しそうめん器 大人のながしそうめん
ブランド
カテゴリ
サイズ 幅47×奥行き35.5×高さ55cm
電源 単2形アルカリ乾電池専用4本使用(別売り)
静音性
薬味置き
×

どこからでもそうめんが取れる!

ドウシシャの流しそうめん器で、発売以来大ヒットの「大人のながしそうめん」というスライダータイプです。

こちらは、スライダーのどこからでもそうめんを取る事が出来るようになっています。360度どの角度からもそうめんをキャッチできる仕様です。

電源には乾電池を使用しているので好きな場所で使用する事が出来ます。

カラーは落ち着いたブラックを基調としており、シックな外観はまさに大人向けという印象です。

薬味置きがついているので、ネギや海老、ショウガ等、好みの薬味や具を楽しむ事が出来るようになっています。

流れ着いたそうめんも器の中で回るので、清涼感を長く楽しむ事が出来ます。氷カップに氷を入れて冷水をキープする事が出来る点も嬉しいですね。

大人の方で、スライダータイプの流しそうめん器をお探しの方におすすめです。

 

流しそうめん機の洗い方

流しそうめん機を楽しく使ったら、しっかりと洗って次回まで清潔に保管しておきたいものです。

 

流しそうめん機(器)の洗い方

「回転・器式」「スライダー式」のどちらのタイプでも、出来るだけ細かいパーツに分解してから、そうめんのぬめりをさっと洗っておきます。

薬味置き、本体部分だけでなくモーター部分まで分解できる商品もあるので、しっかりと分解して洗います。

特に、スライダー式の流しそうめん機の中には、いくつもの細かなパーツに分かれるものがあるため、紛失にも気をつけるようにしましょう。

収納する前には、必ず水気を切っておきます。

 

to buyインフルエンサーおすすめの流しそうめんと一緒に使いたいアイテムをご紹介!

旭食品 旭ポン酢

関西で愛され続けている旭ポン酢は昭和42年生まれで旭食品が大阪を中心に製造・販売しました。私は関西出身で我が家のポン酢は必ず旭ポン酢でした。一度はまるとこれしか使えないというファンも多く関西では有名なポン酢醤油です。
「味にうるさい関西人が認めたから間違いないでしょう!」と広まり、創味のぽん酢と同じように関西のスーパーには常にあります。最近では関東でみかけたりするようになりましたが、未だにみかけたことない方も多いはず。

「このポン酢は飲める!」とも言われていてほんとうにそれくらい美味しいポン酢の一つです。お鍋料理にはもちろんお肉や野菜、魚介類、揚げ物などにも合うので普段の料理に一手間加えたい時にオススメ!夏場だとそうめんつゆと合わせて使ったり、ごま油を加えたら冷やし中華のタレとしても使えます。

 

蒼 (sou) 深皿

とっても可愛くて使い勝手のいい大きさ。何よりお値段が破格なので普段使いにぴったりです!
爽やかな印象になるので冷麺や素麺など、夏場によく食卓に登場させている一枚です。

#春を呼ぶ華やかテーブルウェア

 

流しそうめん器の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、流しそうめん器の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

食卓を楽しく演出する流しそうめん機を使ってみよう

そうめんは、夏の食卓には欠かせない食品ですが、「流しそうめん機」があればより楽しめます。特に、お子様がおられる御家庭では、スライダー式の「流しそうめん機」を使れば大喜びしてくれます。

「流しそうめん機」を使って、いつもの食卓に楽しい彩を添えてみませんか。

ホームパーティーやアウトドアでも大活躍してくれるので、1つ持っていても損は無いと思います。

夏の思い出作りにもなる「流しそうめん機」を是非使ってみて下さい。

記事内で紹介されている商品

ブルーノ 流しそうめん器 グランデ

サイトを見る

パール金属 涼しクルクル D-1338

サイトを見る

CBジャパン そうめん流し器 キラキラ光るL…

サイトを見る

ドウシシャ 流しそうめん機

サイトを見る

ブルーノ 流しそうめん

サイトを見る

グリーンハウス 流しそうめん器

サイトを見る

TAIKOH 人工竹 流しそうめんセット

サイトを見る

パール金属 スライダーそうめん流し器

サイトを見る

二代目本格流しそうめん KDSM-002G

サイトを見る

タカラトミーアーツ ビッグストリーム そ…

サイトを見る

ドウシシャ 流しそうめん器 大人のながし…

サイトを見る

旭食品 旭ポン酢 360ml

サイトを見る

関連記事