猫の尾の役目がスキーストック!ターンを可動のタイミングをつかむ大切な道具

スキーの道具と言えば「板、ブーツ、ストック、ウェア」ですが、意外とスキーストックって軽視されてませんか。ストックの役割がわからず、とりあえず転ばないように「地面を突く、ブレーキをかける棒」として使っている初心者が殆どではないでしょうか?

実はスキーストックは滑る時のバランス補助を果たしているもので適切なタイミングで振れば荷重移動(ターン)のきっかけを楽に作れるものなのです。猫があちこち素早く飛び移っても、転ばないでしょう。あれは猫の尾がバランスをとっているからなのです。

ほら、ストックの役割がなんとなく理解できましたね!今回は、そんなスキーストックのおすすめ商品を紹介します!

 

スキーストックの選び方は簡単、複雑な仕組みはなし!

スキーストック

長さ

最初は身長の68%-70%程度(子供の場合70%-73%)が目安で、長さはグリップを握ったときの手の上端から、石突の先端までをポールのサイズ表示しています。

 

素材

素材はアルミ製とカーボン製品がありますが比較としては、アルミ製は、重くて強度に劣るが安い。カーボン製はより軽くて強度が強く、価格が高い。といったところで大きな違いはないようです。

私は一日持って滑るなら軽いほうがいいのでカーボン製を利用してます。初心者の頃にスキー3点セットを購入してアルミ製を使っていたのですが、買い換えたら快適でした!

一番高いのはカーボン製の可変式伸縮のストック。長さをいつでも変えられるので良いのですが、競技スキーをする人以外は固定式で十分です。

 

買い換えたいスキーストック、お勧め5選!

スキーストック

SINANO ストック CX-FALCON

軽い慣性質量で操作感がよくお値段も手頃。ストックの老舗のシナノだからと選ぶ人もいます。

 

スキーストック スキーポール AMT CARBON

出典: Amazon.co.jp

スキーストック スキーポール AMT CARBON

アルミ合金で、握りやすさと軽さが人気です。アトミックの板をお持ちの方はアトミックのストックとお揃いにしたいというコダワリありますね。

 

KERMA EQUIPE CARBON13

軽量スリムシャフトを搭載した、スイングバランスも優れたスキー用ストックです!

 

KIZAKI カーボンストック プロシードカーボン KPAE-9100

出典: Amazon.co.jp

KIZAKI カーボンストック プロシードカーボン KPAE-9100

かっこよくて高品質でカーボンでという注文に対してお勧めなのがキザキのストック。人気製品でシーズン最初でも長さによってはソールドアウトもあり。

 

OGASAKA スキーポール 2018 LC-FS

上級スキーヤー向けのオガサカ スキーストック。サイズ調節がワンタッチで素早く行える次世代のロック機構、ファストロックを搭載。レバーの開閉のみでサイズ調節が完了。グローブをしたままでも素早く簡単に、サイズ調節ができます。

 

まとめ

スキーストックは地味な存在だけれども欠かせない存在。まるでスキーの縁の下の役割をしてくれますね。選択網はそう多くはないので、初めての買い替えでも選びやすいのです。今年はストックを取り替えてより一層かっこいい滑りを目指してください!

記事内で紹介されている商品

SINANO ストック CX-FALCON

サイトを見る

スキーストック スキーポール AMT CARBON

サイトを見る

KERMA EQUIPE CARBON13

サイトを見る

KIZAKI カーボンストック プロシードカー…

サイトを見る

OGASAKA スキーポール 2018 LC-FS

サイトを見る

関連記事