ずれない付け方はこれ!スワロフスキーとガラスの違いは?ネイルストーンおすすめランキング8選

はみなさん、セルフネイルはどのように楽しまれていますか?

筆者は、ジェルネイルキットを使ってセルフジェルネイルを楽しんだり、コスメブランドのネイルポリッシュで気に入ったカラーを使ってセルフネイルを楽しんだり、そこにいろんなパーツを付け加えて楽しんだりしています。

ジェル派の方もいらっしゃれば、ポリッシュ派の方も多くいらっしゃるかと思います。ですが、手軽に楽しめて、いつでも付け替えができるのはポリッシュですよね。

さらに、ポリッシュに好みのストーンやラメなどを重ねて様々なバリエーションのネイルを駆使して日々ネイルを楽しむ方も増えています。

ただ、ジェルネイルと違ってポリッシュタイプは持ちがあまりよくなかったり、せっかく乗せたストーンがすぐに取れてしまったり・・・様々なお悩みも多く出てくるかと思います。

また、パーツの種類が多すぎて選びきれない!なんて方もいらっしゃるのでは?

今回は、パーツにまつわるお悩みを解決する方法、そしてトレンドも取り入れたオススメのネイルパーツを厳選してご紹介したいと思います!

 

目次

ネイルストーンの種類は3つ、その違いとは?

 

まずはじめに、ネイルストーンにはどのような種類があるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

 

上質な輝きが欲しいなら「スワロフスキー」

ストーンの中でもっとも輝き方が美しいのはスワロフスキー。高価なストーンですが、宝石のような輝きを放つので、高級感のある仕上がりにしたい方は、スワロフスキーがおすすめです。

価格が高価なので、指先に1粒2粒、控えめにストーンを乗せたい方は、このスワロフスキーを選ぶのがいいでしょう。1粒でもしっかりと輝きを放ちますので、上品かつ華やかな仕上がりになりますよ。

 

お手頃なのに、スワロフスキーに近い輝き「ガラス」

スワロフスキーには劣りますが、それでも上質なツヤの出るガラスタイプはややお手頃価格で手に入ります。普段からネイルデザインを頻繁に変えるけど、質の高い仕上がりにしたい!という方にはガラスタイプがオススメです。

また、上質なツヤは欲しいけど、ストーンで爪全体を埋めたデザインを楽しみたい!という方にもおすすめです。

 

練習用や華やかネイルに仕上げるなら「アクリル」

ご紹介しているネイルパーツの中でも一番お手頃なのが、アクリルタイプ。傷がつきやすく、綺麗にカットされていないものが多いというデメリットはありますが、アクリルタイプは様々な使い方があります。

例えばストーンを綺麗に埋める練習として使ってみたり、カラーバリエーションも豊富なので組み合わせを考える材料として使ってみたり、大きさも大粒から細かいものまでありますのでバランスのいい大きさの組み合わせを考えたり・・・

ネイル初心者の方や、練習で使いたい!という方は、まずはアクリルタイプから使ってみるのがいいでしょう。

 

ネイルストーンの大きさはさまざま、どれを選ぶのが正解?

ストーンの大きさの選び方は、デザインのイメージや爪の大きさなどを考慮して選ぶのが一番です。

 

ネイルストーンのサイズの選び方

ボリュームのあるデザインや華やかな仕上がりにしたい場合は大き目のパーツを選ぶのがおすすめです。上品でお仕事でもつけれるようなデザインに仕上げたい方は、小さめのパーツを選びましょう。

よくネイルストーンのサイズ表記で「ss」と書かれているものが多いです。小さなパーツになると、「pp」となるようですが、一般的には約1mmと極小のものから、約7mmと爪からはみ出すほどボリュームのあるストーンまで様々あるようです。

例えば

ss3=1mm

ss5=2mm

ss16=4mm

ss34=7.1mm

などと大きく分けられていますので、しっかりサイズ表はチェックするようにしましょう。

 

一般的によく使うサイズは?

私もセルフネイルをする際に調べていましたが、一般的には1.5mm〜3mmのものを揃えておくと便利のようです。普段から使えるデザインに仕上げる場合は、これだけあれば十分かと思います。

パーティーや華やかな場にお出かけする場合はこれよらより大き目のパーツがあってもいいかもしれません。

 

上手く付けられない!ネイルストーンを綺麗に付けるコツ

 

セルフネイルではストーンがうまくつけれない・・・!という方がたくさんいらっしゃるようです。ここでは簡単に一工夫するだけの、ストーンを綺麗につけるコツについて伝授したいと思います。

 

乾いたあとでも、ストーンを押すとずれてしまう方

実はポリッシュというのは、通常は重ね塗りをする方が多いかと思います。その場合、表面が乾いたと思っていても、内側はまだ乾いていない・・・という場合がほとんどです。そのため、乾いたと思ってむやみにストーンを触ると、内側はまだ乾いていないのでぐにゃっと潰れてしまう可能性があります。

ポリッシュは完全に乾くのに一日はかかると言われていますので、完全に乾くまではできるだけ触らないようにしましょう。

 

完全に乾いた後でも、なぜかストーンがずれたり取れてしまう方

ポリッシュが完全に乾き、ストーンもしっかり密着しているはず!・・・なのに取れちゃった!という方も多いかもしれません。

ストーン自体の接着が甘いのかもしれません。よくあるのは、ストーンを乾いていないポリッシュの上に乗せたり、トップコートやベースコートで接着する方もいらっしゃるかと思いますが、それだけだとすぐに取れてしまう可能性があります。

そういう方は、専用のネイルグルーを使ってみてください。ポリッシュで接着するよりもはるかに密着力が高いので、取れにくくなりますよ。そのあとは、しっかりトップコートで表面を覆って保護してくださいね。

 

おすすめのネイルストーン専用グルー

出典: Amazon.co.jp

ネイルグルー Nail Gluo ブラシタイプ 10ml 強力な接着力&速乾性!検定にも◎のプロ仕様 (10ml)

 

トップコートを塗るとストーンが曇ってツヤがなくなる場合

トップコートを塗ると曇ってしまうのは、ストーンの種類が原因かもしれません。先ほどご紹介したストーンの種類は、スワロフスキー・ガラス・アクリルとご紹介しましたが、このアクリルタイプはトップコートを上から塗ると曇ってしまいます。

せっかく綺麗に仕上げたのに曇ってしまって綺麗にならない・・・という方は、少々お値段が高くつきますが、スワロフスキーを選びましょう。

ちなみに、予算もあるし、どうしてもガラスやアクリルタイプが使いたい・・・!という方は、ストーンの表面ではなく周りをトップコートでしっかり埋めましょう。接着している面を囲めば、しっかり密着してくれます。

そして周りの厚みが目立たないよう、爪全体のトップコートも厚めに塗る必要がありますが、耐久性にも優れるかと思いますのでオススメです!

 

不器用さんにおすすめな「シールタイプのネイルストーン」

さて、ストーンをつける際には専用のグルーを使ったり、少々手間もかかりますし、ずれると接着剤がそのままついて汚くなってしまうこともありますよね。

そんな方にはシールタイプのネイルストーンがオススメです。最初から裏にシールがついていますので、台紙から剥がしてそのまま貼り付けるだけ!とっても簡単です。手軽にストーンを使ったデザインを楽しみたい方は、シールタイプがおすすめですよ。

後ほどランキングの中でもご紹介しますので、要チェックです!

 

ネイルストーンの選び方のポイント

大人な仕上がりが好きなら「パールやスクエア」のストーン

上品で大人っぽい仕上がりが好きなら、小ぶりなパールや四角いストーン、またはひし形などシャープなデザインのパーツを選ぶのがいいでしょう。

 

可愛らしい・柔らかいデザインが好きなら「丸い形」のストーン

先ほどの大人っぽいストーンでもご紹介したパールは、可愛らしい印象に仕上げたい方にもオススメです。あとは、丸みのある角のないパーツは柔らかさが出て、女性らしい仕上がりになりますよ。

 

たくさんストーンを敷き詰めたいなら「お手頃価格」のストーン

ワンポイントでストーンを敷き詰めて華やかさを出す方も多いです。小さなストーンや大きなストーンを組み合わせると立体感も出て、バランスも綺麗です。少し多くパーツが必要になりますので、ガラスやアクリル、またはスワロフスキーにアクリルを混ぜるなど工夫するのもいいでしょう。

 

ネイルストーンおすすめランキングTOP8!

第8位 シンプル スクエアストーン アクリルタイプ

出典: Amazon.co.jp

シンプル スクエアストーン アクリルタイプ

まずはお手頃価格のアクリルタイプのラインストーン。シンプルで使いやすいデザイン・カラーなので、どんなデザインにもマッチします。

スクエアタイプで周りをしっかりトップコートで埋めれば取れにくくもなりますし、表面の曇りを抑えることができます。まずはストーン初心者さんは、このアクリルタイプでシンプルなデザインのパーツから挑戦してみましょう!

 

第7位 ネイルデコパーツ ゴールドタイプ 形いろいろミックスセット

出典: Amazon.co.jp

ネイルデコパーツ ゴールドタイプ 形いろいろミックスセット

トレンドのゴールドモチーフのデザインストーンです。今っぽいおしゃれなデザインに憧れる方は、ポリッシュの色もゴールドに似合うようなスモーキーカラー、ブラウンなどで仕上げると統一感も出て、おしゃれに仕上がります。

スクエアや丸、貝殻モチーフやトライアングルなど仕上げたい印象に合わせて選ぶことができるので、1セットあると便利ですよ。

 

第6位 ガラス製 カラーラインストーン

出典: Amazon.co.jp

ガラス製 カラーラインストーン

ガラス製なので、スワロフスキーほどの輝きはありませんが、アクリルよりも上質な輝きを放つストーンです。カラーが何色かミックスされていますので、ポリッシュの色に合わせて選べるのがいいですね。綺麗に整理できる容器に入っていますので、ストーン同士がごちゃごちゃせずに選びやすくスッキリ!

また、ガラス製のストーンですが曇りにくいタイプなので、こちらもポイント高いですね。

 

第5位 ランバスオーロラ スワロフスキーラインストーン

出典: Amazon.co.jp

ランバスオーロラ スワロフスキーラインストーン

光を当てる角度で輝き方が変わってくる、ひし形のオーロララインストーン。スワロフスキーなので安っぽい輝き方ではなく、見ているとうっとりするようなデザインです。

これは10mm×6mmと大きめのデザイン。形は綺麗なのでトップにランクインさせたいですが、大きいデザインで使えるデザインの幅がやや狭まりますので、5位にランクインです!

 

第4位 ラインダイアモンド デコレーションステッカー

出典: Amazon.co.jp

ラインダイアモンド デコレーションステッカー

このストーンは先ほどご紹介したシールタイプ。台紙から剥がしてそのまま貼り付けるだけなので、とっても便利!カラーバリエーションも豊富でストーンもたくさん用意することができます。

プラスチック製なのでややお手頃価格感が出てしまいますが、手軽にストーンのデザインを始めたい!という方や、グルーを使って貼り付けるのが苦手・・・という方にはおすすめです。

 

第3位 ブラウン系秋カラースワロフスキーネイルストーン

出典: Amazon.co.jp

ブラウン系秋カラースワロフスキーネイルストーン

べっ甲ネイル、ニュアンスネイルなどスモーキーなネイルデザインがトレンドの今季。そんなトレンドにぴったりのストーンを見つけました!ブラウン系の秋カラーで、デザインによく馴染みます。

深みのある色は曇りやすいですが、スワロフスキーなので輝きは天下一品!ss5〜ss16まで幅広いサイズが揃っていますので、ワンポイントで大粒のストーンを一粒、またはストーンをつなげて華やかな印象に仕上げたい方は小さめを選ぶなど、カラーは決まってますが様々なデザインを楽しめるので、幅の広さから3位に選ばせていただきました!

 

第2位 スワロフスキー代用 ガラスストーンクリア

出典: Amazon.co.jp

スワロフスキー代用 ガラスストーンクリア

ガラスタイプのクリアなストーン。どんなデザインにも使いやすいクリアタイプで、透明感のある仕上がりです。材質にこだわり、スワロフスキー並みの輝きを放つ、高品質なガラスストーンです!カラーバリエーションやカラーも豊富。さらにお手頃価格なのに1パックにかなりの量が入っていますので、サイズ違いで多く揃えてもいいかもしれません。

口コミの評価も高く、スワロフスキー並みの品質の良さから2位に選ばせていただきました!

 

第1位 スワロフスキー 3サイズミックス ラインストーン

出典: Amazon.co.jp

スワロフスキー 3サイズミックス ラインストーン

1位はやはり、スワロフスキーの高品質ストーンを選びました。1位にさせていただいた理由は、まず3つのサイズがセットになっていること。サイズ違いで様々なデザインを楽しめますし、爪の大きさに合わせてストーンを付け替えることができますので、1つに3つのサイズが入っているのはとても便利です!

様々な大きさを組み合わせたバリエーションがありますので、好みのセットを選んでください。

また、1位のこのクリスタルタイプはどんなデザインにもマッチする無色タイプ。ポリッシュのカラーも選びませんので、まずつけて間違いはないデザインになるかと思います。

3つのサイズが入ったスワロフスキーのストーンはあまりありませんので貴重です。サイズ感に悩んでいる方、ストーンの質にこだわる方すべての方にオススメできる逸品ですよ。

 

ネイルストーンの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ネイルストーンの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

ネイルストーンにこだわってまわりと差をつけちゃおう!

ネイルストーン

 

いかがでしたか?ストーンにも様々なカラーや種類、大きさがあるんです。普段何気なく使っていたストーンも、材質や大きさを細かく選定すればいつもよりワンランク上の仕上がりになるかもしれません。

ぜひ、ストーンの大きさや使い方などを工夫して、ネイルデザインを楽しんでくださいね!

記事内で紹介されている商品

ネイルグルー Nail Gluo ブラシタイプ…

サイトを見る

シンプル スクエアストーン アクリルタイプ

サイトを見る

ネイルデコパーツ ゴールドタイプ 形いろ…

サイトを見る

ガラス製 カラーラインストーン

サイトを見る

ランバスオーロラ スワロフスキーラインス…

サイトを見る

ラインダイアモンド デコレーションステッ…

サイトを見る

ブラウン系秋カラースワロフスキーネイル…

サイトを見る

スワロフスキー代用 ガラスストーンクリア

サイトを見る

スワロフスキー 3サイズミックス ラインス…

サイトを見る

関連記事