買いたいものを検索してください

【プチプラ・デパコス】リキッドファンデーションおすすめ人気ランキング6選|塗り方も!

肌に密着して気になる部分をカバーしてくれる『リキッドファンデーション』は、肌をきれいに見せたい人にとって欠かせないコスメです。自分に合ったリキッドファンデーションの選び方や基本的な塗り方、人気のおすすめ商品を紹介します。

 

ファンデーションとは?

化粧の中でも、こだわる人が多いのがベースメイクです。特に基本となる肌作りは、時間をかけて行っている人も多いでしょう。

メイクで欠かせないのが『ファンデーション』です。ファンデーションはどのような役割なのか、効果や種類など基本的な知識を紹介します。まずはファンデーションを使って、理想の肌作りをするところから始めましょう。

 

ファンデーションの基礎知識

ファンデーションは数多くの化粧品の中でも、重要な役割を果たすアイテムです。塗ることで肌が美しく見えるように、ムラのない状態に仕上げます。

また、化粧崩れを防いだり、色味によって顔の印象を明るく見せたりする効果も期待できるでしょう。アイメイクやリップメイクなど、他の部分のメイクを引き立たせるベース作りに役立ちます。

 

ファンデーションを塗る効果

肌がきれいに見えるだけで、美しさは引き立つものです。ファンデーションはくすみやクマ、色ムラなど気になる『肌のアラ』をカバーして、フラットに仕上げてくれます。

種類や色味によって肌の質感をコントロールし、印象を変える効果も期待できるでしょう。例えば、血色のない肌にピンク系のファンデーションを使えば顔色が明るくなったり、ツヤが出るタイプを使うことでハリのある肌に見せたりできます。

自分に合った色やテクスチャーを選ぶことで、その他のポイントメイクが映えやすい土台を作れるのです。

 

ファンデーションの種類

ファンデーションにはさまざまな種類があります。色味をプラスする顔料と、合わせる成分の違いによって種類が変わるため、自分の肌質やなりたい肌色を考慮して選ぶとよいでしょう。

粉の『パウダーファンデーション』や液体の『リキッドファンデーション』、薄くフィットしやすい『クッションタイプ』、乾燥しにくい『クリームファンデーション』などがあります。商品によってカバー力や仕上がりが異なり、シーンによって使いやすいものが変わるのです。

ブラシやスポンジでムラなく仕上げたいときはリキッド、化粧直しに使いやすく塗りやすいパウダー、乾燥が気になる時期にクリームのように、仕上がりやシーンに合わせて種類を選びましょう。

 

【カバー力】リキッドファンデーションとは?

リキッドファンデーションは、パウダーと並び基本的なファンデーションとして人気があります。パウダーファンデーションとの違いや期待できる効果を知っておくとよいでしょう。

リキッドファンデーションは伸びがよく塗りやすくて崩れにくいため、メイク初心者にもおすすめです。リキッドファンデーションを使うメリットや、仕上がりのイメージをチェックしてみましょう。

 

パウダーファンデーションとの違い

リキッドファンデーションは名前の通り液体で、伸びがよいためカバー力を重視したい人におすすめです。パウダーファンデーションは粉をふんわりと肌に乗せますが、リキッドファンデーションは肌にピタッと密着します。

パウダータイプはオイリー肌な人や化粧直しをこまめに行う人に向いているのに対して、リキッドタイプは乾燥肌な人やくずれにくさを重視する人に向いているでしょう。水分や油分がベースのため、肌にツヤ感を出したいときにもおすすめです。

ツヤが出るタイプやマットに仕上がるタイプなど、さまざまなものが売られています。一般的にリキッドファンデーションはパウダーファンデーションよりもくずれにくく、しっとりとした使い心地のことが多いでしょう。

 

リキッドファンデーションを使うメリット

乾燥が気になる人やツヤ肌を目指す人におすすめのリキッドファンデーションですが、具体的にどのような効果が期待できるのでしょうか。リキッドファンデーションの特徴から、使うメリットについて紹介します。

なんとなくパウダーファンデーションを選んでいた人や、パウダーでは肌のアラを隠しきれない、乾燥で粉を吹いてしまう人はぜひチェックしてみましょう。

カバー力がある

リキッドファンデーションのメリットとして、他のタイプのファンデーションよりもカバー力が高い点が挙げられます。水分と油分、顔料が配合されているため肌になじみやすいものが多いですが、ピタッと密着するように塗れるのが特徴です。

クマやシミ、肌のくすみや色ムラ、ニキビ跡やそばかすなどを自然にカバーしてくれます。フィット感があり崩れにも強いため、肌のアラを隠しつつきれいな状態が長持ちするところがポイントです。

薄付きからしっかりカバーまで、ファンデーションの分量や塗り方で仕上がりを調節できるところもメリットといえます。

保湿力がある

パウダーファンデーションと比べると、保湿力があり乾燥を感じにくいのも特徴です。しっとりとしたテクスチャーが多く、空気が乾燥する季節や乾燥肌でカサカサしやすい人にもおすすめできます。

特に美容液成分や保湿成分を配合したリキッドファンデーションは、うるおいを感じさせる仕上がりになります。オイルを配合しているものは肌の水分をキープしつつ、ツヤのある肌質を作れるでしょう。

ツヤ肌に見せたい人はもちろん、セミマットやマットなどの質感に見せたいときも乾燥を感じにくいというメリットがあります。

 

リキッドファンデーションの選び方

ファンデーション
リキッドファンデーションといっても、さまざまな種類があります。どのようなリキッドファンデーションを選んだらよいのか分からない人は、自分のなりたいイメージに合ったタイプを選ぶとよいでしょう。

うるおいや健康的な色気を感じさせるツヤ肌や落ち着いた印象のマット肌など、目指す肌のイメージに合った商品の選び方を紹介します。

 

ツヤ肌を求める人は

ツヤやハリがあってみずみずしい印象の肌は、年齢を若く見せてくれるでしょう。健康的で色気も感じさせる『ツヤ肌』を目指したい人には、濡れたようなツヤ感を出せるリキッドファンデーションが向いています。

ツヤ肌タイプは、美容液成分やスキンケア成分が含まれた商品がベストです。厚塗りはせずに薄く伸ばし、ツヤを出し過ぎないようにしましょう。

Tゾーンやテカって見えがちな部分は、フェイスパウダーやルースパウダーを薄く重ねると美しく仕上がります。

 

マット肌を求める人は

フラットでサラッとした質感のマット肌・セミマット肌になりたい人は、カバー力の高いマットタイプを使ってみましょう。脂性肌やテカりやすくファンデーションが崩れやすい人にも向いています。

マット肌に美しく仕上げるには、肌のアラをしっかりとカバーして、均一な肌に見せることがポイントです。カバー力の高いマットタイプのリキッドファンデーションなら、テカリを抑えながら毛穴を隠してくれます

厚塗りするとヨレたりムラになったりするため、塗る量に注意しながら素早くなじませましょう。

 

【ブラシ・スポンジ】リキッドファンデーションの塗り方

リキッドファンデーションは塗るのが難しそう、と感じている人もいるでしょう。しかし、リキッドファンデーションは部分によって量の調整がしやすく、初心者でもきれいに仕上がりやすいファンデーションです。

基本の塗り方をマスターすれば、崩れにくく均一な仕上がりになります。ぜひ美しい仕上がりの肌を目指して、リキッドファンデーションの上手な塗り方を覚えましょう。

 

手で塗る場合

まずは手の甲に適量のファンデーションを出し、指先を使って少量ずつ取ります。頬と額、顎にちょんちょんと乗せていき、素早く伸ばしていきましょう。

頬は外側に向かって馴染ませ、額は中心からこめかみの順に塗っていきます。顎から口周りに広げたら、最後に残ったファンデーションを薄く鼻に乗せましょう。

鼻は皮脂が浮きやすく崩れやすいポイントのため、薄く塗るようにします。こするように塗らず、目の周りなどの敏感な部分は指の腹を使ってトントンと馴染ませるように塗るのがコツです。

 

ブラシで塗る場合

指で塗りにくい硬めのテクスチャーの場合、ブラシを使って塗る方がきれいに仕上がります。手の甲にファンデーションを出し、ブラシの先端に馴染ませるように取りましょう。

まずは頬の中心から外側に向かって、優しく滑らせるようにブラシを動かします。半顔ずつ目の下までムラなく塗り終えたら、次は眉間から額にかけて塗っていきましょう。

そのままブラシを立たせて、小鼻から鼻にかけて薄めに塗ります。最後に、よく動くためヨレやすい目元は、特に薄く塗ることを心がけると上手に馴染むでしょう。

 

スポンジで塗る場合

スポンジは手軽に塗れるため、初心者におすすめの方法です。まずは手の甲にファンデーションを出し、指で塗るときと同じように頬と額、顎に乗せていきます。

頬の内側から外側に向けて、軽く叩いて馴染ませるようにスポンジで塗っていきましょう。小鼻やまぶた、目の下などのヨレやすい部分は最後に薄く仕上げていきます。

全体に塗り終えたら、スポンジの汚れていない部分を使ってムラなく馴染ませましょう。最後に水を含ませたスポンジで押さえると、ツヤ肌を簡単に作れます。

 

【皮脂・日焼け】リキッドファンデーションおすすめ成分


カバー力や乾燥に強いリキッドファンデーションですが、プラスの効果があるものを選ぶとより美しい肌を目指せます。どのようなリキッドファンデーションを選ぶとよいのか、おすすめの成分について見ていきましょう。

ただ肌をきれいに仕上げるだけではなく、プラスαの効果を期待できる成分について紹介します。

 

日焼け止め成分

美肌を目指すなら、日焼け止めは夏以外もこだわりたいものです。日焼け止め成分が配合されているものなら、毎日のベースメイクで日焼け対策ができて便利でしょう。

日焼け止め成分が含まれている商品には、肌表面の赤みや炎症を引き起こす紫外線B波を防ぐ『SPF』、肌の奥まで届きシミやシワの原因を作る紫外線A波を防ぐ『PA』の数値が付いています。SPFとPAの数値を目安にして、日焼け止め効果をチェックしてみましょう。

SPFやPAの数値は自分の生活や環境、季節に合わせて、肌に負担をかけずに使えるものを選ぶのがおすすめです。

 

皮脂コントロール成分

化粧崩れやテカリを引き起こす原因となるのが、顔に浮き出る皮脂です。皮脂コントロール成分の配合されたものを選ぶことで、テカリにくく崩れにくい仕上がりを目指せます。

特に皮脂が出やすい脂性肌の人は、皮脂コントロール成分の入った商品を選ぶようにするとよいでしょう。余分な皮脂を吸収し、過剰な油分が出るのを抑えてテカリやメイク崩れを防いでくれます

 

【プチプラ】リキッドファンデーションおすすめ人気ランキング3選

らむね

毎日使うものだからこそコスパに優れた商品がいい、という人に向いているのがプチプラのファンデーションです。買いやすい価格でも使用感がよく、仕上がりがきれいなファンデーションを試してみましょう。

手頃な価格で日常使いしやすいリキッドファンデーションを紹介します。

 

資生堂 インテグレート プロフィニッシュリキッド

出典: Amazon.co.jp

資生堂 インテグレート プロフィニッシュリキッド
ブランド
カテゴリ

資生堂の『インテグレート プロフィニッシュリキッド』は、毛穴や色ムラをカバーしながらも薄付きでナチュラルに仕上がる商品です。透き通るような透明感のある、ムラのない均一な肌に仕上がります。

乾燥に強くうるおいが長続きするため、使用感がよいのも特徴でしょう。厚塗り感のあるファンデーションが苦手な人や、肌色をトーンアップさせたい人に人気です。

 

資生堂 マジョリカ マジョルカ ヌードメークジェル

素肌のようなナチュラルな仕上がりを求めている人におすすめなのが、資生堂の『マジョリカ マジョルカ ヌードメークジェル』です。ぷるんとしたジェル状のリキッドが、肌に乗せた瞬間にピタッと密着するローションに変化します。

新感覚の使用感と素肌のようなサラサラ感で、毎日使いたくなるようなリキッドファンデーションです。崩れにくくヨレにくいため、なかなか化粧直しができない日にも適しているでしょう。

 

カネボウ メディア リキッドファンデーションUV

出典: Amazon.co.jp

カネボウ メディア リキッドファンデーションUV
ブランド
カテゴリ

コスパと使用感のよい商品を求めている人に試してほしいのが、カネボウの『メディア リキッドファンデーションUV』です。手軽に買える商品ながら、カバー力や仕上がりのきれいさは価格以上といえるでしょう。

SPF30と日焼け止め成分を配合しているため、メイクをしながら日常的な日焼け対策ができます。チューブタイプで持ち運びやすいパッケージもポイントです。

 

【デパコス】リキッドファンデーションおすすめ人気ランキング3選

こだわりの成分や使用感を重視したい人に、おすすめのデパコスファンデーションを紹介します。デパートで販売されているブランドの商品は、ヨレにくさやカバー力など、どれも高い人気を誇るものばかりです。

デパコスの中でも注目を集めているリキッドファンデーションをチェックしてみましょう。

 

ALBION タイトフィルム ファンデーション PRO

出典: Amazon.co.jp

ALBION タイトフィルム ファンデーション PRO
ブランド
カテゴリ

ALBIONの『タイトフィルム ファンデーション PRO』は、ゼリーのようなぷるぷるとしたテクスチャーが特徴のリキッドファンデーションです。みずみずしく、ツヤのある肌に仕上がります。

厚塗りにならずに、しっかりメイクしている肌を実現してくれるところも特徴でしょう。『小顔メイク、矯正ファンデ』と呼ばれるほどピンと引き締まったハリのある肌を作れる、フィット感抜群のファンデーションです。

 

ランコム タンイドル ウルトラ ウェア リキッド

出典: Amazon.co.jp

ランコム タンイドル ウルトラ ウェアリキッド
ブランド
カテゴリ

ランコムの『タンイドル ウルトラ ウェア リキッド』は、崩れにくくカバー力の高い商品を求めている人に人気です。毛穴や肌のアラをしっかりと隠してくれつつも、美しい仕上がりが長時間続きます。

マットな肌に仕上がり、汗をかく夏でも崩れないと口コミでも好評です。高いカバー力を誇りながら、肌がしっかり呼吸できているような心地よい付け心地も人気のポイントでしょう。

 

Dior ディオールスキン フォーエヴァー フルイド グロウ

出典: Amazon.co.jp

Dior ディオールスキン フォーエヴァー フルイド グロウ
ブランド
カテゴリ

Diorの『ディオールスキン フォーエヴァー フルイド グロウ』は、美しいツヤを長くキープできると人気の商品です。肌の内側から生まれたようなツヤが出て、みずみずしくきめ細やかな肌に見せてくれます。

スキンケア成分を配合しているため、使うほどに素肌を整えてくれるのも嬉しいポイントです。ツヤ肌タイプの『フルイド グロウ』とセミマット肌の『フルイド マット』から、なりたい肌質に合わせて選べるのも人気の理由でしょう。

 

年代別ファンデーションの記事はこちら!

ファンデーション
ファンデーション
ファンデーション
ファンデーション

 

リキッドファンデーションの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、リキッドファンデーションの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

リキッドファンデーションで理想の肌感へ

若々しく見えるツヤ肌や、アイメイクが映えるマット肌、陶器のように滑らかなセミマット肌など、理想の肌感はリキッドファンデーションで作れます。自分がどのような肌になりたいか考え、ファンデーションの種類や塗り方を研究してみましょう。

モイスチャータイプやサラサラで軽い付け心地のものなど、季節や肌の状態に合わせて選ぶのもおすすめです。ぜひ自分に合ったリキッドファンデーションを探してみましょう。

記事内で紹介されている商品

資生堂 インテグレート プロフィニッシュ…

サイトを見る

資生堂 マジョリカ マジョルカ ヌードメー…

サイトを見る

カネボウ メディア リキッドファンデーシ…

サイトを見る

ALBION タイトフィルム ファンデーション …

サイトを見る

ランコム タンイドル ウルトラ ウェアリキ…

サイトを見る

Dior ディオールスキン フォーエヴァー フ…

サイトを見る

関連記事