買いたいものを検索してください

【メンズ/レディース別】ビジネスマン用インソールおすすめランキングTOP5!足の痛みや疲れを解消

外回りに出張と、ビジネスマンは意外と歩き回ることも多いですよね。しかしビジネス用シューズはスポーツ用などに比べると疲れやすいのがネック。特に女性の場合は、ビジネスと言えばヒールありきの靴がほとんどのため、足への負担もかかりやすいでしょう。

常にゆっくり歩く、あるいは適宜スニーカーなどに履き替えられれば良いのですが、それもなかなか難しいもの。しかしそんな時に役立つのがインソール(靴の中敷き)です。インソールの中にはビジネスマン向けに作られている商品もあり、足への負担を抑えることができます。

今回はそんなビジネスマン用インソールの特徴や、仕事中に履いてほしいおすすめ商品などをご紹介します。

 

足元を快適にするビジネスマン用インソールとは?

インソール

先ほども少し触れましたが、ビジネスマン用のシューズは足が疲れやすいです。多くが革製品でしっかりした作りのため、靴の中にゆとりがなく、かかとの靴擦れや指が痛くなることもあります。一方で硬さから勘違いする方もいるかもしれませんが、意外と靴底は薄く、地面の硬さが足へとダイレクトに伝わりやすい点も注意です。また通気性も高くなく、ムレから悪臭やかゆみなどに発展することもあるでしょう。

ビジネスマン用インソールは靴擦れ防止や負担を緩和するクッション性、さらには消臭効果など、ビジネスシューズで起こりやすい悩みに対応した機能を備えています。

 

ビジネスマン用インソールにはどんな種類があるの?

ジェルインソール

ビジネスマン用インソールは、以下のような素材で作られているケースが多いです。素材によっても得られるメリットは変わるので、自分はどんな素材のインソールに向いているかチェックしてみましょう。

 

ジェル素材

まずはジェル素材。文字通りジェルが入っているので足にフィットしやすく、疲れにくいメリットを持っています。またジェルの特性上、透明もしくは半透明であり、靴の底の色がそのまま反映され、見た目からもビジネス用として違和感なく使えます。インソールを入れていること自体気づかれにくいですから、周囲に知られたくない方にもおすすめです。

 

革素材

見た目の違和感のなさであれば、インソールを革素材にする手もあります。特に革靴がビジネスシューズという方にぴったりです。革素材のインソールの場合は、足の痛み緩和が期待でき、感触も◎。インソールが初めてという方でも扱いやすい商品です。

 

メッシュ素材

3つ目のメッシュ素材は、通気性のよさが魅力です。靴の中で使えば湿気やムレ対策となり、消臭機能がないインソールでもある程度臭いを抑えることが可能。またメッシュ単体ではなくほかの素材と組み合わせたタイプもあり、より高い消臭機能やクッション性などのメリットを得ることもできます。

 

ソフト素材

最後はソフト素材です。原材料は様々ですが、ソフトとある通りクッション性の高いインソールが目立ちます。クッション性ゆえに足の疲れや痛みを緩和しやすく、長時間の歩行でも活躍。低反発素材など、足の形に合わせてくれるインソールもあります。クッションは足全体あるいは特に疲れやすいかかとや指先などを積極的にカバーしてくれ、靴擦れ対策にも役立ちます。

 

自分の悩みに合わせて、ビジネスマン用インソールの構造のタイプを考える!

靴とインソール

インソールは平らな印象を受けますが、商品によっては独特な構造をしていることも。しかしその構造こそが足への負担軽減を成しているので、既にビジネスシューズを履く際に悩みがある方は必見です。

 

疲れを軽減したいなら、アーチサポートタイプ

1つ目はアーチサポートタイプ。足の裏は土踏まずの部分が大きく湾曲していますが、アーチサポートタイプはその形にフィットするよう土踏まずの部分が盛り上がっています。足裏全体がインソールと接することで重心の移動が楽になり、疲れにくくなるのがメリットです。長時間歩き回る方など、疲れが気になる方に向いています。

 

痛みを和らげたいなら、衝撃緩和タイプ

もう1つは衝撃緩和タイプ。素材のところでも触れていますが、地面あるいは周囲からくる衝撃をインソールで受け止めることによって足への負担を抑えてくれます。疲れはもちろん、痛みに発展してしまう方におすすめです。

衝撃緩和タイプのインソールはまた、クッション性ゆえに厚みもあるのが特徴。もし靴のサイズがピッタリタイプで、インソールを入れる余裕があまりない場合は、かかとなど気になる部分だけ衝撃緩和できる商品などを選ぶと使いやすいです。

 

ムレやニオイが見になる方は、防湿・消臭機能があるものおすすめ

干してあるインソール

ムレが気になる方は、防湿あるいは消臭機能を備えたビジネス用インソールを選びましょう。靴の中で湿気が生じてしまうのは、密閉された空間であることに加え、足から汗という水分が出てしまうことに起因します。ゆえにインソールで汗を吸収し、ムレを抑えることが重要。さらに消臭機能もあれば、通気性がなく汗を蒸発させにくい靴でも自分や周囲へ不快さを与えません。

もし余裕があれば、インソールは片靴ごとに2枚以上用意しましょう。1枚を敷いている間にもう1枚を乾かすなど、防湿効果を発揮しやすい工夫でより快適に過ごせます。

 

ビジネスマン用インソールの選び方

靴に入れたインソール

上記の特徴に加え、以下のポイントも確認しておくと、自分に合ったビジネスマン用インソールが見つかります。

 

ズレにくさをチェック!

粘着シートなどのないインソールの場合、靴の中でズレてしまうことはありませんか?せっかくの機能も、ぴったり収まっていなければ半減してしまうので、ズレにくいインソールを選びましょう。

おすすめはグリップ性のあるインソール。具体的には平らな1枚ではなく、かかとから包み込むように立体的なタイプや、粘着シートではなくても、滑り止め素材が備わっているタイプです。

 

サイズは要確認!カットできるタイプは調節ができるので便利

インソールといえば、自分のサイズに合わせてカットできるタイプも魅力。少し大きめのサイズを購入すれば、靴のサイズはもとより、幅や形状など細かい調整も行えます。特に形は、先の丸いローファーと尖っているパンプスのように、靴ごとに変わってきますから調整できると便利です。

もしカットできないタイプのインソールを選ぶのであれば、事前に求めるサイズがあるかを必ず確認しましょう。無論、長さだけでなく、幅や形状も対応しているのかチェックを忘れずに。

 

デザインも重要

ビジネス用インソールはビジネスシーンで使うわけですから、あまりに派手なカラーや柄付きだと、脱いだ時に悪目立ちしてしまうかもしれません。もちろんビジネスマン用と銘打っているインソールならば、色合いは落ち着いたものを揃えているでしょうが、全ての商品にとは断言できないもの。

基本的には靴と同じ色で、ない場合は濃い色の靴なら黒や茶、明るめの靴なら灰色やベージュ、白などがおすすめです。濃い灰色なら濃い色の靴にも合うなど、色の濃度でも相性は変わるので、可能ならインソールを入れる予定の靴と並べて確認するのがベター。お店で買うなら靴の写真やスマホに入れた画像データを持参する、ショッピングサイトなら商品画像の脇に靴を持ってきて比べてみましょう。

 

【メンズ】ビジネスマン用インソールおすすめランキングTOP5

インソール

ここからは、おすすめしたビジネスマン用インソールをランキングでご紹介します。今回は男女別で、まずは男性用インソールから見てみましょう。

 

5位 AKAISHI インソールマン メンズビジネスインソール

No.5

出典: Amazon.co.jp

AKAISHI インソールマン メンズビジネスインソール Lサイズ
ブランド
素材 EVA、ナイロン
タイプ 薄型タイプ
防湿機能/消臭機能 ◯ / ◯
グリップ性
カットして調節出来る

通気性と消臭素材で不快感をカット

まず5位は、ムレや臭い対策に特化したタイプのインソールです。厚さはわずか3mmほどで、クッション性はあまりないもののどんな靴にも入れやすいのが魅力。またインソール自体がメッシュのように穴の開いた作りをしており、通気性は抜群。Wの消臭素材と相まって、ムレや臭いを抑えてくれます。

デザインは裏面こそ青やピンクの鮮やかなカラーですが、敷いた際上になるのは黒い面なのでビジネスシーンの利用も安心です。サイズはMとLの2種類。両方含めて25cmから27.5cmまでが対象となっているので、足のサイズが大きい方は注意してください。

 

4位 アクティカ ビジネスマンインソール

素材 塩化ビニリデン
タイプ 薄型タイプ
防湿機能/消臭機能 ◯ / ◯
グリップ性
カットして調節出来る

活性炭でしっかり消臭

4位も通気性と消臭機能にこだわったビジネスマン用インソール。こちらのインソールは通気性に加えて活性炭を含んだ素材を採用することで、臭いを吸い取ってくれます。通気性でムレさせないのはもちろんのこと、長時間の歩行など、臭いが発生しやすい状況におすすめです。デザインは黒ですから、多くのビジネスシューズで違和感なく使えます。

サイズはSからLLまで幅広く、男性だけでなく女性の利用も〇。コスパも良いので、初めてインソールを試してみたいという方にもぴったりです。

 

3位 興和 バウンディングウォーカー

素材 ダブルラッセル繊維
タイプ 衝撃緩和タイプ
防湿機能/消臭機能 ◯ / ◯
グリップ性
カットして調節出来る

薄くてもクッション性抜群

3位に選んだバウンディングウォーカーは、薄さの割にクッション性の高いビジネスマン用インソールです。Xボーン構造と呼ばれる、長時間履き続けても弾力性を維持しやすい特徴を持ち、外回りなど1日中歩きっぱなしの時にもおすすめ。さらに汗を通しやすい素材でもあり、ムレや臭い対策も可能です。

ただ履いている時は安定するものの、靴を脱いだ際にインソールが足にくっついて一緒に取れてしまうことも。気になってしまう方は注意しましょう。

 

2位 CosyInSofa インソール

No.2

出典: Amazon.co.jp

素材 ラテックス素材
タイプ アーチサポートタイプ
防湿機能/消臭機能 ◯ / ◯
グリップ性
カットして調節出来る

最大30cmまで対応!

2位は足にフィットしやすいアーチサポートタイプのインソールです。ほかのインソールに比べると値段が高めですが、その分機能が充実。人間工学に基づいて設計されたインソールは、足裏の負担軽減はもちろん、バランスを整えることによって血行促進など身体全体のサポートにも役立ちます。

またインソールの通気性だけでなく、炭素繊維を織り込むことで消臭機能も装備。滑りにくく履きやすい素材です。サイズは下が最低25.5cmから履けるSサイズ、上は30cmまで対応可能なLサイズが選べ、足の大きい方も利用することができます。

 

1位 コロンブス ビジネスウォーカーインソール

No.1

出典: Amazon.co.jp

[コロンブス] ビジネスウォーカーインソール
ブランド
カテゴリ
素材 発泡ポリエチレン、ウレタンフォーム
タイプ 衝撃緩和タイプ
防湿機能/消臭機能 ◯ / ◯
グリップ性
カットして調節出来る

クッション性の高さで衝撃や痛みを緩和

メンズ向けビジネスマン用インソール1位は、コロンブスのビジネスウォーカーインソールです。立体的な構造はクッション性抜群。2種類の素材を重ねることで足全体はもちろん、かかとなどパーツへの負担を抑えてくれます。加えて表面には防臭及び抗菌素材を採用しており、ムレや悪臭対策もばっちり。

サイズがLでも28cmまでなので、30cmクラスの方には不向きですが、疲労や痛みを減らしたい方におすすめです。デザインはブラックとブラウンの2カラーから選べます。

 

【メンズ】ビジネスマン用インソールの比較表はこちら!

商品画像
No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

商品名 [コロンブス] ビジネスウォーカーインソール CosyInSofa インソール 興和 バウンディングウォーカー ビジネスマン インソール AKAISHI インソールマン メンズビジネスインソール Lサイズ
素材 発泡ポリエチレン、ウレタンフォーム ラテックス素材 ダブルラッセル繊維 塩化ビニリデン EVA、ナイロン
タイプ 衝撃緩和タイプ アーチサポートタイプ 衝撃緩和タイプ 薄型タイプ 薄型タイプ
防湿機能/消臭機能 ◯ / ◯ ◯ / ◯ ◯ / ◯ ◯ / ◯ ◯ / ◯
グリップ性
カットして調節出来る
リンク Amazon楽天Yahoo! AmazonYahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo!

 

【レディース】ビジネスマン用インソールおすすめランキングTOP5

柄付きインソール

続いて女性用のビジネスマン用インソールランキングです。

 

5位 Sunhel インソール

No.5

出典: Amazon.co.jp

Sunhel インソール 人間工学に基づいた衝撃吸収
ブランド
カテゴリ
素材 ソフト素材
タイプ 衝撃緩和タイプ
防湿機能/消臭機能 ◯ / ◯
グリップ性
カットして調節出来る

様々な場面で利用可能

レディース編5位は、Sunhelのインソールです。人間工学に基づいた立体的な設計で衝撃吸収しやすく、土踏まずやかかとのサポートをしてくれます。また抗菌及び防臭、湿気吸収性の高い素材で、ムレや臭いにも対処可能です。サイズは22.5cmからですが、カットできるタイプですから、より小さいサイズの方も微調整することで使える可能性があります。

もともと女性専用ではなく男女共用ということもあってか、カラーは黒とグレーのほかはブルーと、やや男性より。茶系や赤系のカラーが欲しい方には不向きかもしれません。

 

4位 村井 インソールプロ

素材 ポリエステル、ウレタンスポンジ
タイプ 衝撃緩和タイプ
防湿機能/消臭機能 ◯ / ◯
グリップ性
カットして調節出来る

汚れが気になったら水洗い

4位は村井のインソールプロ。外反母趾や扁平足など、足の悩みにごとに適したインソールが用意されており、どのようなインソールを選んだらいいか悩んでしまう方にもおすすめです。本体はやや厚みがあるものの、つま先部分のみ薄手になっているため、靴の中で詰まってしまう心配がありません。

また水洗い可能なインソールでもあり、汚れが気になった時にも便利。陰干ししてしっかり乾かせば、通気性や除菌効果も再び活かしやすいです。サイズはレディースで22cmから。メンズ用もあるので、男性でも具体的な悩みがあるなら要チェックです。

 

3位 Sunhel インソール

No.3

出典: Amazon.co.jp

Sunhel インソール 衝撃吸収 疲れにくい 4D 低反発 クッション
ブランド
カテゴリ
素材 ソフト素材
タイプ アーチサポートタイプ
防湿機能/消臭機能 ◯ / ◯
グリップ性
カットして調節出来る

より軽く、よりデザイン豊富に

3位は再びSunhelのインソールです。5位に比べるとより軽量化が図られており、インソールを入れることによって靴が重く感じてしまうという方にはうってつけ。またカラーがパープル(ピンク寄り)や肌色に近い黄色など、女性らしいラインナップから選べます。ビジネスマン用と言っても、靴が明るいカラーという方におすすめです。もちろん黒など落ち着きあるカラーもありますよ。

インソール本体は全体として薄手ですが、土踏まずやかかとなど、悩みがちな部分のみしっかりクッションを付けており、衝撃を抑えてくれます。

 

2位 Kozzim インソール

No.2

出典: Amazon.co.jp

[Kozzim] インソール 1枚引くだけ疲れない
ブランド
カテゴリ
素材 ソフト素材
タイプ アーチサポートタイプ
防湿機能/消臭機能 ◯ / ✕
グリップ性
カットして調節出来る

ヒールのある靴でもズレにくい

Kozzimのインソールはズレにくさが魅力です。女性はビジネスシューズだからこそヒールが高いことも多く、靴自体が斜めであるがゆえにインソールがズレやすくなってしまいます。しかしこのインソールであれば、裏面に滑り止め素材を使うことでズレ防止を可能にしてくれます。

またインソール本体は足指の根元から土踏まず、かかととアーチにクッションで対処。マッサージするように衝撃を緩和してくれます。デザインは黒のほか、ベージュに近い黄色などが選べるので、靴のカラーに合わせて決められるのも魅力です。

 

1位 ATHL インソール

No.1

出典: Amazon.co.jp

ATHL インソール 衝撃吸収 COOLMAX 足裏快適
ブランド
カテゴリ
素材 ポリウレタン、COOLMAXⓇ
タイプ アーチサポートタイプ
防湿機能/消臭機能 ◯ / ◯
グリップ性
カットして調節出来る

素早い乾燥で汗っかきさんにもおすすめ

レディース編、ビジネスマン用インソール1位は、ATHLの商品です。クッション性ではポリウレタンを採用していますが、通気性においてCOOLMAXⓇと呼ばれる独自の素材を使っているのが特徴。綿素材の5倍ものスピードで乾き、汗っかきさんや長時間の歩行が多い方におすすめです。また吸湿・放湿もしやすいため、汗で滑る心配もありません。

かかと及び土踏まずへの対策をメインとした薄手のインソールということもあり、わずか30gと軽いのも魅力です。人間工学に基づく開発により、パーツのみのクッション性能でも衝撃を吸収しやすく、足への負担を抑えてくれます。

 

【レディース】ビジネスマン用インソールの比較表はこちら!

商品画像
No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

商品名 ATHL インソール 衝撃吸収 COOLMAX 足裏快適 [Kozzim] インソール 1枚引くだけ疲れない Sunhel インソール 衝撃吸収 疲れにくい 4D 低反発 クッション 村井 インソールプロ Sunhel インソール 人間工学に基づいた衝撃吸収
素材 ポリウレタン、COOLMAXⓇ ソフト素材 ソフト素材 ポリエステル、ウレタンスポンジ ソフト素材
タイプ アーチサポートタイプ アーチサポートタイプ アーチサポートタイプ 衝撃緩和タイプ 衝撃緩和タイプ
防湿機能/消臭機能 ◯ / ◯ ◯ / ✕ ◯ / ◯ ◯ / ◯ ◯ / ◯
グリップ性
カットして調節出来る
リンク Amazon楽天Yahoo! AmazonYahoo! AmazonYahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo!

 

ビジネス用インソールの関連記事はこちら!

靴クリーム-0

 

インソールの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、インソールの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。 Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

ビジネスマン用インソールで毎日の疲労をスッキリ

インソールは何でもただ敷けばよいものではありません。自分の悩みに見合う構造や素材の商品を選ぶことで、より毎日の疲れを解消しやすくなります。ただ厚いだけのインソールより、アーチ部分など必要なところにクッション性を取り入れている商品の方が悩み対策にはおすすめ。

あなたにぴったりのビジネスマン用インソールを手に入れて、足への負担を少しでも軽くしてあげましょう。

 

記事内で紹介されている商品

AKAISHI インソールマン メンズビジネスイ…

サイトを見る

ビジネスマン インソール

サイトを見る

興和 バウンディングウォーカー

サイトを見る

CosyInSofa インソール

サイトを見る

[コロンブス] ビジネスウォーカーインソ…

サイトを見る

Sunhel インソール 人間工学に基づいた衝…

サイトを見る

村井 インソールプロ

サイトを見る

Sunhel インソール 衝撃吸収 疲れにくい 4…

サイトを見る

[Kozzim] インソール 1枚引くだけ疲れない

サイトを見る

ATHL インソール 衝撃吸収 COOLMAX 足裏快…

サイトを見る

関連記事