KADOKAWAが世界一のシェフを引き抜き!?トイアンナのデートミシュラン『INUA@飯田橋』

こんにちは、トイアンナです。ご飯狂いになってはや8年。気づけば通った店は数百店、せんべろ(千円でベロベロに酔っぱらえるお店)から高級フレンチまで、うわばみのように食い尽くしてきました。

そこでto buyでは、「今月食べたご飯」のなかでも、デートや自尊心を高めて「恋に効かせる」ためのレストランをピックアップしてご紹介!どれもお金を貯めてでも、通う価値のあるお店です。

トイアンナ/@10anj10

恋愛ライター

恋愛コラムを書くお仕事。900人以上から人生相談を聞いた経験あり!

同時にグルメとして世界中のレストランを食べ歩いています♪

ブログ:http://toianna.hatenablog.com/

Twitter:https://twitter.com/10anj10

Instagram:https://www.instagram.com/toianna.blog/

 

インタビューで大反響だった、KADOKAWAの中にある、最高級隠れ家レストランに突撃♡

前回私に取材いただいた記事で、「INUA(イヌア)」についての反響がすごかったらしく……実際に行ってみても、「ここはまさに、恋に効かせるレストランだ!」と思い、今回のレポートは迷わずここに決定!

 

to buyトイアンナさんインタビューより。

 

KADOKAWA到着。さて、INUAへの入り口は……警備員さんに聞かないとたどり着けない!?

隠れ家レストランが好きな人でも、ここまでの隠れ家は、そうはお目にかかれません。なにしろ、このレストランは大手出版社「KADOKAWA」の中にあるのです……!

入り口は、KADOKAWAの自社ビル脇に専用通路があります、が、その通路がまず初見では見つかりません

かならず、KADOKAWAの警備員さんにお問い合わせすることになります

専用通路を上ると、きれいな青空。

階段を抜けた先には、グリーンと”INUA”の看板が。ここにたどりつくだけで感無量です。

なにしろこのレストラン、世界No.1に輝いたこともあるデンマークのレストラン「ノーマ」の右腕シェフトーマス・フレベル氏によるお店。これでデンマークへ飛ぶことなく、日本でノーマの味が堪能できる!?

誘致してくださったKADOKAWAには、感謝しかありません。ここで五体投地したいところですが、ぐっとこらえて店内へ。

 

ジーンズにスニーカーでもOK!内装もカジュアルなので、デートで緊張しすぎない♡

さて、「世界一のレストラン出身」ということで、ガチガチの堅いレストランを想像されたかもしれませんが、ご安心ください。こちらはラフな服装でも全然OK

実際に同行してくれた友人はスニーカーにジーンズと、日本のちょっとしたホテルでも断られそうな服装で登場。

もちろんまったく拒否されず、そのまま入店できました。料理だけで、2.9万円のハイクラスレストランにしては、内装もおどろきのカジュアルさ

うっかり「このインテリアはIK●A……!?」と、ズブの素人なので恐ろしい発言をしてしまいました。もちろんそんなことはなく、カトラリーやインテリアもこだわりの逸品。

同行した友人いわく、「これはわざわざ買ったテーブルを、専用カラーへ塗っている」とのこと。

 

彼と驚きをシェアしたい一品①:甘み・苦み・酸味バランスがもはや芸術!見目麗しい前菜。

さてこのINUA、実は行く前に、さんざんグルメの間で悪評が立っていました。「頼まないとフォークが来ない」「飯がマズイ」などなど。

おっかなびっくり伺いましたが、1品目「沖縄のスナックパインとシトラス」で安心。

ヒバーチという石垣島で作られている甘みのある胡椒が香りたち、思わず時間が止まるような麗しさ

沖縄のパイナップルはキャラメリゼされて、デザートのような甘さ。そこにゆずの花が苦みを、グレープフルーツが酸味を融合させて危ういバランスを完成させます

ここまで複雑な皿は食べたことがありません。味の高層ビルを、一段ずつ上るようなレイヤーがあります。

 

彼と驚きをシェアしたい一品②:めずらしい冷製魚介スープの、コクがすごい!花がアクセント。

全13皿にもなるコースのため、もうひと皿だけを前菜から抜粋します。

こちらは「皮ごと焼いた枝豆、ヤリイカのだしと花」。このあざやかな花はナスタチウムで、別名金蓮花。

苦みが強いアクセントになりますが、それが旨味へつながるよう、とてつもない魚介スープが全体をまとめます

魚介だしといえば「お吸い物」「煮つけ」など温かいお皿を想像しがちですが、この一皿は冷たい前菜。キリリと冷えた魚介だしは、まさに魚のスープ。

あまりにコクが強いので、醤油も少し入っているのかと同行チームと疑いましたが、その正体は掴み切れず。

 

彼と驚きをシェアしたい一品③:まるで最高級のすき焼き!?なえのき……でもトリュフ山乗せ♡

そして、メインから1品抜粋。

こちらは「バナナの葉に包んで焼いたえのき、卵黄ソース」です。なのに、上に乗っているのはトリュフと、もはや味の想像を許しません

卵黄を濃縮させたようなソースとだしは、一言でまとめれば、「すき焼きを肉なしで最高級に仕上げた」一品。

なおINUAでは、魚と肉料理がメインで出てきません。これだけでも驚きですが、それでもなおドッシリ重たいきのこ、野菜、種料理が続くため、軽くありません

むしろ「腹が重い」と、男性がうめくほどの重厚感。あまりのリッチな味に、大満足でした。

 

世界一のシェフの料理は、どれもがアートな味の美術館!大切な人と驚き、味わい、楽しんで♡

と、INUAの13皿から、数品抜粋してお伝えしました。

すべてをネタバレするのはもったいないので、ぜひ貯めたお金を握り締めて突撃してください。個人的な感想は #複雑 #うまい #フレンドリー です。

お会計はお酒込みだと7万円台ですが、ここまで複雑だと合わせるお酒もないのでペアリング(ワインを1杯ずつお皿に合わせること)はオススメしません

それよりもお水だけで純粋に味わったほうが、絶対におもしろい。

これは味のイノベーションであり、美術館です。モダンアートを額縁からガリガリ食らうような快感、私はこの店以外で知りません。

INUAはいまのところグルメマニアが突撃しているだけで、カップルさんには見つかっていない究極の隠れ家。どうぞご堪能くださいませ。

INUA(イヌア)

〒102-8552

東京都千代田区富士見2丁目13−12

 03-6683-7570

INUA公式サイト トイアンナさんのインタビューはこちら