買いたいものを検索してください

音楽がもっと楽しめる!音楽好きが教えるオススメイヤホンイヤピース9選

音楽、ラジオ、さらには動画など。日常の中で音を出力するとき、当たり前のように使用しているイヤホンですが、そのイヤホンに欠かせないパーツである”イヤホンイヤーピース”について意識して考えた事はありますか?

イヤホンイヤーピースとは、イヤホンと耳が直接触れる部分に取り付けるゴム製やウレタン製などのパーツの事を指します。

はじめからイヤホンに付属しているイヤーピースでは耳が痛くなったり、すぐに取れてしまったり…ストレスを感じている方も多いのではないでしょうか。大好きな音楽をより快適に楽しみたい!そんな願いを叶える為に重要なのが、自分にピッタリのイヤホンイヤーピースです。

私の悩みは人より耳穴が小さいこと。その為、最高の音質で音楽を楽しむためには自分に合ったイヤホンイヤーピース選びが最重要なんです。小さな部品なので一見地味ですが、実はイヤホンイヤーピース1つで装着感から音質まで大きく左右されるんですよ!

そこで今回は、普段からこだわり抜いてイヤホンイヤーピースを選んでいる私が、イヤホンイヤーピースの種類とオススメについてレクチャーしていきます!

 

イヤホンイヤーピースをグレードアップするとこんなメリットが!

カナル型イヤホンを購入すると必ずと言っていいほど付属しているイヤホンイヤーピース。大体の方は付属しているイヤーピースで「ま、いいか」と妥協してしまうことが殆どだと思います。

ですが、そんなイヤーピースを自分の耳に合ったものへと変える事で、たくさんのメリットがあるということをご存知ですか?

私が実際にイヤーピースをより良い物へと交換して感じた大きなメリットは、「音質」と「装着感」の2つ。なぜイヤーピースを変えただけでそんな変化が起きるのか、分かりやすくご説明していきますね。

 

 

耳の穴の大きさというのは人によって違います。私のようにすごく小さな耳穴の方もいれば、とても耳穴が大きい方もいます。

イヤホンを購入した際に付属するイヤーピースというものは万人向けに作られたサイズなので、耳穴が小さかったり大きかったりすると、どうしても空間が出来てしまったり、装着している間にポロポロと落ちてしまうことも。

空間が出来てしまえば、それだけ音が漏れていく可能性も高まります。低音が外に逃げてしまったり、大音量じゃないと聞こえにくい、周囲に音漏れしてしまう…なんていうデメリットがあります。

そこで、本当に自分の耳にフィットしたイヤーピースを使うことで、耳穴にピッタリとフィットし、外部の音を遮る「遮音性」が上がります。遮音性が上がると普段聞こえなかったような低音もクリアに聞こえるようになり、細かな音も外音にかき消されずに聞こえやすくなることも。

さらに、自分の耳穴にピッタリのサイズのイヤーピースを選べば、イヤホンの外れにくさや着け心地も向上し、長時間聴いていても耳が痛くならずに快適に音楽を楽しめるようになるんです!

せっかく良いイヤホンを購入しても、イヤーピースがスカスカのサイズでは良い音を楽しめません。イヤーピースを変えると音質が上がると言われている理由はこの遮音性にあるんですね!

 

実は奥が深い!イヤホンイヤーピースの種類に迫る!

イヤーピース選びにおいて重要なのはサイズ感だけではありません。初心者の方にとってはどの製品も同じに見えるかもしれませんが、素材や耐久性など、種類によって大きな違いがあるんです!

ここで、複数の種類に分かれているイヤーピースをそれぞれの特徴や魅力と共にイチからご紹介しますね!

 

シリコンゴム系イヤーピース

イヤホンを購入した際に付属しているのは基本的にシリコンゴムのイヤーピースです。耐久性に優れ、安価で手に入りやすいというメリットがあります。また、水洗いすることも出来るので、お手入れも簡単で常に衛生的に使用したい!という方にはシリコンゴムタイプをオススメしています。

デメリットは耳に完璧にフィットしにくいこと。音漏れや外部からの音が入ってきやすいので遮音性を求める方はあまり満足できないでしょう。

 

低反発素材イヤーピース

柔らかいウレタン素材を使用したイヤーピースで、先に指で潰してから耳穴に挿入すると耳の中でじんわり自然に膨らんでいき、フィット感を叶えるという特徴があります。

着用イメージとしては耳栓に似ていて、米軍のヘリコプターパイロットが使っていた耳栓の素材と同じものを使用している本格派のメーカーもあるんですよ。

メリットは高い遮音性。低音も逃さずきちんと拾ってくれて、しっかり耳に響く音を提供できるのが低反発素材の魅力です。デメリットとしては水洗いが出来ない点と、耐久性がイマイチな点。コスパ面は気にしないので、とにかく良い音質を!という方にオススメしています。

 

ジェルタイプイヤーピース

イヤーピース市場ではシリコンゴムと低反発素材がスタンダードな種類ですが、その他にも本体内側にジェル素材を使用した、ジェルタイプのイヤーピースも販売されています。

メリットは抜群のフィット感。外側はシリコンゴム製で耐久性を実現。内側はジェルにすることで弾力性を増し、耳穴へのフィット感を高めるという画期的な商品です。ランニング等の激しい動きでも取れにくい点が魅力の一つ。

まだまだ品数は少ないのですが、普通のシリコンゴムだけの製品よりも遮音性が高いことが特徴です。

 

お気に入りのイヤホンイヤーピースを失くさない方法を伝授!

せっかくお気に入りのイヤーピースを見つけても、いつの間にか取れて迷子になってしまうのが、イヤーピースあるあるです。小さいのでどれだけ探しても見つからなくて結局諦めてしまう…なんてことになったら悲しいですよね。

そこで私が実践しているのは「キャリングケース」という商品を使うことです!キャリングケース(イヤホンケース)とはイヤホンだけがピッタリと収まる小型のポーチの事。使用することでイヤーピースの紛失も防げますし、イヤホン本体の寿命を延ばすことにも繋がります。

 

 

普段、イヤホンを無造作にカバンの中に入れて保管しているような方にとっては、わざわざキャリングケースにイヤホンを出し入れするのは面倒に思うかもしれません。しかし、大事なイヤホンとこだわって選んだイヤーピースを守る為には是非オススメしたい商品です。

最近ではよりデザインにこだわって作られたキャリングケースも増えています。まるで名刺入れのようにスリムな製品や、女性にもピッタリな可愛い製品なども。

中には耐久性に特化したキャリングケースもあるので、万が一イヤホンを落とした際にイヤーピースがバラバラに外れてどこかに消えてしまう、というリスクを避ける事もできるんです。

 

失敗しないイヤホンイヤーピースの選び方って?

様々なメーカーから多種多様な製品が登場しているイヤーピース市場。選択肢が多すぎて、初心者の方では選ぶのも難しいかもしれません。そこで、実際にイヤーピースを重宝している私がイヤーピース選びにおいて重要なポイントを簡単にまとめてみました!

 

使用シーンによってはとっても重要!遮音性を確認!

音質を向上する為には遮音性が重要だと最初にお伝えしましたが、ただ遮音性が高い製品が良いというわけではありません。確かに音質はとても向上しますが、使用シーンによっては外部の音が完全に遮音されてしまうことで逆に使いづらいという懸念も。

例えばランニング等の屋外シーンでイヤホンを使用することが多い方は、車の音や後ろから近づいてくる人の音が聞こえないと危険ですよね。外の音を確認したいシーンでは遮音性が高すぎない、シリコンゴムタイプの製品を選ぶのが良いでしょう。

逆に、外部からの音を気にせず音楽に没頭したい方は低反発素材タイプの製品がオススメです。

 

自分にピッタリの形状を確認!

イヤーピースの形状で一般的なのは、キノコ頭のような形状の「シングルフランジタイプ」ですが、その他にもシングルフランジが2つ、3つと重なった見た目の「ダブルフランジ」「トリプルフランジ」という種類があります。

段を増すごとにどんな変化があるのかというと、遮音性が高まり、音質もクリアになっていく傾向があるとされています。ただ、自分の耳穴に合っていないと、装着した際の違和感や着け心地がイマイチという欠点も。

ダブルフランジやトリプルフランジは装着感よりも音質を重視したい方にオススメです。一方シングルフランジは音質、付け心地共に無難なので幅広い方にオススメできるスタンダードな製品です。

 

後悔しない為にサイズ感を確認!

個人的に一番重視しているポイントは耳穴の大きさに合ったイヤーピースを選ぶ事。大きすぎると耳が痛くなってしまったり、逆に小さすぎると耳からポロポロと落ちてしまうのでストレスに感じる事も多いでしょう。

また、高いイヤホンを購入したのに低音が全然響かない…なんて思っている方はイヤーピースのサイズが合っていない可能性が高いです。耳に合ったイヤーピースを探すには、様々な種類を実際に試してみるのが良いでしょう。

イヤーピースにはS・M・Lといったサイズがあります。メーカーによってはSS・LLなども。装着感だけを重視するならば自分の耳穴にピッタリのサイズを選ぶのがベストなのですが、音質を重視するならやや大きめのイヤーピースを選ぶと良いとされています。

例えば私の場合では耳穴にピッタリなのはSSサイズですが、大きめサイズを選ぶ事で遮音性が増して音質の向上が望める為、Sサイズを使用しています。このように、ワンサイズ大きいものを試してみると、音質・装着感共に満足のいくイヤーピースに出会えるかもしれませんね。

 

 

遮音性抜群!筆者おすすめイヤホンイヤーピース

Comply Ts-400

さて、皆さんがイヤーピースを選ぶ際に重視する点はどこですか?音質、フィット感、耐久性など…用途や普段聞く音楽によって違うかもしれませんが、私がイヤーピース選びの際に重視しているポイントが、高い”遮音性”です!

こちらの商品は、私のように遮音性重視でとにかく音質を向上させたい!という方におすすめ。

ここまで遮音性の高いイヤーピースは他に無いと思っています。それほど高スペックなんですよ!

低反発ウレタン素材を使用しているので最初に指で潰してから挿入し、耳穴の中でじんわり膨らんでいくのを待ちます。フィット感が抜群で、耳を軽く塞いだような感覚があります。

その為、遮音性も高く外の音が殆ど気にならなくなります。大きすぎず、小さすぎず、弾力のある素材なので耳の疲れも感じずに、長時間の装着でも快適に使えています。

私は3,000円以下のいわゆる低価格帯イヤホンを使用しているのですが、コンプライ製のイヤーピースに取り換えただけで音質がガラっと変わった点に感動。特に今まであまり聞こえなかったような低音域がより深く再現されるようになり、音楽好きにとっても大満足の製品でした。

気になる点は水洗いが出来ないところ。常に清潔に使用したい、という方には注意が必要です。

 

コスパ良し!筆者が気になるイヤホンイヤーピース8選!

着け心地と音質の向上を目標に、日々進化を遂げているイヤホンイヤーピース。価格もリーズナブルなものから高級なものまで幅広く揃っています。ここではコスパ面でも満足できそうな、今気になるイヤホンイヤーピースたちを集めてみました!

 

FSC 低反発 ウレタン製 イヤーピース

出典: Amazon.co.jp

FSC 低反発 ウレタン製 イヤーピース
ブランド
カテゴリ

先ほど私がオススメしたコンプライ製のウレタンイヤーピースよりもかなり安価で手に入る、ウレタン製のイヤーピースです。

普段シリコン製のイヤーピースを使用している方が、いきなりウレタン製の製品を試すと独特の感触に戸惑うこともあるでしょう。そんな場合には安価なウレタン製イヤーピースから試すのをオススメします。

ウレタン製ですので遮音性は抜群。ポロポロ抜ける可能性も低く、安定感のある着け心地が魅力です。

 

audio-technica(オーディオテクニカ) ファインフィットスペアイヤピース

シリコンゴムタイプでシングルフランジという平均的なイヤーピースをお探しの方にオススメの製品。SONYと並ぶ大手メーカーのオーディオテクニカの製品なので安心ですね。

着け心地、音質、遮音性、どれをとっても満足いくバランスの良さが魅力的。1パック6個入りで1,000円以下なのでかなりコスパが良い製品だと思います。

 

 

SONY  ハイブリッドイヤーピース

SONYのイヤホンを愛用中の方にオススメ!とてもコスパが良いSONY製イヤーピースです。

ハイブリッドイヤーピースとは、イヤーピースの外側と内側に異なる硬度のシリコンを採用することで、長時間の使用でも疲れない快適さと音質の向上を実現する独自の技術です。

安価で手に入る上に音質にも満足といったクチコミが多いので気になっています。サイズもSSからLLまで幅広く揃っているので、イヤホンとの互換性をクリアしていれば購入してみてもいいかも。

 

 

Monster Gel and Foam SuperTip Sampler

ジェルタイプのイヤーピースを使用してみたい方にはコチラがオススメ。シリコン製の耐久性とウレタン製の装着感を実現する1品。

クリアな音質を実現し、重厚感のある低音が魅力。遮音性は劣りますが、ウレタン製に匹敵するほどの着け心地の良さで、ランニングなどのスポーツシーンにも活用できそうですね!

 

 

SHURE トリプルフランジ EATFL1-6 イヤーパッド

出典: Amazon.co.jp

SHURE トリプルフランジ EATFL1-6 イヤーパッド
ブランド
カテゴリ

トリプルフランジ型のイヤーピース。シングルフランジのタイプよりも遮音性に優れ、高音、低音共に高いクオリティでの音質を叶える製品です。手軽にプロ仕様の音質を叶える製品ですが、着用感が特徴的なので、好き嫌いが分かれるかもしれません。

着け心地は二の次にしてもとにかく音質を向上させたい方にオススメです。どちらかというと上級者向けの製品ですね。

 

 

NOBUNAGA labs(ノブナガラボ)ダブルフランジ シリコン イヤーチップ

出典: Amazon.co.jp

ダブルフランジ シリコン イヤーチップ
ブランド
カテゴリ

こちらは珍しいダブルフランジタイプの製品。トリプルフランジタイプで耳が痛くなってしまう場合はコチラの製品を試すと良いでしょう。シリコン製であるのにも関わらず、ウレタン製に負けない遮音性と重低音を実現した製品です。

ただ、サイズがワンサイズしかないので、普段SサイズやLサイズを使用している方は注意が必要でしょう。

 

 

Crystalline Audio クリスタルチップス イヤーピース

出典: Amazon.co.jp

Crystalline Audio クリスタルチップス イヤーピース
ブランド
カテゴリ

世界的にその技術力が証明されている、イギリスのイヤーピース専門ブランド、 Crystalline Audio ( クリスタルラインオーディオ ) から誕生したのは3Dプリンターを活用し、独自に設計された最適形状のイヤーピース。

社内開発により生産されたプロテクトフィルムのコーティングを施し、ウレタン製の弱点である耐久性をカバー!耐熱・耐汗コーティング設計により、運動中でも安心してイヤホンが使えます。

こだわり抜いて設計されている為、他にはない極上の着け心地を体感出来る事間違いなしの製品です!

 

SHURE イヤーパッド ソフトフォーム EABKF1-10M

出典: Amazon.co.jp

SHURE イヤーパッド ソフトフォーム EABKF1-10M
ブランド
カテゴリ

ウレタン製のイヤーピースは高い遮音性と高音質を実現しますが、デメリットといえば劣化が激しい点。すぐにボロボロと崩れてしまうのが私も悩みでした。

ですが、SHUREのイヤーピースは表面にラテックスコーティングを施すことで耐摩耗性が向上。弱点だった劣化の激しさもカバーし、更には水洗いが可能という今までのウレタン製イヤーピースの常識を覆すコスパの良い製品です。

耳にもしっかりフィットして遮音性が高いので、低音をじっくり楽しみたい方にオススメです!

 

まとめ

とても小さなパーツながら音質を改善したり、音を楽しむ上でのちょっとしたストレスを軽減してくれるイヤホンイヤーピース。普段使っているイヤホンもイヤーピースを見直すことで劇的に変化するでしょう!

音質にこだわるオーディオマニアの方々だけではなく、今まで付属のイヤーピースしか使用してこなかった方にも是非使っていただきたいアイテムです!音楽をより一層楽しむために、自分に合ったイヤーピースを使って音の違いに驚いてみてください!

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

FSC 低反発 ウレタン製 イヤーピース

サイトを見る

audio-technica ファインフィットスペアイ…

サイトを見る

SONY ハイブリッドイヤーピース

サイトを見る

Monster Gel and Foam SuperTip Sampler

サイトを見る

SHURE トリプルフランジ EATFL1-6 イヤー…

サイトを見る

ダブルフランジ シリコン イヤーチップ

サイトを見る

Crystalline Audio クリスタルチップス イ…

サイトを見る

SHURE イヤーパッド ソフトフォーム EABKF…

サイトを見る

関連記事