iPadで使いたいスタイラスペンのおすすめ5選!

iPadはスマートフォンであるiPhoneよりも画面が大きく、作業効率が高いモバイル端末です。

最近ではPCを持ち歩かずにタブレット端末であるiPadを利用して作業するようなビジネスマンもよく見かけるようになってきました。

iPadには通常のiPadシリーズに加え、性能面が圧倒的に優れたiPad Proというシリーズも存在します。

このiPadをメイン端末として活用するにはスタイラスペンの利用がおすすめです!

今回は、iPadで利用すると便利なスタイラスペンを紹介します。

 

iPadでスタイラスペンを使うとできること

スタイラスペンとは、モバイル端末上で実際のペンを走らせるように、手書きでの入力ができるようになるペン型のデバイスです。

指で手書きをしようとしても指先の厚みがあるため、描きにくいような場面もあるかもしれません。

こんな時にスタイラスペンを利用して手書き作業をすると、ペンと同じように書きやすく自由なレイアウトで表現することができます。

スタイラスペンを利用した場合の主なメリットは以下のようなものがあります。

 

手書きメモが書ける

スタイラスペンは、モバイル端末上で使う「ペン」です。

実際のペンをもって書いているかのように滑らかな線を描くことができます。

ペンが使えないとどうしても決まった枠組での入力や表現しかできなくなりますが、手書きメモが使えるようになると、既存の枠組にとらわれない自由な描画ができるので便利です。

たとえば、メモを取るときに、通常のメモアプリを利用した文字入力だと、ただ単に文字を打ち込んでいくだけにとどまります。

スタイラスペンを利用した入力となると、ノートを書いている時と同じように、メモした言葉に色々と装飾を付け加えながら入力できるので、より細かく分かりやすいメモをとることができます。

 

絵が描ける

前項目と少し重複しますが、自由に描くことができるスタイラスペンは絵を描くのも便利です。

簡単なメモアプリでの絵の描画からプロ仕様の描画ツールまでさまざまな対応アプリが存在するので、用途に応じた絵の描画が可能です。

絵はあまり描かないという人でも、子どもと一緒に絵を書いて遊ぶなんて使い方もできますね。

 

手書きメモや描いた絵をデータ化できる

そして、アウトプット面にも注目。

手書きメモとして書いたものや、絵画アプリで描画した絵をデータ化するのも簡単です。

アプリごとの出力にもよりますが、jpg形式で保存したり、bmp形式やPDF形式など手書きでかいたものをすぐにデータとして扱うことができるのも特徴です。

紙ベースで書いたものだと、スキャナーで読み込んで、それをデータ化するという複数の作業が発生しますが、最初からデータ上で手書き入力するばこの手間も必要ありません。

加えて言うなら手書きの時と比べ、実際の紙もいらないのでペーパーレスで資源の節約にもなります。

 

スタイラスペンを選ぶときのポイント

市場にもさまざまなスタイラスペンが販売されていますが、書き味は人それぞれ好みがあると思うので、判断の材料となる選ぶポイントについて簡単に触れます。

 

ペン先素材や形状による書きやすさ

スタイラスペンをタブレット端末の上で走らせるとき、ペン先の素材や形状は重要な要素となります。

簡易的なものであると、通常のペンとは異なりスタイラスペンの先が太いものが多いです。例えるなら黒板のチョークくらいの大きさでしょうか。

ペン先が太いと細かな表現がしずらく、痒いところに手が届きません。

ペン先が細いものの方がより細かな表現が可能となりストレスがかからないと思います。

またペン先の素材も重要ですね。

メーカーによってはソフトタイプからハードタイプのものまで用意されているので、自分の好みの書き味に近いような素材を選択すると良いと思います。

 

スタイラスペンの応答速度

スタイラスペンは実際のペンではありません。Bluetoothにより接続され画面上でスタイラスペンが動くと、その部分に線を表示するという一連の処理がタブレット端末の中で実行されます。

ここでミソになるのがその応答速度です。

スタイラスペンの性能によっては、この応答速度が遅く、実際に線をすーっと描くとかなり遅れるようなタイミングで画面上に線が表示されていくようなものも存在します。

ある程度は仕方ない部分なのかもしれませんが、慣れていない人からするとこのスタイラスペン独特の表示遅延は気になってしまう人もいるかもしれません。

応答速度が速ければ速いほど、遅延なく画面上に線が表示されていくので、実際のペンに近い感覚となります。

 

筆者おすすめのiPad用スタイラスペン「Apple Pencil」

NINOのイチオシ!

Apple社が純正アクセサリーとして扱っているスタイラスペンがApple Pencilです。
その名のとおり鉛筆のような形状をした細さで、iPad Pro専用に設計された製品となっています。
それがゆえ、iPad Proとの親和性は非常に高く、ペアリングも簡単。
実際にApple Pencilを使ってみると、遅延もほとんどなく、実際のペンで描いているような繊細な表現まですることが可能です。
充電がなくなってしまっても、上側先端についているLightning端子を15秒間iPadに接続するだけで30分間バッテリーが持続する急速充電機能も備えています。
iPad Proにおいては最高のスタイラスペンといっても過言ではありません。
注意点として、通常のiPadシリーズで使用することはできず、上級モデルであるiPad Proでのみ利用できるスタイラスペンとなります。

 

他にもまだある!iPadにおすすめのスタイラスペン!

ワコム スタイラスペン Bamboo Sketch CS610PK

ペンタブメーカーとして優れた製品を多く世に送り出しているワコム製のスタイラスペン。

ペン先は極細仕様となっているので細かな表現が可能です。

ペン本体にはサイドボタンが2つ設置されていて、対応アプリで各種ショートカットを設定することもできます。

筆圧感知機能も向上しているので本格的なメモ書きをするのにも便利なスタイラスペンです。

 

出典: Amazon.co.jp

ワコム スタイラスペン Bamboo Sketch CS610PK

 

ワコム スタイラスペン fineline CS600CK

手軽にワコム製のスタイラスペンを使いたいならこれがおすすめ。

こちらも1.9mmの極細仕様のペン先で精密な表現ができます。

優れた耐久製もポイントで、iPad上で総延長100km以上もの描画が可能な仕様となっています。

 

 

ADONIT PIXEL

スタイラスペンを専門として扱うメーカーであるADONIT製。

ペン先は1.9mmの極細仕様で、紙面のような滑らかで繊細な表現が可能です。

2000レベル以上の筆圧感知を処理し、実際の手で書いているような強弱ある表現もできます。

ショートカットボタンも搭載しているので、事前にセットしておけば効率の高い作業もこなせます。

 

 

Renaissance Pro ルネサンスプロ

1.9mmの極細ペン先使用で一般的な鉛筆よりも細い仕様です。

またペン先にはPOMと呼ばれる新素材が使われ、強度や耐衝撃性を高めながらも滑らかなすべり心地を実現しています。

ペン先を指で回して長さを変えることで、感度の強弱を変更する機能も搭載しています。

電源は単四乾電池1本で駆動し、充電を必要としないところも特徴です。

 

 

まとめ

画面が大きいiPadではスタイラスペンを使うことにより、手書き入力という通常のデバイスではできないような細かな表現が可能となります。

手書き入力を行ってメモや絵の描画を行うようになると、タブレットでできるタスクは無限大に広がります。

iPadでスタイラスペンを使って、手書きだったものをデジタル化するとこれまでとはまた違った便利さを感じられるようになると思います!

記事内で紹介されている商品

ワコム スタイラスペン Bamboo Sketch CS6…

サイトを見る

ワコム スタイラスペン fineline CS600CK

サイトを見る

Renaissance Pro ルネサンスプロ

サイトを見る

関連記事