人気のスマホ「iPhone」に対応したおすすめのスマートウォッチ5選

スマートウォッチは、通常の時計機能に加えて、スマホと連携しながらフィットネスデータを記録できたり、アプリまで操作できるウェアラブルデバイスです。

スマホだけではできないようなことも、ウェアラブルデバイスであるスマートウォッチを装着することにより実現できるようになります。

今回は、人気のスマホであるiPhoneに対応したスマートウォッチを紹介します。

 

スマートウォッチを装着するメリット

腕時計には、時計表示やアラーム、ストップウォッチといった通常の時計機能のみ搭載されています。

それに対して、スマートウォッチでは、歩数や距離数といった活動量を計測できる機能を搭載したものや、GPSを搭載し位置情報を確認できるもの、スマホで受信した通知を出すもの、メールや電話機能が付いたものなど、腕時計としての機能を大幅に超えたあらゆる場面で活用できる機能を搭載したツールです。それらはすべて手持ちのスマホと連携しシームレスに使うことができます。

スマートウォッチは常に腕に身に付けられるウェアラブル端末に分類されるので、スマホが手元に無い場合でも、各種通知や活動量の記録もとることができます。

例えばメッセージをスマホに受信した場合、メッセージの内容を確認するには、スマホの画面を見て通知を確認するもしくは、メッセージを開く必要があります。

スマートウォッチを装着していて、画面表示に対応しているモデルであれば、メッセージの内容が表示されるので、ポケットやかばんにしまっているスマホを取り出さなくても、腕に装着したスマートウォッチを見るkだけで瞬時に確認できます。音声入力に対応しているモデルであれば、そのまま音声入力によりメッセージの作成ができ返信をすることもできます。

スマホの機能はそのままに、スマホを見なくても操作できることが増え、常に腕に装着していることから日常生活に密着して活躍してくれます。

 

スマートウォッチの選び方

対応OS

iPhoneには「iOS」という基幹システムであるOSが搭載されています。

スマートウォッチがスマホと連携する前提を考慮すると、iOSを搭載したiPhoneと連携するためには、スマートウォッチ自身もiOSに対応していなければなりません。

Androidのみ対応したスマートウォッチは、iPhoneと連携して使用できないので注意しましょう。

 

単独での通信機能

iPhoneとベアリングして動くスマートウォッチは、通信関係のコマンドが全てiPhoneの通信環境に依存されます。基本的に通知確認等はiPhone上で受信した通知をスマートウォッチに送り表示することになります。

スマートウォッチの中には単独で通信できる機能がある製品もあります。本来通信に必要となるiPhoneがない状態でも、単独で通信できることにより電話やメール、各アプリの通知といった機能を利用できます。

また、通信機能がなくてもGPSが搭載されていれば、iPhoneなしで位置情報の記録が行えます。例えば、スマートウォッチを装着しフィットネスでランニングをした場合、iPhoneがなくてもアプリ上にランニングした経路を記録させることが可能となります。

フィットネスでiPhoneを持ちながら行動することはなかなか難しいと思うので、単独で通信機能を持つことによりいろいろな場面で使えるようになるでしょう。

 

アプリ通知の確認機能

LINE・Twitter・Facebook・Instagramといった各種SNSアプリの新着通知をスマートウォッチ上で確認できる製品もあります。

液晶ディスプレイを搭載しているのであれば、直接通知の中身まで確認することができるので便利です。LEDランプの色で何の通知がなっているか判別できるようなモデルもあります。

 

電話・メールなどの通信機能

iPhoneの通信を利用して、スマートウォッチ上で電話番号に直接電話をかけることができるものや、メールやSMS送受信ができる機能を搭載していると便利です。

iPhoneを手元に取り出してメッセージアプリを操作する必要もなく、腕に装着したスマートウォッチで操作できるので効率的です。

 

フィットネス機能

スマートウォッチの中心的な機能といっても過言ではないフィットネス機能。

歩数や移動距離、心拍数を測れるものなど、本体に内蔵されたセンサーを使い各種健康管理を行うことが可能です。

 

キャッシュレス機能

おサイフケータイやApple Payといったキャッシュレス機能を搭載していると、電車にのるときや、コンビニで買い物をするときに腕に装着したスマートウォッチで決済できるので便利です。

会計のたびにお財布から現金を取り出して払う手間もなく、お釣りもでません。とてもスマートな決済ができます。

 

電池持ち

スマートウォッチの電池持ちも重要なポイント。

1日の活動量を計測したり、通知を表示したり、大前提として腕時計本来の機能である時計機能も果たさなければならないのがスマートウォッチの役目です。

最低でも1日電池が持つようなスマートウォッチでないと実用的に厳しいです。

毎日使うスマートウォッチだからこそ、なるべく長寿命なスタミナをもったスマートウォッチを選ぶと良いと思います。

 

筆者おすすめのiPhone対応スマートウォッチ「Apple Watch Series 3」

Apple Watch Series 3

 

iPhoneに対応したスマートウォッチというポイントを考慮すると、一番おすすめな製品は「Apple Watch」です。

iPhoneを取り扱うApple純正のスマートウォッチであるApple WatchはiPhoneとの相性が抜群に良いです。

現行で発売されているApple Watchは第3世代となる「Apple Watch Series 3」。

通常の時計機能に加えて、通話・メール・フィットネス・通知・各種アプリの操作・ キャッシュレス決済のApple Payといった一通りのアクションに全て対応したスマートウォッチです。

さらに、Apple Watch Series 3はApple Watchシリーズで初めて単独での通信に対応したモデルです。

ドコモ・au・ソフトバンクの各キャリアで番号共有サービスを利用して、Apple Watchにも同じ携帯電話番号を付与することで単独での通信が可能となっています。

これにより、近くにiPhoneがなかったとしても通信ができるので、通話やメールだってもちろんできますし、LINEやTwitterの通知も常に入るようになりました。

うっかりiPhoneを忘れてしまった場合や、スイミングのアクティビティ中といった手元にiPhoneがないシーンでも、常に通信ができる環境にいることができます。

本体は 水深50mにも耐えられる耐水性能を搭載しているので、水周りでの使用も安心です。

電池性能は1日以上持つスタミナです。筆者の環境の場合、2日に1回充電すれば電池がきれることはありません。

本体デザインはアルミニウムケース、ステンレススチールケース、耐久性の高いセラミックケースから選ぶことができ、文字盤サイズも38mmと42mmの2種類から使いやすいサイズを選択できます。また、スポーツバンドやクラッシクバックル、レザー製のバンドなど、好みのデザインにカスタマイズできるのもApple Watch Series 3の楽しみ方の1つです。

iPhoneと同じApple製品だからこそ、iPhoneとシームレスに連携できるスマートウォッチと評価しています。

NINOのイチオシ!

iPhoneユーザーならぜひともおすすめしたいのが「Apple Watch Series 3」。日本国内では圧倒的なスマホシェアを誇るiPhoneシリーズと連携できるスマートウォッチです。

その機能性は他社機種と比較しても圧倒的に高く、通話・メッセージ・通知・アクティビティ解析のみならず、その他さまざまな機能を利用できます。

一押しの機能はApple Payが利用できること。

Apple Payは、Apple製端末にSuicaやクレジットカードを登録することができ、電車に乗るときやコンビニで買い物をするときなど、日常生活のあらゆる場所でキャッシュレスに決済をすることができるプラットホームです。

Apple Watch Series 3は、このApple Pay に対応しているので、スマートウォッチであるApple Watchの中にSuicaやクレジットカードを登録できます。電車に乗るときも腕に装着したApple Watchを改札にかざすだけ、コンビニやレストランで支払いする際もApple Watchをかざすだけ。これまで都度財布からカードや現金を取り出していた手間が全くなくなり、非常にスマートな決済をすることができます。この便利さ、一度使うと本当に病みつきになるほどのレベルといっても過言ではありません。

iPhoneを愛用しているなら絶対持っておきたいスマートウォッチです!

 

他にもまだある!iPhone対応のおすすめスマートウォッチ

SONY wena wrist

SONYが手がけるスマートウォッチです。見た目は普通の腕時計にしか見えないwenaシリーズですが、バンド部分にスマートウォッチの核となる部分が埋め込まれています。

Felicaを搭載しているので、EdyやQuick Payなどのキャッシュレス決済にも対応。専用のアプリで残高の管理もiPhone上で可能です。

歩数などの活動ログを記録することもできます。

バンド部分には通知用のLEDを搭載しています。光る色の違いにより、事前に設定したアプリでの通知を色で知らせてくれます。

また、省電力設計にも優れていて、通常の使用であれば1週間程度もつスタミナも嬉しいポイントです。

 

CASIO Smart Outdoor Watch WSD-F20

腕時計メーカー大手であるCASIO製のスマートウォッチです。

アウトドア仕様に特化していて、GPSを搭載している本体がカラーで地図を表示してくれます。オフラインでの地図表示にも対応しているので、電波の届かないような場所でもしっかりと地図表示できます。

GPSは低消費電力のシステムを採用し、本体の電池スタミナに無理をかけません。

背景デザインも色々とカスタマイズできるので、好みのバックグラウンドに変更できます。

 

HUAWEI Band 2

フィットネス機能に特化したHUAWEI製のシンプルなスマートウォッチです。

GPSを搭載しランニングコースの距離などの計測もできます。また、歩数をはじめとした活動量を記録できることに加え、心拍数を計測することも可能です。

5気圧の防水仕様で、水周りでの環境による使用でも安心。

通常の使用であれば21日間も電池が持つ高スタミナなので、充電忘れによる電池切れの心配もほとんどありません。

比較的安い価格帯の製品になるので、手に入れやすいスマートウォッチかもしれません。

 

FOSSIL スマートウォッチ Q

出典: Amazon.co.jp

FOSSIL スマートウォッチ Q

タッチスクリーン式の本格的なスマートウォッチです。

FOSSILのオシャレなデザインは健在で、プライベートからビジネス用途まで使える洗練されたデザインのスマートウォッチが魅力的です。

心拍数のモニタリングや、通知機能にも対応。

音楽プレーヤーの操作やGoogle Mapといったアプリにも対応しているので、アクティビティ特化のスマートウォッチを超え、普段使いにも最適です。

 

まとめ

iPhoneに対応したスマートウォッチが、Apple Watchをはじめとして数多くの製品があります。

基本的にはフィットネス関連の機能を搭載し、高級なモデルでは各種通知やキャッシュレス機能も使えます。

それら機能の搭載有無により製品価格も大きく変わります。

どのような目的でスマートウォッチを使用したいかをよく考え、目的にあった機能を搭載したスマートウォッチを選ぶことが重要です。

ぜひともiPhoneで使えるお気に入りのスマートウォッチを探してみてください!

記事内で紹介されている商品

CASIO Smart Outdoor Watch WSD-F20

サイトを見る

FOSSIL スマートウォッチ Q

サイトを見る

関連記事