話題の一眼レフやアクションカメラも!子育てママが選ぶビデオカメラおすすめ5選

今はスマホで動画を撮ることも多いと思いますが、お子さんができたらぜひ持っておきたいのがビデオカメラです。スマホのように撮影時間に縛られずお子さんの様子だけでなく音や声なども全体を撮って残すことができます。手にしっかりと持てるので運動会や発表会などでもお子さんの動きを見逃しません。

私の3人の子どもがいますが、やはりビデオカメラは買って置いて良かったと思いますね。動画の躍動感もスマホとは全然違います。それから今はビデオカメラだけでなく、手頃で躍動感が出るアクションカメラや写真も本格的にとれる一眼レフカメラの動画機能も子育て世代の方にとくに注目されています。今回はお子さんがいる方におすすめのビデオカメラについてご紹介します。

 

ビデオカメラを選ぶポイント

ビデオ カメラ

ビデオカメラが欲しいなと思う時は、お子さんが産まれてからという方も多いと思います。その次は保育園や幼稚園、小学校に入園入学の時ですね。

ビデオカメラはお子さんの成長を記録するために欲しいパパママ家電1番といってもいいでしょう。今回はお子様を撮影することを前提に3人子供を育ててきた私がママ目線でビデオカメラを選ぶポイントをご紹介します。

 

画質

ビデオカメラの画質はどんどんよくなっています。高画質をほとんどのビデオカメラの説明に入っているのも、やはり動画を鮮明に残せることを重視しているからだと思われます。4K採用のビデオカメラも増えてきましたね。テレビも4Kに変わってくると思われるのでビデオカメラも4Kにどんどん移行していくと思います。

お子さんの肌や髪まで鮮明に残したい場合は、画質の良い商品を選びましょう。画質が良い商品は少し高い場合もありますが、数年経って動画を見直すときにより鮮明にその頃のおこさんのかわいらしさにまた画面で出会うことができるのでおすすめです。

 

手ブレ補正

ほとんどの家庭用ビデオカメラでは手ブレ補正がついています。ただ手ぶれ補正にはランクがあります。今のビデオカメラは軽いのですが、子供の行事の動画を撮るときは同じ体制でじっとしていないといけないことも多く、手がぶるぶると震えるのを必死に我慢するという場面も多々あります。それから、動くお子さんをビデオカメラで追う時に手ブレ率が上がります。ぐらぐらと画面が揺れてせっかくの大事な場面を撮り逃してしまうこともあります。

しっかりとした手ぶれ補正がついた商品を選ぶとともに三脚も持っていたほうがいいですね。遠くから全体を撮る場合はとても役に立ちます。それから椅子に座っての体育館での撮影の場合、立つことができません。体育館のステージは高いにもかかわらず、保護者はパイプいすで低いのでお子さんの場所によっては見えないこともあります。

そういう場合も高めの三脚を使うと便利です。後ろのほうの席に陣取れば高い位置から撮影が可能です。それから三脚を使うと肉眼でお子さんの活躍を見ることができます。ビデオカメラを通してみるのと肉眼で見るのとでは全然違います。いつもビデオ越しで見ている方は一度肉眼でみていただきたいですね。感動しますよ。

 

大きさと重さ

家庭用ビデオカメラは、ずいぶんコンパクトに軽くなりました。最新型になるにつれて機能はアップしてもコンパクトで軽い商品になっているようです。ネット販売であれば旧モデルやマイナーなビデオカメラなどたくさんの種類のビデオカメラが販売されています。

ネットでは写真で見るので実際に届くと大きかったとか重かったなど、届いて後悔する方もいるようです。女性の場合はとくに重さや大きさのイメージは数字だけではわかりませんよね。そういった時は近くの家電店の人気商品を実際に持っていて重さや大きさを確認しておくといいと思います。

そしてネットで選ぶ時に数値を確認するとどれくらい重いのか大きいのかがわかりやすいと思います。お子さんの幼稚園や保育園、小学校などの学校行事では角度を変えずにずっと中途半端な体制でビデオを撮るという場面は出てきます。そういった場合もあるのでパパが使うにしても軽いほうがおすすめですね。保護者のみなさんは自分のお子さんが出た後によく右手を振ってだるさを飛ばしている人も見ます。

 

ズーム機能

お子さんの幼稚園や保育園、学校行事で使いたい場合はズーム機能が必須です。最近のビデオカメラにはほとんどの場合ついていますが、あまり高機能でない商品もあるようです。子供のは発表会などでは全体を撮ったりお子さんの顔をアップしたりとズーム機能を短い時間で頻繁に使います。

ズームをするたびにピントがずれては意味がないですよね。それからあまりズームができないと大きな体育館ではお子さんのかわいい姿を鮮明に残せません。集団行事をしっかり残したい場合はズーム機能は最も大切な機能です。

 

バッテリーの持ち

とくに考えておきたいのがバッテリーの持ちです。運動会など一日中の行事の場合は録画時間も長くバッテリーが切れることもあります。現代は録画に関しても長く撮れるようになっていますし、バッテリーの持ちの良いものも増えてきましたが、まだまだ足りないという場合もあります。

とくに兄弟がいる場合は撮る時間も長くなるので注意が必要です。それからできれば替えバッテリーを買って置いて持って置くと充電切れやバッテリーの不具合にも対応できるので便利です。

 

ビデオカメラの注意点

当日のビデオの故障や充電切れで撮れないというトラブルは保護者の間でとてもよく起きています。壊れたときもすぐ修理できないので、大事な子供の行事の数週間前までにはきちんとビデオカメラは動くかどうかバッテリーの不具合はないかなどはチェックしましょう。

ビデオカメラは子供の行事の時に使うだけという方も多いので運動会や発表会のある秋や冬に久しぶりに使うという方が多いです。とくに小学生の高学年になると普段にビデオカメラを使うことがあまりなくなります。久しぶりの大きな行事でビデオカメラが壊れてしまって撮れなかったということも多く勃発します。

ビデオは機械なので他の家電と同じように使用年数が長くなると劣化したり故障する可能性もあります。使用した回数が少ないので古くなったことに気づかないこともありますので行事寸前に出すのではなく季節ごとに動かしてチェックするなどもおすすめです。子供のイベントはやり直しが効かない一発勝負です。いつもベストな状態でビデオカメラは準備しておきましょう。

 

実は動画も撮れる!ミラーレス・一眼レフカメラ

お子さんの行事になるとビデオ派とカメラ派に分かれます。実際は、写真も撮りたい、動画も撮りたいと思うものなのでパパとママでどっちかを担当するということも多いです。でも、そうすると御夫婦いないと撮れませんよね。ビデオカメラでも写真機能派あるのですが、あくまでもビデオの1場面を静止画で納める形なんですよね。

なので写真を後で見ると躍動感などにかけます。写真メインならミラーレスや一眼レフを使って動画を取りたいときだけこちらの動画機能を撮ることもおすすめです。今回はカメラ初心者のママにも使いやすいと人気の商品をご紹介します。

 

Nikon デジタル一眼レフカメラ D3400

Bluetoothを使ってスマートフォンなどと常時接続できる人気一眼レフ

女性が一眼レフを欲しくなるきっかけは、やはりお子さんが産まれてからという理由が多いようです。とくに今はSNSでお子さんの日々の成長をアップしている方も多く、より可愛く撮れるように一眼レフを購入するという方も多いようです。それからペットを飼っている方も多いですね。愛しさと一眼レフは連動しているような気がします。

ママの中でも一眼レフを持っていると一目置かれるのでファッション小物の1部としても重要な役割をしますよね。カラーはレッドとブラックの2色あります。こちらは高画質な写真も動画もスマホへ自動転送できます。動画に関しては フルHD動画ですね。動画も高画質でキレイに撮れるのが特徴です。

小型軽量ボディなので赤ちゃんを抱っこしてる女性でも楽々使えます。初心者の方でも使いやすいガイドモードつきです。ガイドを見ながら簡単撮影できます。使うたびに撮影の腕もどんどん上がり、お子さんやペットへの愛情もプラスされて心に残る一場面を写真や動画で美しく残せるのはうれしいですよね。

 

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X9i

フルハイビジョン60p動画撮影もできる初心者にも使いやすいCanon

2017年4月に発売されたキヤノンのエントリー向け一眼レフカメラですね。Bluetooth搭載なのでカメラの電源をONにするだけで常にスマホとの接続が可能です。小型で軽量です。キヤノンはカメラに慣れていない方も使いやすいということをカメラ店や家電屋さんでも勧められることが多くありました。初心者や女性にも使いやすい商品が多いブランドだと思います。

こちらの商品は処理能力が飛躍的に進化した 映像エンジンDIGIC 7搭載も搭載しています。DIGIC 6に比べて画像を処理する性能が飛躍的にアップしています。子供の写真や動画はついつい多く撮ってしましまいますよね。しかも消せないということも多いので膨大なデータを瞬時に処理できるのは便利です。

元気で走り回るお子さんも一瞬でピントを合わせることが可能が可能なモデルです。 Wi-FiやNFCの他にもBluetoothにも対応しています。カメラがカバンに入ったままでもスマホでカメラ内の画像も間覧できます。お子さんがいるとカメラのように複雑な形だと触りたがって見られないということもありますよね。でも、スマホで見られるのであればお子さんに持ってもらって一緒に見ることもできますよね。動き回るお子さんの動きも滑らかに撮影できる60pフルハイビジョン動画で採用でかわいいしぐさも綺麗に残せますよ。

 

スポーツの撮影に最適!アクションカメラ

アクションカメラは主にスポーツなどをしている人のプレイをしている人がヘルメットやサーフボードにつけて装着していることが多いカメラです。バラエティ番組でヘルメットにつけてリアルな映像をとっているかんじのイメージですね。ふつうのビデオよりお値段が安いことと手持ちでも撮影もできるのでこちらを買われる方もきるようです。

ただズーム機能がありません。運動会や発表会などの撮影には向いてないですね。部活動やスポーツの練習などで動画を撮って確認したい時などに便利かなと思います。広角レンズを採用しているので広範囲の撮影ができる利点もあります。簿徐的な動画用カメラとして使うのもいいですね。今回はネットで人気のアクションカメラをご紹介します。

 

Victure 4K アクションカメラ

出典: Amazon.co.jp

Victure 4K アクションカメラ
ブランド
カテゴリ

コスパ優秀!激しいアウトドアスポーツにも安心な手ぶれ補正あり

こちらの商品はなんといってもお値段がお手頃ですね。アマゾンでは6,380です。170度広角レンズで幅広い視野で高画質撮影できます。アクションビデオの手ブレ防止機能のジャイロスコープをオンにすると、激しいアウトドアスポーツ中で生じたブレを補正します。

さらに手ブレ補正をオンにすると、写真を撮る時に手ブレやピンぼけの修正が簡単にできます。セルフタイマーや連射モード、ダイビングモードや夜景モードなど細かく設定できます。画面の明暗が自動的に処理できますので自分で調整しなくても自動で補正してくれます。

便利なWiFi機能は動画撮影、写真撮影したものを直接スマホで操作することもできます。その場でSNSにもアップできるのでとても便利です。バッテリーも2個付きなので屋外の長時間の撮影も安心です。水の中もタイプしています。40メートルまでの水中撮影が可能なので海水浴やプールでも使用できますよ。

 

APEMAN アクションカメラ 4K

出典: Amazon.co.jp

APEMAN アクションカメラ 4K
ブランド
カテゴリ

ドライブレコーダーとして使用可能!スマホやタブレットでも簡単操作

こちらのアクションカメラは、ドライブレコーダーモード搭載しています。家族旅行などに持っていく時は車に装着して運転すればドライブレコーダーとして使用可能です。楽しいひとときを過ごすまでのドライブの間に安心ですよね。使い方は簡単で車載モードにするとエンジン(給電)連動します。

そしてシガーソケット等からの給電で起動してOKボタンを押して録画を開始します。ループ録画機能と動体検知機能が加わり、ドラレコ・バイクカメラとしても役立ちます。特別にドライブレコーダーを買わなくてもアクションカメラで代用できるのは便利ですよね。それからiOSとAndroidのどちらにも対応しているスマホから専用アプリ「OKcam」をダウンロードすれば、スマホからの遠隔操作が可能になります。

撮った動画もかんたんにスマホなどへシェアできるのも便利です。もちろん防水加工もありますし、バッテリーも2個つきで水中の撮影や長時間の撮影にも対応しています。このお値段で多機能なのはアクションカメラの魅力ですね。

 

ビデオカメラおすすめランキングTOP5

ビデオカメラコーナーは家電店でも特設コーナーがあるほどの人気のブースですよね。ネット販売も大変人気があります。たくさんのラインナップを見ることもでき、実際に使ったかたの口コミなどもわかりやすいことから若いパパやママ世代はネットで買う方は多いようです。今回はネットで人気のビデオカメラを厳選してランキング方式でご紹介します。

 

5位 パナソニック 4K ビデオカメラ WZXF1M

幅広いラインナップで人気のパナソニックの高級ビデオカメラですね。アマゾンでは現在の価格で¥ 120,143と高価な商品ですね。ビデオカメラは年々機能が上がっていくにつれて価格は下がっています。とくにパナソニックは価格帯が安く性能がいいビデオカメラも多数販売されています。それでもここまでお値段が高いのは驚きの高機能だからです。

元来のモデルよりもより広角、高感度4K画質が楽しめる商品です。限られてスペースでも広角25mmのレンズを新搭載しているので広範囲撮影も可能です。お子さんの撮影をする場合はなにかの行事になります。保護者のみなさんがごった返した状態です。その中で我が子を追っていこうと思っても人ごみでは角度が変えずらくなります。

そんなときにはかなり活躍すると思います。暗い場所での撮影もノイズを抑え、キレイな4K高画質で残せますので、たとえば文化祭や音楽発表会など体育館のカーテンを閉めて行う場合もしっかり撮影できます。5軸ハイブリッド手ブレ補正に加え、撮影状況や人を見分けて補正する機能や微細なブレを滑らかに補正する機能も万歳です。

幼稚園や保育園、それから小学校の行事のお子さんの撮影は遠くからということが多いと思いますが遠くてもくっきりはっきりとした動画撮影ができます。これからテレビも4Kがきっと当たり前になってくると思います。お子さんのかわいい姿をより鮮明に残すなら最新最高級のビデオカメラも視野に入れるべきだと思います。個人的にはこんなにすごい機能がついていてこのお値段だと安いなという気はしました。ビデオカメラの進化はすごいですね。

 

4位 Ansteker デジタルビデオカメラ 4K

出典: Amazon.co.jp

Ansteker デジタルビデオカメラ 4K

外付けマイクで高音質にお子さんのかわいい声を残せる

こちらの商品の特徴はなんといっても外付けマイクですね。もちろんカメラ内にもマイクが内蔵されていますが、より音を拾うために外付けにもマイクがついています。コンデンサーマイクならではの集音性能で採りたい音をしっかり捉えます。ビデオは映像だけでなく音が入ることも楽しみの1つになるんですよね。

声は男の子だけ思春期に声がわりをするというイメージがありますが、細かい声質でいうと女の子も男の子もどんどん声が変わります。声を出しはじめた1歳ごろとしゃべり慣れた3歳でも違いますし、小学生低学年と高学年でも全然違います。そんな小さな変化も残せるタイプのマイク付きビデオカメラ素敵だと思いますね。

Wi-Fi経由でスマートフォンに接続し、専用アプリの「NovaCam」をダウンロードして動画撮影や写真撮影、各種設定ができるのも便利です。ただ本格的なビデオカメラとまで画質にこだわっているという商品ではないので、メインのビデオカメラにプラスしてもう1台持って置くという感じで使うといいかなと思います。

たとえば運動会でのダンスや組み体操だとフォーメーションが変わるので途中が映らなくなるんですよね。そういう場合にもう1台ビデオカメラがあれば良かったねという話をするようになるので補助的に使えるビデオカメラとして持って置くのもいいと思います。かわいいお子さんの活躍する場面は撮り逃したくない方にプラス持ちビデオカメラとしてもおすすめです。

 

3位 JVCKENWOOD JVC ビデオカメラ Everio

カラーバリエもかっこいい!防水、防塵、耐衝撃、低温に強いビデオカメラ

こちらの商品はまず目を惹くのはカラーバリエですね。サンライズオレンジやアクアブルー、サンドベージュ、マットブラックなどカラーにもこだわっています。見た目も素敵ですよね。そしてビジュアルグランプリ2017 SUMMER 映像音響部会 受賞、ビジュアルグランプリ2018 映像音響部会 金賞、ビジュアルグランプリ2018 SUMMER 映像音響部会 受賞しているビデオカメラでもあります。

安心して使える5m防水、防塵、1.5m耐衝撃、-10℃耐低温、長時間内蔵バッテリーなど家電に弱いと言われるところを強化してある商品です。Wi-Fiでスマホやタブレットと接続すれば離れた場所からカメラを操作することも可能です。機械が弱い方もインテリジェントオート機能つきなので撮影条件に合わせて動画が自動的に最適に設定されるのも便利です。

個人認識や顔追尾それから色追尾機能搭載しているので撮影中も動く我が子を追尾しやすいです。パワードアクティブモード搭載で強力に手ぶれを補正してくれるのも魅力です。持っているとママ友に褒められそうな素敵なデザインでもありますよね。価格も抑えてありながらどんな環境にも強いビデオカメラは重宝しますよ。

 

2位 パナソニック HDビデオカメラ W585M

大切な家族みんなをそれぞれ主役にするビデオカメラ

家電で有名なパナソニックはビデオカメラも人気があります。細かい機能別に価格帯も幅広く手軽に購入できる商品も多いのでママ友でもパナソニックのビデオカメラを持っている人は多くいますね。こちらの商品の特徴はメインカメラと液晶パネル横のサブカメラの2つのカメラで同時に記録できるワイプ撮りができることですね。メインカメラで撮影しながらサブカメラの操作も楽しめます。

たとえばこんなことはありませんか?お子さんがサッカーの試合の時にがんばるお子さんの姿だけでなくパパが一生懸命応援する姿や弟さんや妹さんがたいくつそうに砂遊びをしているなどメインの撮影だけでなくサブで他の家族の動画も撮れるということですね。

こういった撮影は以前だと1つのビデオカメラでしている方も多いと思います。年数がたつほどいい思い出になります。今まではカメラの向きを変えて撮るのでぶれたり大事なシーンを撮り逃すことも多かったという声から出来た便利な機能です。赤ちゃんの撮影であればそのとなりにいるママの顔は女神のように優しいはずです。

そういった愛情深い場面を線でなく面で撮れるのがこのビデオカメラのいいところです。特別な行事だけでなく身近な大切な人がすべて主役になる毎日の生活の幸せの一場面を撮りためたい方におすすめの愛情ビデオカメラです。

 

1位 SONY ビデオカメラ Handycam

ソニー独自の空間光学手ブレ補正にワイド撮影時は約15倍も手ぶれを防止

私の子どもは3人いますが、実際にビデオカメラで購入したのは2台ですね。どちらもソニーです。年代の離れた子供が多い私はママ友も多いわけですが、ビデオカメラを持っている人の中でやはり人気が高いのはソニーですね。一番はバッテリーの持ちだと思います。

ソニーはビデオカメラではお値段が高めですが、長く使えるのでコスパ的には悪くないと思いますね。こちらの商品はアマゾンでは¥ 42,800と他のホームビデオよりも高めの設定ですが、もし私が次に買うとしたらこれを買うと思います。私が最初に買ったころはこのランクだと10万円近くしたのでずいぶん値段が下がったなという印象ですね。

こちらの商品は従来の商品よりも内蔵メモリーが2倍になり手ブレに強い高画質モデルなのでさらに使いやすいと思いますね。ソニー独自の空間光学手ブレ補正にワイド撮影時は約15倍も手ぶれを防止する機能もつきました。子供の撮影で困るのは動き回るからなんですね。

運動会はかけっこなどはまだいいのですが、組み体操やダンスになるとフォーメーションを変えるので固定ができません。手で持ったまま撮影するので小型で軽くてぶれないビデオカメラはとても重宝します。それからUSBケーブルを内蔵しているので、パソコンとすぐに接続可能です。

画像編集なども楽々ですね。充電機能付きのためにパソコンから充電が可能なのも便利です。パパはより機能を重視して使えますし、ママはただ撮るだけでもしっかり綺麗に撮れるビデオカメラ初心者の人も上級者の方もそれぞれに満足してビデオ撮影ができる細かいところまで配慮の行きとどいたビデオカメラです。本格的に思い出を残しましょう。

 

to buy インフルエンサーおすすめのビデオカメラもご紹介!

Panasonic デジタルハイビジョンカメラ HC-W570M

NINOのイチオシ!

Panasonic製のビデオカメラです。

(現在はHC-W570Mは生産終了していて、最新モデルとなるHC-W585Mが後継モデルとなります。)

4K画質には対応していませんが、1080pのハイビジョンに対応した撮影画質です。4K対応のテレビを所持していない人には、このビデオカメラで十分キレイな動画を撮影でき楽しむことができます。

内蔵メモリーは32GBで、通常のSDカードに加えて、SDHCやSDXCカードにも対応しているので幅広い外部メディアに対応しています。

レンズでは光学50倍ズームが可能。さらに本体に搭載された高精度な解像技術により、ハイビジョン画質のままiAズーム90倍まで拡大することができます。かなり距離のあるような撮影でも、くっきりと鮮明に撮影可能です。

手ぶれ補正機能も充実していて、傾き補正と5軸ハイブリッド手ぶれ補正で、手元の撮影で起こりがちな手ぶれを大幅に低減してくれます。カメラ撮影にあまり慣れていない初心者の人でもキレイに撮影できる嬉しいポイントです。

さらに、サブカメラを搭載していてテレビ番組でよく見るようなワイプ撮りができます。

ワイプ撮りではメインカメラでの撮影をしながら、隅に配置されたサブモニターにサブカメラえ撮影した映像を記録できます。運動会で子どもの活躍する姿をアップで撮影しながら、サブモニターで全体の様子を撮影するといった使い方ができます。

高倍率ズームを使用した時に、ズーム先の音声を拾えるようなズームマイクという機能も搭載されています。

スマホのカメラではできないような本格的な動画撮影ができるビデオカメラで、おすすめです。

 

ビデオカメラの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ビデオカメラの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

ビデオカメラの魅力って?

ビデオカメラは、スマホにはない機能を兼ね合わせています。

大切な人との大事なひとときを、ビデオカメラで収めてみませんか?

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

Nikon デジタル一眼レフカメラ D3400

サイトを見る

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X…

サイトを見る

Victure 4K アクションカメラ

サイトを見る

APEMAN アクションカメラ 4K

サイトを見る

パナソニック 4K ビデオカメラ WZXF1M

サイトを見る

Ansteker デジタルビデオカメラ 4K

サイトを見る

JVCKENWOOD JVC ビデオカメラ Everio

サイトを見る

パナソニック HDビデオカメラ W585M

サイトを見る

SONY ビデオカメラ Handycam

サイトを見る

Panasonic デジタルハイビジョンカメラ HC…

サイトを見る

関連記事