正しい付け方は?商品選びで注意するポイントも!カナル型イヤホンのおすすめ5選

よりプライベートに音楽を楽しむにはスピーカーではなくイヤホンを使うと便利です。

電車やバスといった公共の交通機関で移動する時、ウォーキングやランニングなどアクティビティをする時など、イヤホンで音楽を聴くシーンは多くあるかと思います。

しかしながら、市場に出回っているイヤホンの種類は非常に多く一体どれを選んでよいか迷ってしまいがちです。

耳に装着するイヤホンといっても、大別するとカナル型イヤホンとインナーイヤー型イヤホンの2種類があります。

今回は前者のカナル型イヤホンに焦点を当てて選ぶ上でのポイントやおすすめ品を紹介します。

 

目次

カナル型イヤホンとは?

カナル型イヤホンは耳に深く挿入して音楽を楽しむイヤホン。例えるなら耳栓です。

インナーイヤー型イヤホンは耳の穴の手前に装着して聴くイヤホンであるため、耳の穴とイヤホンの間に物理的に隙間ができてしまうため、周囲の騒音などの環境音を拾ってしまいます。

一方で、今回紹介するカナル型イヤホンの場合は、耳の穴を耳栓のようにふさいで挿入するイヤホンであるため、イヤホンと耳の穴との間に一切の隙間がなく、遮音性が非常に高いです。

このことから、装着後の再生環境はとても静か。周囲の騒音の影響を受けにくい状態で音楽に聴き入ることが可能です。

1点デメリットとしては、耳に密閉して装着するタイプのイヤホンであるため、人によっては長時間使用による耳の穴の窮屈な疲労感をおぼえることがあります。

 

カナル型イヤホンの正しい付け方

カナル型イヤホンの性能を最大限に引き出すには装着方法が非常に重要です。

耳栓の形状をしたイヤーピースを耳の穴の深くまで密閉するように差し込みます。

装着後に耳の穴が密閉されている状態で自分で声を発すると、頭の中で響くように聞こえてくればOKです。

 

ここで覚えておきたいことがあります。

イヤーピースと呼ばれるシリコン素材のフタを耳の穴のサイズに合ったものを選ぶようにしましょう。

耳の穴の大きさは人それぞれで、小さい人もいれば大きな人もいます。

ほとんどのカナル型イヤホンには、デフォルトで標準サイズのイヤーピースがセットされている他に、付属品として大小サイズのイヤーピースが付いてきます。

耳の穴にあったサイズのもの選ばないと装着したときに痛みを感じるかもしれません。反対に小さすぎるイヤーピースでは、密閉性を確保することができず、カナル型イヤホンの特徴を活かせません。

何回か装着してみて、違和感のない適切なサイズのイヤーピースを選ぶことをおすすめします。

 

カナル型イヤホンならでは!どんな音感が楽しめる?

カナル型イヤホンは、耳の穴で密閉性を保てるため、小さなイヤホンであっても強い厚みのある低音サウンドを楽しむことができます。

外部との遮音性能が高いので、周囲の環境音に左右されずに、イヤホンから音楽がダイレクトに力強く入ってくるような音質です。

よって、音量をそこまで上げなくても、適度な音で楽しむことができます。

まったりと耳に貼りつくような音質のため、伸びのある高音域のような再生には若干不得手です。

 

カナル型イヤホンはこんな人におすすめ!

耳栓のように穴を塞ぐ効果を活用して音楽を聴くカナル型イヤホンは、低音再生を重視する人に特におすすめ。

密閉性の効果により小さなイヤホンから発されているとは思えないような迫力ある低音を奏でてくれます。

また、周囲環境に左右されず、適切な音量で聴きたい人にもカナル型イヤホンは向いています。

 

使い勝手の良い便利なカナル型イヤホンも

カナル型イヤホンを使うなら、製品それぞれが持つ特徴も抑えておくと良いかと思います。

使い勝手が良くなる独自の機能をもったカナル型イヤホンも数多く展開されています。

 

イヤーフック付きなら激しい動きにも対応

カナル型イヤホンの装着は、イヤーピースを利用して耳の穴に押し込んで密閉性を保つように行います。

装着中は、この栓をしている状態だけで固定されているので、時間が経過することや、ランニングなど激しい動きをしていると外れてしまうこともあります。

カナル型イヤホンが外れてしまうことが気になるようであれば、イヤーフック付きの製品をおすすめします。

体や頭が揺れるような激しい運動をしていたとしても、イヤーフックがイヤホン自体を外れないように固定してくれる効果があり、脱落の心配はありません。

 

Bluetooth対応ならノンストレス

イヤホンとスマホなどの音楽再生機器の接続は、物理的にコードを指す有線接続と、Bluetoothを使ったワイヤレス接続のものがあります。

カナル型イヤホンを存分に使いたいのであれば、圧倒的にBluetoothによるワイヤレス接続タイプをおすすめします。

音楽再生機器をケーブルで接続し合う必要はなく、ワイヤレスで簡単に接続できるので、コードがわずらわしくなることが一切ありません。

電車など人で混雑するような環境でもストレスフリーに接続できます。

 

コントローラー付きなら片手で操作可能

カナル型イヤホンによっては、コードの途中にコントローラーが付いているものがあります。

せっかくワイヤレスで接続しているのに、曲送り/曲戻しや再生/ 停止、音量大/音量小といった操作をするときに、音楽再生機器を取り出すのは少々面倒なこともあります。

左右のハウジング同士を結ぶコードの途中にコントローラー設けられていれば、手元の操作でスマートに管理できるようになりますよ。

 

ここだけは!カナル型イヤホン選びで絶対注目するべき4つのポイント

 

低音を重視するならドライバーユニットが大きいものを

カナル型イヤホンの内部にはダイナミック型・バランスドアーマチュア型・コンデンサー型と呼ばれるドライバーユニットというものが搭載されています。

このドライバーユニットが大きいものであれほど、迫力のある低音を奏でることができます。

カナル型イヤホンでは主にバランスドアーマチュア型が採用され、低音のみならず、中音や高音域でもクリアでフラットな音質を奏でるのが特徴です。

 

より高音質を求めるならハイレゾ対応のものを

スマホなどのプレーヤー側がハイレゾ音源に対応しているなら、カナル型イヤホンもハイレゾ対応のものを選ぶとより高音質で聴くことができます。

ハイレゾ音源は通常の音楽データファイルよりさらに情報量が多いため、より豊かな音質を奏でてくれます。

 

1日中使うのであれば電池性能の高いものがおすすめ

カナル型イヤホンを使う場合は、Bluetooth接続のワイヤレスタイプがおすすめですが、ワイヤレスである分、本体を充電して使用しなければなりません。

外出先で使用することを考えると、なるべく長い時間連続再生できる製品の方が都度充電しなくても良いので便利です。

カナル型イヤホンを選ぶ際には電池性能にも注意しましょう。

 

複数機器とつなぎたいならマルチペアリング

最近はスマホだけでなくタブレットやPCといったデジタル機器を複数持っているという人も多いと思います。

せっかく買ったカナル型イヤホンなので、色々な機器で使用できると便利ですよね。

マルチペアリングに対応したカナル型イヤホンであれば、2個以上の複数の機器とペアリングして登録しておけるので、使いたいときに直ぐに音楽を楽しめます。

 

筆者愛用のカナル型イヤホン「Sudio BASA BLÅ」

 

Sudio BASA BLÅ

Bluetoothイヤホン SUDIO VASA BLA BLACK

北欧スウェーデンのライフスタイルブランドであるSuido社のカナル型イヤホン「BASA BLÅ」です。

デザインがとてもスタイリッシュでオシャレな一品。

気取らない外観でありながら、外出の際に耳元に装着するとさりげないワンポイントのオシャレ感を演出できます。

9時間の連続再生ができるワイヤレスタイプの電池性能で、日中ずっと使用していても問題なくパワフルに使えます。

音質はクセのないフラットな音質でとてもマイルドな印象です。

音楽のジャンルにとらわれることなく、幅広いカテゴリーのミュージックに適した音質で楽しめます。

ケーブルにはマイク付きのコントローラー付いているので手元でコントロール可能です。

 

to buyオフィシャルインフルエンサーおすすめのカナル型イヤホンもご紹介!

Sudio Bluetoothイヤフォン VASA Bla aptX White SD-0014X

提供品

lokki__taloのイチオシ!

スウェーデン生まれのワイヤレスイヤホン♡ホワイト×ゴールドがスタイリッシュです。クリアな音質も魅力。家事をしながら音楽を聴くことが多いですが、付属のレザーケースも素敵なので持ち歩く時も嬉しくなります♩
#sudio #ワイヤレスイヤホン

 

Sudio VASA Bla Bluetoothイヤホン カナル型 ブラック

れぽすけのイチオシ!

Bluetoothで繋がるタイプのワイヤレスイヤホンです?
今までiPhoneの付属のイヤホンしか使ったことがなかったのですがワイヤレスイヤホンの便利さに気付かされた商品です?
自分はブラックとゴールドの配色の物を使っていますが首に垂らしているだけでもかっこいいです!!

 

カナル型イヤホンのおすすめ5選!

SONY ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WI-SP600N

出典: Amazon.co.jp

SONY ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WI-SP600N

ノイズキャンセリング機能を搭載した高性能カナル型イヤホン

再生機器とワイヤレスで接続できるカナル型イヤホン。

迫力の重低音を奏でるEXTRA BASS soundで厚みのある音を出力します。

電車内や航空機の中の環境を低減してくれるノイズキャンセリング機能も搭載。より静寂な環境で楽しめるので音楽自体に没入できます。

最大8台までのマルチペアリングにも対応しているのであらゆる機器で活用可能です。

 

BOSE QuietComfort 20

最強のノイズキャンセリング機能でBOSEクオリティを楽しめる

低音域の再生に非常に強いBOSEサウンドを余すところなく楽しめるカナル型イヤホンです。

ノイズキャンセリング機能が特に優れていて、周囲のノイズ音や騒音をほぼ皆無になるほど除去してくれるので、かなり静寂な環境で聴くことができます。

Awareモードでは人の話し声やアナウンスなどを聞き逃さないように、特定の周波数帯の周囲音を通すことができます。

StayHear+チップにより、個々に形状が異なる耳にジャストフィットする装着感も魅力です。

 

Pioneer SE-CH9T

ハイレゾ音源に対応した高音質カナル型イヤホン

通常の音源と比較してより幅広い帯域の再生を実現したハイレゾ対応のカナル型イヤホンです。

自社開発の9.7mmドライバーユニットを搭載し、音質の向上に効果を発揮しています。

コード途中に設置されているマイク部分は外し可能でシーンに合わせてカスタマイズ可能です。

 

SONY ワイヤレスステレオヘッドセット WF-SP900

出典: Amazon.co.jp

SONY ワイヤレスステレオヘッドセット WF-SP900

左右のケーブルもない完全ワイヤレスタイプ

カナル型イヤホンはワイヤレスタイプであっても左右のハウジングを結ぶケーブルが存在するものが多いですが、この製品は完全ワイヤレスタイプでケーブルは一切ありません。

よって、非常にスマートな装着感を体感できます。

本体には4GBのメモリーも搭載されているので、イヤホン単体で音楽を楽しむことも可能。手元にスマホなど再生機器がなくても十分に活用できます。

 

ゼンハイザー カナル型ワイヤレスイヤホン CX SPORT In-Ear Wireless

出典: Amazon.co.jp

ゼンハイザー カナル型ワイヤレスイヤホン CX SPORT In-Ear Wireless

汗の影響にも強いスポーツシーンに最適なイヤホン

スポーツをしながらカナル型イヤホンを使う人にとっては、急な雨や汗によるイヤホンへの影響が心配ですよね。

CX SPORT In-Ear Wirelessは、汗に強い素材が使われているので、スポーツや運動をする時に使うカナル型イヤホンとして最適です。

わずか10分の充電で1時間の再生ができる急速充電機能を搭載しているほか、フル充電では6時間利用できるパワフルなスタミナも魅力でしょう。

 

イヤホンの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、イヤホンの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

カナル型イヤホンで音楽をもっと楽しもう

イヤホン

イヤホンは、自宅でも外出先でも、場所にとらわれることなく好きな音楽を楽しめるもの。

せっかくおきにいりの音楽を聴くのであれば、その音楽の世界に没入できる方が、より深いところまで楽しむことができますよね。

カナル型イヤホンはそんな音楽の世界を純粋に楽しめる機能や魅力で溢れています。

ぜひともお気に入りのカナル型イヤホンを見つけてください!

記事内で紹介されている商品

Bluetoothイヤホン SUDIO VASA BLA BLACK

サイトを見る

【国内正規品】Sudio Bluetoothイヤフォン…

サイトを見る

Sudio VASA Bla Bluetoothイヤホン カナル…

サイトを見る

SONY ワイヤレスノイズキャンセリングステ…

サイトを見る

SONY ワイヤレスステレオヘッドセット WF-…

サイトを見る

ゼンハイザー カナル型ワイヤレスイヤホン…

サイトを見る

関連記事