【有線・ワイヤレス】5000円以下イヤホンおすすめランキングTOP10

あなたはイヤホンにいくら使っていますか?音楽を高品質で聴きたいという方だと、何万もかけてよいイヤホンを探すこともあるかもしれませんね。

私はどちらかというと、最低限途切れなどなく聞ければ、音質は多少落ちてもよいという考えなので、あまりお金をかけずに購入しています。有線の場合は断線のリスクもあるので、あまり高額なものは手が出せないという理由もあります。

とはいえ最低限と言わずとも、安価なイヤホンながら音質がよいなど機能面で使いやすい商品は少なくありません。今回は5000円を上限として、有線・ワイヤレスそれぞれの視点で、おすすめのイヤホンをご紹介します。

 

イヤホンの選び方

ワイヤレスイヤホン

まずはイヤホンの選び方を把握しておきましょう。

 

有線orワイヤレス

イヤホンは音楽プレーヤーやスマホなど再生機器に直接繋ぐ方法のほか、無線・ワイヤレスでの接続も可能も選べます。コードで直接繋ぐ場合に比べ、音が聴きづらい・遅れるなどのデメリットが生じることもありますが、コードが煩わしい方にはおすすめ。

ワイヤレスの手段にはBluetooth接続も含まれるので、特にスマホに接続するイヤホンを購入予定の方なら、bluetooth対応のイヤホンを探しておくと接続もスムーズです。

 

【形状】カナル型orインナーイヤー型

続いてはイヤホンの見た目。一般的なインナーイヤー型のほか、耳の穴を塞ぐようにぴったりはめるカナル型が存在します。

カナル型の方が音漏れなく音楽を聴きとれますが、耳にはめるパーツのサイズが耳穴に合わないと痛くなることも。カナル型重視の場合はサイズ変更のパーツ付きイヤホンを選ぶか、別途パーツを買い求めることで対処できます。

ちなみにインナーイヤー型は、さらに細かく区別してオープン型も存在。インナーイヤー以上に耳を圧迫しないタイプで、外れやすさはありますが、耳への負担をかけにくいです。

 

【ドライバーユニット】ダイナミック型orバランスドアーマチュア型

イヤホン内部の仕組みにこだわる方のチェックポイントがこちら。ダイナミック型というのはスピーカーに近い仕組みですが、「バランスド」の名前の通りバランスドアーマチュア型の方が安定した音質で聴くことができます。

ただダイナミック型だから質が悪いということもないですし、商品によっては公式サイトや説明書で記載されていないことも多いようす。徹底したこだわりがなければ、ほかの項目より重視する必要はないかもしれません。

 

音質で選ぶ

安価なイヤホンでも音質にこだわることは可能です。公式サイトや説明書などで、気になるイヤホンの再生周波数やノイズを少なくする抵抗値、感度をチェックしてみましょう。抵抗値と感度は数値が大きければ、周波数は最大と最小の範囲が広ければ高音質と言えます。

上記の項目を踏まえて選ぶ方法もおすすめ。例えば有線かつインナーイヤー型でバランスドアーマチュア型のイヤホンであれば、そうでないタイプよりきれいな音が拾えるでしょう。

 

付随機能もチェック

音質が気になるのであれば、ハイレゾ対応のイヤホンもおすすめ。上記の再生周波数で40000Hzを出す音を示します。ハイレゾ対応のイヤホンというだけで、少なくとも再生周波数は優秀と考えてよいでしょう。

ほかにも外出中に役立つ防水や、スマホのハンズフリーに嬉しいマイクやリモコン付き、抵抗値とは別にノイズキャンセリング機能付きイヤホンを選んで極力ノイズをなくすのもありです。

 

メーカーで選ぶ

イヤホンのメーカーで決める方法もあります。音楽機器を多く販売しているメーカーでもよいですが、接続先の機器と同じメーカーのイヤホンであれば、接続に齟齬が生じにくいのでおすすめです。

 

筆者の一押しの5000円以下イヤホンはこれ!

ピアノの上のイヤホン

 

パナソニック カナル型イヤホン  RP-HJE150-K

出典: Amazon.co.jp

パナソニック カナル型イヤホン RP-HJE150-K
ブランド
カテゴリ

3サイズから付け替え可能

私の個人的なおすすめは、パナソニックの有線・カナル型です。最初は耳の穴に差し込むことに不安があったのですが、パナソニックのRP-HJE150-Kタイプはサイズ違いで合計3つの先端用パーツが付属。初期装備のパーツが大きい場合は、小さいパーツに換えることができます。パーツサイズはXS・S・Mと小さ目の3種類なのも魅力的です。

また9カラーとデザインにも幅があるのも特徴。好きな色や、接続するプレーヤー及びスマホの色とそろえるのも容易です。

ちなみにハイレゾは非対応ですが、6~23000Hzまでの周波数に対応しています。もちも良いので、音域が気にならず耳穴がよほど小さくなければ(XSでも無理でなければ)おすすめです。

 

【有線】5000円以下イヤホンおすすめランキングTOP5

有線イヤホン

では改めまして、5000円以下イヤホンのおすすめランキングです。まずは有線タイプからご紹介します。

 

5位 KINBOOFI 有線イヤホン KB EAR F1

出典: Amazon.co.jp

KINBOOFI 有線イヤホン KB EAR F1

メーカー:KINBOOFI

形状:カナル型

ドライバーユニット:バランスドアーマチュア型

付随機能:ハイレゾ対応

高音質を重視する方必見!

有線5位は、バランスドアーマチュア型のドライバーとハイレゾ対応で音質に期待が持てるKINBOOFIのKB EAR F1。カナル型であるのも、音をしっかりと聞き取れるので魅力的です。

カラーは黒・青・茶・透明と4色展開で、青と茶もスケルトンカラーなのも特徴的です。コードも直線ではなくねじれた状態なので、見た目のインパクトも大きいイヤホンと言えます。

 

4位 RevoNext QT2 トリプルドライブHIFIイヤホン

出典: Amazon.co.jp

RevoNext QT2 トリプルドライブHIFIイヤホン
ブランド
カテゴリ

メーカー:RevoNext

形状:カナル

ドライバーユニット:ハイブリッド(ダイナミック・バランスドアーマチュア両方)

付随機能:マイク付き・ノイズキャンセリング

2つのドライバーを備えたイヤホン

ドライバーユニットはバランスドアーマチュアの方が安定するとしましたが、ダイナミックと両方搭載しているのがこのHIFIイヤホンです。1つだけの場合に比べてさらに音質が安定しやすいので、5000円以下の中では高めの値段ですが、質重視の方にはぴったり。

カナル型かつノイズキャンセリングもできるため、音楽に集中したい時にもおすすめです。ちなみにマイク機能はありと無しの2通りから選べるのでお好みで。マイクなしの方が、ちょっとだけ安いです。

 

3位 ARKARTECH T6 イヤホン

出典: Amazon.co.jp

ARKARTECH T6 イヤホン
ブランド
カテゴリ

メーカー:ARKARTECH

形状:カナル型

ドライバーユニット:-

付随機能:ノイズキャンセリング・ハイレゾ対応

デュアル構造で重低音もキャッチ!

ARKARTECHのイヤホンは、ドライバーが1か所につき2基搭載されたデュアルドライバー構造を持っています。中華イヤホンとも呼ばれるタイプの1つで、通常1基のみのところに2基入れていることにより、高音域と低音域の幅が広がりやすいのがポイント。もちろん中音域もきちんと聴き取れます。

さらにハイレゾ対応でもあるため、周波数も幅広くキャッチ。よりリアルなサウンドが楽しめます。ノイズキャンセリングで遮音性も高いため、集中したい時におすすめです。

 

2位 URBAN UTILITY イヤホンUEHE-EP2SV

メーカー:URBAN UTILITY

形状:カナル型

ドライバーユニット:ハイブリッド

付随機能:マイク付き・ハイレゾ対応

シンプルな高コスパイヤホン

5000円どころか、1000円ほどで購入できるのがURBAN UTILITYのイヤホンです。何よりもコスパ重視の方にはおすすめ。とはいえ低機能かというとそうでもなく、ドライバーはハイブリッドでハイレゾ対応と拾える音の幅は広いです。

防水やノイズキャンセリングなど環境へ配慮した機能はないものの、室内で聴く分には問題ありません。またマイクにはボタンがついており、マイクの操作だけでなく音楽再生時においても一時停止・再生の切り替えができるちょっとしたリモコンとして使えます。

 

1位 ソニー イヤホン 重低音モデル MDR-XB55

出典: Amazon.co.jp

ソニー イヤホン 重低音モデル MDR-XB55
ブランド
カテゴリ

メーカー:ソニー

形状:カナル型

ドライバーユニット:ダイナミック型

付随機能:マイク付き・リモコン付き

音楽の高揚感をイヤホンでも感じよう

1位はソニーの重低音モデルです。名前の通り聴き取りにくい低音部もしっかり再生してくれるのが魅力。またクルーヴ感、曲の盛り上がりなどもしっかり表現してくれるので、ライヴやコンサートで演奏された曲の再生にも向いています。

カラーは全5色。またリモコンにおいては有無を選べるので、不要な方はなしを選んでもよいでしょう。ソニー製品はコスパ高めの印象もありますが、付随機能が少ないからか、低価格なのも魅力です。

 

【ワイヤレス】5000円以下イヤホンおすすめランキングTOP5

ワイヤレスイヤホン

続いてはワイヤレスタイプのイヤホンです。

 

5位 Anker SoundBuds Curve

出典: Amazon.co.jp

Anker SoundBuds Curve
ブランド
カテゴリ

5の付く日キャンペーン中!

Yahoo!で価格を見る

メーカー:Anker

形状:耳掛けカナル型

ドライバーユニット:-

付随機能:防水・マイク内蔵・ノイズキャンセリング

耳掛け可能で運動時にも外れにくい!

まずはアンカーのSoundBuds Curve。スポーツ用イヤホンとしても活躍する、防水機能付きです。接続はbluetooth対応で、最大18時間の連続再生を可能としています。1日中ジムなど運動しっぱなしという日でも安心。防水は高品質のIPX7規格を有しており、雨天時の外出にも重宝します。

カナル型ですが、内部及び耳掛けパーツがサイズ別で5種類用意されており、耳穴及び耳のサイズに関係なく使えるのも魅力です。

 

4位 Hiyoo イヤホン

出典: Amazon.co.jp

Hiyoo イヤホン
ブランド
カテゴリ

メーカー:Hiyoo

形状:カナル

ドライバーユニット:-

付随機能:防水・マイク付き・ノイズキャンセリング

耳掛け不要ならおすすめ

5位のイヤホンをちょっと便利にした印象を受けるのがHiyooのワイヤレスイヤホンです。IPX7の防水機能やノイズキャンセリング機能、マイク内蔵など5位と似た内容になっていますが、連続稼働時間は最大で20時間とこちらのイヤホンの方が長め。

一方耳にかけるパーツはないので、カナル部分だけで問題ない方に向いています。ただし耳穴にはめるイヤーパーツはS・M・Lの3種類なので、より大きいあるいはより小さいサイズを求める方は注意を。

 

3位 ソニー ワイヤレスイヤホン WI-C310

出典: Amazon.co.jp

ソニー ワイヤレスイヤホン WI-C310
ブランド
カテゴリ

メーカー:ソニー

形状:カナル

ドライバーユニット:ダイナミック型

付随機能:マイク付き・リモコンボタン付き

ボタンで本体の操作も簡単に

3位にはソニーのイヤホンを選びました。防水などの機能はないものの、イヤホンの途中にボタンがついており、再生機器の音量調整や再生などの操作が可能。曲ごとに調整したい方でも、スマホなどを取り出すことなくハンズフリーで楽しめます。

4位5位に比べると値段は少し高めですが、高磁力ネオジウムマグネットによる重低音の再生が得意など音質は十分。また最大再生時間は15時間ですが、10分の充電で1時間再生できる急速充電にも対応しています。

 

2位 HAYLOU 完全ワイヤレスイヤホン

出典: Amazon.co.jp

HAYLOU 完全ワイヤレスイヤホン
ブランド
カテゴリ

5の付く日キャンペーン中!

Yahoo!で価格を見る

メーカー:HAYLOU

形状:カナル型

ドライバーユニット:-

付随機能:防水・タッチ操作・マイク付き

イヤホンタッチでリモコンいらず!

HAYLOUのワイヤレスイヤホンは、完全の名前の通り耳にはめる部分のみの商品。イヤホン同士をつなぐコードすらもないので、身軽でいられるのが魅力です。

さらにイヤホンはスマホのようにタッチ機能を搭載しており、イヤホンに触れるだけで音楽の再生などの操作を行えます。

また専用ケースに入れれば即座に充電が開始されるため、使いたい時に充電切れの心配もありません。反対に取り出せば自動でペアリングを始めるので、頻繁に使う予定の方も、逐一設定する手間が省けます。

 

1位 JVC ワイヤレスイヤホンHA-F15BT-RB

出典: Amazon.co.jp

JVC ワイヤレスイヤホンHA-F15BT-RB
ブランド
カテゴリ

メーカー:JVC

形状:インナーイヤー(オープン)

ドライバーユニット:ダイナミック型

付随機能:リモコン付き・防滴

見た目にもこだわれるカラーイヤホン

ワイヤレス1位は、JVCのイヤホンです。オープン型なので耳の中にイヤホンを入れたくないという方におすすめ。首の後ろにイヤホン同士をつなぐコードを通して使うタイプで、コードの途中にはリモコンがあり、ハンズフリーの操作が行えます。

また防水というほどではありませんが、汗や小雨などちょっとした水滴なら問題ない防滴機能付きです。またカラーがイヤホン部分とコードとで異なる2色デザイン。全部で4パターンから選べるので、黒白では味気ないという方にもおすすめです。

 

イヤホンジャックのないスマホや音楽プレイヤーは?

イヤホンをスマホに差し込む

イヤホンを購入しても、音楽プレーヤーやスマホを見ると、差込口(イヤホンジャック)が見当たらないというケースが見受けられます。特に新しい機種ほど、機器をより薄く、より小さくするためにイヤホンジャックを取り除いているようです。

もし使っている音楽プレーヤーやスマホにイヤホンジャックがない場合は、接続口(マイクロUSB端子やLightning端子)に対応したアダプタを用意しましょう。一方は接続口と同じ規格で、もう一方がイヤホンジャックになっているアダプタなら、イヤホンを使うことができます。

またワイヤレスイヤホンを使いたい方は、bluetooth接続に対応したイヤホンを探すのも手。bluetooth接続の場合はイヤホンとプレーヤーとを物理的に繋ぐことはないので、イヤホンジャックがない機器でも使えます。

ただしプレーヤー側でbluetooth接続が可能かは確認しておいてくださいね。

 

5000円以下イヤホンでも毎日楽しく音楽を

イヤホンはある意味消耗品。汚れや使い続けることによる劣化、有線の場合はコードの断線と言った理由などから、一生1つのイヤホンで済ませられたケースは稀でしょう。複数のイヤホンが必要と考えると、1つあたりの価格が低ければ、最終的にイヤホンに費やす金額も抑えられます。

もし安すぎて質や機能面が不安という方は、5000円ぐらいまでの価格帯をチェックしてみると、求める機能が見つかりやすいです。コスパを抑えつつも希望の条件が見つかるとしたら嬉しいですよね。

ぜひ、5000円以下イヤホンで大好きな曲を、毎日堪能してください。

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

パナソニック カナル型イヤホン RP-HJE15…

サイトを見る

KINBOOFI 有線イヤホン KB EAR F1

サイトを見る

RevoNext QT2 トリプルドライブHIFIイヤ…

サイトを見る

ARKARTECH T6 イヤホン

サイトを見る

URBAN UTILITY イヤホンUEHE-EP2SV

サイトを見る

ソニー イヤホン 重低音モデル MDR-XB55

サイトを見る

Anker SoundBuds Curve

サイトを見る

Hiyoo イヤホン

サイトを見る

ソニー ワイヤレスイヤホン WI-C310

サイトを見る

HAYLOU 完全ワイヤレスイヤホン

サイトを見る

JVC ワイヤレスイヤホンHA-F15BT-RB

サイトを見る

関連記事